button カクバリズム5周年記念イベント feat.
ユア・ソング・イズ・グッド、サケロック、イルリメ、キセル、二階堂和美、サイプレス上野とロベルト吉野
@ 渋谷AX (1st Dec. '07)

最大公約数にならない音楽達


 生まれてこのかた、レーベルという単位で音楽を聞こうという意識はほとんど持ったことはなかった。そんな自分にとってカクバリズムの登場はかなり新鮮な感動を与えてくれたと思っている。ユア・ソング・イズ・グッド(以下、ユア・ソン)、サケ・ロックと次々に心のど真ん中を突くバンドを紹介してもらい、そこにある人の繋がりと、そこから生まれる音楽は、レーベルという囲いがなんら不自由なものではないことを教えてもらった。3年ぐらい前、下北沢シェルターのカクバリズムイベントでユア・ソンとサケ・ロックの対バンのチケットが公演日直前でも余裕で買えたのを思い出す。この日は渋谷AXに目一杯の人。チケットはもちろんソールド・アウト。実にめでたい5周年記念だった。

 アニバーサリーということもあり、レーベル所属の主要アーティストのほとんどが集結。17時スタートで、6バンド出演というかなりの長丁場だ。その幕を開けたのは、サイプレス上野とロベルト吉野 の2人組。歌謡曲からハードコアまで、幅広い選曲にのせてラップをガンガンとかましていく。フロアを煽り、グングンとグルーブを作り出して行く様が実に愉快で痛快だった。以下、出演順にレポートしていきます。

 二階堂和美。がっつりライブを見るのは始めて。正味の話、泣けました。レコードを聞いた限りでは、相当素直なシンガーという印象だったのですが、やっぱり生で聞かないと分からないもの。リズム感もバッチリとステージを跳ねまくる彼女は、まるで劇でもみているかのような感覚が湧き起こってくる。こちらの感情は激しく揺さぶられ、彼女の世界にドンドンと入り込んでいく。そして、あのキュートな笑顔を見せられた時にはコロリと彼女にやられてしまった。意外に男気溢れるシャウトも含めて得がたい経験だった。

 イルリメ。個人的には今年のフジロックベストアクトは彼のステージだった。その時のまま、オーディエンスをがっつりと巻込むステージングは相変わらず圧巻。作り込まれたエンターテイメントと造り出されたエンターテイメントの違いが実に良くわかる。ドラムスにリズムマシーンと常にライブ感を忘れないパフォーマンス。それは常に目線がフロアに向かってるからだろう。最後はAX中をダイブして大円団の盛上がり。根性入れなきゃあんな楽しい空気は生まれない。素晴らしいステージだった。

 キセル。本当にここがライブハウスかと思ってしまった。フジロックにいるか、朝霧ジャムにいるかと勘違いしてしまうぐらいの空気感を渋谷のライブハウスに流し込む。優しく、繊細なメロディーが生み出す開放感に本当に心を打たれた。正直、これまでほとんど耳を傾けた事のない音であったが、新鮮な感動をもらってしまった。

 サケロック。このバンドの良さってヘタウマ感だと思ってますが、この日もその辺がしっかりと滲み出る好ステージ。外した感じが気持ち良く、上に向かおうという気持ちがとってもチャーミング。そこで、もがく感じがとても素晴しいバンドだ。サケに飲まれてゆらゆら揺れて、やっぱりそれが気持ち良い。そんなパフォーマンスを見せてくれた。

 トリはカクバリズムの4番バッター=ユア・ソン。とにかく楽しいの一言だけ。音楽的にはスカをどうとか、カリプソをこうとかと言えるのでしょうが、そんなものはステージ端っこに置いてきましたという感じが素晴しい。MCも含めてのパーティートラック連発で、フロアに大量の汗をかかせる。アンコールでステージに昇った二階堂和美が熱気ムンムンのパフォーマンスにビクッリしてましたが、基本はやっぱりそこにある。どんなものも熱がなければ温まらないのだ。ユア・ソンはそんなものを非常に分かり易く、単純に見せてくれる素晴しいバンドだ。やっぱり汗掻きました。

 改めて眺めてみると、全く共通項がないというか、一芸のアーティストばっかりだ。最大公約数的な音楽なんて一つもない。だからこそ、このレーベルがこれほど魅力的なんだろう。「このレコードマジでヤバいよ。」と友達に唾を飛ばして語っているような感じがする。レーベルなんてものに囲われていようが、なかろうが、いい音楽はいい。これは一つの真理だ。だけど、カクバリズムという視点はもう一つ音楽に面白さを付け加えてくれた。この日の午前中に10数kmを走り、開演時は疲労の塊だった自分が、5時間後にはピンピンしてた。やっぱり音楽ってのは素晴しいのだ。
report by sakamoto

==>top page : JPN / ENG



The official site

Kakubarism

http://www.kakubarhythm.com/


The official site

Your Song Is Good

http://www.kakubarhythm.com/artist/ysig/

check 'em? -->iTunes



The latest album

Your Song Is Good

"HOT! HOT! HOT! HOT! HOT! HOT! "
(国内盤)



The official site

Sakerock

http://www.sakerock.com/

check 'em? -->iTunes

The latest soundtrack

Sakerock

"おじいさん先生"
(国内盤 / iTunes)

The official site

ilrime

http://www.illreme.com/

check 'em? -->iTunes



The latest album

ilrime

"ilrime a Go Go"
(国内盤)


The official site

Kazumi Nikaido

http://www.nikaidokazumi.net/

check 'em?-->MySpace / iTunes



The latest album

Kazumi Nikaido

"ハミング・スイッチ" (国内盤)


The official site

サイプレス上野とロベルト吉野

http://omokageluckyhole.com/

check 'em ? -->MySpace


the latest album

サイプレス上野とロベルト

"ドリーム"
(国内盤)



check the albums?

samamoto's works

mail to

button2007

buttonCD review : ベアーズ・バンケット : ズボンズ (2nd Dec.)
button子供みたいな大人が鳴らす音楽 : ケン・ヨコヤマ (4th Nov. @ 横浜ベイホール)
buttonCD review : ネバー・ターン・バック : メイヴィス・ステイプルズ (17th Oct.)
buttonバランスなんて知ったことか! : モーサム・トーンベンダー (23rd Sept. @ 渋谷AX)
buttonCD review : エウスカル・エリア・ジャマイカ・クラッシュ : フェルミン・ムグルサ (22nd Jul.)
button暑い、熱い夏到来!! : ソウル・フラワー・ユニオン(23rd Jun. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonCD review : ブギー・アウト : マンホール (11th Jun.)
buttonCD review : ラヴィエベル〜人生は素晴しい : ソウル・フラワー・ユニオン (27th May.)
buttonCD review : セカンド : ミドリ (27th Apr.)
button自由と笑顔に包まれた夜 : ザ・スラッカーズ with オイ・スカル・メイツ & スパイク(21st Mar. @ 新宿ロフト)
buttonCD review : スーパー・ナイス : モーサム・トーンベンダー (18th Mar.)
buttonCD review : サム・ラウド・サンダー : クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー (5th Mar.)
buttonCD review : デッド・ロック : ギターウルフ (20th Feb.)
button飛べないロケットのパワー : マンホール (9th Feb. @ 新宿レッドクロス)
buttonありふれた夜を変えた瞬間 : 行方知レズ (3rd Feb. @ 下北沢モザイク)
button僕達の唄が歌われた時 : ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、デューティー・フリー・ショップ×カクマクシャカ、サヨコオトナラ (20th Jan. @ 吉祥寺スターパインズカフェ)
buttoncolumn : 定例 : これを見逃すな!つづら折りの宴 〜 Peace Music Festa! 辺野古 '07 : ソウル・フラワー・ユニオン他 (10th Jan.)
button行き先なんてなくてもいいじゃん : 行方知レズ (12th Jan. @ 新宿ルイードK4)

button2006

buttonCD review : ソング・オブ・インストゥルメンタル : サケロック (24th Dec.)
button非公式な夜 : ソウル・フラワー・ユニオン (16th Dec. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonパンクを聞いた日 : ゲット・オン・ジ・オムニバス・ツアー feat. レザーズ・エッジ、エフ・アイ・ビー、モガ・ザ・ファイブ・イェン、ユア・ソング・イズ・グッド、アスパラガス、ケン・ヨコヤマ (23rd Nov. @ リキッドルーム恵比寿)
button CD review : "B☆B☆B" - ズボンズ (23rd Nov.)
buttonヒリヒリしたロック : 行方知レズ (11th Nov. @ 渋谷オーブ)
button CD review : "ザ・クロマニヨンズ - "ザ・クロマニヨンズ (9th Nov.)
button CD review : "夢助" - 忌野清志郎 (23rd Oct.)
button6時間のぶつかり合い : Kein Titlewettkampf feat デートコースペンタゴンロイヤルガーデン、面影ラッキーホール、オシリペンペンズ&水中、それは苦しい (9th Oct. @ 渋谷オーイースト)
button幸せな2日間 : 朝霧ジャム (7th & 8th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonまだまだ旅は続くのです : ソウル・フラワー・ユニオン (30th Sept. @ リキッドルーム恵比寿)
button CD review : ボブ・ディラン - "モダン・タイムス (26th Sept.)
button CD review : マイケル・フランティ & スピアヘッド - "アイ・ノウ・アイム・ノット・アローン (11th Sept.)
button CD review : マーガレットズロース - "DODODO (28th Aug.)
button CD review : ズボンズ - "ウェイ・イン / ウェイ・アウト (10th Aug.)
button CD review : ソウル・フラワー・モノノケ・サミット - "デラシネ・チンドン (31st Jul.)
button ザ・クロマニヨンズ (23rd Jun. @ 万国博記念公園もみじ川芝生広場)
button CD review : ザ・ハイロウズ - "トラッシュ・バッグ (19th Jul.)
マーガレットズロース他 (12th Jun. @ 横浜寿町職安前広場)
button CD review : ニール・ヤング - "リヴィング・ウィズ・ウォー (5th Jul.)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.