button ソウル・フラワー・ユニオン
@ リキッドルーム恵比寿 (16th Dec '06)

非公式な夜


Soul Flower Union
 ここ5年ぐらい自分の恒例行事となっている年末ソウルフラー祭。個人的には忘年会的な捉え方しているイベントだが、ソウル・フラワー・ユニオンという地を這うようなバンドの音を今年も聞き続けることが出来たという感慨深い一日にもなっている。毎日は騒がしく、世の中が去年と比べて良くなっているなんて思えないけれど、それでも彼らの音を聞いて何とか一年の帳尻を合わせているような気もする。

Soul Flower Union 今年はユニオンとしての新作のリリースもなかっただけに(ベスト盤がリリースされはしたが)、新曲がどんどん増えているようで中盤にかなりまとめて新曲を演奏してくれた。9月に見た時も数曲披露されていたが、量、質ともにこの日はベクトルが遥かに上をいっていた。思い返してみればソウル・フラワーの新曲っていつもライブハウスで覚えてきた気がする。それは、中川が何気ないものに動かされた感情を詩にしている(その先に希望が見えてしまうからまいってしまう。)からなのか、バンドの鳴らすグルーブが体に伝わる即効性を信条としているからなのか。どちらにしろ、生の感情を生の音に乗せて伝わる、伝えるということが大事なバンドであるということをこの日改めて思い起こさせられた。それは会場にいた新曲達を口ずさむ多くの人達も同じだったはず。そうやって、新しい歌が広がっていく瞬間はとても感動的な場面だし、このバンドの在り方を良く現している。そう、歌なんて家でかしこまって聞くよりも、歌って、踊って覚えることが本来の健全な形なんじゃないだろうか。

Soul Flower Union この日演奏されたスタンダード・ナンバーの中でのハイライトは久し振りに聞いた名曲"エエジャナイカ"。勝ちも負けも王様も「エエジャナイカ」と一蹴する痛快感は変わらず、いつになく強い開放感を感じた。中川はMCで「なんか住みにくい世の中になってきたな」と言っていたが、愛国心を教育することを決めた国に住むことを憂いたのかと思ったりもした。だけど、「エエジャナイカ」って言葉はただの開き直りなんだろうか。フロアでハチャメチャに踊るみんなの姿を見ているとそんなことはないと思い知らせれる。この言葉は自由へ向う言葉なんだと。自分達を縛り付けるものなんて必要ない。自分達がやりたいように手足を動かせばいいのだと。それは音楽の力そのものだ。その先に自由があるのなら、僕は音楽の力を信じるし、ソウル・フラワーの音を信じる。"エエジャナイカ"で見た多くの笑顔は雄弁にそんなことを語っていた気がする。そんな自由は政治家にだって止めることの出来ないのだ。権力も法律も無力に化す非公式な夜に相応しい一幕だった。

 来年はどんな年になるんだろか。ソウル・フラワーは春先からレコーディングに入るようだ。新作も楽しみだが、来年もまたやはりライブハウスで、出来れば苗場あたりでもこのバンドを見てみたい。やっぱり現場でこそ伝わる音を鳴らしているし、どのバンドよりも真っ先に現場に駆けつけるバンドだから。少し気になったのは会場に訪れる客に若い人達が少なくなってきた気がすること。これだけ素晴しい音楽を閉鎖的なものにするのはもったなすぎる。と思っていたら、3月にはユア・ソング・イズ・グッド、サケ・ロックといった若者に支持を集めるバンド達との対バンが決まっているしい。大いに若者達を食い散らかし、ピースサインと笑顔で会場を埋めて欲しいと願って止まない。
Soul Flower Union
なお、この写真は魂花時報の大熊僚氏にご提供いただいています。ありがとうございます。


report by sakamoto and and photos by Ryo Ohkuma(Konge-Jiho)
==>top page : JPN / ENG

buttonMag files : Soul Flower Union / Soul Flower Mononoke Summit

button非公式な夜 : (06/12/16 @ Liquidroom Ebisu) : review by sakamoto, photos by Ryo Ohkuma(Konge-Jiho)<
buttonまだまだ旅は続くのです : (06/09/30 @ Liquidroom Ebisu) : review by sakamoto, photos by naoaki
buttonphoto report : (06/09/30 @ Liquidroom Ebisu) : photos by naoaki
buttonphoto report : (06/07/15 @ Tokyo Kinema Club) : photos by hanasan
buttonCD review : デラシネ・チンドン : (06/07/31) : review by 坂本唯
buttonデカイ声だからじゃないですよ : (06/06/23 @ Shinsaibashi Club Quattro) : review by miyo, photos by hanasan
buttonphoto report : (06/06/11 @ Shinjuku Loft) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/12/17 @ Liquidroom Ebisu) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/12/06 @ Kichijoji Star Pine's Cafe) : photos by hanasan
button花飾りはつむがれる : (05/10/01 @ Liquidroom Ebisu) : review by yuka, photos by naoaki
buttonphoto report : (05/10/01 @ Liquidroom Ebisu) : photos by naoaki
buttonphoto report : (05/09/28 @ Nagoya Electric Lady Land) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/04/08 @ Shibuya Duo Music Exchange) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/04/05 @ Shinsaibashi Club Quattro) : photos by ken
buttonphoto report : (05/03/23 @ Liquidroom Ebisu) : photos by keco
buttonphoto report : (05/03/12 @ Ueno Suijo Ongakudo) : photos by hanasan


The official site of

Soul Flower Union

http://www.breast.co.jp/soulflower/


check 'em? -->ソウル・フラワー・ユニオン


The latest album

Soul Flower Union

"ゴースト・ヒッツ 00~06"
(初回限定盤 DVD『ゴースト・キネマ1 2/1付』 / 通常盤 / ソウル・フラワー・ユニオン - ゴースト・ヒッツ 00〜06)





NEED YOUR SUPPORT

Soul Flower Union

" 風ガハランダ唄"

12曲(内新曲が9曲)入りアルバム



The latest album
Soul Flower Mononoke Summit

Soul Flower Union

" Deracine Ching-Dong"



check the albums?

samamoto's works

mail to

button2006

buttonパンクを聞いた日 : ゲット・オン・ジ・オムニバス・ツアー feat. レザーズ・エッジ、エフ・アイ・ビー、モガ・ザ・ファイブ・イェン、ユア・ソング・イズ・グッド、アスパラガス、ケン・ヨコヤマ (23rd Nov. @ 恵比寿リキッドルーム)
button CD review : "B☆B☆B" - ズボンズ (23rd Nov.)
buttonヒリヒリしたロック : 行方知レズ (11th Nov. @ 渋谷オーブ)
button CD review : "ザ・クロマニヨンズ - "ザ・クロマニヨンズ (9th Nov.)
button CD review : "夢助" - 忌野清志郎 (23rd Oct.)
button6時間のぶつかり合い : Kein Titlewettkampf feat デートコースペンタゴンロイヤルガーデン、面影ラッキーホール、オシリペンペンズ&水中、それは苦しい (9th Oct. @ 渋谷オーイースト)
button幸せな2日間 : 朝霧ジャム (7th & 8th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonまだまだ旅は続くのです : ソウル・フラワー・ユニオン (30th Sept. @ リキッドルーム恵比寿)
button CD review : ボブ・ディラン - "モダン・タイムス (26th Sept.)
button CD review : マイケル・フランティ & スピアヘッド - "アイ・ノウ・アイム・ノット・アローン (11th Sept.)
button CD review : マーガレットズロース - "DODODO (28th Aug.)
button CD review : ズボンズ - "ウェイ・イン / ウェイ・アウト (10th Aug.)
button CD review : ソウル・フラワー・モノノケ・サミット - "デラシネ・チンドン (31st Jul.)
button ザ・クロマニヨンズ (23rd Jun. @ 万国博記念公園もみじ川芝生広場)
button CD review : ザ・ハイロウズ - "トラッシュ・バッグ (19th Jul.)
マーガレットズロース他 (12th Jun. @ 横浜寿町職安前広場)
button CD review : ニール・ヤング - "リヴィング・ウィズ・ウォー (5th Jul.)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to Ryo Ohkuma(Konge-Jiho). They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.