button フリーダム @ リキッドルーム恵比寿 (6th May '07)
feat. シアター・ブルック, 奥田民生, レヨナ, ダチャンボ, ケイソン, リコ・ロドリゲス・ミーツ・クール・ワイズ・メン, ヤオアオ, サンチ, タバコジュース... and more

シアター・ブルック - またひとつ、帰ってきたい場所ができた

Theatre Brook
 15時から始まったイベントも気が付くと21時を越えている。さすがに疲労が溜まった人も多いようで、2Fに配置されていたソファーで休む姿も多々見られた。それでも最後、シアター・ブルックがステージに上がるとなると一斉に移動を始めるオーディエンスたち。移動する中にはこの日の出演者の姿も多く混じっていた。

Theatre Brook いつものことながらステージに立つシアター・ブルックのメンバーは威風堂々としており、貫禄すら漂っている。特に佐藤タイジに至っては、つい数時間前に行われたトーク・ライブで「人前で話すが得意じゃない」とはにかんだ笑顔を見せていたのがまるで嘘のようだ。時折はさむMCに不器用さが垣間見えるのだが、ギター・プレイと相反するその二面性が佐藤タイジの味なのかもしれない。

 歌モノでありながら、その範疇に留まらず即興で繰り出されるジャムセッションがシアター・ブルックのライブの魅力のひとつだろう。スピーカーから鳴らされる混沌としたジャムが聴覚から、加えてVJ集団、オーバーヘッズによる照明が視覚からオーディエンスをその世界へと取り込んでゆく。この日もオーバーヘッズの照明は素晴らしく、光の粒子がステージ上を照らしたかと思えば、いつしか姿を変え波紋のようにゆらゆらと漂ったりもする。生き物…、それも巨大なモンスターのような圧倒的存在感を放っていた。

 音と光の世界に圧倒され続けて数十分、「お互いがお互い無しではいられない存在」と佐藤タイジの紹介を受けてレヨナが登場。レヨナの楽曲をシアター・ブルックがバックとなり演奏するのだが、音のレベルを超え合致する呼吸はさすがの一言に尽きる。「リハ無しでも完成形にもっていける」というコメントも確固たる自信があっての発言のようだ。

Theatre Brook 続けてもうひとりのゲストに奥田民生は深々とかぶられた白いニットにサングラスという出立ち。公表されていたとはいえ、意外なゲストに会場も大いに沸いた。歓声にVサインで応える姿は愛嬌ばっちりだ。普段は歌だけに焦点が当てられがちなアーティストだが、改めてそのギタープレイを目にすると実に巧い。とにかく大好きだと佐藤タイジが絶賛するのもうなずける。あっという間の3曲をこなすとバンド全員がステージを去った。

 これだけのメンツが揃いながらあっという間の幕切れ。アンコールを求めているのはフロアよりもステージ上からのような気がした。手拍子に招かれ再びステージへ戻ってきたメンバーの中には、シアター・ブルックの別働隊ともいえるサンパウロの森俊之が加わっている。何気ないセッションシーンもこれだけのメンバーでこなすと既成の楽曲の良さを遙かに超える。最後は総勢7名の精鋭が最後はシアター・ブルックのナンバーで締めた。

 8時間近い長丁場だった。1つのハコの中でこれだけの時間を過ごすとなると疲労感もそれなりに蓄積される。細かく指摘すれば改善して欲しい点も山ほどある。そんなストレスを感じながらも会場を出た途端にわき出た感情は寂しさだった。あれこれ注文をつけようとしてしまう自分がいるのも、結局はまたここに帰ってきたいからなんだなと帰り道にふと思った。
-- setlist --

聖なる巨人 / TEPID RAIN / 生理的最高 / 未来を今 / ドレッドライダー / TONE w/Leyona / travelin' man w/Leyona / これは歌だ w/奥田民生 / 愛のボート w/奥田民生 / ルート 2 w/奥田民生

-- encore --

ありったけの愛 / まばたき
Theatre Brook
--> Outro

photos by naoaki
==>top page : JPN / ENG

Intro | Over all photo document : naoaki & miwakatoh
Liquid Loft Yaoao | sanch | tobaccojuice
Liquid room Keison | Rico Rodriguez meets Cool Wise Men | Dachambo | Theatre Brook| Outro

buttonmag files : Theatre Brook

buttonまたひとつ、帰ってきたい場所ができた (07/05/06 @ Liquidroom Ebisu) : review by funabashi, photos by naoaki
buttonphoto report (07/05/06 @ Liquidroom Ebisu) : photos by naoaki
buttonphoto report (06/12/27 @ Liquidroom Ebisu) : photos by hanasan
buttonライブバンド (06/11/18 @ Roppongi Super Deluxe) : review by funabashi, photos by naoaki
buttonphoto report (06/11/18 @ Roppongi Super Deluxe) : photos by naoaki
buttonphoto report (06/10/29 @ Daikanyama Haretara Sorani Mame Maite) : photos by naoaki
buttonphoto report (06/10/07 @ Kyoto Seibu Koudou) : photos by tommy
buttonphoto report (06/08/19 @ Rising Sun Rock Festival ) : photos by hanasan
buttonphoto report (06/03/21 @ Hayana Solaya) : photos by naoaki
buttonphoto report (06/02/08 @ Shinjuku Loft) : photos by hanasan
buttonphoto report (06/01/22 @ Shibuya AX) : photos by naoaki
buttonphoto report (06/01/17 @ Shimokitazawa 440) : photos by naoaki



The official site

Theatre Brook

http://www.theatrebrook.com/

check 'em? -->iTunes

The latest album

Taiji All Stars

Femme Tatale"
(国内盤)


previous works

"天国の歌 feat.hitomi"(国内盤)
"君が笑う方へ feat.bird : "(国内盤)


The latest single

Theatre Brook

"世界で一番SEXYな一日"(国内盤)

check the albums?

The latest album

Theatre Brook


"Reincarnation"(国内盤)

previous works

"THE COMPLETE OF THEATRE BROOK(CCCD) "(国内盤 / 初回限定DVD付き)
"03.04.28 LOFT/03.06.22 LIQUID ROOM"(国内盤 / iTunes)
"Theatre Brook"(国内盤)
"外道 TRIBUTE ゲゲゲの外道讃歌 (compilation 1 track) "(国内盤)
"オレタチフューチャー (CCCD MAXI 2trax) "(国内盤)
"I AM THE SPACE, YOU ARE THE SUN"(国内盤)
"心臓の目覚めるとき/ただの道 (MAXI 2trax) "(国内盤)
"SPECIAL"(国内盤)
"ありったけの愛 (MAXI 2trax) "(国内盤)
"涙の海"(国内盤)
"VIRACOCHA"(国内盤)
"ノックし続ける男 (MAXI 2trax) "(国内盤)
"まぶたの裏に (MAXI 2trax) "(国内盤)
"SOUL DRIVER (MAXI 3trax) "(国内盤)
"Typhoon Shelter (sound track) "(国内盤)
"TROPOPAUSE"(国内盤)
"まばたき (SINGLE 2trax) " (国内盤)
"捨てちまえ (SINGLE 2trax) " (国内盤)
"TALISMAN"(国内盤)
"ドレッドライダー (MAXI 2trax) " (国内盤)
"あふれだすばかり (MAXI 3trax) " (国内盤)
"カーム・ダウン (5 trax) " (国内盤)
"もういちど逢いたくて (サントラ 1 track) " (国内盤)
"SENSEMILLA"(国内盤)
"非国民"(国内盤)
funabashi's works

mail to

button2007

buttonヨレヨレの旅 - ジャマイカフェス編 : ヨレヨレ (19th Mar. @ One Love Jamaica Festival in 代々木公園)
buttonまたひとつ、帰ってきたい場所ができた : シアター・ブルック (6th Mar. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonアメリカの原風景が見えた : ヤオアオ (6th Mar. @ リキッドルーム恵比寿)
button旅人たちのブルース : ケイソン (6th Mar. @ リキッドルーム恵比寿)
buttonCD review : DoReMiFa (ドレミファ) : 中山うり (23rd May)
buttonヨレヨレというバンドを紹介します : ヨレヨレ (24th Mar. @ 市川ザズー)
buttoncolumn : 定例 これを見逃すな! : ウェイビー・グレイビー (31st Mar. & 1st Apr.)
buttoncolumn : 定例 これを見逃すな! : 中山うり (27th Mar. @ 渋谷デュオ)
buttonジ・アルバム・リーフ & パラ : 音に似合わぬ人間味 (13th Jan. @ リキッドルーム恵比寿)

button2006

buttonメルト・ウェルド : マジェスティック・サーカス & メルトーン (30th Dec. @ 渋谷プラグ)
button笑えて泣ける良いバンド : サケロック (16th Dec. @ 渋谷クラブクアトロ)
button真冬のサーカス : 中山うり (12th Dec. @ 代々木ザー・ザ・ズー)
buttonジェイミー・カラムという音楽 : ジェイミー・カラム (6th Dec. @ 渋谷AX)
button旅の合間 : マグノリア (18th Nov. @ 六本木スーパーデラックス)
buttonライブバンド : シアター・ブルック (18th Nov. @ 六本木スーパーデラックス)
buttonジャズ・ファンク・エキスポ2006 : ベイカー・ブラザーズ & ボストン・ホーンズ (13th Nov. @ 渋谷クラブクアトロ)
buttonInterview : アコーディオンを抱えたシンデレラ・ガール? : 中山うり (8th Nov.)
buttonreview with no title : クラムボン (7th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonreview with no title : 元ちとせ (7th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonスマッシング・マグを魅了し続ける歌姫 : 中山うり (17th Sept. @ 渋谷クラブクアトロ)
button風景の見える音楽へ : 中山うり (12th Sept. @ 代々木ザー・ザ・ズー)
button次なるステージへ : スペシャル・アザーズ (15th Jul. @ 代官山ユニット)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.