button上々颱風『シャンシャン ナイトフィーバー』
@ 東京シネマ倶楽部(鶯谷) (10th Dec. '05)

君よ、ニギヤカの色を見ろ!


 言葉や音に色が見える共感覚。この世にはそんな稀有な能力が存在するという。人づてに聞いた話なのでよく分からないが、そんな人がもしこの日この場所を体験していたら、彼の彼女の視覚は何色を捕らえたであろう。暖色?愛より深い青色?スピーカーから溢れ止まない風光明媚に腰を抜かしていたかもしれないが、ぜひともお伺いを立てたいと思う次第である。

 ポン引きのおばちゃん、狭い路地でクラクション鳴らし、譲り合わない風俗嬢お届けドライバー、そして洗練を忘れた電飾を光らせるラブホテル達。初めて訪れた鶯谷は、クリスマスシーズンどこ吹く風のオールドファッションな盛り場の景色。その錯雑の中の雑居ビル六階に、この夜一番の輝きを放つであろう東京キネマ倶楽部はあった。今は弁士付き活動写真館、サルサ教室などに使われる元キャバレーのキネマ倶楽部。そこをエゴラッピン恒例クリスマスパーティの前にステージとして使ったのが彼ら上々颱風である。

「シャンシャンナイトフィーバー」と題されたこの夜。メンバー達はタキシード姿で登場し、早速このレトロ空間に溶け込んでみせた。ホーン隊とパーカッションを加えた大所帯10名ということもあって、サウンド面の展開が実に面白い。新旧織り交ぜる定番曲の中に、"スーダラ節"を"Play That Funky Music"のオケで歌ってみせたり、他にもそうしたディスコチューンに日本詞を乗せて歌うなどしてみせ、タイトル通りの演目で楽しませていく。その他にも、ホーン隊が"ツァラトゥストラはかく語りき"(2001年宇宙の旅でお馴染み)やスウィングミュージックのアレンジを加えるなど、従来の楽曲におけるサウンド面の豊富なバラエティをさらに押し広げた。こういった多様性は、この日に限らず彼らのライヴの醍醐味に違いない。飄々とやってのけるところは流石15年選手。

 また、演奏もさることながら、視覚的にも…というのが彼らである。衣装も振り付けも60'sにアレンジされた"ピンクのチャリンコ"に、地元で贈られたという健康体操の上映があれば、彼らのコンサートでは定番の「ハリセンローズ」なる余興もあったりと、寸劇的要素がお客さんを楽しませていた。たびたび行われる衣装チェンジなど、鶯谷の雑然に負けず劣らずのにぎやかなステージ上である。

 ところで「上々颱風のファンの皆様も高齢化が進んでいるようで…」とMCで茶化していたが、いわれてみれば客層がえらく高いことに気付く。のめりこんで日も浅いクチなので気付かなかったが、彼らのリスナー年齢層は少々お高めのようである。しかし、このキネマ座にはワカモン以上の活気があるのだから不思議なもの。さすがにモッシュなどはなく、いわゆる「コンサートノリ」というものだが、その手拍子へ勝手に"ジンギスカン"の合いの声を勝手に入れてしまうなど、様式ともかくの元気は見ていて気持ちがよくなってくるほど。ステージから放たれるエネルギーは、きっとこうしたお客さんからの後押しで相乗を見るのに違いない。

 そんなステージとフロア双方譲らぬ溌剌の応酬は、"本物しなけりゃ意味が無い"アンコール"いつでも誰かが""愛より青い海"という名曲の連続をもって幕を閉じた。途中10分の休憩を挟みつつ、150分にも及ぶショータイムを終えても退出の人ごみにはまだまだ残る活気が。いやいや、色々な意味で素晴らしいものを観させてもらったものだ。

 最近、私は二つの不思議を感じている。一つ、流通ルートが増えたにも関わらず、耳にする多くの楽曲の中からなかなか名曲を見つけ出せない不思議。そしてもう一つが、自分も周りもモノクロじみた気分が増えた気がする不思議。あなたは感じないだろうか?もしあなたも同じものを感じているのならば、そこから抜け出せる方法を私から一つ。今一度上々颱風の音に触れてみてほしい。のれんをくぐるような気軽な入り口の先に待っているのは、肩こりも忘れちまうような色とりどりの音の世界だ。 ちなみに、次回のライヴはこちら。


[多文化共生プロジェクト] 音楽地球人スペシャル@かつしかシンフォニーヒルズ

■日時:2006年2月26日 開場:15:30 開演:16:00
■会場:かつしかシンフォニーヒルズ
■入場料:\3,500(全席指定)
■問い合わせ:かつしかシンフォニーヒルズ 03-5670-2233
■チケットお取扱い
シンフォニーヒルズ・チケットセンター 03-5670-2233
リリオホール・チケットセンター 03-5680-3333
葛飾区文化国際財団ホームページ http://www.kccf.or.jp

report by ryoji

==>top page : JPN / ENG

buttonMag files : 上々颱風 (Shang Shang Typhoon)

buttonCD review : アジアが一番 復刻版 +秘蔵ライヴ録音 紅龍&ひまわりシスターズ & JIROKICHI DAYS 1988: (04/07/12 ) : review by ryoji
buttonうつつに灯る夢心地: (04/07/07 @ Hanazaono Shrine, Shinjuku) : review by ryoji, photo by hanasan
buttonphoto report: (04/07/07 @ Hanazaono Shrine, Shinjuku) : photos by hanasan


The official site

Shang Shang Typhoon

http://yougey.com/shangshang/



The latest album :

上々颱風 Shang Shang Typhoon

"Shang Shang A Go Go!"


The best album :

上々颱風 Shang Shang Typhoon

"上々颱風名曲撰I"






check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

Search Now:
In Association with Amazon.com


button2005

buttonreview with no title : ロブ・スミス (2nd Oct. @ Asagiri Arena)
buttonreview with no title : ア・ハンドレッド・バーズ (1st Oct. @ Asagiri Arena)

button2004

buttonCD review : アジアが一番 復刻版 +秘蔵ライヴ録音 紅龍&ひまわりシスターズ & JIROKICHI DAYS 1988 : 上々颱風 (12th Jul.)
buttonうつつに灯る夢心地 : 上々颱風 (7th July @ Hanazono Shrine)
button「煌き」 : GAN-BAN NIGHT SPECIAL [BREAK ON THROUGH] VOL.1 SPACE COWBOY (28th May @ Nishiazabu SPACE LAB YELLOW)
button「伝説」 : THE VINES (19th May @ Shibuya Club Quattro)
button興奮はあった。パーティーは無かった。 : Squarepusher Japan Tour 2004 (15th May @ LAFORET MUSEUM ROPPONGI)
button書籍 Review : -P2Pという冒険- : 『ナップスター狂騒曲』 ジョセフ・メン(著)/合原 弘子(訳)/ガリレオ翻訳チーム(訳) (20th Apr)
button名レーベルが魅せたパーティーの真髄 : NINJA TUNE feat.Bonobo / Kid Koala / Coldcut / Hexstatic / Jason Swinscoe (2nd Apr @ Shibuya O-EAST)
button例外的ヒーロー : IGGY POP & the stooges (22nd Mar @ Shibuya AX )
buttonCD review : 『Somewhere Only We Know』 : Keane (2nd Mar @ Nagoya Diamond Hall)
button愛と思い出の夜 : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (2nd Mar @ Nagoya Diamond Hall)
button熱帯雨林、そして野生のUAがクアトロに : AlayaVijana (20th Feb @ Shibuya Club Quattro)
button「iPODロッカー」?さあ、どうでしょう : JET (2rd Feb @ Shibuya AX)

button2003

buttonMovies Review : 映画『モロ・ノ・ブラジル』 : 監督:ミカ・カウリスマキ / 脚本:ミカ・カウリスマキ、ジョルジ・モウラ / 出演:セウ・ジョルジ、マルガレッチ・メネー / ゼスほか計31組のアーティスト等 (16th Dec)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Seiichi "ryoji" Hagino. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.