buttonベースメント・ジャックス
@ なんばハッチ (24th Feb. '10)

魅せられまくりのダンス・フロアー


Basement Jaxx
  待っていました、ベースメント・ジャックス御一行様。来日するのは昨年のフジロック以来。だが、来阪するのは3年ぶりなのではないだろうか。フジロックに行くことができなかった私としては、ずいぶんと待たされていたような気がする。

  みんなで踊るにふさわしい会場選択に感謝しつつなんばハッチに到着すると、すでにDJ MAMEZUKA(フジロックでおなじみのDJマメヅカ)によるご機嫌な選曲でウォーミング・アップが始まっていた。マメヅカ印たっぷりのビートに合わせて、アルコール片手に観客たちがゆらゆら揺れている。一瞬、自分がまるでレッド・マーキーにいるかのような錯覚に陥ってしまった。

Basement Jaxx   そうこうしているうちに暗転。黒いマントを頭からすっぽりかぶったフェリックスが登場。それに続いて現れたメンバー達も同じ姿。誰も顔が見えない。オープニングの"Scars"はそんな姿のままなんとも不気味に終わっていった。すると次は元気いっぱいに"Good Luck"だ。当然フロアは跳ねる人だらけになる。会場の温度も湿度も一気に上がる。そのまま立て続けに"Twerk"から"Hush Boy"へ。序盤の選曲はホント「反則だ」と言いたくなるくらいおいしすぎ。じっと腕組みしたまま見ているほうが難しい。

  当然ながらアルバムとはひと味違ったアレンジだ。聞き覚えのある曲さえも新鮮に聞こえる。しかも、一曲ごとに衣装を変えるボーカル陣。ダンサーも兼ねていたりもする。まさに視覚からも楽しませてくれるベースメント・ジャックス。クラクラするくらいの照明の効果もそうだ。単に踊らせるだけの音楽ではない。こうしたライブならではの演出こそが彼らのライブの醍醐味なのだと思う。そりゃあこうした会場なら、自宅では再現不可能なほどのデッカイ音で踊れる。たくさんの人たちと一緒に踊るのもそれなりに楽しい。でもそれだけでいいのならクラブで彼らのリミックスのアナログ盤でも流して踊っていればいいのだ。ナマのバンド形式ならではのグルーブ感。演奏者と観客の間にあるエネルギーのやりとり。それらを感じられることがうれしくてこうして会場に足を運んでしまうのかもしれない。

Basement Jaxx   興味深かったのは、曲と曲のつなぎに聞こえてくるダブステップのリズム。特に中盤"Jump 'n' Shout"から"Saga"へと流れていく間のダークなビートはまさにUKダブステップ。手が上がる率、飛び跳ねる人の率が若干下がっていたかもしれないが、スピーカーから吐き出される耳が痛くなるほどの重い音に思わず「さすが」と唸ってしまった。

  毎朝仕事に行くのがしんどい時、"Raindrops"を聞きながら気持ちを切り替えたこの9ヶ月間。音を楽しむことができなくなっていたそんな日常を打破するかのようなこの日の90分間。言葉に表しがたいたくさんの「愛」に溢れたステージ。彼らからもらったエネルギーを糧にもう一度音楽を楽しむ気持ちを思い出せるかもしれない。個人的にそう感じた2010年の幕開けとなるライブだった。

Basement Jaxx

--set list -- (原文のまま)
Scars / Good Luck / Twerk / Hush Boy / She's No Good / Red Alert / Jus I Kiss - We March On / Raindrops / Feelings Gone Acoustic /Jump 'n' Shout - Dub step / Saga / Rendez Vu / Plug It In / Onyx / My Turn / Do Your Thing / Dark Pumpkin / W.Y.H.A.
--encore --
Romeo Pitch / Bingo Bango
report by miyo and photos by hiroshi
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Basement Jaxx

button魅せられまくりのダンス・フロアー (10/02/24 @ Namba Hatch) : review by miyo, photos by hiroshi
buttonphoto report (10/02/24 @ Namba Hatch) : photos by hiroshi
buttonBanger'd Out! : (08/10/18 @ Makuhari Messe) : review by vicente
buttonphoto report (07/01/11 @ Zepp Tokyo) : photos by saya38
buttonphoto report (07/01/10 @ Osaka Big Cat) : photos by ikesan
buttonグラスト日記 (04/06/25 @ Glastonbury Festival, Pilton) : review & photos by keco
button引き出しはいくつあるんだ!? (02/02/05 @ Osaka On Air) : review by soko, photos by ikesan
buttonphoto report (02/02/05 @ Osaka On Air) : photos by ikesan
button失われたディスコを求めて! (02/02/01 @ Zepp Tokyo) : review by nob, photos by nishioka
button真冬の夜の夢 (02/02/01 @ Zepp Tokyo) : review by yohei, photos by nishioka
buttonphoto report (02/02/01 @ Zepp Tokyo) : photos by nishioka


The official site

Basement Jaxx

http://www.basementjaxx.co.uk/

check 'em? -->My Space / iTunes


the latest album

Basement Jaxx

"Scars / Zephyr Special Edition"
(国内限定盤)
previous works

Basement Jaxx

"The Singles"
(国内盤 / 国内盤 + DVD / US import / UK import / UK import / iTunes)

"Zephyr" (US import / iTunes)
"Scars" (国内盤 / US import / UK import / US import - '12 analog / iTunes)
"Twerk Remixes" (12inch US import)
"Feelings Gone" (US import / US import - '12 analog)
"Raindrops " (US importUS import - '12 analog / iTunes)
"Oh My Gosh " (UK import - '12 analog)
"Twerk/War/My Turn" (UK import - '12 analog)
"Take Me Back to Your House - Single" (iTunes)
"Make Me Sweat - Single" (iTunes)
"Hey U - EP" (iTunes)
"Fly Life (Unreleased Mixes) - EP" (iTunes)
"Atlantic Jaxx Recordings" (US import / UK import)
"アトランティック・ジャックス-ア・コンピレーション・ボリュームII" (国内盤)
"Jaxx Unreleased" (US import)
"Crazy Itch Radio" (国内盤 / US import / iTunes)
"Kish Kash" (国内盤 / UK import / US import / iTunes)
"Rootys" (国内盤 / US import / UK import / iTunes)
"Remedys" (国内盤 / US import / UK import / iTunes)
... and more


check the albums?


The latest album

Basement Jaxx

"Scars / Zephyr Special Edition"
(国内限定盤)

miyo's works

mail to

button 2010

button魅せられまくりのダンス・フロアー : ベースメント・ジャックス (24th Feb. @ なんばハッチ)

button 2009

button激音対決の結果やいかに : ブルータル・トゥルース VS コンヴァージ (17th Dec. @ 大阪ビッグキャット )
button再び満員御礼 : フランツ・フェルディナンド (12th Nov. @ ゼップ大阪 )
buttonただいま成長中 : ア・フラッド・オブ・サークル (26th Jun. @ 十三ファンダンゴ)
buttonジャズ・ラテンって? : スノウボーイ (15th Jun. @ ビルボードライブ大阪)
buttonじっくりと堪能する観客に囲まれて : ダヴズ (27th Apr. @ O2アカデミー・ニューカッスル)
buttonテスト・ツアー : 65デイズ・オブ・スタティック(23rd Apr. @ ザ・デフ・インスティチュート)
buttonCD review 65デイズ・オブ・スタティック :"エスケープ・フロム・ニュー・ヨーク" (20th Apr.)
button1冊の絵本を楽曲化すると : シベリアン・ニュースペーパー(21st Mar. @ ヘップ・ホール)
button地元の新人を大舞台へ : イマージング・アーティスツ・イン・レジデンス(27th Feb. @ ロイヤル・フェスティバル・ホール)
buttonあくまでもシベリアン流で : シベリアン・ニュースペーパー(1st Feb. @ ヘップ・ホール)
button成功街道直進中 : グラスヴェガス(21st Jan. @ 大阪ビッグキャット)
button絶望とまではいかない、どこか : モグワイ(14th Jan. @ 大阪ビッグキャット)

button 2008

buttonそぎ落としの美学: テ(6th Dec. @ 大阪シャングリ・ラ)
buttonフォト・レポート : シベリアン・ニュースペーパー (17th Sep. @ 南堀江ネイヴ)
buttonフォト・レポート : ピアノジャック (17th Sep. @ 南堀江ネイヴ)
button分離壁と検問所に囲まれた雑踏の音 : チェックポイント303 (29th Aug. @ 我無双)
button混ざり合った先は : エイジアン・ダブ・ファウンデイション (30th May @ 難波ハッチ)
buttonフォト・レポート : シベリアン・ニュースペーパー (18th Apr. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonダンス・パーティーズ・ツアー : 65デイズ・オブ・スタティック (15th Apr. @ クラブ・アカデミー、マンチェスター)
button週末の幕開けは : リズMC (11th Apr. @ ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ロンドン)
button凄いの最上級 : ジョン・バトラー・トリオ (5th Apr. @ 心斎橋クラブクアトロ
button日本初上陸は世界仕様で : ロドリゴ・イ・ガブリエラ (30th Mar. @ 渋谷デュオ・ミュージック・エクスチェンジ)
buttonMCとは : リズMC (15th Mar. @ ラティチュード 30、オースティン)
buttonBBQでBSP : ブリティッシュ・シー・パワー (15th Mar. @ ブラッシュ・スクエア・ノース・テント、オースティン)
button淡々と : ローラ・マーリング (14th Mar. @ ナインティ・プルーフ・ラウンジ、オースティン)
button今回一番の掘り出し物 : エルダー (14th Mar. @ スモーキン・ミュージック、オースティン)
buttonあれから5年 : ボディー・オブ・ウォー (13th Mar. @ スタッブス、オースティン)
buttonちょっとだけのはずが : ビリー・ブラッグ (13th Mar. @ SESAC デイ・ステージ・カフェ、オースティン)
buttonニュー・スキッフル : ジョニー・フリン・アンド・ザ・サセックス・ウィット (12th Mar. @ ザ・モホーク、オースティン)
buttonもしや、常連? : ザ・ナイトウォッチマン (12th Mar. @ エスターズ・フォリーズ、オースティン)
button行動し続ける男 : ザ・ナイトウォッチマン (12th Feb. @ 心斎橋クラブクアトロ)
button輝きを増して : ブンブン・サテライツ (10th Feb. @ 難波ハッチ)
buttonライブ・バンドですから : シベリアン・ニュースペーパー (6th Feb. @ 南堀江ネイヴ)
buttonCD review シベリアン・ニュースペーパー :"コミカル・サルート" (29th Jan.)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to . and the same of the photos belong to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.