buttonフィーニックス @ アストリア、ロンドン(21st Oct. '06)

トレ・ビヤン

Phoenix 英米にはあまたいるインディ・バンドであるが、ことフランスという国に目を向けてみると存外このジャンルで活躍するミュージシャンはそう多くない。ダフトパンクエレクトロニカ系だし、ミシェル・ポルナレフ、セルジュ・ゲンズブールらの甘く退廃的な世界もまた独特である。そこにきて今夜お届けするフィーニックスはれっきとした4人編成のフレンチ・バンドであり、インディ・シーンの競争熾烈なここ英国でもコアなファンに支持されているのだ。

Phoenix ヴォーカリストのトーマスからツイン・ギターのクリスチャンとローレント、そしてベーシストのデックがフットボール・クラブかいと突っ込みたくなるような赤と黒が交差した旗の中に君臨する白い不死鳥を背に、横一列に並びパフォーマンスはスタート。ドラムスとシンセサイザーをサポートにつけ最新アルバムの一曲目、"ナポレオン・セッズ"の軽快なリズムが鳴り響く。このアルバムの要所要所が初期ストロークスのリフやバンド・サウンドの雰囲気に通じ、耳心地良いギターの音色と中高音のトーマスのヴォーカルが決して主張し過ぎず、けれども十分に聴き手を気持ち良くさせる音作りとなっていて、ライヴにおいても強弱のバランスが取れた、まさにちょうど良くノれる空間をもたらしている。ディクタフォンを用いた"ラン・ラン・ラン"、"ロング・ディスタンス・コール"、"ラリィ"など、ツイン・ギターでもやかましく無い優しさと、心にすんなり入って来るメロディが生きた、小粋でお洒落なという表現がまさにぴったりの曲だ。さすがは美意識の国出身だけあってその辺りのセンスはさすが。気張らず、さりげなく、でも自分達の色はきちんと出す。スタイルの確立した中堅バンドの魅力を音楽の審美眼にかけてはうるさい英国のオーディエンスが受け入れている事実は喜ばしい。

 後半の"ノース"ではインストルメンタルのみということもあり、楽器隊は、集中力を高め力強い音を鳴らしている中で、フロントマンのトーマスが床に蛙のようにひっくり返って入り込んでいるという、楽器を弾かない歌い手の、ちと手持ち無沙汰な場面もあったが、アンコールはアコースティック・ギターと共に温かな歌声を聴かせ、バンドも加わり結局4曲も披露する気前の良さ。観に来てくれてありがとうと、屈伸運動のように体をかなり前方に曲げ律儀にお辞儀するバンドのメンバー。音楽も、姿勢も実に気持ちの良い人達であった。


-- setlist --

Napoleon Says / Long Distance Call / Run Run Run / Consolation Prizes / Rally / Lost And Found / Courtesy Laughs / I Am An Actor / Everything Is Everything / North / If I Ever Feel better [encore] Love For Granted / Unknown / Funky Squaredance / Something In The Fall
report by kaori, photos by akemixxx

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Phoenix

buttonトレ・ビヤン (06/10/21 @ アストリア、ロンドン) : review by kaori, photos by akemixxx


The official site

Phoenix

http://www.wearephoenix.com

check 'em? -->Phoenix



The latest album

Phoenix

"It's Never Been Like That"
(国内盤 / UK import / US import / Phoenix - It's Never Been Like That)
previous works

"Long Distance Call " (UK import [maxi] / Phoenix - Long Distance Call - Single)
"Live! Thirty Days Ago" (US import)
"Alphabetical"(国内盤 / US import)
"Everything Is Everything " (UK import[maxi] )
"Run Run Run " (US import[maxi] )
"United" (国内盤 / US import / Phoenix - United)

check the albums?




Find your favorites



button2006


buttonトレ・ビヤン : フィーニックス(21st Oct @ アストリア、ロンドン)
button次期王者、決定 : ザ・クークス(19th Oct @ シェファーズ・ブッシュ・エンパイア、ロンドン)
buttonラップン・ロール : ジェイミーT(19th Oct @ HMV、ロンドン)
button打ち込んで、ぶちかませ : ザ・クーパー・テンプル・クロース(18th Oct @ ココ、ロンドン)
buttonメルヘンなのにやかましや : エレクトリック・ソフト・パレード(12th Oct @ ウォーター・ラッツ、ロンドン)
buttonこのライヴを観てから死ね : マキシモ・パーク(6th Oct @ ブリクストン・アカデミー、ロンドン)
button日曜の夜はライアンと : ライアン・アダケス&ザ・カーディナルズ(1st Oct @ シェパーズ・ブッシュ・エンパイヤ、ロンドン)
button王子から体育会系へ : ディレイズ(21th Sep @ ザ・フェズ、レディング)
button勢いあれど : アミューズメント・パークス・オン・ファイア(11th Sep @ ルミナール、ロンドン)
button寵児、目覚める : ラーリキン・ラヴ(7th Sep @ スカラ、ロンドン)
button放課後の戯れ : ミステリー・ジェッツ (4th Sep @ ホップ、ロンドン)
buttonノるか、反るか : ユー・セイ・パーティ!・ウィー・セイ・ ダイ! (23rd Aug @ 100クラブ、ロンドン)
buttonCD review : キャプテン : "ディス・イズ・ヘーゼルヴィル" (23rd Aug.)
button昨日とはうって変わって : キャプテン(18th Aug @ ココ、ロンドン)
buttonトラブルに見舞われながらも : キャプテン(17th Aug @ HMV、ロンドン)
button進め!ロシアのみならずどこまでも : フォーワード・ロシア(18th Jul @ ガラージ、ロンドン)
buttonガールズ・ポップに物申す! : ザ・ピペッツ(17th Jul @ HMV、ロンドン)
buttonエルボーの愛、心つないで : エルボー(13th Jul @ サマセット・ハウス、ロンドン)
buttonフジ・ロック前哨戦 其の六 ザ・スピント・バンドの巻 : ザ・スピント・バンド(12th Jul @ ディングウォールズ、ロンドン)
button酔いどれも、おののくギター攻撃 : クーピィチェク ! (10th Jul @ バーフライ、ロンドン)
buttonフジ・ロック前哨戦 其の五 クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーの巻 : クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー (7th Jul @ ザ・フォーラム、ロンドン)
buttonCD review : トム・ヨーク : "ジ・イレイザー" (5th Jul.)
buttonCD review : ティーヴィー・オン・ザ・レディオ : "リターン・トゥ・クッキー・マウンテイン" (4th Jul.)
buttonCD review : ロストプロフェッツ : "リヴァレイション・トランスミッション" (4th Jul.)
buttonCD review : ミューズ : "ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ" (3rd Jul.)
buttonCD review : アイ・ライク・トレインズ : "プログレス・リフォーム" (3rd Jul.)
buttonI 列車で行こう! : アイ・ライク・トレインズ (28th Jun @ メトロ、ロンドン)
buttonアンサンブルという名の魔術 : ザ・フォール・アウト・トラスト (31st May @ ガラージ、ロンドン)
buttonCD review : ジ・オートマティック : "キック"" (23rd Jun.)
buttonCD review : ザ・フューチャーヘッズ : "ニュース・アンドロトリビューツ"" (29th May)
buttonCD review : ホワイト・ローズ・ムーブメント : "キック" (29th May)
buttonCD review : ジ・アッパー・ルーム : "アザー・ピープルズ・プロブレムズ" (29th May)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Kaori Tsuchida and the same of the photos belings to akemixxx. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.