buttonベル・アンド・セバスチャン
@ 品川プリンス・ステラボール (3rd Jun '06)

踊るスチュアート御殿


Belle and Sebastian
 品川プリンスホテルステラボールという会場は、品川駅から近く、ショッピングモールやレストランの間をすり抜けて歩く。入り口は映画館や水族館などのアミューズメントもあって、周りは賑わっている。中に入ると、渋谷AXよりひとまわり小さく、昔のON AIR EASTよりひとまわり大きい感じのライヴハウスだった。ドリンクカウンターの位置のせいで、ドリンクを求める長蛇の列がなかなか消えないのが大変だった。

Belle and Sebastian 定刻を10分くらいすぎてメンバーが現れる。まずは"The stars of Track and Field"で始まる。最初はなんだかゆるい演奏がだんだん締まってきて、次の"Another Sunny Day"からはエンジンがかかってきた。まあしかし、この日、何よりも目に焼き付いたのはスチュアートのゴキゲンに歌い踊る姿である。スチュアートはMCで冗談を連発し、調子に乗りすぎてステージから飛び下りたり、カップルのお客さんをステージに上げて踊らせたりする。こんなにウキウキしたバンドだったっけ? と思ってみるけど、日本で初めて観たときから、彼らのイメージがどんどん変わっていって、ついにここまできたって感じである。

 ステージにいるのは、8人のメンバーだけど、曲によっては6人になったり、ローディーまで演奏に参加させ9人になったりする。ドラムのリチャード以外のメンバーは、3つ以上の楽器を持ち替えてプレイするという相変わらず自在な編成で、アコースティックな感触があるかと思えば、エレポップまであってバラエティ豊か。"Electronic Renaissance"や"Put The Book Back On The Shelf"や、本編最後の"The State I Am In"、アンコールの"Dog On Wheels"など古い曲も結構やったので、新旧取り混ぜてバランスよい選曲だったと思う。そんな中で"The Boy With The Arab Strap"や"I'm A Cuckoo"、お客さんをステージに上げた"Jonathan David"が盛り上がった。正直、自分としては、やって欲しい曲はまだまだあったけど。

Belle and Sebastian ベル&セバスチャンが日本に伝わってきたころは、メディアに露出しないし、ライヴもしないし、匿名性のある謎なバンドという触れ込みだった。こんな美しいメロディのある曲を次々と出してくるバンドの正体を突き止めるために教会ホールの管理人をしているスチュアート・マードックに会いに行く! というだけで雑誌の記事が成立していたような気がする。

 最初の「内気な少年少女のためのギターポップ」というイメージがどんどん変っていく。アルバムも出す毎に、地下室で秘密結社みたく仲間が集まってコツコツと作ったものから、明るく開放的になっているのである。グラスゴーの音楽サークルにいたバンドが世界を知るようになって、より多くの人たちに届くような音楽にシフトするようになるまで歩みをずっと見守っていくというのは、なかなか感動的な体験なのだ。この日のライヴはひとつの到達点であったと言える。中にはそんな変化についていけない人もいたようだけど、お客さんの大歓声と拍手が今の彼らを受け入れている証拠だった。

Belle and Sebastian
report by nob and photos by izumikuma
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Belle & Sebastian

button踊るスチュアート御殿 (06/06/03 @ Shinagawa Prince Stellar Ball) : review by nob, photos by izumikuma
buttonphoto report (06/06/03 @ Shinagawa Prince Stellar Ball) : photos by izumikuma
button無防備の産物 (06/06/01 @ Namba Hatch) : review by kuniko, photos by yegg
buttonphoto report (06/06/01 @ Namba Hatch) : photos by yegg
buttonbulettin report (06/03/15 @ SXSW, Austin) : review by taeko, photos by ryota
buttonphoto report (04/01/29 @ Shibuya Kokaido) : review by jinki, photos by izumikuma
buttonマードック家のイブニング・パーティー : (04/1/29 @ Shibuya Kokaido) : review by nob, photo by izumikuma
buttonphoto report : (04/1/29 @ Shibuya Kokaido) : photo by izumikuma
button永遠の言葉と、ダンスと、ハグと : (04/1/28 @ Shibuya AX) : review by chihiro, photo by keco
buttonphoto report : (04/1/28 @ Shibuya AX) : photo by keco
buttonillustration report : (04/1/26 @ Nagoya DIamond Hall) : illustration by chika
button飄々と : (04/1/25 @ Zepp Osaka) : review by yohsuke, photo by yegg
buttonいいものはいい、それでいいのだ! : (04/1/25 @ Zepp Osaka) : review by kuniko, photo by yegg
buttonphoto report : (04/1/25 @ Zepp Osaka) : photo by yegg


The official site

Belle and Sebastian


http://www.belleandsebastian.co.uk/

check 'em?-->Belle and Sebastian



The latest album

Bell and Sebastian
"The Life Pursuit"
(来日記念DVD付き限定国内盤 / 国内盤 / US import / UK import)


The latest mini album

Bell and Sebastian
"汚れなきブルー"
(Japan only 4 tracks with 2 videos)


The latest single

Bell and Sebastian
"White Collar Boy"
(UK import)


DVD
Bell and Sebastian
"Fans Only"

(US import / 国内盤)
previous works

Bell and Sebastian
"Push Barman to Open Old Wounds (The Best of)"
(US import / UK impport / 国内盤)




"The Blues Are Still Blue"(UK import / Japan only 4 tracks with 2 videos)
"Late Night Tales" (UK import)
"ファニー・リトル・フロッグ" (国内盤)
"フルキズ・ソングス~アーリー・シングルス・コレクション" (限定盤)
"Step into My Office, Baby"(US import / UK import / 国内盤)
"Books"(US import / UK import / 国内盤)
"I'm a Cuckoo"(国内盤)
"Dear Catastrophe Waitress"(UK impport / 国内盤)
"Storytelling"(UK import / 国内盤 / Belle and Sebastian - ストーリーテリング)
"ディス・イズ・ジャスト・ア・モダン・ロック・ソング"( Belle and Sebastian - ディス・イズ・ジャスト・ア・モダン・ロック・ソング - EP)
"3..6..9 Seconds of Light"(Belle and Sebastian - 3..6..9 Seconds of Light - EP)
"ウェイキング・アップ・トゥ・アス"(Belle and Sebastian - ウェイキング・アップ・トゥ・アス - EP)
"Jonathan David"(UK import / Belle and Sebastian - ジョナサン:デイヴィッド - EP)
"ドッグ・オン・ホイールズ"(国内盤 / Belle and Sebastian - ドッグ・オン・ホイールズ - EP)
" レイジー・ライン - ペインター・ジェイン"( Belle and Sebastian - レイジー・ライン - ペインター・ジェイン - EP)
"Fold Your Hands Child, You Walk Like a Peasant" - 私のなかの悪魔 : US import / UK import / 国内盤 / Belle and Sebastian - わたしのなかの悪魔)
"Tigermilk" - タイガーミルク (US import / UK import / 国内盤)
"If You're Feeling Sinister"(US import)
"The Boy With The Arab Strap"(国内盤 / US import / UK import)
..and more


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2006

button疾走する悲しみ/世界を広げる音楽 : 自鳴琴 (オルゴール) & ブリーチ(19th May @ 新宿マーブル)
button女重金属祭 : メタルチックス & ブリーチ (17th May @ 下北沢ベイスメントバー)
buttonホーム&アウェー : ザ・50回転ズ (4th May @ 渋谷ボックス 〜 川崎クラブチッタ)
buttonCD review : クリアに提示された音楽の精霊 : ブリーチ (1st May)
button耳から飛び出る昇り竜〜 : ザ・ザゼン・ボーイズ (20th Apr. @ 渋谷AX)
buttonGo! West : ザ・サイクロンズ、片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティー、ザ・50回転ズ、騒音寺 (8th Apr. @ 下北沢クラブ251)
button小じんまり、中身はギッシリ : ミルクティース、ブギー・ザ・マッハ・モータース (25th Mar. @ 渋谷タウンキッチン)
buttonああああーーー、来い!! : ブリーチ (20th Mar. @ 下北沢シェルター)
buttonCD review : サイクロンズの奇蹟 : サイクロンズ (27th Mar)
buttonオルタナという思い出 : ダイナソー・ジュニア (27th Feb. @ 渋谷AX)
button"失神最前線" : ザ・キャプテンズ (21st Feb.)
button"2006年、ロックンロール最前線" : 昭和元禄クレージー天国 feat. ジー・フィフティーズ・ハイ・ティーンズ、サロメの唇、ザ・50回転ズ、ザ・キャプテンズ (13th Feb. @ 下北沢クラブ251)
button目の当たりにするスケールアップ : フランツ・フェルディナンド w/ザ・マジック・ナンバーズ (10th Feb. @ 日本武道館)
buttonColumn : 50回転ズを目撃せよ!! : ザ・50回転ズ (Jan.)
buttonノイズとミラーボール : モグワイ (24th Jan. @ 代官山ユニット)

button2005

button華麗なるエキシビジョン : キャプテンズ (30th Dec @ 渋谷屋根裏)
buttonCD review : 50回転ズのギャー : ザ50回転ズ (31st Dec)
button凶暴(ワル)かった肥満(デブ) : ピクシーズ (5th Dec @ ゼップ東京)
button大きなお○んこの下で : オアシス (21st Nov @ 代々木第一体育館)
button無駄じゃない1年間/The Rebel Soul : ブリーチ with マーティン・ルーサー (11th Nov @ 渋谷チェルシーホテル)
button「これまで」と「これから」 : ザ・キャプテンズ (28th Oct @代官山ユニット)
button許されたノスタルジー : アストロ・ビー (9th Oct @ 四谷ライブゲート)
button音楽に満たされた空間 : サウンド・トライブ・セクター・ナイン (3rd Oct @ 渋谷クアトロ)
button空気を作り出すバンド(とお客さんたち) : ストリング・チーズ・インシデント (28th Sept @ 渋谷AX)
buttonデジタルな昭和 : アストロ B (25th Sept @ 東高円寺UFOクラブ)
button遊星コバイアからの物体X : マグマ (17th Sept @ 渋谷クアトロ)
button身も音もシャープに : ザ・キャプテンズ (16th Sept @ 渋谷Oウェスト)
buttonノスタルジーでなく、現実として : ザ・ラーズ (14th Aug @ 幕張メッセ / 15th Aug @ 渋谷AX)
button『ONE FOR THE ROAD』上映会 / 弾き語りで2時間以上歌いまくり : グレン・ティルブルック (7th Aug @ 吉祥寺スター・パインズ・カフェ)
button速報 : グレン・ティルブルック (7th Aug @ 吉祥寺スター・パインズ・カフェ)

buttonもうひとつのフジ・アフター・パーティー : エイドリアン・ブリュ、カリフォルニア・ギター・トリオ、トライセラトップス (1st Aug @ 渋谷 O-East)
buttonCD review : The Incomplete Glenn Tilbrook : ポップ職人 : グレン・ティルブルック (22nd Jul)
buttonForever Changes : 新宿フォーク (8th Jul @ 渋谷PLUG)
button大いなる可能性 : ピールアウト (1st Jun @ 渋谷クアトロ)
buttonやっぱりロックンロールバンドとして : ザ・キャプテンズ (13th Jun @ 新宿ロフト)
buttonそして千葉 : 東京ピンサロックス,キャプテンズ (10th Jun @ 千葉ルック)
button祝!バンド名復活 : 新宿フォーク (29th May @ 秋葉原グッドマン)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Nobuyuki "nob" Ikeda and the same of the photos belongs to Izumi "izumikuma"Kumazawa. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.