buttonソウル・フラワー・ユニオン @ 渋谷オーウエスト (29th Mar.'08)

表現者たちが見せる

Soul Flower Union
 面白い音楽には、何かを壊すという側面があるものだと思っている。音楽にどんな価値観を求めるのかは、人によって違うだろう。それでも、チャート・ミュージックが、今でも無くなっていないことを考えると、音楽には価値観を取りまとめる機能も持ち合わせているということだろう。サラリーマンは『リンダ・リンダ』で慰め合って、女子高生はカラオケ・ボックス中で仲間がいることを確認し合っているのだ。だけどだ、やっぱり無自覚にそんなものに巻き込まれたら面白くともなんともない。ソウル・フラワー・ユニオン(以下SFU)は、そんな価値観に巻き込まれずに荒地を突っ走ってきたバンドだ。昨年から始まった彼らが主催するイベント『闇鍋音楽祭』は、畑違いと言ってしまってもおかしくないようなバンド達と競演を果たしている。(昨年はサケ・ロック、ユア・ソング・イズ・グッドetc、今年は赤犬・ミドリなどと競演)それは、傍から見ていても、何が起きるのだと期待してしまうような尖がったイベントだったし、出来上がった囲いになど収まらないSFUの姿勢を感じるものだった。

Soul Flower Union 会場に到着したのは、開演時間を10分ほど過ぎた頃だった。会場には入りきらないほど人が溢れかえっていた。この日の対バンは曽我部恵一。これが、意外に体育会系ノリの音で驚いた。しっかりとしたリズムと、時々見せる沸点をぶっち切ったような音。以前、目にした時は、大学のサークルみたいなノリが鼻についたが、そんな事はまったく感じさせない。赤裸々で、素直すぎる言葉で歌われる歌詞にも説得力を持たせるぐらいバンドの演奏は太かった。4人のメンバーが向かい合って演奏する姿は非常に微笑ましく、同時に力強いものだった。バンドというものを意識させてくれる確かなものの存在。それは、決して内向きで終わろうという雰囲気では無く、外側に向けて放出されるパワーをビンビンと感じさせるものだった。会場の熱気も申し分なく、彼が歌う「愛」とか、「ロック」という言葉に普遍的な力を感じる熱演だった。

Soul Flower Union そんな、曽我部の熱演を受けて登場したSFU。その影響があったせいなのか、いつにもまして熱量高めの演奏を聞かせてくれた。前半は新曲を中心に、後半は魂のアンセムとも呼べる名曲達をという流れも秀逸だった。特に新曲達はこれまでの彼らの音楽の先を聞かせてくれるような素晴らしい楽曲ばかりだった。言葉の一つ一つを噛み締めるような曲が多く、中川の音楽に対する重心が歌そのものに向かっている様子が窺えた。そんな言葉と歌がじわっと会場に広がって、後半からのどんちゃん騒ぎへ見事に繋がっていく。この日のイベントのタイトル同様に、SFUの音楽こそがまさに闇鍋だと思っている。世界中の様々な場所に出かけては、ご当地ソングをしっかりと咀嚼し、バンドの血肉と化してきた。それでいて、バンドとしての軸は全くぶれない。SFUの音がいつも鳴っていた。そのバンドの軸というものが、ついに姿を曝け出そうとしているのかもしれない。新曲達の端々から感じたのはそういうことだ。中川は決して大げさなことを言葉にするわけではないが、実に素直な言葉を紡ぎだすようになった。歌に対して最短距離を見つめているかのよう。より、受け皿が大きなものになってきているのは間違いない。6月にはシングル盤をリリース。そして、年内にドロップされるアルバムには希望を託しても良いぐらいの充実を聞くことができそうだ。

 この日、曽我部恵一を聞いていて思ったのだが、彼は非常に素直に歌を作る人だ。SFUはそれに比べると、少なくとも素直とは言い切れないなとも思った。(彼らからすると素直なのかもしれないが)それは、彼らの思考するものの違いだろうし、置かれている環境も違うからだろう。それでも、感じるは、同じようなことだと。彼らぐらい長く表現者としてのキャリア重ねていれば、見てきたことも、見えてくるものも沢山あるだろう。だからこそ、本当に大切なことを言葉に、歌にできているのだと。それは曽我部にとっては「愛」という言葉なのだろうし、中川にとっては「フリー・チベット」という言葉なのだろう。キャリアを重ねようが、枯れない気持ちと、ますます研ぎ澄まされていく音楽への感性と攻撃性と包容力。とにかく、彼らのような表現者が、これからどんな表現を見せてくれるのか。そこに幸福が待っているだろうと確信をした一夜であった。ベテランなんて言葉は全く似合わない。
Soul Flower Union


report by sakamoto and photos by hanasan
==>top page : JPN / ENG

buttonMag files : Soul Flower Union / Soul Flower Mononoke Summit

button表現者たちが見せる (08/03/29 @ Shibuya O West) : review by sakamoto, photos by hanasan
buttonphoto report (08/03/29 @ Shibuya O West) : photos by hanasan
buttonphoto report (07/12/15 @ Lquidroom Ebisu) : photos by hanasan
buttonphoto report (07/08/12 @ Kotobuki-Cho Free Concert) : photos by hanasan
button暑い、熱い夏到来!! (07/06/23 @ Liquidroom Ebisu) : review by sakamoto, photos by naoaki
buttonphoto report (07/06/23 @ Liquidroom Ebisu) : photos by naoaki
buttonphoto report (07/06/17 @ Nagoya Club Quattro) : photos by miyako


The official site

Soul Flower Union

http://www.breast.co.jp/soulflower/

check 'em? -->iTunes


The latest DVD

Soul Flower Union

"ライブ辺野古" (国内盤)



The latest album

Soul Flower Union

"満月の夕~90's シングルズ" (国内盤)



NEED YOUR SUPPORT

Soul Flower Union

"風ガハランダ唄" (国内盤

12曲(内新曲が9曲)入りアルバム



The latest album
Soul Flower Mononoke Summit

Soul Flower Union

"Deracine Ching-Dong" (国内盤)


previous works

"寝顔を見せて" (国内盤)
"ラヴィエベル〜人生は素晴しい"(国内盤)
"ゴースト・ヒッツ 00~06"(国内盤 / iTunes)
"ロロサエ・モナムール"(国内盤 / iTunes)
"極東戦線異状なし!?"(国内盤 / iTunes)
"シャローム・サラーム"(国内盤 / iTunes)
"LOVE±ZERO"(国内盤 / iTunes)
"スクリューボール・コメディ" (国内盤)
"緑の沖縄 [MAXI]" (国内盤)
by 登川誠仁 with ソウル・フラワー・ユニオン
"UNCHAIN" (国内盤 / iTunes)
"アジール・チンドン" (国内盤)
"レヴェラーズ・チンドン" (国内盤)
"High Tide And Moonlight Bash" (国内盤)
"WINDS FAIRGROUND" (国内盤)
"MARGINAL MOON" (国内盤)
"宇宙フーテン・スイング [MAXI]" (国内盤)
"エエジャナイカ [MAXI]" (国内盤)
"ELECTRO AGYL-BOP" (国内盤)
"GHOST HITS 93~96" (国内盤)
"ワタツミ・ヤマツミ" (国内盤)
"カムイ・イピリマ" (国内盤)
"青天井のクラウン [SINGLE]" (国内盤)
"EACH LITTLE THING [MAXI] " (国内盤)
"向い風 [SINGLE]" (国内盤)
"満月の夕 [SINGLE]" (国内盤)


DVD

"ゴースト・キネマ 1993~1997" (国内盤)


check the albums?

samamoto's works

mail to

button2007

button表現者たちが見せる : ソウル・フラワー・ユニオン (29th Mar. @ 渋谷オーウエスト)
buttonDVD review : ライブ辺野古 : ソウル・フラワー・ユニオン / ソウル・フラワー・モノノケサミット (10th Mar.)
buttonCD review : 空洞です" / ゆらゆら帝国 (16th Dec.)

button2007

buttonハッピーの向こう側を見せてくれた : ザ・ゴー!チーム (4th Dec. @ 渋谷クラブクアトロ)
button最大公約数にならない音楽達 : カクバリズム5周年記念イベント feat. ユア・ソング・イズ・グッド、サケロック、イルリメ、キセル、二階堂和美、サイプレス上野とロベルト吉野 (1st Dec. @ 渋谷AX)
buttonCD review : ベアーズ・バンケット : ズボンズ (2nd Dec.)
button子供みたいな大人が鳴らす音楽 : ケン・ヨコヤマ (4th Nov. @ 横浜ベイホール)
buttonCD review : ネバー・ターン・バック : メイヴィス・ステイプルズ (17th Oct.)
buttonバランスなんて知ったことか! : モーサム・トーンベンダー (23rd Sept. @ 渋谷AX)
buttonCD review : エウスカル・エリア・ジャマイカ・クラッシュ : フェルミン・ムグルサ (22nd Jul.)
button暑い、熱い夏到来!! : ソウル・フラワー・ユニオン(23rd Jun. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonCD review : ブギー・アウト : マンホール (11th Jun.)
buttonCD review : ラヴィエベル〜人生は素晴しい : ソウル・フラワー・ユニオン (27th May.)
buttonCD review : セカンド : ミドリ (27th Apr.)
button自由と笑顔に包まれた夜 : ザ・スラッカーズ with オイ・スカル・メイツ & スパイク(21st Mar. @ 新宿ロフト)
buttonCD review : スーパー・ナイス : モーサム・トーンベンダー (18th Mar.)
buttonCD review : サム・ラウド・サンダー : クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー (5th Mar.)
buttonCD review : デッド・ロック : ギターウルフ (20th Feb.)
button飛べないロケットのパワー : マンホール (9th Feb. @ 新宿レッドクロス)
buttonありふれた夜を変えた瞬間 : 行方知レズ (3rd Feb. @ 下北沢モザイク)
button僕達の唄が歌われた時 : ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、デューティー・フリー・ショップ×カクマクシャカ、サヨコオトナラ (20th Jan. @ 吉祥寺スターパインズカフェ)
buttoncolumn : 定例 : これを見逃すな!つづら折りの宴 〜 Peace Music Festa! 辺野古 '07 : ソウル・フラワー・ユニオン他 (10th Jan.)
button行き先なんてなくてもいいじゃん : 行方知レズ (12th Jan. @ 新宿ルイードK4)

button2006

buttonCD review : ソング・オブ・インストゥルメンタル : サケロック (24th Dec.)
button非公式な夜 : ソウル・フラワー・ユニオン (16th Dec. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonパンクを聞いた日 : ゲット・オン・ジ・オムニバス・ツアー feat. レザーズ・エッジ、エフ・アイ・ビー、モガ・ザ・ファイブ・イェン、ユア・ソング・イズ・グッド、アスパラガス、ケン・ヨコヤマ (23rd Nov. @ リキッドルーム恵比寿)
button CD review : "B☆B☆B" - ズボンズ (23rd Nov.)
buttonヒリヒリしたロック : 行方知レズ (11th Nov. @ 渋谷オーブ)
button CD review : "ザ・クロマニヨンズ - "ザ・クロマニヨンズ (9th Nov.)
button CD review : "夢助" - 忌野清志郎 (23rd Oct.)
button6時間のぶつかり合い : Kein Titlewettkampf feat デートコースペンタゴンロイヤルガーデン、面影ラッキーホール、オシリペンペンズ&水中、それは苦しい (9th Oct. @ 渋谷オーイースト)
button幸せな2日間 : 朝霧ジャム (7th & 8th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonまだまだ旅は続くのです : ソウル・フラワー・ユニオン (30th Sept. @ リキッドルーム恵比寿)
button CD review : ボブ・ディラン - "モダン・タイムス (26th Sept.)
button CD review : マイケル・フランティ & スピアヘッド - "アイ・ノウ・アイム・ノット・アローン (11th Sept.)
button CD review : マーガレットズロース - "DODODO (28th Aug.)
button CD review : ズボンズ - "ウェイ・イン / ウェイ・アウト (10th Aug.)
button CD review : ソウル・フラワー・モノノケ・サミット - "デラシネ・チンドン (31st Jul.)
button ザ・クロマニヨンズ (23rd Jun. @ 万国博記念公園もみじ川芝生広場)
button CD review : ザ・ハイロウズ - "トラッシュ・バッグ (19th Jul.)
マーガレットズロース他 (12th Jun. @ 横浜寿町職安前広場)
button CD review : ニール・ヤング - "リヴィング・ウィズ・ウォー (5th Jul.)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever without the author's approval.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.