buttonK' DO, Taeko Onuki
@ Yokohama Motion Blue (14th Sept. '05)

突然の贈り物


大貫妙子
大貫妙子  実は最近全然チェックしてなくて知らなかったのですが、大貫妙子さんが新ユニットを結成していました。

 もし、いつものボクをご存知の方がいらっしゃるなら一瞬「何を言うか」と思ったことでしょう。というのも、やはりロック、しかもここSmashingMagではかなり偏ったものばかり追い続けている自分、実はこんなレポートもやっていたりと、素敵なポップスとの距離が自分のなかで重要なポジションにあって、特に大貫妙子というひとはいつもその上位にランクされているわけで。

大貫妙子  今回はひょんなきっかけで、ドラマーの沼澤尚さん発、編集長hanasan経由で新ユニットの情報が入ってきて、そんなボクはもちろんふたつ返事で取材へ赴いた。

 新ユニットの名前は『K' DO』。フランス語で"贈り物"を意味する言葉らしく、カタカナでどういう風に書いたらいいのか分からないけど「カドゥ」ということで良いのだろうか。ステージで妙子さんはギャグを交えて「先のわからない毎日が続きますが、カドゥは稼働します!」と言っていたから忘れませんわ。親爺ギャグかよ! って。

 しかし、まったくこの方のMCにはいつもずっこけさせられるし、かと思えばひとことひとこと芯に届く言葉をおっしゃるし...。そんな彼女のMCを聞いてボクはいつも思い出す一文がある。それは、最新のベストアルバム『Library Anthology 1973〜2003』の自身執筆全曲ライナー・ノーツ(これがまた素晴らしい)で"街"について書かれたもの。そこには、もう30年近く前に自分が書いた短めの歌詞を読んで「歌詞が、8行しかない!大貫妙子  歌詞の短さは、この時代から、あまり変わっていないようです」と洩らした一文がある。確かに事実彼女の歌は歌詞が短い。というより、"言葉少な"とでも言おうか、綴られた詞に宿るものはしかしその分"ふくみ"を持つわけで、ポップスへ向ける彼女の変わらない姿勢がこういったところから垣間見え、ボクはいたく尊敬してしまうのだ。

 大貫妙子さんの話をするといつも長くなる癖があるようなので、ひとまずこのへんで。はい、カドゥです。会場はモーション・ブルー・ヨコハマ、激烈オシャレですわ、これ。以前モーガン・フィッシャーを観に来たときもここでしたが、やはり普段ドサドサしたところばかりふらついてるものだから居心地が悪いというかもぞもぞするというか。しかし、この日のお客さんもまた素敵な感じの方がたくさん。妙子さんが出てきても彼らはおしとやかな拍手でお迎え、その温かさにひたる自分である。和ましい。

大貫妙子 紹介し忘れていましたが、メンバーがスゴいですよ、カドゥ。ベースに沖山優司さんときて、ドラムに沼澤尚さん、キーボードの森俊之さん、このふたりはマグで言うならSun PauloやTheatre Brookなどで演奏しているふたりですね。で、毎年恒例のクリスマス・ライヴで美しい演奏を見せてくれるフェビアン・レザ・パネさん。特に沼澤さんとパネさんのスゴさは目で確かめたことがあるので、このバンド、妙子さんのレコーデング・メンバーに収まることない"なにか"を見せてくれるんじゃないかと期待ウキウキです。
 ふわっと始まるカドゥの演奏。そこに気負いは全くないように見受けられ、自然体の彼らが演奏するサウンドはまた美しいもの。キーボードのキラキラした電子音とぬくもりのあるピアノの旋律、ドラムのタイトなさばきも無邪気な表情を持ちながらとてもオトナな印象。そして、ベース・ラインにするりと乗る妙子さんの声は、やはり誰もがハッとする美声。たまらなく溢れる。
大貫妙子
大貫妙子

 「いずれこのメンバーでCDも作る予定です」というくらいだ。曲の完成度は非常に高く、この日披露されたと思われる数曲のオリジナル・ソングは大貫妙子のときとは少し違った躍動感のあるバンド・サウンドに仕上がっている。

 また、彼女の曲も数曲披露されたのですが、それもまたクリスマス・アコースティック・ライヴのときとは違ったサウンドで、どちらかと言ったらCDに近い生き生きしたヴィヴィットなポップス。そして選曲もまた最高。「普段は歌わない曲をこの機会に歌ってみようと思いました」といって演奏された曲は、アルバム『コパン』に収録された"しあわせな男達へ"という曲で、「好きなことに打ち込んでカッコ良く生きている独身の方を思ってむかし作った曲です」という素敵MCをはさんでくれたため、歌の世界をいっそう深く楽しむことができた。しかも、大好きな"都会"まで聴けてとても満足! 最後までメリハリのきいたライヴらしいライヴで、大いに楽しませてもらいましたよ。
大貫妙子
 このバンドはまだ始まったばかりで、今は大貫妙子の曲やカバー曲(この日はバート・バカラックやキュートな"ネバー・オン・サンデー"という曲)、インストとごっちゃになっていたけど、近くこのバンドならではのセットリストでライヴを見せてくれるのではと思っています。だからこそ「今聴いておくべき!」というアレももちろんありますね。

 というわけで、現在カドゥは横浜・名古屋・大阪とブルー・ノート・ツアーをやっています。これは必ず観るべしですから、ほんと。自分のコトバなど削れて消しゴムのカスにでもなってしまいそうだというのに、大貫妙子さんのコトバが持つ"時が流れても変わらない豊かさ"は誠にもって脅威。やはりロックも良いけど、歌も良いなと思うデスよ、ほんと。
report by toddy and photos by hanasan

K' DO今後のツアー予定

名古屋ブルーノート
  日時:9/27(火), 28(水)
  1st show: 6:30 pm 2nd show: 9:30 pm
  料金:¥ 7,500
  問い合わせ:052-961-6311
  http://www.nagoya-bluenote.com


     

大阪ブルーノート
  日時:10/4(火), 5(水)
  1st show: 6:30 pm 2nd show: 9:30 pm
  料金:¥ 7,500
  問い合わせ:06-6342-7722
  http://osaka-bluenote.co.jp/


大貫妙子の Pure Acoustic Christmas ライヴ

11/28(月)  東京・東京国際フォーラム・ホールC
12/2(金)  鎌倉・鎌倉芸術館小ホール
12/4(日)  大阪・なんばHatch



buttonmag files : Teko Onuki (大貫妙子)

button突然の贈り物 : (05/09/14 @ Yokohama Motion Blue) : review by toddy, photos by hanasan
button妙子、たゆたう姿 : (04/12/23 @ Kamakura Geijutsukan) : review by toddy




The official site

Teko Onuki (大貫妙子)

http://www.toshiba-emi.co.jp/onuki/


The latest album

大貫妙子

"Suspended Animation"


previous books

大貫妙子

"金のまきば"

previous works

大貫妙子

"Library 〜 Anthology 1973-2003 〜"


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2005

button厚み増す年輪、追いかけても回帰: あふりらんぽ (10th Sept. @ Tsujido Sputnik Cafe)
button誤解上等、ズイノシンはパンクだよ: ズイノシン (9th Sept. @ Shibuya O-Nest)
button危ないミライ、ヒカリは地下から: 危ダビ少年院 feat. コンチ、煙巻ヨーコ Session + 藤乃家 舞、オプトラム + カコイヨシハル(from ズイノシン)、エンジェル・オー・ディー、ノイナン、ガルペプシ、ディステスト (2nd Sept. @ 六本木スーパーデラックス)
buttonビールで酔いの宴: スペースシャワー列伝 第五十三巻 feat. カットマン・ブーチェ、サケロック、デパペペ (12th Aug. @ 新宿ロフト)
button胸いっぱいの: 二階堂和美 (21st Jul. @ 新宿マーズ)
button季節がら入り混じりまして: Metalchicks' Pre-release Party feat. メタルチックス,ASA-Chang & 巡礼,にせんねんもんだい,キー (16th Jul. @ 渋谷ラッシュ)
buttonコラム : 環境的音楽"オシリらんNOSIN (16th Jul.)
buttonInterview : 現時点、最高のバンドである理由: ズイノシン (11th Jul.)
buttonHIPHOP苦手でもいらっしゃい: ECD (1st Jul. @ Shibuya O-nest)
button白と緑が危険にみえた夜だなぁ: MONG-HANG (18th Jun. @ Shimokitazawa Era)
button東京もんが集まるんも、こら〜当然だわ: 破壊宙 vol.2 (12th Jun. @ Shinjyuku JAM)
buttonInterview : あふりらんぽを知りたくないか!?: あふりらんぽ
buttonやんや言うけど、のびのびやって!: あふりらんぽ (3rd June. @ 渋谷O-Nest)
button今日ばっかりはひとことで表せない : 新宿ロフト 6th Anniversay "RHYTHM OF FEAR" feat. 生花, メタルチックス, ニルギリス, ズボンズ, レンチ(22nd May. @ 新宿ロフト)
button凄く大きい音が出て、そこでマゾンナは...: 新宿ロフト 6th Anniversay "RHYTHM OF FEAR" feat. ザ・原爆オナニーズ、DMBQ and マゾンナ(21st May. @ 新宿ロフト)
buttonい次元ワールド絶タイ楽しいYO=!: あふりらんぽ (20th May. @ 難波ベアーズ)
buttonInterview : アメリカで名を挙げたPeelander-Z: Peelander-Z (17th May)
button現実にペタペタ足つけて、踊りたいんだオレは : KAIKOO JAPAN TOUR feat. DJ BAKU、MSC、GOTH-TRAD、DJ KENTARO、韻踏合組合、and more... (13th May. @ 代官山ユニット)
button映画レヴュー : 悔恨したオレ、後追いはこれで終わりにしたい!: 『KAIKOO/邂逅』 (22nd Apr.)
buttonDown Beat Delux : ロッキン・イチロー・アンド・ブーギー・ウーギー・スイング・ボーイズ / モダーン今夜 (10th Apr. @ 川崎クラブチッタ)
buttonあがた森魚でぽんポがぽんポンあふりらんぽ : あがた森魚 and あふりらんぽ (9th Apr. @ 青山カイ)
buttonSXSW 編集後記 : (16th - 20th Mar @ Austin TX)
buttonデンジャーMAD爆裂カルテット : DMBQ (18th Mar. @ SXSW05,Club de Ville Austin TX)
buttonインベーダージャパン 〜セカンド〜 : SXSW05特集コラム 第3話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
buttonインベーダージャパン 〜ファースト〜 : SXSW05特集コラム 第2話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
buttonロックンロールワークショップ発見 : ピーランダー-Z (19th Mar. @ SXSW05,mojo Austin TX)
buttonなんでSXSWに行ったの : SXSW05特集コラム 第1話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
button逆輸入はカッコ悪いぞジャパン : エレクトリック・イール・ショック (17th Mar. @ SXSW05,Bigsby's Austin TX)
buttonMag Special with SXSW05 : (16th - 20th Mar @ Austin TX)
button頭ん中フラフラ革命 : モーサム・トーンベンダー GUEST : パニック・スマイル / あふりらんぽ (05/02/25 @ 渋谷 クアトロ)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第3回 何かでっかいことをしようぜ : 早田 英志 (05/02/20)
button驚きの白さ、抜群ケミカルウォッシュ : ザ・ケミカル・ブラザーズ (05/02/12 @ 渋谷 AX)
button脳ミソのうしろ側が開いてるのにアフロで隠してる : ザ・マーズ・ヴォルタ (05/02/08 @ リキッドルーム恵比寿)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第2回 変わった人たちが集まった : 日本脳炎、ギターウルフ and more (05/02/03)
buttonアッシュは煌きシャイニング : アッシュ (05/01/17 @ 渋谷 AX)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第1回 男、エメラルドに惹かれる : 早田 英志 (05/01/13)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Ryota "toddy" Toda and the same of the photos belongs to Koichi "hanasan" Hanafusa (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.