button MONG-HANG @ 下北沢ERA (18th Jun. '05)

白と緑が危険にみえた夜だなぁ
monghang
 ライヴが終わって帰り道。下北沢から我が家への道すがら、そびえ立つ建造物の脇にある木・草・葉、そういった植物が楽しく見えた。そして同時に、木陰からヒョコっと変人が顔を出すのではないかという足らぬ不安、危険、おかしさ。ちょっと込みあげながらの帰路は楽しいものだった。遊泳するイメージ、飽きがこない。

 はじめてのMONG-HANGを目撃して色々なことが頭をめぐる。事前に入っていた情報を簡単にまとめるなら、"演奏がめちゃうまい"とか"コトバが変"とか、単純に"変態"とか、そんな感じだろうか……しかし、まだ足を運ぼうとは思わズ。"変"とか"うまい"だけでは動かなくなっていた自分に「観よう!」というきっかけを与えたのは、Peelander-ZとのインタヴューであがったMONG-HANGの名だった。MONG-HANGとPeelander-Zがアメリカで接触していたという話だ。こうやって音楽をつなげていくのは気持ちが入るから好きなのです、ボクは。

 詳しい話は省略するけど、現在アメリカを活動の拠点としている素晴らしいバンドPeelander-Zは、MONG-HANGのアメリカツアーをいくらか模倣した形で地方展開を行ったと告白している。MONG-HANGがアメリカ経験有りなんて知らなかったので一気に興味倍増。いろんな角度でバンドが観れると思った。軽い足取りで会場へ向かう。

 この日は彼らの自主企画だったようで、入口に草が……葉っぱ芳しき。調子よく中に入ると、Tsuki No Waというバンドが演奏していた。

 『Moon Beams』というアルバムが一番新しいだろうか、このジャケットがまた美しい。そのためTsuki No Waという名前は記憶にあって、ライヴも期待していたのだが、こ、コレは! という衝撃。決してアツくならないインタープレイと浮遊感たっぷりのヴォーカル、歌が流れてくるような印象。序盤から観客を座らせたのもナイス。ボクの知る限りではラブクライが一番近いけど、静かでもっと歌が聴ける所は音響派と言われる所以? 熱が無く荒涼なイメージは、まさしくTsuki No Waという名に表されている。CD買って聴きたくなった。オススメ。

 そしてMONG-HANG。観客側から鈴を鳴らしてやってきたが、その白装束姿も相まってさながら百鬼夜行。「う〜う〜」とお化けみたい。セットチェンジの間も気になっていたが、メンバーがそろうと楽器の多さが目立つ。打楽器が豊富で、鉄琴やスティールパンのようなものは特に目を引く。そんなナチュラル武装された楽器群をよそに、フライングVのギターや変なベースもある。

 音は、んんん、なんだろう……いっぱいやってる(笑)。ちょっとビックリするくらい。ロックもあればジャズもあって、気を抜いてたらディスコもやってきて。あの格好でディスコティックなノリは無しでしょ! とにかく音楽を縦横無尽に渡り歩いて、当の本人、BA(Vo)はそりゃもうゴキゲンな様子。ロボットのようにカチカチだったり、軟体動物のようにふにゃふにゃだったり、ときにハードゲイのような卑猥さがあったり。気持ち悪いぜ兄さん!

 そして、演奏テクは凄いですよやっぱ。あんだけ親自然派っぽい格好していながら、有機的な感じがしないですもん。プログレって言われてるみたいだけど、ボクは違うと思う。もっとテクノとかに近い気がして、角が立ってるというか。エフェクトの種類も多くないみたいだし、YAMAHAのCMとかみたいに表情の無いシャキーンとした演奏が頭に浮かぶこともしばしば。恐ろしく凄いと思う。これをBGMにしてあの白装束が呪術的にイかすわけだからダンスですよ、ダンスミュージック! 最後の最後まで有機と無機の狭間で踊らされたような、そんなシテヤラレタ感漂うライヴだった。

 「いろんな角度で観れるような気がする」という話をしたものの、バンドの多様性に追いつけずまだ核心に迫った気がしない。Peelander-Zはアメリカで、よりベタなパフォーマンスを身につけたというが、MONG-HANGもまさしくそれのような気がする。カラダの動きをみんなで合わせたり、練習風景を想像するととっても愉快。ベタに笑えるんだけどそれだけじゃない深さがあるような気がして、それを多様性だと思ってるわけですが、どうなんだろう。惑わされてるなぁ。不思議なバンドだなぁ。

写真は04/05/25東京公演のものを使用しています。
report by toddy and photos by nachi

buttonmag files : Mong-Hang

button白と緑が危険にみえた夜だなぁ : review by toddy (05/06/18 @ Shimokitazawa Era)
button体験型テーマパーク : review by nob (05/04/03 @ Ebisu Milk)
buttonphoto report : photo by nachi (05/03/03 @ Aoyama Tsuki Miru Kimi Omou)
buttonphoto report : photo by nachi (04/04/25 @ Shibuya YANEURA)
button言語外コミュニケーションの可能性 : review by nob, photo by nachi (04/04/25 @ Shibuya YANEURA)
buttonヒューモアとしてのプログレッシヴ・ロック : review by nob, photo by nachi (04/02/18 @ Kichijoji Star Pine's Cafe)


The official site

MONG-HANG

http://www.monghang.com/


The latest album :

MONG-HANG

"MONG HANG"

previous works

"FAMILY"



compilation :

"ROYAL STRAIGHT FLASH" (1 track)
"STRAIGHT FLASH" (1 track)



アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2005

button東京もんが集まるんも、こら〜当然だわ: 破壊宙 vol.2 (12th Jun. @ Shinjyuku JAM)
buttonInterview : あふりらんぽを知りたくないか!?: あふりらんぽ
buttonやんや言うけど、のびのびやって!: あふりらんぽ (3rd June. @ 渋谷O-Nest)
button今日ばっかりはひとことで表せない : 新宿ロフト 6th Anniversay "RHYTHM OF FEAR" feat. 生花, メタルチックス, ニルギリス, ズボンズ, レンチ(22nd May. @ 新宿ロフト)
button凄く大きい音が出て、そこでマゾンナは...: 新宿ロフト 6th Anniversay "RHYTHM OF FEAR" feat. ザ・原爆オナニーズ、DMBQ and マゾンナ(21st May. @ 新宿ロフト)
buttonい次元ワールド絶タイ楽しいYO=!: あふりらんぽ (20th May. @ 難波ベアーズ)
buttonInterview : アメリカで名を挙げたPeelander-Z: Peelander-Z (17th May)
button現実にペタペタ足つけて、踊りたいんだオレは : KAIKOO JAPAN TOUR feat. DJ BAKU、MSC、GOTH-TRAD、DJ KENTARO、韻踏合組合、and more... (13th May. @ 代官山ユニット)
button映画レヴュー : 悔恨したオレ、後追いはこれで終わりにしたい!: 『KAIKOO/邂逅』 (22nd Apr.)
buttonDown Beat Delux : ロッキン・イチロー・アンド・ブーギー・ウーギー・スイング・ボーイズ / モダーン今夜 (10th Apr. @ 川崎クラブチッタ)
buttonあがた森魚でぽんポがぽんポンあふりらんぽ : あがた森魚 and あふりらんぽ (9th Apr. @ 青山カイ)
buttonSXSW 編集後記 : (16th - 20th Mar @ Austin TX)
buttonデンジャーMAD爆裂カルテット : DMBQ (18th Mar. @ SXSW05,Club de Ville Austin TX)
buttonインベーダージャパン 〜セカンド〜 : SXSW05特集コラム 第3話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
buttonインベーダージャパン 〜ファースト〜 : SXSW05特集コラム 第2話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
buttonロックンロールワークショップ発見 : ピーランダー-Z (19th Mar. @ SXSW05,mojo Austin TX)
buttonなんでSXSWに行ったの : SXSW05特集コラム 第1話 (16-20th Mar. @ Austin TX)
button逆輸入はカッコ悪いぞジャパン : エレクトリック・イール・ショック (17th Mar. @ SXSW05,Bigsby's Austin TX)
buttonMag Special with SXSW05 : (16th - 20th Mar @ Austin TX)
button頭ん中フラフラ革命 : モーサム・トーンベンダー GUEST : パニック・スマイル / あふりらんぽ (05/02/25 @ 渋谷 クアトロ)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第3回 何かでっかいことをしようぜ : 早田 英志 (05/02/20)
button驚きの白さ、抜群ケミカルウォッシュ : ザ・ケミカル・ブラザーズ (05/02/12 @ 渋谷 AX)
button脳ミソのうしろ側が開いてるのにアフロで隠してる : ザ・マーズ・ヴォルタ (05/02/08 @ リキッドルーム恵比寿)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第2回 変わった人たちが集まった : 日本脳炎、ギターウルフ and more (05/02/03)
buttonアッシュは煌きシャイニング : アッシュ (05/01/17 @ 渋谷 AX)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第1回 男、エメラルドに惹かれる : 早田 英志 (05/01/13)


無断転載を禁じます。The copyright of the articles belongs to Ryota "toddy" Toda, the same of the photos belongs to Nachi Yamazaki. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.