button ザ50回転ズ
@ リキッドルーム恵比寿 (20th May. '10)

新しい季節への助走


The 50Kaitenz(ザ50回転ズ)
 ひとつの季節を終わらせて、次の章に入っていく……、2度目のアンコールを終えて、モット・ザ・フープルの「ロックンロール黄金時代」が会場に流れ、まだまだ帰らないお客さんたちと共に興奮が残るフロアで、そう感じた。

 2009年1月以来、CDを出していないながらも、ツアーやフェス出演で、ステージでの存在感は発揮していたザ50回転ズにとって、久しぶりになる東京での単独公演である。会場の恵比寿リキッドルームには、着火したらすぐに燃え上がりそうなくらい熱いロックンロール好きたちが集まった。ライヴを重ねていたことで根強くいるファンたちの気合いも入り、バンドがいつものようにドクター・フィールグッドの"Riot in Cell Block No.9"が流れて登場すると、すぐに歓声が沸き上がる。

The 50Kaitenz(ザ50回転ズ) そして「ロックンロール・マジック」から始まった。「あいつはいつでも最高だぜ」と歌うように「あいつ=ロックンロール」への愛をストレートに表し、このライヴ全体が歌のように「いつでも最高」なロックンロールを浴びる場になっていたのだ。そして、これまでなかなか新作を出せない欲求不満がエネルギーとなったような迫力があった。またこの日は、珍しい選曲も多く、「ぬけがらロック」「夢ならいいのに」「無実の男」や「太陽のムハ」など、久しぶりか、初めて聴く曲もあった。特に「太陽のムハ」をライヴで演奏したのは2回目だとのこと。それとマミーズのカヴァーで"The Ballad Of Iron Eyes Cody"も演奏された。

The 50Kaitenz(ザ50回転ズ) 途中でアコースティック・セットになり、ホラー風のSEが流れて「ゲゲゲの鬼太郎」。あえてオリジナルに忠実なアレンジで演奏してから、テンポアップさせる遊び心をみせる。「Oh! All Night Long(オー!オール・ナイト・ロング)」のアコースティック・ヴァージョン、バンジョーを持ち出して、「おおスザンナ」の早弾きに挑戦したり、「酔いどれマーチ」そして、西岡恭蔵の「プカプカ」をカヴァー。ヴォーカルはダニー、ドリー、ボギーの順にとる。以前も単独のライヴでは高田渡など70年代のフォークを好んで取り上げるところに、彼らのもうひとつのルーツを感じさせる。

 アコースティックセットの最後はダニーが「大切な歌」という「故郷の海よ」だった。ダニーが素直に故郷の海、山、町をノスタルジックなメロディで歌い、そこにドリーがきれいにハモるところが、この日のハイライトだったかもしれない。

The 50Kaitenz(ザ50回転ズ) そしてエレキギターに戻って、「演歌は日本のブルースです」と「天王寺エレジー」。ささくれだったギターが耳に突き刺さるので響きは間違いなくパンクでありながら演歌として成り立ってしまう。逆境でも立ち向かっていくことを宣言した「グローリー、グローリー」がこのライヴに至るまでの彼らの姿と重ね合わせて泣けてしまった。

 激しい曲からやさしいアコースティックな曲まで何でも揃えているのが彼らの強みで、思い切り暴れたり、じーんと泣ける場面もある。パンク、ロックンロールが切り口ではあるけど、音楽の豊かな鉱脈までつながっているのだ。単独のライヴだとこうした面がいかんなく発揮される。ライヴ終盤にかけては定番曲が続き、「Thank You For Ramones(サンキュー・フォー・ラモーンズ)」、勢いがありすぎてめちゃめちゃだった「50回転ズのテーマ」、そして「おさらばブギウギ」で本編を締める。

 アンコールは「We Are The Kids(ウィー・アー・ザ・キッズ)」と「Youngers On The Road(ヤンガーズ・オン・ザ・ロード)」だった。後半からここまでモッシュが発生して、ダイヴァーが多数。最高潮に盛り上がっていった。そしてバンドが去っていき、客電が点いたにも関わらず、さらに演奏を要求する声が止まない。その拍手と歓声に応えるべく再びステージに戻り「Mr.1234man」。この一体感はこのバンドをしっかりと支えてきて、次につながっていくものだということが伝わったライヴだった。

The 50Kaitenz(ザ50回転ズ)
-->photos

report by nob and photos by ryota
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : The 50kaitenz

button新しい季節への助走 (10/05/20 @ Liquidroom Ebisu) : review by nob, photos by ryota
buttonphoto report (10/05/20 @ Liquidroom Ebisu) : photos by ryota
buttonphoto report (10/03/05 @ Sapporo Bessie Hall : photos by q_ta
button贈る言葉 (10/01/30 @ Akasaka Blitz) : review by nob
buttonphoto report (10/01/09 @ Kawasaki Club Citta) : photos by ryota
button回転するバンド・ライフ (09/12/19 @ Kichijoji Rock Joint GB) : review by nob,
buttonロックンロールを噴き上げろ! (09/12/05 @ Shimokitazawa Garden) : review by nob,
button人も心も動く (09/11/17 @ Shibuya Club Quattro) : review by nob, photos by ryota
button芸人とタメ張れるバンド (09/10/03 @ Shinjuku Loft) : review by nob
button密度の濃いハコで (09/10/01 @ Shimokitazawa Shelter) : review by nob, photos by ryota
buttonお前が楽しい以上に、俺はもっと楽しい (09/09/10 @ Shinjuku Loft) : review by nob
button天才ロックンロール・アスリート (09/08/02 on Seaside Stage, Rock in Japan'09 @ Hitachi Kaihin Park) : review by nob, photos by ryota


The official site

The 50kaitenz

http://www.50kaiten.com/

check 'em? --> MySpace / iTunes



the latest album

The 50kaitenz

"50回転ズのビックリ!!"
(国内盤 / iTunes)


the latest DVD

The 50kaitenz

"Live Shock Loft vol.2
NOTALIN’S×the原爆オナニーズ×ザ50回転ズ"
(国内盤)

the latest single

The 50kaitenz

"ゲゲゲの鬼太郎のテーマ"

(国内盤 / iTunes)


previous works

The 50kaitenz

"レッツゴー3匹!"

(国内盤 / iTunes)


"50回転ズのビリビリ!!" (国内盤 / iTunes)
"MONEY!MONEY!" (国内盤 / iTunes)
"50回転ズのギャー!!" (国内盤 / iTunes)
"50 Kaiten's No Gya!!" (iTunes)
"1・2・3・4!!" (国内盤)
"昭和元禄NOW!第1集" (国内盤)




check the albums?

the latest album

The 50kaitenz

"50回転ズのビックリ!!"
(国内盤 / iTunes)


nob's works

mail to

button2010

button新しい季節への助走 : ザ50回転ズ(20th May @ リキッドルーム恵比寿)
button恐るべき、すき間たち : ザ・エックス・エックス (14th May @ 代官山ユニット)
buttonCDレヴュー : スクラッチ・マイ・バック : 老いを受け入れるか : ピーター・ゲイブリエル (12th May)
buttonもっと図太さを : NaLas (ナラズ) (7th May @ 渋谷ラッシュ)
buttonやっぱり、渋さはライヴだった : 渋さ知らズ (22nd Apr. @ 渋谷クラブクアトロ)
button積み上げられるスタイル : NaLas (ナラズ) (12th Apr. @ 新宿マーズ)
button「裏」屋内ロックフェスティバル : 在日ファンク、neco眠る(ねこねむる)、面影ラッキーホール (11th Apr. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonゲストは自由にやってください : ギャラクティック (28th Mar. @ 渋谷クラブクアトロ)
buttonCDレヴュー : 渋夜旅 : 渋さ知らズ (27th Mar.)
buttonCDレヴュー : ブリーチ・ベスト : ブリーチ (10th Mar.)
buttonお祭りにいらっしゃい : ベースメント・ジャックス (25th Feb. @ 赤坂ブリッツ)
buttonCDレヴュー : エキストラ・ワウ - キーワードは「自由」 : ナイス・ナイス (26th Feb.)
button映画レヴュー : "ジー・ムーヴィ" - ラスト・ヘヴン031011- : ミッシェル・ガン・エレファント (18th Feb.)
button継承する魂 : ザ・ゴシップ (8th Feb. @ リキッドルーム恵比寿)
button贈る言葉 : ザ50回転ズ (30th Jan. @ 赤坂ブリッツ)
buttonこの勢いを見よ : ザ・ボゥディーズ (23rd Jan. @ 赤坂ブリッツ)
button待ち焦がれる夏 : ファウンテンズ・オブ・ウェイン (20th Jan. @ 渋谷クラブクアトロ)
button不景気時代のフォークロア : 面影ラッキーホール & The冠(かんむり) (9th Jan. @ 渋谷クラブクアトロ)
buttonキツネとともに走れ! : レーヴェン (6th Jan. @ 渋谷クラブクアトロ)
buttonロックンロールとは「ぶっちゃける力」である。 : ジェット (5th Jan. @ 新木場スタジオ・コースト)
button2009

button去年飛躍したバンドと、今年もっと飛躍してほしいバンド : ザ・ボゥディーズ & ザ50回転ズ (31st Dec. @ 幕張メッセ)
button回転するバンド・ライフ : ザ50回転ズ (19th Dec. @ 吉祥寺ロック・ジョイントGB)
buttonそこが祭りになる : ピーランダー・ゼット、ゴーグルエース、ブルー・スリー & モーモールルギャバン (5th Dec. @ 下北沢ガーデン)
buttonロックンロールを噴き上げろ! : ザ50回転ズ (5th Dec. @ 下北沢ガーデン)
button4人はアイドル、だけでない : ザ・ボゥディーズ (4th Dec. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonイントロ & エレグラのサバイバル術を考える : エレクトラグライド・プレゼンツ・ワープ20 (21st Nov. @ 幕張メッセ)
button人も心も動く : ザ50回転ズ (17th Nov. @ 渋谷クラブクアトロ)
button国際フォーラムが揺れた : フランツ・フェルディナンド (9th Nov. @ 東京国際フォーラム)
button5年ぶりの復活 : 千葉レーダ (7th Nov. @ 新宿ロフト)
button放浪の意味 : 踊ろうマチルダ (31st Oct. @ 新宿レッドクロス)
buttonホット&クール : 曽我部恵一、バッファロードーター (29th Oct. @ 新宿ロフト)
buttonうらやましいぞ! クリブス! : ザ・クリブス (21st Oct. @ 赤坂ブリッツ)
button秋だ! 面影祭りだ! : 面影ラッキーホール、狂うクルー、ECD(イーシーディー)、ドカカ、加護亜依 (12th Oct. @ 渋谷オーイースト)
button芸人とタメ張れるバンド : ザ50回転ズ (3rd Oct. @ 新宿ロフト)
button密度の濃いハコで : ザ50回転ズ (1st Oct. @ 下北沢シェルター)
buttonお前が楽しい以上に、俺はもっと楽しい : ザ50回転ズ、モーサム・トーンベンダー、 ナラズ (10th Sept. @ 新宿ロフト、新宿マーズ)
buttonノンストップのインパクト : ナラズ (27th Aug. @ 渋谷オー・ネスト)
button天才ロックンロール・アスリート : ザ50回転ズ (2nd Aug. @ シーサイド・ステージ、ロック・イン・ジャパン'09)
button演奏したがる人たち : グレン・ティルブルック with スティーヴ・ナイーヴ・バンド (27th Jul. @ 吉祥寺スターパインズ・カフェ)
button到達点 : ザ・ボゥディーズ (11th Jul. @ 渋谷クラブクアトロ)
buttonCD review : ブリーチ・ストーン : ブリーチ (24th Jun.)
button男子覚醒す : ザ・ボゥディーズ (6th Jun. @ 豊橋バース)
button魔女っ子リリーちゃん : リリー・アレン (5th Jun @ 渋谷オーイースト)
buttonその熱さが音楽を進化させる : マグマ (28th May @ 渋谷オーイースト)
button獰猛なリズム : ブリーチ (26th May @ 新宿ロフト)
button天然の謎 : ブリーチ (9th May @ 新宿マーズ)
buttonそのスピードで : ザ50回転ズ (4th May @ 代官山ユニット)
buttonその熱を自分たちのものに : ア・フラッド・オブ・サークル (27th Apr. @ 新代田フィーヴァー)
button長くやるもんだ : スパークス (23rd Apr. @ 渋谷オーイースト)
buttonやりたい音楽をやること : フロッギング・モーリー (16th Apr. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonみんなのうた : オアシス (29th Mar. @ 幕張メッセ)
button早春のベック : ベック (25th Mar. @ NHKホール)
buttonロックンロールの基準へ : ザ50回転ズ (3rd Mar. @ 赤坂ブリッツ)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.