buttonあがた森魚 @ 東京キネマ倶楽部 (27th Oct.'07)
ゲスト : 光永巌、鈴木慶一、久保田麻琴

アガタルホルタガア


Morio Agata (あがた森魚)
 あがた森魚はいつだって「気になる人」です。乱暴な言いかたをすれば、よくわからない人、不思議な人でもあるような気がします。いきなりぶしつけなことを言うようですが、ここ何週間もあがた森魚のことを考え続けたわたしの、正直な気持ちです。でも以上のことなどは、何年も何十年もあがたさんの歌を聞き続けている人にとってはナニヲイマサラかも知れません。

 さて、あがた森魚がこれまでに世界中の童心を喜ばせてきた、たっくさんのアルバムを聴いてみると、それはそれはいろいろな衣装が目まぐるしい。でも気づけば、ああ言っていることはひとつなんだな、と男らしい一本の倫理に納得がいきます。圧倒的な希求のようなものに裏付けられた力強さとやさしさで、うかつに語ってしまったらすぐに壊れてしまいそうなことだけを、両手いっぱいのオブジェで手品よろしく我々に魅せてくれる。

Morio Agata (あがた森魚) 当日は台風でした。肌寒い鶯谷駅から、はるか脚下に線路をながめる橋をくだって、短いトンネルを抜けると東京キネマ倶楽部であった」となるのですが、その間じゅうも荒ぶる風は、わたしのコウモリ傘をひっくり返したり元どおりに戻したり。入場を待ちのぞむ人たちの髪も、おさまりつかない期待がネジリ上げたのか、だれもがクシャクシャに乱れていました。

 東京キネマ倶楽部とあがた森魚は限りなく等符号に近い記号でむすばれるべきです。だって、そこはオペラ劇場のような旧映画館、彼のバイオグラフィーに興味をもったことのある人ならば、「この関係にはなかば役満に近いものがある」と賛同してくれるでしょう。

 オセローでも上演されそうな舞台面には電気仕掛けの楽器たち、そして中空構造のラッパ群がならびます。これからはじまる音楽劇への期待は、劇場のいかがわしいムードによってあおられ、普段より多くならべられた楽器の数々によっても盛りたてられるものがありました。前触れにアルバム「タルホロジー」の発売を記念してのメモリアルな一晩となることは約束されていたので、コトはなおさらです。

Morio Agata (あがた森魚)  21世紀に突入してから3枚目のあがた森魚、「タルホロジー」はたのしい。まるで、世界中のご当地音楽が一枚一枚に焼き付けられたスライドを矢継ぎ早にみせられているようで、不思議に愉快でどこかチョビッと物悲しい、「パノラマワールドの音楽紀行」にして、辿ってきた足跡への望遠鏡のよな眼差しによる「これまでのあがた森魚紀行」、そんな趣もあるような気がします。古今東西の音楽や物語を縦横に渡りかけていくあがたさんの足取りは、重力に抗うようでいまだ軽やかに貪欲である!と。

 ノッケから最期の調べを思わせる清らかで静謐な楽奏、ショウはあがたさんのサンクチュアリを展開させたような「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど」で開演しました。そこからは35年目の新作、「タルホロジー」からのオーンパレード! アルバムにも参加している鈴木慶一さんや久保田麻琴さんたちも参加しての「骨」や「東京節」など、この晩はあがたさんも古い友だちとのステージをはしゃぎ楽しんでいるようです。追憶や郷愁の放物線に、ひたったり突き放したりしながらのそんなワクワクは、ライブ全編に渡り響いていました。

Morio Agata (あがた森魚)  中でも個人的ハイライトのひとつ、久保田麻琴副船長を迎え、南半球を遊回している「サブマリン」は何曲目だったでしょうか、新アルバムで再演されているコノ21世紀版をきけば、20年以上も前の「乗物図鑑」から「乗物デラックス」にいたる「サブマリン」自身が時代を離れてあぶりだされてくる気がします。いや、20世紀の大海からもサブマリーンはその船首を覗かせる!ここに改作再演は後ろ向きではなく、当人を過去、現在、未来から、幻灯機の仕組みで立体的に映し出してくるからまったく気が抜けません。

 実際マイクを手に舞台を駆け回る彼は、ボロボロの衣装、世捨て人めいた無精ヒゲやストイックな体躯が感情的に動くさまなども相まって、喜劇と悲劇を行ったり来たりする劇中人物みたいです。さらに言えば、彼はまるでロマンチックの秘密を舞台にステップを踏みまわる少年紳士、その姿は勇ましくもどこか頼りなげで、台風によってコウモリ傘がひっくくり返り、表と裏がアベコベになったように、フと気づけば空間のアチラ側へ、しかしひとつ瞬きをする間に隣で笑っているような、危なっかしさもはらんだ親しみでわたしたちの目を離しません。

Morio Agata (あがた森魚)  タルホロジー発売と機を同じくしてはじまった旧譜再発のコピーに「泣き虫パンク幼年期」とありますが、21世紀のあがた森魚だってなんら違うところはないのではないでしょうか。泣きじゃくる少年の純粋と暴力性、向こう見ず、気まぐれなどは、わたしたちの知るパンクなるものと軌道をひとつにしますし、もうすぐ還暦になろうかというこの日の主人公にだってそのまま当てはまる魅惑の双曲線ではないでしょうか。いわば、35年目の少年活劇!少年活劇!

追記

 流れる星はひとつ所にとどまってもいないし、巡ってもいない。ただ過ぎて行ってしまう天上のムコウミズ、天下御免の泣き虫パンクスだ。以上はそのシッポに触れようとの私のはかない試み。伸ばした手が、そのキラキラの消息だけでも皆さんに届けられたのなら!


*ライブ予定*

◆2007年11月25日(日)
「昭和浪漫コンサート―20ッ世紀大楽隊2007 in 青梅宿―
@ 昭和レトロ商品博物館 特設張り出し浪漫ステージ
◆2007年11月25日(日)
「あがた森魚VSイワオの裏庭」@ 新宿・NewBury
-あがた森魚「珊瑚のカケラライヴツアー」東北II-
◆2007年11月27日(火)@ 仙台・ラブミー牧場
◆2007年11月28日(水)@ 山形・Frank Lloyd Whight
◆2007年11月30日(金)@ 盛岡・クラムボン

-あがた森魚「Taruphology Tour '07」-
◆2007年12月3日(月)@ サンピアザ劇場
◆2007年12月12日(水)「タルホロジーナイト」@ 代官山・晴れたら空に豆まいて
◆2007年12月13日(木)@ SOKEHSROCK
◆2007年12月22日(土)@ みどり市ながめ余興場
ことば、うた、紡ぐ人々 ―あがた森魚を中心として―
出演:あがた森魚、中川五郎、よしだよしこ、鈴木亜紀
◆2007年12月26日(水)@ 渋谷・クラブクアトロ
ムーンライダーズ2daysライヴ(25、26日)の26日へゲスト出演
◆2007年12月30日(日)@ 東京国際フォーラム・展示ホール
「HARMONIA(ハルモニア)'07-'08 光と音のハーモニー」へ出演
Morio Agata (あがた森魚)
report by yuji and photos by nachi
-->top page : JPN / ENG

butonmag files : あがた森魚 (Morio Agata)

buttonアガタルホルタガア (07/10/27 @ Tokyo Kinema Club) : review by yuji, photos by nachi
buttonphoto report (07/10/27 @ Tokyo Kinema Club) : photos by nachi
buttonphoto report (07/10/27 @ Tokyo Kinema Club) : photos by hanasan
buttonphoto report (06/08/17 @ Daikanyama Haretara Sorani Mame Maite) : photos by nachi
button新宿外れの狂想曲 (05/06/12 @ Shinjuku Red Cloth) : review by yuji, photos by nachi
buttonphoto report (05/06/12 @ Shinjuku Red Cloth) : photos by nachi
buttonあふりとあがたと青山で (05/04/09 @ Aoyama Cay) : review by uko, photos by saya38
buttonあがた森魚でぽんポがぽんポンあふりらんぽ (05/04/09 @ Aoyama Cay) : review by toddy, photos by saya38
buttonphoto report (05/04/09 @ Aoyama Cay) : photos by saya38
button横寺町とあがた森魚〜12+3の秘密境〜 (05/03/22 @ Kagurazaka Dimension) : revire by yuji, photos by nachi
buttonphoto report (05/03/22 @ Kagurazaka Dimension) : photos by nachi
buttonphoto report (05/03/21 @ Shinjuku Red Cloth) : photos by naoaki


The official site

Morio Agata

http://www.agatamorio.com/



The latest album

Morio Agata

"タルホロジー"

絶対に持っていてほしい大傑作

Morio Agata

"乙女の儚夢"
(国内盤 : 紙ジャケット仕様 / 国内盤)



絶対に持っていてほしい大傑作

Morio Agata

"噫無情(レ・ミゼラブル)"
(国内盤 : 紙ジャケット仕様 / 国内盤)



previous works

"僕は天使ぢゃないよ(サウンド・トラック)" (国内盤)
上記3枚のアルバムを全て集めたBOX SETも発表されています。
"乙女の儚夢" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 / 国内盤)
"噫無情(レ・ミゼラブル)" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 / 国内盤)
"僕は天使ぢゃないよ" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 / 国内盤)
"日本少年‐ヂパング・ボーイ" (限定盤 / 通常盤
"君のことすきなんだ" (国内盤)
"永遠の遠国(二十世紀完結篇)" (国内盤)
"永遠の遠国の歌" (国内盤)
"バンドネオンの豹" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 with bonus tracks / 国内盤)
"バンド・ネオン豹と青猫" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 with bonus tracks / 国内盤)
"ミッキーオの伝説" (国内盤 : 紙ジャケット仕様 with a bonus / 国内盤)
"イミテーション・ゴールド" (国内盤)
"ピロスマニア海へ行く" (国内盤)
"オートバイ少女(サントラ)" (国内盤)
"24時の惑星" (国内盤)
"第7東映アワー" (国内盤)
"港のロキシー(サントラ)" (国内盤)
"日本少年2000系" (国内盤)
"20世紀漂流記/あがた森魚ベスト" (国内盤)
"Live at NHK505s" (国内盤)
"佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど" (国内盤)
"オー・ド・ヴィ(サントラ)" (国内盤)
"ギネオベルデ(青いバナナ)" (国内盤)
"星繁き牢獄の提督たちへ" (国内盤)
The latest re-issue

Morio Agata

"蓄音盤"

previously unavaiable...

Morio Agata

"あがた森魚コンサート~
『永遠の遠国』at 渋谷ジアン・ジアン
"
recorded live in 1978

The debut movie

Morio Agata

"僕は天使ぢゃないよ (DVD)"

previous film works


Virjin VS

"ヴァージンVS ゴールデン☆ベスト" (国内盤)
"ヴァージンVS詩集" (限定盤紙ジャケット仕様)
"VIRGIN VS VIRGIN" (限定盤紙ジャケット仕様)
"STAR☆CRAZY" (限定盤紙ジャケット仕様)
"乗物デラックス" (限定盤紙ジャケット仕様)
"羊ヶ丘デパートメントストア" (限定盤紙ジャケット仕様)

compilation他

"9th June 1988" (はちみつぱいのライヴで3曲に客演) (国内盤)
"20世紀BEST ベルウッド・フォーク・ヒストリー (1 track)" (国内盤)
"1971フォーク・ジャンボリー (1 track)" (国内盤)
"東京1ダース (1 track)" (国内盤)
"ベルウッド・シングルス1(4 trax)" (国内盤)
"ベスト・オブ・ベルウッド(2 trax)" (国内盤)
"B.Y.G. High School B1(ムーンライダーズが2 traxをカバー)" (国内盤)
"失われたボールをもとめて 〜寺山修司トリビュート(1 track)"(国内盤)
... and more

check the albums?

yuji's works

mail to :

button2007

butonアガタルホルタガア : あがた森魚(27th Oct. @ 鶯谷東京キネマ倶楽部)

button2005

buton新宿外れの狂想曲 : あがた森魚 (12th Jun. @ 新宿レッドクロス)
butonスシとサシミとヨ・ラ・テンゴ : ヨ・ラ・テンゴ (28th May @ ラフォーレ・ミュージアム六本木)
buton横寺町とあがた森魚〜12+3の秘密境〜 : あがた森魚 (22nd Mar. @ 神楽坂ディメンション)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page :JPN /ENG.