buttonあがた森魚
@ タイムドーム明石 (14th Dec.'08)

プラネタリウムは今夜も晴天



Morio Agata (あがた森魚)
 この日の午後、明石のプラネタリウム周辺には雪がちらつきました。

アコーディオンによるエキゾチックな音色が漂うと、アコースティックギターが荒々しくストロークされる!六本の弦がいっせいに高く鳴る!変わらない青春が加速していくような、弦たちの痙攣!放り出された残響音はミニチュアの天心へと吸い込まれていく!

 プラネタリウムは天の模型、夜空の人工的な縮図です。ミニチュアです。

 そこであがた森魚はたくさんの歌を歌いました。プラネタリーな唄をたくさん。

「港のロキシー」・・・「淋しいエスキモウのように」・・・「空飛ぶ理科教室」・・・「初恋」・・・「星のふる郷」・・・「スターカッスル星の夜の爆発」・・・「ぼくの楽曲」・・・「冬のサナトリウム」・・・

 冒頭に続く「港のロキシー」からはじまったショウは、星座が巡るようにゆったりと進みました。

 丸天井の下には扇方に並んだシート、深い夜の色。

 我々は夜の色に深々とおしりを沈めていたので、時計の針もよりたっぷりと回っていたのかも知れません。

 今夜はキーボードにライオンメリィさん、ベースやギターに光永巌さん、パーカッションにイトケンさんの四つ星で、「永遠の遠国」や「Virgin Vs」の頃の具体的かつファンタジックな唄が、キラメキもそのままに惜しげもなく撒き散らされました。

 今夜歌われたのは、歌詞に月や星が出てくるというだけではありません。

 その唄たちは、天上遥かな遊星に相対している。勇ましさも哀しさも儚さも、「生活」の枠を突き抜けて宇宙と対峙しているのです。

 プラネタリウムがそうであるようにあがた森魚の唄もまた、或るミニチュアではないでしょうか?

 唄のひとつひとつが宇宙観のミニチュアであり、それは無常観のミニチュアでもあり、全天を巻き込んだ或る人生のミニチュアであり、それは愛であり、郷愁そのものの結晶でもある。

 天球にはさまざまの星がきらめき、半球の空間にはあがた森魚のさまざまが煌く!

 「いとしの第六惑星」・・・「キットキット!遠く遠く!」・・・「水晶になりたい」・・・「ウィンターバスストップ」・・・「くるりくるりと」・・・「サブマリン」・・・「デパートメントストア」・・・「百合コレクション」

「あがた×プラネタリウム」のクライマックスは「いとしの第六惑星」でしょう。

 歌が始まると同時に降り注ぐ星星は、永遠の淋しさの尾っぽを引いて満天に開きます。 あがた森魚は夜の秘密を暴きにかかった!

 惑星漂流60周年真っ只中のあがた森魚は、全国行脚の真っ只中にあります。

 毎晩毎晩、土地土地の人の前で自作の唄を歌い継ぐ。忘れたり思い出したりしながら歌い継ぎ、そしていつまでも終わらないのでしょう。北から南まで、日本中の全員と手を繋ぎあたらしい星座をみつけるためでしょうか、そんな中あがた森魚自身はただ一人の遊星であるような気もします。

 アンコールに呼び戻されると、我々の遊星は冬の夜を歌い、尾っぽをひいてまた旅へと去りました。

「サイレントイブ」・・・「大寒町」

 開演前のちらつく粉雪を知っていたのでしょうか?

なお、巻頭の写真は10月15日の松本公演のものを使用しています。

ライブ予定

「あがた森魚とZIPANG BOYZ號の一夜〜惑星漂流60周 in 東京〜」
あがた森魚『惑星漂流60周年!』海上海底全国潜行オーシャンクロスロードツアー
2008年8月30日から年明けまで通して、北から南まで行っているツアーの一大記念イベント!
あがた森魚の原点である、デビュー当時の演奏メンバーとのライヴを開催!
出演:あがた森魚/鈴木慶一/矢野顕子/武川雅寛/ 和田博巳/駒沢裕城/本多信介/渡辺勝/ かしぶち哲郎/久保田麻琴/浜口茂外也/他
report yuji and photos by nachi
==>top page : JPN / ENG

butonmag files : Morio Agata

buttonプラネタリウムは今夜も晴天 (08/12/14 @ Time Dome Akashi) : review by yuji, photos by nachi
buttonphoto report (08/10/15 @ Matsumoto Music Court Hana) : photos by nachi
buttonアガタルホルタガア (07/10/27 @ Tokyo Kinema Club) : review by yuji, photos by nachi
buttonphoto report (07/10/27 @ Tokyo Kinema Club) : photos by nachi
buttonphoto report (07/10/27 @ Tokyo Kinema Club) : photos by hanasan


The official site

Morio Agata

http://www.morioagata.com/

check 'em? -->iTunes



The latest album

Morio Agata

"タルホロジー"

絶対に持っていてほしい大傑作

Morio Agata

"乙女の儚夢"
(国内盤 : 紙ジャケット仕様 / 国内盤)



絶対に持っていてほしい大傑作

Morio Agata

"噫無情(レ・ミゼラブル)"
(国内盤 : 紙ジャケット仕様 / 国内盤)



previous works

"僕は天使ぢゃないよ(サウンド・トラック)" (国内盤)
上記3枚のアルバムを全て集めたBOX SETも発表されています。
"乙女の儚夢" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 / 国内盤)
"噫無情(レ・ミゼラブル)" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 / 国内盤)
"僕は天使ぢゃないよ" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 / 国内盤)
"日本少年‐ヂパング・ボーイ" (限定盤 / 通常盤
"君のことすきなんだ" (国内盤)
"永遠の遠国(二十世紀完結篇)" (国内盤 / iTunes)
"永遠の遠国の歌" (国内盤)
"バンドネオンの豹" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 with bonus tracks / 国内盤)
"バンド・ネオン豹と青猫" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 with bonus tracks / 国内盤)
"ミッキーオの伝説" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 with a bonus / 国内盤)
"イミテーション・ゴールド" (国内盤)
"ピロスマニア海へ行く" (国内盤)
"オートバイ少女(サントラ)" (国内盤)
"24時の惑星" (国内盤)
"第7東映アワー" (国内盤)
"港のロキシー(サントラ)" (国内盤)
"日本少年2000系" (国内盤 / iTunes)
"20世紀漂流記/あがた森魚ベスト" (国内盤)
"Live at NHK505s" (国内盤)
"佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど" (国内盤 / iTunes)
"オー・ド・ヴィ(サントラ)" (国内盤)
"ギネオベルデ(青いバナナ)" (国内盤)
"星繁き牢獄の提督たちへ" (国内盤)
previously unavaiable...

Morio Agata

"少年歳時記"
(国内盤 - Limited Edition)


Morio Agata

"蓄音盤"
(国内盤 - the debut album)


Morio Agata

"あがた森魚コンサート~
『永遠の遠国』at 渋谷ジアン・ジアン"
(国内盤 : recorded live in 1978)

The debut movie

Morio Agata

"僕は天使ぢゃないよ"
(国内盤)

previous film works

"オートバイ少女" (国内盤)


Virjin VS

"ヴァージンVS ゴールデン☆ベスト" (国内盤)
"ヴァージンVS詩集" (限定盤紙ジャケット仕様)
"VIRGIN VS VIRGIN" (限定盤紙ジャケット仕様)
"STAR☆CRAZY" (限定盤紙ジャケット仕様)
"乗物デラックス" (限定盤紙ジャケット仕様)
"羊ヶ丘デパートメントストア" (限定盤紙ジャケット仕様)

compilation他

"9th June 1988" (はちみつぱいのライヴで3曲に客演) (国内盤)
"20世紀BEST ベルウッド・フォーク・ヒストリー (1 track)" (国内盤)
"1971フォーク・ジャンボリー (1 track)" (国内盤)
"東京1ダース (1 track)" (国内盤)
"ベルウッド・シングルス1(4 trax)" (国内盤)
"ベスト・オブ・ベルウッド(2 trax)" (国内盤)
"B.Y.G. High School B1(ムーンライダーズが2 traxをカバー)" (国内盤)
"失われたボールをもとめて 〜寺山修司トリビュート(1 track)"(国内盤)
... and more

check the albums?

yuji's works

mail to :

button2008

butonプラネタリウムは今夜も晴天 : あがた森魚(14th Dec. @ タイムドーム明石)

button2007

butonアガタルホルタガア : あがた森魚(27th Oct. @ 鶯谷東京キネマ倶楽部)

button2005

buton新宿外れの狂想曲 : あがた森魚 (12th Jun. @ 新宿レッドクロス)
butonスシとサシミとヨ・ラ・テンゴ : ヨ・ラ・テンゴ (28th May @ ラフォーレ・ミュージアム六本木)
buton横寺町とあがた森魚〜12+3の秘密境〜 : あがた森魚 (22nd Mar. @ 神楽坂ディメンション)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page :JPN /ENG.