buttonレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン @ 大阪城ホール (7th Feb. '08)

スーパー・サーズデイ



Rage Against The Machine
 完璧だった。演奏、タイム感、バンドとしてのテンションはもちろんのこと、ヨーロッパ〜オーストラリアを経て太平洋を縦断してきたショウとしての完成度。そして実に7年もこの日を待ちこがれた観衆の思いと歓声。どれをとっても非の打ちどころのないそれらの熱気や、興奮が、一つの巨大な坩堝となって疾走した1時間強だった。

Rage Against The Machine 刺すような夜のとばりとともに降り出したみぞれ混じりの小雨のなか、最寄り駅のコインロッカーに荷物とコートも預けたのだろうか、Tシャツ姿の集団が肌をさすり震えながら会場へと駆け出していく。超満員のアリーナに入ると、なんだか拍子抜けするくらいに、くつろいだ空気が和やかに対流している。7年の月日は、おそらく当時は10代や20代前半だったろう彼らも大人にしていた。どこか懐かしい感覚さえする。だがそんな、場慣れた、和やかな空気も、客電が落ち、暗転し、メキシコ国歌のオープニングSEが揚々と鳴り渡り、黒地に赤い星のサパティスタの巨大な旗が掲揚されると、いっきに弾け飛ぶ。アリーナの天井をビリビリと焦がす歓声。

 白光に包まれた4人はなにも変わっていないように見える。トム・モレノのベースボールキャップもワークシャツも、エルネスト・チェ・ゲバラがペイントされたギターアンプも、それにイラク国旗のようなザックのリストバンドもそのままだ。一瞬、なんだか不思議な感覚におそわれる… 9・11直後、全米のラジオ業界が決定した"イマジン"や"ギヴ・ピース・ア・チャンス"や"ワッツ・ゴーイン・オン"など"国民感情的にふさわしくない"200曲以上もの『自主規制曲』。そのリストにたった1行All songs of Rage Against The Machineと記さろ ていたこと。その発言をいちばん期待していた、あらゆる人にとってタフだった時期に、まるで潜水艦のように沈黙を通していた、あの不在の歳月は幻だったのか?…と。

Rage Against The Machine まるで7年前の映像を見ているかのように、ステージでは、ギラギラと赤く煮立った怒りと敵愾心と誇りがマイクと拳とで打ち固められ、精錬され、鋼のような音の壁をアリーナに打ち立て、それを観衆が雄叫びのこだまで支えている。ザックもそんな彼らをすっかり信頼しきっているかのように、"ボムトラック"、"バレット・イン・ザ・ヘッド"、"ゲリラ・レディオ"、"スリープ・ナウ・イン・ザ・ファイヤ"、"キリング・イン・ザ・ネーム"のかけ合いのパートを観衆に任せている。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンという存在は、結局は我々の集合無意識なのかもしれない… 我々が疑心暗鬼に陥ったり、迷ったり、自信を失ったとき、このバンドに蠢くギラギラとした熱い坩堝のようなエネルギーも、前進する糧を失うのだ… そんな気にさせられる(風俗で未成年者を買ってたり、「買春は中国へのODAみたいなもの」と宣ったタレント知事がワイドショーを賑わすこの国は違うのだろうが)。

Rage Against The Machine 権力に昇りつめようとする者が我々の代弁者になりえないのは、7年前も今も状況はなんら代わりはない。だがボイコットして「血と石油に飢えたハゲタカたち」にすべてをかすめ取られた過ちはもう犯さない、再びステージに立った4人はそんな勇気を新たに得たのだと、もう一度信じる気にさせられた。こんなに完璧な熱気を目撃したのだから。と、閉めたかったのだが、大人になったはずの観衆のなかでトーチのようにガスバーナーに火をつける輩がいた。モッシュもサーフも沸き起こったアリーナの真ん中で、だ。誰かに引火したらどうなるのか? どう責任をとるのか? 「羊水騒動」どころじゃ澄まされない。馬鹿にも程がある。そんな奴は二度とこういう場に来てほしくない。


-- set list - -

1.Testify / 2.Bulls On Parade / 3.People Of The Sun / 4.Bombtrack / 5.Vietnow / 6.Bullet In The Head / 7.Down Rodeo / 8.Renegades Of Funk / 9.Guerrilla Redio / 10.Calm Like A Bomb / 11.Sleep Now In The Fire / 12.War Within A Breath

-- encore --

13.Freedom / 14.Killing In The Name
Rage Against The Machine



report by ken and photos by ikesan

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Rage Against The Machine

buttonWith a Pocket Full of Shells... (08/02/10 @ Makuhari Messe Kokusai Tenjijo) : review by jeff, photos by naoaki
buttonphoto report (08/02/10 @ Makuhari Messe Kokusai Tenjijo) : photos by naoaki
buttonNo Rust On This Machine (08/02/09 @ Makuhari Messe Kokusai Tenjijo) : review by showan, photos by yusuke
buttonphoto report (08/02/09 @ Makuhari Messe Kokusai Tenjijo) : photos by yusuke
buttonスーパー・サーズデイ (08/02/07 @ Osaka-Jo Hall) : review by ken, photos by ikesan
buttonphoto report (08/02/07 @ Osaka-Jo Hall) : photos by ikesan
buttonCD review : Live at the Grand Olympic Auditorium (03/12/16) : review by ken
buttonCD review : The Battle of Los Angeles (01/06/15) : review by nagata hirosi.

The official site

Rage Against The Machine

http://www.ratm.com/

check 'em? -->MySpace

The latest album

Rage Against The Machine
"Live at the Grand Olympic Auditorium"
(国内盤初回限定DVD付き / 国内盤 / US import / UK import)



The latest DVD

Rage Against The Machine
"Live at the Grand Olympic Auditorium"
( 国内盤 / US import)



previous works

"Battle of Mexico City" (国内盤 / US Import)
"Rage Against the Machine" (国内盤 / US Import - region free)
"Free Tibet (1998)" (US Import - region free)
previous works

Rage Against The Machine
"Rage Against The Machine"
(国内盤初回限定紙ジャケット仕様 / US Import / UK Import)



"Evil Empire"(国内盤限定紙ジャケット仕様 / 国内盤 / US Import / UK Import / UK Import - '12analog)
"Live & Rare" (国内盤 / US Import)
"The Battle of Los Angeles" (国内盤限定紙ジャケット仕様 / 国内盤 / US Import / UK Import)
"Renegades " (国内盤限定紙ジャケット仕様 / 国内盤 / US Import / US Import with 2 bonus tracks / UK Import )
"Rage Against the Machine" (UK Import - 3CD set / US Import - 3CD set of Rage Against the Machine, The Battle of Los Angeles & Evil Empire)
"The Lowdown" (UK Import )
"Battle of Los Angelos/Renegades" (US Import )
"Rage Against the Machine/Evil Empire" (UK Import )
"Testify [Maxi]" (US Import )
"Sleep Now in the Fire [Maxi]" (国内盤 / US Import )
"Sleep Now in the Fire, Pt. 1 [Maxi]" (US Import )
"Sleep Now in the Fire, Pt. 2 [Maxi]" (US Import )
"Maximum Rage" (UK Import )
"Official Interview CD" (UK Import )
"Guerilla Radio [Single]" (UK Import / 国内盤 )
"People of Sun [10 inch Analog] " (UK Import )
... and more

related works

"Tributo a Rage Against the Machine: En Espanol" (US Import)
"Tribute to Rage Against the Machine" (US Import)
"Freedom: Tribute to Rage Against the Machine" (US Import)


check the albums?


ken's works

mail to

button2008

buttonスーパー・サーズデイ : レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン (7th Feb. @ 大阪城ホール)

button2007

button日本人になにが起こったんだ!? : フェルミン・ムグルサ・アフロ・バスク・ファイヤ・ブリゲード (27th Jul. @ 渋谷エッグマン)

button2006

buttonマウンテンズ・オブ・スピリット : ブリンズリー・フォード(8th Oct. @ 朝霧アリーナ)
button「熱」の伝播 : マイケル・フランティ & スピアヘッド (7th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonCD review : イェル・ファイア! : マイケル・フランティ & スピアヘッド (15th Sept.)
button変ハワイもスカも関係ない : ゴー・ジミー・ゴー (17th Apr. @ 鰻谷 燦粋)
button変わるもの、変わらないもの : BMXバンディッツ (14th Feb. @ 新世界ブリッジ)

button2005

buttonささやかなる祝祭 : 鬼怒無月 with ゴンザレス三上, Baku Sawada & 松田美緒 : (17th Dec. @ Ten-On Osaka)
buttonテヘラン〜ワルシャワ〜マダガスカル〜そしてアイヌ : Warsaw Village Band, Kilema, OKI, The Tehran Brothers : (08th Oct. @ 鰻谷サンスイ)
button感性を原体験にするジャズ : 矢野沙織 (6th May. @ ブルーノート大阪)
buttonOut of This World : shiba in car, Youcan, Kumi (24th Apr. @ jaz'room "nuthings")
buttonこの美しさは… : Mozaik, ソウル・フラワー・モノノケ・サミット, 岸田繁(くるり): (05th Apr. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonありやまなお湯だ !! : 有山じゅんじ, ゴーゴー木村 etc. (28th Mar. @ 浪花温泉)
buttonビッグバンを垣間見る : Ozomatli (16th Mar. @ 心斎橋クラブクアトロ)
button語りかけると、彼の音楽がわかります : Tete, cutman-booche (15th Mar. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonreport and photo : 有山じゅんじ (25th Feb. @ 安治川ヒポポタマス)
buttonおんなボーカル歌合戦 feat. FREE FROM DISGUISE, shiba in car, ひでこりべるたんset, WEDNESDAY_EVE : (13th Feb @ Namba Bears)
button心象風景のピアノフォルテ / photo report : リクオ (30th Jan @ Juttoku Kyoto)
button世代を超えた贅沢な一夜 : ありやまな夜だ!! 新春スペシャル feat. 有山じゅんじ, ムーヤン, saigenji, 高田 漣, TOMOVSKY, リクオ (28th Jan @ 神戸チキンジョージ)
button10年分のイャサ、ホォヤ : 『つづら折りの宴』feat. ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、山口洋他 (16th Jan @ 長田神社)

button2004

buttoniphoto report : 矢野沙織 (18th Dec. @ Osaka Royal Horse)
button「ザ・クラッシュ→フェルミン→ベタガリ」 : BETAGARR, GELUGUGU, COBRA (12th Nov. @ King Cobra)
buttoninterview : 続 : 極東戦線異状あり : 中川敬 (Soul Flower Union) (12th Nov.)
button日本とキューバ、新しい才能の共演 : 矢野沙織 with ALEX CUBA BAND (28th Oct. @ Shinsaibashi Quattro )
buttonCD review : 『Humo De Tabaco』 : ALEX CUBA BAND (19th Oct)
button愛おしいファド ~カティア・ゲレイロという響き : Katia Guerreiro (28th Sept. @ Shinosaka Melpark Hall )
button旨い酒のように : Soul Flower Union (26th Sept. @ Shinsaibashi Quattro )
buttoninterview : 極東戦線異状あり : 中川敬 (Soul Flower Union) (20th Sept.)
buttonCD Review : Nas Maos Do Fad - ファドに抱かれて : Katia Guerreiro (6th Sept.)
buttonかわちながの世界民族音楽祭 〜トランス・ヨーロッパ・フェス〜 : FANFARE CHIOCARLIA, THINK OF ONE and KiLA (29th Aug. @ Kawachinagano Lovely Hall )
button波の音が聞こえない : Jack Johnson & Donavon Frankenreiter (4th Aug. @ Namba Hatch )
button謙虚さと幸福のカタルシス : FERMIN MUGURUZA KONTRABANDA in Radical Music Network Festival (27th July. @ Club Chitta Kawasaki )
button侘び寂び : Cat Powerand Women & Children (1st Jun @ Shinsaibashi Quattro )
buttonローマ -ベティ・イサンゴ・ドゥグ・ビルバオ- : Street Beat Festival (18th Apr. @ Piazza dei Tribuni in Rome )
buttonミラノ -ボブ・マーリーとジョー・ストラマーと- : Street Beat Festival (17th Apr. @ Leonkavallo in Milan )
buttonボルツァーノ -bad dog outside!- : Street Beat Festival (16th Apr. @ Ku.Bo in Bolzano )
buttonボローニャ -赤い街から煙る街へ- : Street Beat Festival (15th Apr. @ Estragon in Bologna )
buttonフィレンツェ -日本にはない空気- : Street Beat Festival (14th Apr. @ Auditorium Flog in Firenze )
button祭りだ、祭り : Shibusa Shirazu (10th Mar @ Shinsaibashi Quattro )
buttonポストモダン・ニンジャたちに時代は追いついたか : NINJA TUNE (4th Mar @ Osaka Mother Hall)
button沖縄小旅行〜国際通りの喧噪と喜納昌吉&チャンプルーズ、基地の町嘉手 : (Mar @ Okinawa)
button泥酔エンターテイナー : Gaz Mayall (13th Mar @ Osaka Big Cat)
buttonAmore E Odio : Banda Bassotti (3rd Apr.)
button僕たちはみんな同じ血の色をしている : Soul Flower Union (9th Mar @ Osaka Banana Hall)
buttonこれほど罪深いものは、ない : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (1st Mar @ Namba Hatch)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.