button Sonic Youth @ Shibuya O-East (16th Mar. '05)

母胎ノイズ

Sonic Youth
Sonic Youth  暗闇から一人ずつメンバーが現れる。ステージには一つとして飾りはなく、ただ楽器やアンプ、モニターだけが置かれている。Thurstonがノイズエフェクトをチェックの為に鳴らす、その瞬間に「確かにSonic Youthだ」と確信させられる。多々なるノイズ、がっしりと組まれたロックの音、そしてそれらをすり抜けていくThurstonとKimの声。彼らの声が細すぎるという意見もよく聞くが、彼らの声はワイヤーのように、強い。だから、繊細かつ強いあの音楽ができるのだと思う。

 1曲目から沸き上がったオーディエンスが、3曲目の”PATTERN RECOGNITION”でさらに加速する。「Ride on!」と叫ぶThurstonの声に煽られるように、最前列付近はモッシュの嵐。なにせガタイのデカイ男共が跳ねまくるのだから、痛いのなんの。でも、これが醍醐味なのさ。ThurstonとLeeが縦横無尽に動き回り、曲の終局で期待通りのフィードバックノイズを聴かせてくれる。Thurstonに至ってはスピーカーの上によじ登り、ギターを壊さんばかりに激しくスピーカーにこすりつけている。鳥肌がたつほどの強烈な音塊。

 いつ果てるともわからぬギターノイズの中で、凛と立つKimの姿が印象的だった。そう…女って、こういう生物で在るべきなんだ。なぜか、Patti Smithを観た時の衝撃を、あたしは思い出していた。可愛くて、堂々としていて、強い。空母の如く男を受け止められる、その存在感。
 「キム!」という叫びの中、演奏される”KIM GORDON AND THE ARTHUR DOYLE HAND CREAM”。アルバムで聴くアンニュイな混沌ではなく、パワフルなライヴヴァージョンに見事生まれ変わったカンジだ。オーディエンスが一斉に合わせてサビを歌い、Kimもまたステージの淵まで客席ににじり寄って歌う。客席から伸びる腕は彼女まで届くことはない、それでも必死で伸ばし続ける。Thurstonがマイクを客席に放り投げ、シールドをたぐり寄せて遊んでいたところ、マイクジャックが抜けてしまった。それでもマイクなきジャックを客席にひたすら向ける姿がなんとも可笑しく、思わず客席から笑いが起きる場面も。
 最新作『SONIC NURSE』からの選曲が多かった今回のライブだが、終演までひたすらノイズは鳴り続けた。

 一説によると、人間は生まれてくる前から、胎内で様々なノイズを耳にしているのだという。うるさい、という生理的嫌悪は初期的な母性への反発で、慣れてしまうとそれは母胎回帰の如く優しく耳に馴染むのだそうだ。その説が真実であるかどうかはともかく。それがあたし一人の勝手な結論であるとしても、

 Sonic Youthのけたたましい音は、酷く優しい。その事実は変わらない。

Sonic Youth

report by yuka and photos by nachi

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Sonic Youth

buttonphoto report : (05/03/18 @ Osaka Namba Hatch ) : photos by ikesan
buttonphoto report : (05/03/17 @ Shibuya Club Quattro) : photos by nachi
button母胎ノイズ : (05/03/16 @ Shibuya O-East) : review by yuka, photos by nachi
buttonphoto report : (05/03/16 @ Shibuya O-East) : photos by nachi



The official site :

Sonic Youth


http://www.sonicyouth.com/



The latest album

Sonic Youth

『Sonic Nurse』
( 国内盤 / US Import )



Search Now:
In Association with Amazon.com

The previous works

Sonic Youth

"Murray Street"
(US import / 国内盤)

"NYC Ghosts & Flowers"(US import / 国内盤)
"A Thousand Leaves"(US import / 国内盤)
"Screaming Fields of Sonic Love"(US import / 国内盤)
"Washing Machine"(US import / 国内盤)
"Experimental Jet Set, Trash & No Star"(US import)
"DIRTY"(US import / US import - Deluxe /国内盤 /国内盤 - デラックス)
"GOO"(US import / 国内盤)
"DAYDREAM NATION "(US import / 国内盤)
"SISTER "(US import / 国内盤)
"EVOL "(US import / 国内盤)
"BAD MOON RISING "(US import / 国内盤)
"CONFUSION IS SEX "(US import / 国内盤)

check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト


button2005

button三匹が斬る! : The Surf Coasters (26th Feb @ Ebisu Guilty)
buttonミルクティース入門 : ミルクティース (26th Feb @ Ebisu Guilty)
button新宿ロフトに太陽を連れこめ : Theatre Brook (19th Feb @ Shinjuku Loft)
button意識 : Theatre Brook (23th Jan @ Shibuya AX)
button轟音デンデケデケデケ : Happy Dispatch (25th Jan @ Shibuya Aoi Heya)
buttonInterview with The Surf Coasters (中シゲヲ) : サーフコースターズと呼ばれた男 (21st Jan)

button2004

buttonWINTER SURF PARTY! : THE SURF COASTERS (30th Dec @ Shimokitazawa 440)
buttonCD review : PRIVATE RECORDINGS vol. : THE SURF COASTERS (6th Jan)
button決して死なないロックンロールを貫きます。 : Gasolines (18th Dec @ Yoyogi Labo)
buttonトナカイが舞う夜 : Kemuri (25th Dec @ CLUB CITTA' KAWASAKI)
buttonDVD review : THE SURF COASTERS ON STAGE! : THE SURF COASTERS (30th Dec)
buttonCD review : 教育 : 東京事変 (25th Nov)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Yuka Koyama and the same of the photos belongs to Nachi Yamazaki. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.