buttonマウント・システム 2006
@ 東京お台場オープンコート (22nd Oct '06)

ビル風に、吹き溜まるオトナ巻き起こる渦
Mount System 2006
Mount System 2006  ライヴには、ミュージシャン先導で巻き起こる拡散的な渦とオーディエンスの小さな波紋に始まる集局的な渦と、絶妙なバランスで併せ持つふしがある。ふたつの渦が均衡し共振する激烈な瞬間は、それこそ"点"としてのアーティストと"面"としての観客が時と場を同じくする醍醐味ではないか。そういった自分なりに描く考えのなか、1年を通じてこの10月21日から22日にかけて繰り広げられるライヴの意味は大きいもので、21日のロウライフと22日のマウントシステムを表裏一体のものとして捉える癖があった。しかしその考えは逆に、両イベントの違いを浮かび上がらせる発端であることに気付く。

 マウントシステムは去年に続き2度目の参加となったため、やっと去年との違いを語ることができる... と思ったのだけど、そんなことは何も必要とする所でなかった。今年も相変わらずのユルい仕切りで、緊張感のかけらものぞかせない雰囲気は特有なものがあると思う。お台場フジテレビを上方に望むこの駐車場というロケーションもお気に入りスポットと思えるようになったし、集まる客層・メンツの一本気な潔さは胸を打つほどカッコイイもの。
Mount System 2006  また、30歳を前後して痒い所に手の届くこの統括は素晴らしく、デッド・パン・スピーカーズにアブラハム・クロス、タートル・アイランド、U.G.MANからダチャンボ、そして、エコーの裏にレンチときた果てはラフィンノーズ、酸いも甘いも経たバンドばかりというか、言葉の意味通り"旬"なものもあれば逆に"旬"と呼べるベテランの熱演もあり、堪らないものがあった。

 特に、今回大いに名を上げたタートル・アイランドだ。もはや卑怯の域に達する大所帯のハードコア楽宴バンドであり、その生誕を紐解けば日本のハードコアが見えてくる構造になっているところがオモシロイ。愛知は豊田出身とくれば車を浮かべるひともいれば、原爆オナニーズからナイスヴューといった名古屋史を思うひともあるだろうが、彼らはその両方を併せ持つ土着の愛知音楽集団と思われ、ハードコアを突き詰めていった結果として和太鼓やシタール、横笛など、ドラムやギターのエッヂーなサウンドに対して多彩な音色で強烈に凪いでいたのが印象的。今後メキメキ頭角を現していく様子が目に浮かぶ。
Mount System 2006  他にも挙げればキリの無いライヴばかりだったものの、このマウントシステムが雰囲気として持つコンセプトというかシンボルというか、そういうものがあるような気がして、言葉にするなら何になるだろうと考えていた。
 それはロウライフとの比較において、両イベントに出演したアブラハム・クロスを挙げると見えてくる。ロウライフにおける彼らのライヴとなれば冒頭に挙げた渦のうちオーディエンスのそれが尋常でなく、言葉にするなら観客が"できあがってる"状態にあるものの、逆にマウントシステムにおいては立場が逆転し、彼らの発散する渦が派生して大きくなっていくという過程を踏む。それは観客の年齢層に因るところが大きいのかも知れないが、マウントシステムはタートル・アイランドやレンチのように沸点のツボを押さえたバンドが実に多い。

 この、環境に執着せず無骨でいて優しさと激しさの漂う雰囲気は真にハードコアやメタルに通じるものがあり、ベテラン・バンドのワンマンさながら安心感のある居心地というのは他の野外イベントにないものと思う。次回はさらに磨きのかかった熟年安心イベントとなり、年に一度の"大人の吹き溜まり"として機能することを願う。

Mount System 2006
report by toddy and photos by ryota

==>top page : JPN / ENG

review / over all photo documentary

buttonmag files : Mount System

buttonビル風に、吹き溜まるオトナ巻き起こる渦 (06/10/22 @ Tokyo Odaiba Open Court) : review by toddy,photos by ryota
buttonphoto report (06/10/22 @ Tokyo Odaiba Open Court) : photos by ryota
buttonサウンド・システム / 台場に強磁場 (05/10/23 @ Tokyo Odaiba Open Court) : review by toddy,photos by ryota
buttonphoto report (05/10/23 @ Tokyo Odaiba Open Court) : photos by ryota




The official site

Mount System 2006
check the albums?


button2006

buttonビル風に、吹き溜まるオトナ巻き起こる渦 : マウント・システム2006 (22nd Oct. @ 東京お台場オープンコート)
button富士のもとスーパー・クリエイション!!! : ヴォアダムス (8th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonアマゾンよかマングローブの方 : ナイト・ジャングル (8th Oct. @ 朝霧アリーナ)
buttonDJ BAKUにエモーショナルを期待する記しとして : DJバク (7th Jul. @ クラブ・ピーズ)
buttonInterview : 関西で静かに燃える聖火の火種 : 森眠る(from neco眠る) (6th May)
buttonSXSW特集 : 編集後記, アメリカの空、鳥が観たライヴ : あふりらんぽ, オースチンで「愛・恐竜博」が開催され... : DMBQ,鮭はそれでも登るのだ : ピー・ランダーZ, Preview ...And You Will Know Us by the Trail of Dead (15th to 19th Mar.)
buttonInterview with エレクトリック・イール・ショック 犬小屋でユニゾン!? 世界ウナギ登り最前線 (15th Feb)
buttonライヴ超える、越える壁は言葉 : あるりらんぽ (15th Jan. @ 渋谷スクランブル交差点前、原宿竹下通り入り口)

button2005

buttonライヴ超える、越える壁は言葉 : あるりらんぽ (19th-21st Dec. @ 代官山ユニット)
button転げていくのなら : ハッピー・ディスパッチ in gRamouRous vol.9 (3rd Dec. @ 月見ル君想フ)
button夢は叶うなんて大袈裟な!! : 邂逅 vol.2 "マッド・レイヴァーズ・ダンス・フロア"feat. DJバク、ケンセイ&クワイエットストーム、ゴストラッド、DJソデヤマ、シンク・タンク、ズーム、マキ、ゲスト・ダンサーズ : カツ&タイチ and more (2nd Dec. @ 代官山ユニット)
buttonズイノシン集中教室 〜ほんとは祭り〜」 : ズイノシン (4 - 6th Nov. @ 多摩美術大学,大阪市立大学,鰻谷サンスイ,新世界ブリッヂ)
buttonIntro : 「サウンド・システム / 台場に強磁場」 : マウント・システム 2005 feat アブラハム・クロス 「アブラハム・クロスです」,ザ・デット・パン・スピーカーズ 「枝葉つける一本の...」 (23rd Oct. @ Tokyo Odaiba Open Court)
button簡単にお隣フェスとはいかないぞ / 韓国ロックの黎明期を体験: Gwang Myeong Music Valley Festival (7th to 9th Oct. @ Gwang Myeong City, Korea)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
buttonなにもかもほかして : ブリーチ(26th Oct. @ 渋谷AX)
buttonCD review : 『極楽都市 / 好物』 : Rumi(ルミ) (26th Oct.)
button流れるものは留められない : サウンド・トライブ・セクター・ナイン (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button溢れる想い: サン・パウロ (1st Oct. @ Asagiri Arena)
button黒は終わった、白くぬれ!: シアター・ブルック (30th Sept. @ Liquidroom Ebisu)
buttonその日は近い: 二階堂和美 + 渋谷毅、外山明 (18th Sept. @ Kichijoji Star Pine's Cafe)
buttonインディーの手鏡: タイム・ボム・レコーズ 15周年記念イヴェント feat. タミオ・イノウエ, ルインズ, ジ・イーヴンズ, ブラインド・ビースト (18th Sept. @ Shibuya Quattro)
buttonのび太くらいほっとけない: 危ダビ中年院 feat. ドラびでお、マキタ学級 with グレート義太夫、mr. natural(ミスター・ナチュラル) (17th Sept. @ Roppongi Super Delux)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Ryota "toddy" Toda and the same of the photos belongs to Ryota Mori They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.