buttonソウル・フラワー・ユニオン
@ 心斎橋クラブクアトロ (23rd Jun. '06)

デカイ声だからじゃないですよ

Soul Flower Union
 この日の朝、偶然見つけたライブ情報だった。どうしようかと迷いながらも当日券が出ていたので中に入ってみることにした。昨年のフジ・ロック・フェスティバルでは遠くから楽しそうな歓声が聞こえてきただけでライブを見ることはできなかった。関西に住んでいるためか、おそらくデビューした頃から「ソウル・フラワー・ユニオン」というバンド名や「中川敬」という名前を目にしたり、おそらく数曲くらいはラジオなどで聞いたことがあったのかもしれない。それでも残念ながらライブ会場に足を運ぶ機会はなく(10年くらい前なんてそんな金銭的余裕は無かったし)、彼らが様々な活動を続けていくうちに、なんとなく簡単には聞けない語れない難しそうなバンド、という印象を持ってしまっていたのかもしれない。

Soul Flower Union ゆったりした空気の流れる中、いつものように後ろの隅の方で開始を待つ。曲も知らなければメンバーが何人いるのかすら分からない。日本語で歌っていても初めて聞くだけでは歌詞とて聞き取れない部分もあるだろうし、意味を理解できるほど賢くはないので、日本のバンドのライブだからと言って「言葉の壁がないから」なんて言えない。実際、やはり私には分からない言葉がいくつもあったし、MCですら「クボタが怪我をしまして」といきなり言われても何のことだかピンとこず、「キュウジ」が云々という話になってようやく「トラ」の話をしているのだと気付くありさま。ちなみに、プロ野球に興味がなくても関西で日々のニュース番組を見ていればイヤでも「トラ」ネタは知ることにもなるし、新聞各紙とて同様。

 ということで、本当に何にも知らないまま会場にいて、頭を空っぽの状態にして客電が落ちるのを待ち、バンドが出てきて音を鳴らした瞬間、久々の心斎橋クラブクアトロでの大音量に耳がビックリしたものの、1曲目からどうしてだか分からないが涙が溢れて出てきた。別に歌っていることの意味が分かって感動したというわけではなかったのだが、ひとつひとつの楽器の音と中川さんの声と、それらが混ざりあってひとつになった音と、それを演奏するメンバーの表情と、それら全てがスッと心に響いてきたような感覚。洋邦問わず、いわゆる最近の(売れている)音楽には欠けているものがそこにはある。音楽や人にとって大切なもの、「根っこ」あるいは「魂」のようなものを感じたような、今まで心の中に溜まっていた汚いものがキレイに流されていったような、何とも表現しにくいのだが、そんな感覚。自分自身、なぜだか分からずと惑いつつも、始めの3曲ほどはずっと涙が止まらなかった。

Soul Flower Union ライブ運びは、さすがは10年選手(実際は10年以上だが)といった巧さ。まだ保育所通いをしているくらいの数名のチビっ子・オーディエンスとのやり取りも見事で、子連れでライブに来られるというのもこのバンドらしいところなのかなとも思ったりもしたのだが、あれだけの爆音なのだから、これから来られる保護者さんもくれぐれ最低限はお子様の「耳」を守ることだけは忘れないようにして欲しいものです(余計なお世話かな)。

 ゲスト・ボーカルに内海洋子さんを迎えて英語のカバー曲も演奏。知っていたのはこれらの曲くらいだったのかもしれないが、新曲だと紹介して演奏された曲たちはかなり自分の好みな音だった。どの曲がソウル・フラワーの曲でどの曲がモノノケ・サミットの曲なのか区別がついていないけれど、7、8月にはソウル・フラワー・モノノケ・サミットでのツアーが、そして秋にはベスト・アルバム発売に伴うソウル・フラワー・ユニオンのツアーが行われるそうなので、「いいライブ」が見てみたい方は会場に足を運んでみられることをオススメします。ここでは到底書ききれないくらい濃密な2時間でしたから。

 そういえば、この日初めて「クアトロってこんなにいいライブ・ハウスだったけ」なんてことも感じた。音もそうなのだが、あんなにキレイな照明の使われ方をしていたライブをこの会場では見たことがなかったもので。


report by miyo and photos by hanasan
==>top page : JPN / ENG
なお、写真は6月11日に新宿ロフトで撮影されたものを使用しています。

buttonMag files : Soul Flower Union / Soul Flower Mononoke Summit

buttonCD review : デラシネ・チンドン : (06/07/31) : review by 坂本唯
buttonデカイ声だからじゃないですよ : (06/06/23 @ Shinsaibashi Club Quattro) : review by miyo, photos by hanasan
buttonphoto report : (06/06/11 @ Shinjuku Loft) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/12/17 @ Liquidroom Ebisu) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/12/06 @ Kichijoji Star Pine's Cafe) : photos by hanasan
button花飾りはつむがれる : (05/10/01 @ Liquidroom Ebisu) : review by yuka, photos by naoaki
buttonphoto report : (05/10/01 @ Liquidroom Ebisu) : photos by naoaki
buttonphoto report : (05/09/28 @ Nagoya Electric Lady Land) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/04/08 @ Shibuya Duo Music Exchange) : photos by hanasan
buttonphoto report : (05/04/05 @ Shinsaibashi Club Quattro) : photos by ken
buttonphoto report : (05/03/23 @ Liquidroom Ebisu) : photos by keco
buttonphoto report : (05/03/12 @ Ueno Suijo Ongakudo) : photos by hanasan


The official site of

Soul Flower Union

http://www.breast.co.jp/soulflower/


check 'em? -->


The latest album

Soul Flower Union

" ロロサエ・モナムール
(Lorosae Mon Amour)
"





NEED YOUR SUPPORT :

Soul Flower Union

" 風ガハランダ唄"

12曲(内新曲が9曲)入りアルバム



*1995年、阪神・淡路大震災の救援活動から発足し、10年目を迎えたボランティア団体「すたあと長田」ですが、昨年12月までに事務所の立ち退きを迫られています。彼らをサポートするための企画です。協力してください!
The latest album
Soul Flower Mononoke Summit

Soul Flower Union

" Deracine Ching-Dong"



check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

Search Now:
In Association with Amazon.com

button2006

button踊れよ : ブンブンサテライツ (25th Jun. @ 大阪ビッグキャット)
buttonデカイ声だからじゃないですよ : ソウル・フラワー・ユニオン (23rd Jun. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonCD review ジョン・ピール・アンド・シーラ : "The Pig's Big 78s" (26th May)
buttonCD review スコット・マシューズ : "Passing Stranger" (5th May)
buttonウクレレとセピア色な歌声と :ジャネット・クライン (23rd Apr. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonCD review アレクシス・コーナー : "kornerstoned" (19th Apr)
buttonレディオ・プロテクター・UK ツアー2006 : シックスティーファイブ・デイズ・オブ・スタティック (06/03/03 @ Sheffield The Leadmill and 06/03/04 @ Manchester Academy 3)
button半年後調査 : ジ・アーリー・イヤーズ (5th Mar. @ バー・アカデミー・バーミンガム)
button気負うことなく : NMEアワーズ・ショー 2006 feat. ナイン・ブラック・アルプス、ザ・ロングカット、ウォルフマザー (24th Feb. @ ロンドン・ハマースミス・パレ, ロンドン)
buttonおいしい組合せで : NMEアワーズ・ショー 2006 feat. ラーリキン・ラブ、フォワード・ロシア、ザ・デューク・スピリット、エルボー (21st Feb. @ ジ・アストリア, ロンドン)
buttonワン、ツーは無くても : ジ・オーディナリー・ボーイズ (19th Feb. @ 心斎橋クラブクアトロ)
button満員御礼 : フランツ・フェルディナンド (12th Feb. @ ゼップ大阪)
buttonココロの余裕 : ザ・マジック・ナンバーズ (12th Feb. @ ゼップ大阪)
buttonレノは大人気 : ロイクソップ (4th Feb. @ 心斎橋クラブクアトロ)
button真冬に汗だく続出 : カイザー・チーフス (27th Jan. @ 大阪ビッグキャット)
buttonCD review カッコイイ。楽しい。最強。 : "Gaz's Rockin' Blues (Club Classics)" (26th Jan)

button 2005

buttonCD review シックスティーファイブ・デイズ・オブ・スタティック : "One Time For All Time" (12th Dec)
buttonサヨナラは : ザ・コーラル (5th Dec. @ 難波ハッチ)
buttonトーキョーのみだったけど : ザ・ロングカット (2nd Dec. @ 原宿アストロホール)
buttonCD reviewオーディオ・ブリーズ : "Generation" (19th Nov)
buttonsix months later : ハード・ファイ (15th Nov. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonコラム : White Label : The Early Years (13th Nov.)
button聞いた記憶 : ダヴズ (28th Oct. @ 大阪ビッグキャット)
buttongang mentality : The Coral (20th Oct. @ Carling Academy Brixton, London)
button最速バンド : Arctic Monkeys (15th Oct. @ The Plug, Sheffield)
buttonジョン・ピール・デイ : John Peel Day feat.I Am Kloot, Elbow, Liam Frost, Nine Black Alps, Badly Drown Boy and My Computer (13th Oct @ Night & Day Cafe, Manchester )
buttonこいぃ〜 : ザ・ポーグス (27th Jul @ 大阪マザー)
button連載リレー・コラム - これを聞かずに、死ねるか! 第3回 : おひとりさま : Alexis Kornerの『Testament』を語る (2nd Jul.)
buttonDVD review : Made In Sheffield : The Human League, Cabaret Voltaire, Heaven 17 and more (8th June. )
buttonFuji Rockの前に : ザ・ロングカット (20th Apr. @ The Cockpit in Leeds and 26th Apr. @ Free Butt in Brighton)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Miyo Kimura. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.