buttonゴー・ジミー・ゴー & ボーリング No.9
@ 鰻谷 燦粋 (7th Apr. '06)

ハワイもスカも関係ない

Go Jimmy Go
 「ハワイのスカバンド」と聞いて、それだけで好奇心をくすぐられる音楽好きの人の耳は、だいたい同じような嗜好をしているのだろう。緩い、けど、心躍るようなあのなんともいえない間や、空気を揺らす周波数のどこかに、暖かく、湿って、滋養に満ちた粒子がほとばしるのを、いやおうなしに感じとってしまう。べつに、ジャック・ジョンソンのような「オーガニック・ロック」のシーンや、たんなる「癒し」を追い求めているわけではないけれど、でも、それだけでツボなのだ。
Go Jimmy Go Go Jimmy Go
 実際には、枕詞のような「ハワイ」も「スカ」も関係ない。南の島は大好きだけれど。アロハもジャーも、結局は同じスピリットなのかもしれない。ファットなオーセンティック・スカやロック・ステディに、たゆたうスティールやスラックキー、それにソウル、R&Bの黒さと強靭さとが、ゆる〜くちゃんぽんされたアルバムを聴いて「こりゃあ、お客で楽しまないと!」と、すっかりその気になっていたら、幸か不幸か取材で行くことに。
Go Jimmy Go Go Jimmy Go
 レポートするためには、ある程度の冷静さと分析眼を頭の隅に残しておかなきゃいけないし、写真も撮るとなると、ギグを見ながらやることと考えることとが倍増してしまう。でも、のっけからライヴ・バンド特有の音のテンションのその強靭さを見せつけられたら、もう…四の五の言わずに、全身全霊で楽しむ他ないのだ。バンドもそれを求めている。そのためにバンドのテンションが、観客の人数に左右されることなんて皆無。それだけ場数を踏んできているのだろう。これが楽しくないわけがない。心地よく何杯目かのジョッキを空ける。とくに南の島の音楽は、ビールをスルスルと胃袋へと落としていく。テナーとトロンボーンの低奏二管は、ストゥーディオ・ワン直系の湿気と太さとあの間を奏でているし、ギターは(アルバムのようなスティールやスラックキーはないものの)テケテケキラキラと終始アイランド流儀だ。
Go Jimmy Go Go Jimmy Go
 「南の島」だけではなく、千鳥柄のハンチングにスゥイングトップ、ヴィンテージ柄のアロハといった50's風スタイルで、汗をほとばしらせながらソウルな節回しをシャウトするヴォーカルのジェイソンを見ていると、なんとなくバディ・ホリーを連想する。ボディはハバナ・スタイルのフィン・テールのキャディで、足回りはレース用にチューンして、でもエンジンは地球に優しいハイブリッド…みたいなイメージだ。で、ふだんそれを乗り回しているのがモンテゴ湾じゃなくて、ダイヤモンドヘッドの臨める巻き波の立つビーチで。最後の方は、そんな景色のなかをトリップしながら、カメラ片手に躍っていた。でもハワイとかスカとか関係ない、最高のライヴバンドに違いない。いやぁ、久々にはしゃいだな。
Bowling No.9 Bowling No.9
 記述は前後するが、この日のオープニング・アクトだったBOWLING No.9。オリジナル楽曲のサビに、ミニー・リパートンやボブ・マーリーのフレーズが織り込まれたり、あっけらかんとしたポジティヴさを振りまいていたヴォーカルの女の子、そしてなによりメロウなアンサンブルに、どことなくルーツ志向のDRY & HEAVYといった雰囲気も感じられる。大化けするか?

Go Jimmy Go
(取材協力/SKA IN THE WORLD RECORDS

Go JImmy Go Japan "Island Sounds Tour"
6th Apr. Shibuya Lush, Tokyo
7th Apr. Osaka Sujnsui
8th Apr. Kobe Club Zink
9th Apr. Fukuoka Keithflack
10th Apr. Nagoya Club Up Set
11th Apr. Hamamatsu Mescalin Drive
12th Apr. Shimokitazawa Shelter
PLS check the details here.
review and photos by ken

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Go Jimmy Go

buttonハワイもスカも関係ない (06/04/07 @ Unagitani Sansui) : review and photos by ken
buttonMaking It All Worthwhile All Natural (06/04/06 @ Shibuya Lush) : review by michael,photos by maki
buttonゆるくて激しいソウルなハワイ (06/04/06 @ Shibuya Lush) : review by taiki,photos by maki
buttonphoto report (06/04/06 @ Shibuya Lush) : photos by maki
buttonCD review : Island Sounds (06/03/25) : review by taiki
buttonCD review : Island Sounds (06/03/21) : review by michael


The official site

Go Jimmy Go

www.gojimmygo.com


The best album

Go Jimmy Go

『Island Sounds』
(国内盤 )
previous works

"The Girl With the Fishbowl Eyes" (US import)
"Slow Time" (US import)
"Global Ska2" (US import)
"Soul Arrival" (US import)



check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2006

button変わるもの、変わらないもの : BMXバンディッツ (06/02/14 @ Shinsekai BRIDGE)

button2005

buttonささやかなる祝祭 : 鬼怒無月 (05/12/17 @ Ten-On Osaka)
buttonテヘラン〜ワルシャワ〜マダガスカル〜そしてアイヌ : DOO BEE FES vol.1 (05/10/8 @ Sunsui Unagidani)
button感性を原体験にするジャズ : 矢野沙織 (6th May. @ Blue Note Osaka)
buttonOUT OF THIS WORLD : shiba in car, Youcan, Kumi (24th Apr. @ jaz'room "nuthings")
buttonこの美しさは… : Mozaik, Soul Flower Mononoke Summit, Shigeru Kishida (5th Apr. @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonありやまなお湯だ !! : 有山じゅんじ, ゴーゴー木村他 (28th Mar. @ Naniwa Onsen)
buttonビッグバンを垣間見る : Ozomatli (16th Mar. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button語りかけると、彼の音楽がわかります : Tete, cutman-booche (15th Mar. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button有山じゅんじ (25th Feb. @ 安治川ヒポポタマス)
buttonおんなボーカル歌合戦 : feat.FREE FROM DISGUISE, shiba in car, ひでこりべ るたんset, WEDNESDAY_EVE (13th Feb @ Namba Bears)
buttonphoto report | 心象風景の ピアノフォルテ : リクオ (30th Jan @ Juttoku Kyoto)
button世代を超えた贅沢な一夜 : ありやまな夜だ!! 新春ス ペシャル feat. 有山じゅんじ, ムーヤン , saigenji, 高田 漣 , TOMOVSKY, リクオ (28th Jan @ Chicken George Kobe)
button10年分のイャサ、ホォヤ : 『つづらおりの宴』feat. ソ ウル・フラワー・モノノケ・サミット、山口洋 etc. (16th Jan @ 長田神社)

button2004

buttoniphoto report : 矢野沙織 (18th Dec. @ Osaka Royal Horse)
button「ザ・クラッシュ→フェルミン→ベタガリ」 : BETAGARR, GELUGUGU, COBRA (12th Nov. @ King Cobra)
buttoninterview : 続 : 極東戦線異状あり : 中川敬 (Soul Flower Union) (12th Nov.)
button日本とキューバ、新しい才能の共演 : 矢野沙織 with ALEX CUBA BAND (28th Oct. @ Shinsaibashi Quattro )
buttonCD review : 『Humo De Tabaco』 : ALEX CUBA BAND (19th Oct)
button愛おしいファド ~カティア・ゲレイロという響き : Katia Guerreiro (28th Sept. @ Shinosaka Melpark Hall )
button旨い酒のように : Soul Flower Union (26th Sept. @ Shinsaibashi Quattro )
buttoninterview : 極東戦線異状あり : 中川敬 (Soul Flower Union) (20th Sept.)
buttonCD Review : Nas Maos Do Fad - ファドに抱かれて : Katia Guerreiro (6th Sept.)
buttonかわちながの世界民族音楽祭 〜トランス・ヨーロッパ・フェス〜 : FANFARE CHIOCARLIA, THINK OF ONE and KiLA (29th Aug. @ Kawachinagano Lovely Hall )
button波の音が聞こえない : Jack Johnson & Donavon Frankenreiter (4th Aug. @ Namba Hatch )
button謙虚さと幸福のカタルシス : FERMIN MUGURUZA KONTRABANDA in Radical Music Network Festival (27th July. @ Club Chitta Kawasaki )
button侘び寂び : Cat Powerand Women & Children (1st Jun @ Shinsaibashi Quattro )
buttonローマ -ベティ・イサンゴ・ドゥグ・ビルバオ- : Street Beat Festival (18th Apr. @ Piazza dei Tribuni in Rome )
buttonミラノ -ボブ・マーリーとジョー・ストラマーと- : Street Beat Festival (17th Apr. @ Leonkavallo in Milan )
buttonボルツァーノ -bad dog outside!- : Street Beat Festival (16th Apr. @ Ku.Bo in Bolzano )
buttonボローニャ -赤い街から煙る街へ- : Street Beat Festival (15th Apr. @ Estragon in Bologna )
buttonフィレンツェ -日本にはない空気- : Street Beat Festival (14th Apr. @ Auditorium Flog in Firenze )
button祭りだ、祭り : Shibusa Shirazu (10th Mar @ Shinsaibashi Quattro )
buttonポストモダン・ニンジャたちに時代は追いついたか : NINJA TUNE (4th Mar @ Osaka Mother Hall)
button沖縄小旅行〜国際通りの喧噪と喜納昌吉&チャンプルーズ、基地の町嘉手 : (Mar @ Okinawa)
button泥酔エンターテイナー : Gaz Mayall (13th Mar @ Osaka Big Cat)
buttonAmore E Odio : Banda Bassotti (3rd Apr.)
button僕たちはみんな同じ血の色をしている : Soul Flower Union (9th Mar @ Osaka Banana Hall)
buttonこれほど罪深いものは、ない : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (1st Mar @ Namba Hatch)



無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to Kentaro "ken" Kodama. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.