buttonShibusa Shirazu @ Shinjuku Pit Inn (1st Apr '05)

湧き出すエネルギー


Shibusa Shirazu
 23時を回ってもまだまだライブは終わりそうもない。まあ、案の定か。このバンドの持つ熱量というかパワーというか、並大抵のものじゃないんだから。総人数、ざっと数えても30名以上の規格外化け物バンド。とうていステージ上には全てが収まりきらず、一部のメンバーや機材はなんと客席にまで侵食している。そのせいで面積を奪われ動く隙間もほとんどないくらいギュウギュウになっちまってるのに、笑顔で跳ねるお客さん達もまたすごいけどねえ。
Shibusa Shirazu

 ところが渋さはジャズの老舗ライブハウス・PIT INNでちょくちょくライブをやっているという。いや、どう考えても不可能だろ。普通に考えればね。だからこの目で確かめに行ったわけだが、やってしまうんだ、これが……。ツイン・ドラム、ツイン・ベース(!)、ギターにいたっては3本。その他パーカッションやバイオリンや多数の管楽器、お馴染み全身白塗り暗黒舞踏家や色っぽい姉ちゃんダンサーまで、思いつく限りありとあらゆるメンバーが、およそ大キャパとはいえない箱に詰め込まれて演奏するのだ。それだけでも圧巻の光景ですよ。
Shibusa Shirazu

 初めて渋さ知らズオーケストラを観たのは2002年のフジロック・フェスティバルだった。最大級のステージ上で火の玉はぶんぶん振り回すわ、かと思えば観客席からは巨大な龍が乱入してくるわ、メンバーはなんだか異常に多いわで、とにかく音楽の常識を超えた衝撃的な出会いだった。そして同時にその時から、「こんな無茶苦茶なバンド、ライブハウスで演るのは無理じゃねぇか?」という疑問がついてまわるようになる。

Shibusa Shirazu
Shibusa Shirazu
 これだけの人数になってしまうと大概まとまった音になるはずがないのだが、中央に陣取った指揮者でありキーマンの不破が圧倒的な統率力でそんな杞憂をねじ伏せてくれる。緩急をつけ、音の波の大小を計算し、ソロ回しを順繰りに振り分ける。暴れ馬を自在に操る調教師みたいだ。ビールを流しこみながらの不良指揮者っぷりは"マエストロ"とは言い難くあくまで"ダンドリスト"といった感じだが、見事な盛り上げっぷりと仕切りっぷり。ちなみにこの日は個別では左端のドレッドヘアー・ギタリストが凄かった。ジミヘンみたいなぶっといソロを聴かせてくれた。
Shibusa Shirazu  途中で15分ほどの休憩を挟んだ長距離マラソン・ライブ。メンバーにはどう見てもオッサンて感じの人も少なくないのに、このエネルギー量はいったいなんなんだ。音楽をやり続けることによる力なのか、それとも渋さならではの何か湧き出すパワーなのか。でもこの人たち、毎回こんな感じなんだよな……。

 当分、枯渇する日は来そうもない。

なお、4/19日からロシアに飛ぶのが渋さ。それまで13日の吉祥寺スター・パインズ・カフェ、17日の渋谷クアトロでのライヴが予定されているが、今回のツアー、かなりの長丁場のようで、しばらく国内でのライヴは期待できない。

「フジ・ロックの時も、日本にいないんですよ。残念です。」とは不破さんの弁だが、これを見逃したら、しばらく渋さはお預けですよぉ!
Shibusa Shirazu


report by joe and photos by hanasan

==>top page : JPN / ENG

photos : part1 | 2 | 3

buttonmag files : 渋さ知らズ

button湧き出すエネルギー (05/04/01 @ Shinjuku Pit Inn) : review by joe, photos by hanasan
buttonphoto report (05/04/01 @ Shinjuku Pit Inn) : photos by hanasan
buttonはたして戦後に生きているのか? (05/03/12 @ Ueno Suijo Ongaku Do) : review and photos by hanasan
buttonphoto report (05/03/12 @ Ueno Suijo Ongaku Do) : photos by hanasan


The official site

Shibusa Shirazu Orchestra

渋さ知らズ



The latest album is ;

Shibusa Shirazu

"渋星 (Shibu Boshi )"


previous album

Shibusa Shirazu
"渋旗 (Shibu Hata)"
購入は地底商店にて可能です。


previous works...

"ディスコグラフィ" (公式サイトより)

Check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト


button 2005

button湧き出すエネルギー : 渋さ知らズ (1st Apr @ Shinjuku Pit Inn)
button若者よ、老舗の店に行こう : SION (11th Mar @ Ebisu Liquidroom)

button 2004

button世界中の窓を通して : Steve Nieve (17th Dec. @ Aoyama Cay)
button観・歓・感(観客、歓喜で、感極まる) : Elvis Costello (14th Dec. @ Tokyo Koseinenkin Kaikan)
buttonアトラクションズの亡霊 : Elvis Costello (8th Dec. @ Tokyo Koseinenkin Kaikan)
buttonこれはロックンロールですよ : BOOM BOOM SATELLITES (30th Nov. @ Daikanyama UNIT)
button新たな顔の発見 : ポカスカジャン (12th Nov. @ Roppongi sensation)
buttonInterview : GAL盤(ギャルバン)の時代到来 !? 〜 東芝EMI・N氏に突撃! : 「GAL盤」レコ発ライブ (28th Oct. @ Shibuya Chelsea Hotel)
buttonjoeのGlastonburyあれやこれや : Glastonbury Festival 2004 (25th-27th June @ Pilton, UK)
button道南パンク行脚 : イントロ / 番外編 vol.1 : 旭川には何があるのか 〜THE JOHNNY BOYS / vol.2 : 札幌のSKAシーンとは 〜髭楽団 / vol.3 : すすきのにヤマグチの歌心、染み入る〜 サンボマスター / vol.4 : 男四匹ガキ大将 〜 怒髪天 / 札幌はやはりアツかった 〜 Hawaiian6 (その1) / 苫小牧にバンドが来る理由とは !? 〜 Hawaiian6 (その2) / 胆振地方パンク活性化仕掛け人・FREE KICKカワギシ氏に訊く / 室蘭の堤防、決壊 ! ! 〜 Hawaiian6 (その3) / 変化と成長という旅を続けるバンド 〜 HUSKING BEE / エンターテイナーの特権 〜 10-FEET / 涙が円陣に落ちていく(そして、旅の終わり) 〜 10-FEET / アウトロ (25th May - 3rd Jun '04)
button日本発オリジナルSKA! : Doberman (9th May. @ Ebisu Garden Room)
button"magが果たし状を受けた !! : MURATRIX (7th May. @ Ikebukuro MANHOLE)
button"ケン違い"って……!? : Ken Yokoyama (28th Apr. @ Shibuya Club Quattro)
button4月11日、ハチ公前の祈り : 平和アピール集会 (11th Apr. @ 渋谷ハチ公前)
buttonブレイクするんじゃねえか!? の真相 : The Captains (27th Mar @ Akihabara Goodman)
button時間は止まったままだった : Rickie Lee Jones (26th Mar @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button人間と音楽の持つ可能性(ラジオスターとの再会) : Ani Difranco (8th Mar @ Shibuya 0-East)
button会場を包み込んだもの : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (4th Mar @ Zepp Tokyo)
button衝撃、冷めやらず : Three Bullets and a Gun (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button博多からの刺客!! : Mellow Yellow (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button情念は届くだろうか : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Joe Takamatsu and the same of the photos belongs to Koichi "hanasan" Hanafusa (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.