buttonThe Coral @ Namba Hatch (05th Dec '05)

サヨナラは

Coral
 春夏秋冬、たとえば同じ景色を見たとして、そこには同じようでいてそれぞれ異なる趣があるように、同じバンドのライブを季節ごとに見た場合、そこにもそれぞれに違った味わいがあった。それは単に気候や季節によるものというよりは、たまたま毎回、異なるセット・リストのライブを見ることができたからなのかもしれない。しかしながら、趣が異なるとはいってもバンドの本質的なところは何も揺るぐことはなかったのだが。

Coral それが12月5日に難波Hatchで来日公演初日を終えたThe Coralというバンドである。

 前回の来阪公演を見逃したことをずっと後悔してきたためか、やはりここ大阪で彼らを見ることができるこの日を心待ちにしていた。会場は前回とは異なるものの、規模は大きくなっており、あの当時から比べるとバンド自体も大きくなっている。

Coral 会場は決して超満員とは言えないものの、客入りは悪くない。残念ながら今回映像は持ち込まれず。開演前に流されていたのは新旧取り混ぜた渋い曲たちで、待っている時間も楽しめるのはうれしい。さて今日はどんな彼らを見ることができるのだろうかと期待しつつ、1曲目は"Spanish Main"。そして2曲目でいきなり"Goodbye"、さらに"Pass It On"と以前のヒット曲が続く。もちろん観客の反応もよい。のっけからいきなりテンションが上げられてしまうのだ。

 その後は最新アルバム『The Invisible Invasion』からの曲と過去の曲とが混ざり合う構成。バンドの調子は演奏を聞く限りではいたって良さそうに見える。会場の音の聞こえ方も素晴らしい。それにしても、新しい曲に対する観客の反応がどうしても古いそれに対して劣ってしまうように見えるのは非常に残念。やはり序盤で一気に上がってしまったテンションを維持することは難しいものだったのだろうか。とは言え、手もよく上がっていたし、拍手ももちろん少ないわけではなく、決してノリが悪いわけではない。汗だくで暴れていた人が多くなかったというだけだろう。

Coral 聞いたところによると、この日のセット・リストは先月(11月)の英国ツアーと同じだそうだ。"Johnny, Remember Me"という曲を除けば、先々月(10月)に見た英国ツアーと曲目は同じではあるものの、その並び方が異なるため趣が違っていた。曲順とは不思議なもので、ほんの少し入れ替えるだけでもライブ全体がガラリと変わってしまうのだ。ちなみに、個人的に彼らの曲の中でその位置が気になるのは"Goodbye"。観客の盛り上がりが大きい曲(ゆえに全体の流れをも左右する可能性の大きい曲)である。春に見た『The Invisible Invasion』お披露目ツアーの際にはこの曲は演奏されず、夏のフジ・ロックではフェスティバルらしくいきなり1曲目だった。秋のツアーではアンコールの1曲目。そして冬の今回は2曲目だ(ちなみに1曲目は非常に短い)。夏も秋も「おぉ、さすが。」と言いたくなるような効果をもたらしていたのだが、正直、今回の位置はちょっと……。

 そうとはいえ、むやみに観客を煽ることなくむしろ淡々としかし堅実にかつ高い集中力を持って演奏する彼らのライブ・バンドとしての実力は、ここ日本でももっと評価される(もっと多くの人に知ってもらう)べきだろうと思うのだが。

 最後の曲"Arabian Sand"を聞きながら「いつかこの曲もアンコールの枠以外に置かれる日がくるのかもしれない。」と思いつつ、「その時はどんなライブを見せてくれるのだろうか」と今後の彼らにますます期待してしまうのであった。
Coral
report by miyo and photos by ikesan
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : The Coral

buttonphoto report : (05/12/06 @ Shinagawa Prince Stellar Ball) : photo by izumikuma
buttonサヨナラは : (05/12/05 @ Namba Hatch) : review by miyo, photo by ikesan
buttonThe Coralは男の約束を果たしに帰って来たのか? : (05/12/05 @ Namba Hatch) : review by kuniko, photo by ikesan
buttonphoto report : (05/12/05 @ Namba Hatch) : photo by ikesan
buttongang mentality : (05/10/20 @ Brixton Academy) : review by miyo
buttonphoto report : (03/04/20 @ Shinjuku Liquidroom) : photo by maki
buttonillustration report : (03/04/19 @ Nagoya Bottom Line) : illustration by chika
button叩けば出てくる無数の誇り : (03/04/17 @ Osaka Big Cat) : review by kuniko,photos by ikesan
buttonphoto report : (03/04/17 @ Osaka Big Cat) : photo by ikesan


The official site

The Coral

http://www.thecoral.co.uk/



The latest album :

The Coral

『The Invisible Invasion』
(国内盤Limited Edition / 国内盤 / UK import)
The latest single :

The Coral


『Something Inside』
(US import / UK import)


previous works

『Magic and Medicine』
(国内盤 / US import)
『Nightfreak and the Sons of Becker』
(国内盤 / UK import /US import)
『The Coral』
(国内盤 / UK import /US import)
『In the Morning (Single)』
(US import)
『Secret Kiss (Single)』
(US import / UK import)
『Pass It On (Single)』
(US import)
『Don't Think You're the First (Single)』
(国内盤 / US import)
『Skeleton Key (Single)』
(国内盤 / US import)



check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト


button 2005

buttonトーキョーのみだったけど : ザ・ロングカット (2nd Dec. @ 原宿アストロホール)
buttonsix months later : ハード・ファイ (15th Nov. @ 心斎橋クラブクアトロ)
buttonコラム : White Label : The Early Years (13th Nov.)
button聞いた記憶 : ダヴズ (28th Oct. @ 大阪ビッグキャット)
buttongang mentality : The Coral (20th Oct. @ Carling Academy Brixton, London)
button最速バンド : Arctic Monkeys (15th Oct. @ The Plug, Sheffield)
buttonこいぃ〜 : ザ・ポーグス (27th Jul @ 大阪マザー)
button連載リレー・コラム - これを聞かずに、死ねるか! 第3回 : おひとりさま : Alexis Kornerの『Testament』を語る (2nd Jul.)
buttonDVD review : Made In Sheffield : The Human League, Cabaret Voltaire, Heaven 17 and more (8th June. )
buttonFuji Rockの前に : ザ・ロングカット (20th Apr. @ The Cockpit in Leeds and 26th Apr. @ Free Butt in Brighton)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Miyo Kimura and the same of the photos belongs to Tsuyoshi "ikesan" Ikegami. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.