button中山うり @ 渋谷デュオ (27th Mar. '07)

2007年、東京1本目


Uri Nakayama


  ミラクルヴォイス。

  その言葉の意味を確かめるために訪れた先は渋谷デュオ。会場に足を踏み入れた途端、まずその独特の雰囲気にのまれてしまった。オシャレな格好の人たちや、パスを着けた多くの人たちがあちらこちらで互いに挨拶を行っている。DJがデカイ音で曲をかけ、たとえそれが日本の少し懐かしいものであっても(クラブ用にリミックスされてはいるが)、やはりここは街の小さなライブハウスではなく、どちらかといえば「クラブ」なのだと感じさせる。フロアーにずらりと並べられたイス席はすっかり埋まっていて、開演時間の20時を過ぎる頃には立っている人でいっぱいになっていた。

Uri Nakayama  「こんばんは、みなさん」。ミラクルヴォイスの第一声はそんな挨拶の言葉だった。携帯音楽プレイヤーを持たぬ私のような者とってはダウンロード販売など無縁の世界。写真やレポートで彼女の存在は知っていても、実際に曲を聞いたこともなければ、その声すら聞いたことはなかったのだ。自分自身の勝手な想像とは違うやや低くて太めの声に戸惑いを感じたが、話す時とそれほど変わることなく歌われていくことにも驚きを感じた。

  ものすごく個性的な声をしているというわけではないのだと思う。だが、そこには「うた」がある。彼女自身のコトバがあり、詩があり、詞となってメロディーと共にすっとこちらの心に溶け込んでくる。もちろん、それは素敵な歌声であるからなのだろうが、それだけではない。時代と共に変化する現代語とは一線を画して普遍的に存在しうる日本語で歌われているからなのかもしれない、と思った。

  約2時間のライブ。1,2曲演奏してはMC。もっぱら話題に上げていたのは先日訪れた函館のこと。そしてもちろん、5月23日に発売されるデビューCDのことも。初回限定盤は少し豪華なのだそうです。大手レーベルからの発売ということで、もしかすると、あっという間にデッカクなってしまうかも、という予感。老若男女、世代を超えて親しむことのできるアーティストであるだけに、多くの人に届けば必ずその反響は大きいものとなると思う。

Uri Nakayama  今年はこの渋谷デュオを中心にライブ活動を展開していくということをMCの中でも言っていたが、いやはや、この規模ではチケット争奪戦が繰り広げられる日も近いことだろう。ゆったりとおしゃべりも交えながら聴かせるのもいいのかもしれないが、個人的にはどんどん歌を届けてくれる方がうれしいかな。


--setlist-- (原文のまま)
サーカスが来た / Blue-Voyage / ノスタルジア / 夏祭り鮮やかに / 走る女 / 月とラクダの夢を見た /
夜のレクエルド / 雨、晴れ、曇り / 夢を売る男 / 生活の柄 / モントゥーノスカンク / ばいばいどくおぶざべい /
笑う月 / 早起きラジオ / マドロス横丁

--encore--
虹のパノラマ / 黒猫白猫 / 歌を忘れたあなたへ



report by miyo and photos by naoaki
==>top page : JPN / ENG

photos : over all photo document / Miracle Live- part1 - / - part2 -

buttonmag files : Uri Nakayama

button2007年、東京1本目 (07/03/27 @ Shibuya Duo Music Exchange) : review by miyo, photos by naoaki
buttonphoto report (07/03/27 @ Shibuya Duo Music Exchange ) : photos by naoaki
button波の音とアコーデオン (07/03/17 @ Hakodate Kanamori Hall ) : review by aco, photos by q_ta
buttonphoto report (07/03/17 @ Hakodate Kanamori Hall ) : photos by q_ta
buttonphoto report (06/12/12 @ Yoyogi Zher the Zoo ) : photos by masayo
buttonphoto report (06/11/14 @ Yoyogi Zher the Zoo ) : photos by yusuke
buttonphoto report (06/10/10 @ Yoyogi Zher the Zoo ) : photos by hanasan
buttonスマッシング・マグを魅了し続ける歌姫 (06/09/17 @ Shibuya Club Quattro ) : review by funabashi, photos by hanasan
buttonphoto report (06/09/17 @ Shibuya Club Quattro ) : photos by hanasan
button風景の見える音楽 (06/09/17 @ Yoyogi Zher the Zoo ) : review by funabashi, photos by naoaki
buttonphoto report (06/08/29 @ Yoyogi Zher the Zoo ) : photos by naoaki


The official site

Uri Nakayama

http://www.worldapart.co.jp/uri/

check her? --> 中山うり


The latest single

Uri Nakayama

"Live Session"
feat. 笑う月、夜のレクエルド(RECUERDO)、
星の界、月とラクダの夢を見た (Harp Version)
(中山うり - Live Session (iTunes Exclusive) - EP)

PV : 月とラクダの夢を見た on sale

--> 月とラクダの夢を見た


The previous works

Uri Nakayama

"Uri Nakayama EP"
feat. 月とラクダの夢を見た、Blu Voyage、
マドロス横丁、ノスタルジア & 走る女
(中山うり - URI NAKAYAMA - EP)

check the albums?

miyo's works

mail to


button 2007

button2007年、東京1本目 : 中山うり (27th Mar. @ 渋谷デュオ) : review by miyo
buttonまた来たのと言うなかれ : シックスティーファイブ・デイズ・オブ・スタティック (25th Mar. @ 渋谷クラブクアトロ) : review by miyo
button一度は見ておくべきもの : コンヴァージ (12th Mar. @ 心斎橋クラブクアトロ) : review by miyo
buttonオオサカ発、セカイへ : シベリアン・ニュースペーパー (2nd Feb. @ 梅田シャングリ・ラ) : review by miyo
button贅沢なひととき : キャレキシコ (24th Jan. @ 心斎橋クラブクアトロ) : review by miyo

button2006

buttonザブトン席にて : シベリアン・ニュースペーパー (17th Dec. @ ヘップ・ホール) : review by miyo
button圧巻のツアー・ファイナル : モグワイ (12th Nov. @ リキッドルーム恵比寿)
button光と音 : モグワイ (11th Nov. @ 新木場スダジオ・コースト)
button轟きとどよめき : モグワイ (8th Nov. @ 難波ハッチ)
buttonライブ治癒力 : ミステリー・ジェッツ (4th Nov. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonコラム バック・カタログ : アレクシス・コーナー(31st Oct.)
buttonCD review ジ・アーリー・イヤーズ : "ジ・アーリー・イヤーズ" (25th Sep.)
button東名阪 : ザ・フューチャーヘッズ (6th Sep. @ 渋谷オー・イースト)
buttonまったりと : ザ・フューチャーヘッズ (5th Sep. @ 名古屋クラブ・クアトロ)
button温度差なんて : ザ・フューチャーヘッズ(4th Sep. @ 心斎橋クラブクアトロ)
button初来日ライブ・レポ : シックスティーファイブ・デイズ・オブ・スタティック (15th Aug. @ タワーレコード渋谷店)
button踊れよ : ブンブンサテライツ (25th Jun. @ 大阪ビッグ・キャット)
buttonデカイ声だからじゃないですよ : ソウル・フラワー・ユニオン (23rd Jun. @ 心斎橋クラブクアトロ)
button撮りきれない魅力 :ベン・ハーパー & ジ・イノセント・クリミナルズ (7th Jun. @ 難波ハッチ)
buttonCD review ジョン・ピール・アンド・シーラ : "The Pig's Big 78s" (26th May)
buttonCD review スコット・マシューズ : "Passing Stranger" (5th May)
buttonウクレレとセピア色な歌声と :ジャネット・クライン (23rd Apr. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonCD review アレクシス・コーナー : "kornerstoned" (19th Apr.)
buttonレディオ・プロテクター・UK ツアー2006 : シックスティーファイブ・デイズ・オブ・スタティック (06/03/03 @ Sheffield The Leadmill and 06/03/04 @ Manchester Academy 3)
button半年後調査 : ジ・アーリー・イヤーズ (5th Mar. @ バー・アカデミー・バーミンガム)
button気負うことなく : NMEアワーズ・ショー 2006 feat. ナイン・ブラック・アルプス、ザ・ロングカット、ウォルフマザー (24th Feb. @ ロンドン・ハマースミス・パレ, ロンドン)
buttonおいしい組合せで : NMEアワーズ・ショー 2006 feat. ラーリキン・ラブ、フォワード・ロシア、ザ・デューク・スピリット、エルボー (21st Feb. @ ジ・アストリア, ロンドン)
buttonワン、ツーは無くても : ジ・オーディナリー・ボーイズ (19th Feb. @ 心斎橋クラブクアトロ)
button満員御礼 : フランツ・フェルディナンド (12th Feb. @ ゼップ大阪)
buttonココロの余裕 : ザ・マジック・ナンバーズ (12th Feb. @ ゼップ大阪)
buttonレノは大人気 : ロイクソップ (4th Feb. @ 心斎橋クラブクアトロ)
button真冬に汗だく続出 : カイザー・チーフス (27th Jan. @ 大阪ビッグ・キャット)
buttonCD review カッコイイ。楽しい。最強。 : "Gaz's Rockin' Blues (Club Classics)" (26th Jan)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.