button ザ・エックス・エックス
@ 代官山ユニット (14th May. '10)

恐るべき、すき間たち


The XX(ザ・エックス・エックス)
 ライヴ中であるのに、お客さんが傾けるコップの中の氷が「カラン、コロン」と鳴る音が、あちこちで聞こえてくる。ギター、ベース、サンプラーなどの機材という最小限の編成で、ひとつの音と音とにすき間があるのだ。ドリンクを飲む以外には、不用意な音を出すこともためらわれる。アコースティックなライヴではないのに関わらずだ。

The XX(ザ・エックス・エックス) 普通のバンドなら、ディストーションやリヴァーブなどのエフェクターやシンセサイザで音のすき間を埋めてしまおうとするのだけど、このバンドは、すき間を埋めることはしない。簡素な編成、ペラペラなギター、つぶやくようなヴォーカル、まるでヤング・マーブル・ジャイアンツが2010年代によみがえったような、このザ・エックス・エックスは、お客さんを踊らせず、癒しもせず、熱狂させず、でも何かとんでもないものを観てしまった思いにさせられた。

The XX(ザ・エックス・エックス) 代官山ユニット。ソールドアウトが伝えられたフロアは、場所によってはラッシュ時の電車内のように身動きとれないくらい。お客さんは外国人も多いし、普通の会社帰りの男女、バンドをやってそうな人、ゴスっぽい格好の人などバラエティに富んでいた。いろんな人から注目されていることがわかる。19:10ころライヴが始まる。ステージ背後にはシンプルに大きな「X」が飾られていた。そして、ギターの紅一点、ロミー、ベースのオリヴァー、機材を操作するジェイミーが登場する。ほとんどの曲でロミーとオリヴァーが掛け合ったり、ユニゾンしたりして歌う。その歌は、上手いわけでも、力強く歌うことも、叫ぶこともないし、つぶやくようなものなんだけど、先入観なく聴けば、ネオ・アコースティックのバンドにも通じるようなメロディがあるし、例えばアコースティックギターで弾き語りのスタイルであっても、けっこういけるのではないだろうかと思える。

The XX(ザ・エックス・エックス) そうした歌を際立たせているのは、何度もいっているようにすき間の多いバンドサウンドである。生音に近いエレキギターと、深く沈むようなベース、そして、打ち込みに任せず、リアルタイムでサンプラーのパッドを叩いて生み出されるドラムが今まで体験したことないような空間を作り上げる。驚くのは彼らはまだ20歳くらいだというのに、こうした素がみえてしまう音を確信的に出してしまうことだ。日本の若いバンドなら、不安を埋めるように、自分たちの音をすき間なく塗りたくってしまうのだけど、彼らは一歩間違えば、「眠くなる」「楽器が下手なのがわかる」というリスクを冒しながら、すき間だらけの音を出しながら見事なライヴを作り上げたのだ。ライヴの後半は多少リズムに合わせて体を揺らしている人もいたけど、踊らせるというほどのビートでもない。聴く側に集中力と緊張感を強いる。

 途中、Kyla(カイラ:フィリピンの若手女性R&Bシンガー)のカヴァーがあっただけで、淡々とデビューアルバムの曲を演奏していった。本編最後の「インフィニティー」では、ジェイミーの機材の前に一枚だけあるシンバルがようやく鳴らされる。そして、そのシンバルをジェイミーに代わってオリヴァーが連打したときの高揚感がすさまじかった。そこだけが熱くなったところだったし、彼らがその効果を計算しているようだった。恐れ入った。アンコールも含めて1時間くらいのライヴだったけど、これで十分満足だった。

-- setlist --

Intoro / Crystalised / Islands / Heart Skipped a Beat / Fantasy / Shelter / VCR / Kyla("DO YOU MIND?") / Basic Space / Night Time / Infinity

The XX(ザ・エックス・エックス)
-->photos

report by nob and photos by terumi
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : The XX

button恐るべき、すき間たち : (10/05/14 @ Daikanyama Unit) : review by nob, photos by terumi
buttonphoto report : (10/05/14 @ Daikanyama Unit) : photos by terumi


The official site

The XX

http://thexx.info/

check 'em? --> MySpace / iTunes



The latest album

Wash?
"XX"
(国内盤/ US Import/ US Import '12analog / iTunes)

previous works



"Islands - Single" (iTunes)
"Basic Space - EP" (iTunes)
"Colette No. 10" (iTunes)
"VCR - Single" (iTunes)
check the albums?

The latest album

Wash?
"XX"
(国内盤/ US Import/Analog)


nob's works

mail to

button2010

button恐るべき、すき間たち : ザ・エックス・エックス (14th May @ 代官山ユニット)
buttonCDレヴュー : スクラッチ・マイ・バック : 老いを受け入れるか : ピーター・ゲイブリエル (12th May)
buttonもっと図太さを : NaLas (ナラズ) (7th May @ 渋谷ラッシュ)
buttonやっぱり、渋さはライヴだった : 渋さ知らズ (22nd Apr. @ 渋谷クラブクアトロ)
button積み上げられるスタイル : NaLas (ナラズ) (12th Apr. @ 新宿マーズ)
button「裏」屋内ロックフェスティバル : 在日ファンク、neco眠る(ねこねむる)、面影ラッキーホール (11th Apr. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonゲストは自由にやってください : ギャラクティック (28th Mar. @ 渋谷クラブクアトロ)
buttonCDレヴュー : 渋夜旅 : 渋さ知らズ (27th Mar.)
buttonCDレヴュー : ブリーチ・ベスト : ブリーチ (10th Mar.)
buttonお祭りにいらっしゃい : ベースメント・ジャックス (25th Feb. @ 赤坂ブリッツ)
buttonCDレヴュー : エキストラ・ワウ - キーワードは「自由」 : ナイス・ナイス (26th Feb.)
button映画レヴュー : "ジー・ムーヴィ" - ラスト・ヘヴン031011- : ミッシェル・ガン・エレファント (18th Feb.)
button継承する魂 : ザ・ゴシップ (8th Feb. @ リキッドルーム恵比寿)
button贈る言葉 : ザ50回転ズ (30th Jan. @ 赤坂ブリッツ)
buttonこの勢いを見よ : ザ・ボゥディーズ (23rd Jan. @ 赤坂ブリッツ)
button待ち焦がれる夏 : ファウンテンズ・オブ・ウェイン (20th Jan. @ 渋谷クラブクアトロ)
button不景気時代のフォークロア : 面影ラッキーホール & The冠(かんむり) (9th Jan. @ 渋谷クラブクアトロ)
buttonキツネとともに走れ! : レーヴェン (6th Jan. @ 渋谷クラブクアトロ)
buttonロックンロールとは「ぶっちゃける力」である。 : ジェット (5th Jan. @ 新木場スタジオ・コースト)
button2009

button去年飛躍したバンドと、今年もっと飛躍してほしいバンド : ザ・ボゥディーズ & ザ50回転ズ (31st Dec. @ 幕張メッセ)
button回転するバンド・ライフ : ザ50回転ズ (19th Dec. @ 吉祥寺ロック・ジョイントGB)
buttonそこが祭りになる : ピーランダー・ゼット、ゴーグルエース、ブルー・スリー & モーモールルギャバン (5th Dec. @ 下北沢ガーデン)
buttonロックンロールを噴き上げろ! : ザ50回転ズ (5th Dec. @ 下北沢ガーデン)
button4人はアイドル、だけでない : ザ・ボゥディーズ (4th Dec. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonイントロ & エレグラのサバイバル術を考える : エレクトラグライド・プレゼンツ・ワープ20 (21st Nov. @ 幕張メッセ)
button人も心も動く : ザ50回転ズ (17th Nov. @ 渋谷クラブクアトロ)
button国際フォーラムが揺れた : フランツ・フェルディナンド (9th Nov. @ 東京国際フォーラム)
button5年ぶりの復活 : 千葉レーダ (7th Nov. @ 新宿ロフト)
button放浪の意味 : 踊ろうマチルダ (31st Oct. @ 新宿レッドクロス)
buttonホット&クール : 曽我部恵一、バッファロードーター (29th Oct. @ 新宿ロフト)
buttonうらやましいぞ! クリブス! : ザ・クリブス (21st Oct. @ 赤坂ブリッツ)
button秋だ! 面影祭りだ! : 面影ラッキーホール、狂うクルー、ECD(イーシーディー)、ドカカ、加護亜依 (12th Oct. @ 渋谷オーイースト)
button芸人とタメ張れるバンド : ザ50回転ズ (3rd Oct. @ 新宿ロフト)
button密度の濃いハコで : ザ50回転ズ (1st Oct. @ 下北沢シェルター)
buttonお前が楽しい以上に、俺はもっと楽しい : ザ50回転ズ、モーサム・トーンベンダー、 ナラズ (10th Sept. @ 新宿ロフト、新宿マーズ)
buttonノンストップのインパクト : ナラズ (27th Aug. @ 渋谷オー・ネスト)
button天才ロックンロール・アスリート : ザ50回転ズ (2nd Aug. @ シーサイド・ステージ、ロック・イン・ジャパン'09)
button演奏したがる人たち : グレン・ティルブルック with スティーヴ・ナイーヴ・バンド (27th Jul. @ 吉祥寺スターパインズ・カフェ)
button到達点 : ザ・ボゥディーズ (11th Jul. @ 渋谷クラブクアトロ)
buttonCD review : ブリーチ・ストーン : ブリーチ (24th Jun.)
button男子覚醒す : ザ・ボゥディーズ (6th Jun. @ 豊橋バース)
button魔女っ子リリーちゃん : リリー・アレン (5th Jun @ 渋谷オーイースト)
buttonその熱さが音楽を進化させる : マグマ (28th May @ 渋谷オーイースト)
button獰猛なリズム : ブリーチ (26th May @ 新宿ロフト)
button天然の謎 : ブリーチ (9th May @ 新宿マーズ)
buttonそのスピードで : ザ50回転ズ (4th May @ 代官山ユニット)
buttonその熱を自分たちのものに : ア・フラッド・オブ・サークル (27th Apr. @ 新代田フィーヴァー)
button長くやるもんだ : スパークス (23rd Apr. @ 渋谷オーイースト)
buttonやりたい音楽をやること : フロッギング・モーリー (16th Apr. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonみんなのうた : オアシス (29th Mar. @ 幕張メッセ)
button早春のベック : ベック (25th Mar. @ NHKホール)
buttonロックンロールの基準へ : ザ50回転ズ (3rd Mar. @ 赤坂ブリッツ)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.