button OZOMATLI
@ Shinsaibashi Club Quattro (16th Mar '05)

ビッグバンを垣間見る


ozomatli
 もちろんオゾのことだから、当然良いライヴを確信していたわけだが、こちらの予想以上の陶酔、混沌ぶりに、終演後は思わず言い表わす言葉を失ってしまった。さして踊り狂っていたわけでもないのに(というよりフロアの後ろの方でゆったりとビール片手に見ていたのだけれど)、ただただ圧倒されて脱力していたなんて未だかつてなかったかもしれない。ハッピーな気分にさせられて自然と笑顔で、というのは昨日同じ場所で見たテテだったり、良いライヴを体験したときのこのところの反応なのだが、この日は、終演後すぐに着替えを済ませてフロアに出てきたメンバーたちと目が合うと、ただ、ため息をつきながら肩を叩きあうことしかできなかった。

 フジロックで、朝霧で、3年前のツアーでと何度かオゾを見ていて、その度に驚愕、興奮してきたわけだが、今夜の神憑かり的なステージはその比ではない。「去年のフジロックで見たから」という理由で今回のツアーを見逃した人がいるなら、精一杯後悔すべきだ。
ozomatli

 セットの前半は1st2ndからが多かったのだが、例えば"Vocal Artillery"の導入部がDJスピノビの回すドラムン風だったりと、アレンジ面は長いツアーの間でしっかりと熟成していて、これがはまっている。「右側、左側、オゾマトリ側」のコール&レスポンスはお約束通り。新作からの楽曲を安易にセットに並べただけではない、ツボを押さえた構成はさすがだ。
 ナレーションと雷鳴とフラッシュライトが瞬くSEが鳴り渡るなか、意外にも普通にステージに現れ(といってもウィルドッグはジャンプをかまし、ジャスティンはフロアに向かってアジって回り、テンションは充分アガっているようだったが)、これもまた意外だったのだが"Como Ves(ドント・ユー・シー)"でスタート。彼らの1stアルバムの陽気なオープニング・チューンである。これが久しぶりに再会する友人の、何も変わらない仕草や口癖に思わず微笑んでしまうかのように、心が解きほぐされる。

ozomatli
ozomatli
 そして中盤以降"(Who Discoverd) America?" "Love And Hope" "Ya Viene El Sol(ヒア・カムズ・ザ・サン)"と、情熱的なメロディとメッセージ性の強い新作『ストリート・サインズ』からのセットがハイライトとなるのだが、なかでも圧巻だったのがアラビック・スケールで展開する"Beleiave"。とくに主にヴォーカルをとるトランペットのアズドゥルの歌声とテンションは、それこそ神懸かっているとしか例えようのないほどで、アルバムでゲスト・ヴォーカルをとったハッサン・ハクムーンやサンプリングされている故ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンといった、素晴らしい先達に勝るとも劣らない。

ozomatli

 閑話休題。やや話が逸れたが、アズドゥルが鋭いナイフのようなテンションで、アラビック・スケールのメロディを歌い上げると、ギターのラウルの腰使い…いやカッテングも切れ切れで、サックスからトレスに持ち替えたウリセイスもトランス状態に陥ったヴードゥーのシャーマンのように全身を痙攣させながら、華奢な三弦復コースの弦を掻きむしり、まるでガラス繊維を張ったリュートのような、鋭利でエキゾチックな音色を奏でている。そこにジローさんの叩くタブラや、ジャスティン、マリオ、ウィルドッグ以下、クラーベ(ラテン音楽におけるリズムの基本パターン)をドラムン風に解釈したりと複雑極まりないことを強靱な胃袋で消化するリズム隊が、曼陀羅のようなカオスに拍車をかけるわけだ。

(余談だが、先日、資料用に入手しようとピーター・ガブリエルの主催するトランス』を、ようやく中古ショップで見つけることができた。ハッサン・ハクムーンに限らず非英語圏の名盤の多くが現在入手困難な状況なのは、本当に寂しい限りだ。ハッサン・ハクムーン自身は活動拠点をアメリカに移して以来、世界的な評価を築き上げていて、地元モロッコの昨年のグナワ・フェスティヴァルでは、グナワとレゲエ、ファンク、インドをミックスさせたステージでカリスマの健在ぶりを披露していたとか)

ozomatli
ozomatli
 まるでビッグバンのナノ秒間、踊りの神々が熱狂的に乱舞しながら、粒子を消滅、生成させ、原初の宇宙を形造った(宗教的な意味合いよりも純粋なイメージとして、ボーアやシューレディンガーといった量子物理学の創成者たちは、古代のとくに東洋の神話からの喩えを好んだものだが…)、その刹那の瞬間を垣間見た気分だった。今、振り返って思えば、示唆的なという意味でこれほど完全なトランス状態もないわけだから(しかも意識は明晰極まりない)、圧倒されてただ脱力していたのも無理はないかもしれない。語弊を承知で言うなら、古代アステカの神の名を頂くオゾマトリの音楽は純粋に宗教的、祭礼的なのだ。そこには混沌とした陶酔のなかにただ寛容さがあるものの、疎ましい教義はない。本当に、この日の演奏はそういうレベルにまで達していた。

ozomatli ozomatli
ozomatli

 途中ジャム・パートが設けられる"Cumbia De Los Muertos(死者たちのクンビア)"(big cakeで行われた前日のウェルカム・パーティーで、コロンビアのフォルクローレであるクンビアのいろいろな曲をかけると大喜びしていたのがベースのウィルドッグ。ドラムのマリオはハンガリーのロマ・ブラス・ミクスチャー・バンド、ベッシュ・オ・ドロームにすかさず食いつき、ジローさんはネーネーズが気に入っていたよう。ギル・スコット-ヘロン "B Movie"にラッパーのジェイブは親指を立てて、それにつないだパブリック・エネミー"911 is a joke"を全員大合唱)では、各パートでビートルズやカーペンターズ、"Get Up, Stand Up"のリフを交えてのソロをとったり、「イ、ア、オッオ、アッア」とファーサイド "Soul Flower"が飛び出したり、お待たせしました"Saturday Night"では、結局真偽のほどは聞けず終いだったのだが、ウィルドッグが「Beyonce!! Won't you be my fiancee?」と謎のコールをとったり。マイクを握ってザックザックとライムを吐くジャスティンに続いて、ラウルまでもがギターを抱えながら観客にダイヴし、その後切れた弦にも構わず演奏していたのだが、きっとオゾ自身も楽しくてしょうがなかったんだろうな。

 フロアもステージも狂喜乱舞のカオティックな大円団は、いつものようにスルドやカウベル、パーカッションにホーンを鳴り響かせながら観客と一緒になって、ハメルーンの笛吹き状態でエントランスまで練り歩いたのだった。
report by ken and photo by ikesan
==>top page : JPN / ENG

Part [ 1 | 2 ]

buttonmag files : Ozomatli

button「!」は人の数だけ、Viva La Razza, Latino Heat! (05/03/17 @ Shibuya Apple Store) : review by taiki, photos by maki
buttonphoto report (05/03/17 @ Shibuya Apple Store) : photos by maki
buttonビッグバンを垣間見る (05/03/16 @ Shinsaibashi Club Quattro) : review by ken, photos by ikesan
buttonphoto report (05/03/15 @ Shinsaibashi Apple Store) : photos by ikesan
button細胞と宇宙がこのリズムを知っている (02/03/17 @ Shinsaibashi Club Quattro) : review by ken, photos by ikesan
buttonMulti-ethnic Music-monsters (02/03/14 @ Shinjuku Liquidroom) : review by sisterchill, photos by hanasan
buttonFIESTA! (02/03/14 @ Shinjuku Liquidroom) : review by ali, photos by hanasan
buttonオゾマトリの行くところに祭りあり (02/03/14 @ Shinjuku Liquidroom) : review by nob, photos by hanasan


The official site

Ozomatli

http://www.ozomatli.com/

The latest album

Ozomatli

"Street Signs"
(US import / UK import / 国内盤)


previous works

MO'SOME TONEBENDER

"Embrace the Chaos"
(US import / UK import / 国内盤)

MO'SOME TONEBENDER

"Ozomatli"
(US import / UK import / 国内盤)

"Coming Up [EP]"(sound track US import)
"Cut Chemist Suite [MAXI]"(sound track US import)
"Super Bowl Sundae [MAXI]"(sound track UK import)
"セプテンバー・セッションズ"(sound track 国内盤)
"ED-TV"(sound track 国内盤)

check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト

button2005

buttonScissor Sisters : (26th Feb @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonThe Dirty Dozen Brass Band : (24th Feb @ Kyoto Takutaku)
buttonEXTREME THE DOJO Vol.11 feat. ISIS, Converge, Mastodon : (2th Feb @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonRachael Yamagata : (28th Jan @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonThe music : (19th Jan @ ZEPP Osaka)

button2004

buttonDropkick Murphys (15th Nov. @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonG.LOVE (10th Nov. @ OSAKA BIG CAT )
buttonRUFIO (8th Nov. @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonHAVEN (29th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonRichard & Dave Sinclair "Grey and Pink" (17th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonMOGWAI (7th Oct. @ Osaka Big Cat )
buttonFATBOY SLIM (28th Sep. @ Osaka Under Lounge )
buttonTHE SKATALITES (16th Sep. @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonBleach (17th July @ Osaka Banana Hall)
button22nd Peaceful Love Rock Festival (3-4th Jul. @ KOZA, OKINAWA)
buttonMILKTEATH (19th Jul. @ Kobe Star Club)
buttonTHE BANDITS, THE ZUTONS (31st may. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button遠藤賢司 (26th may. @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonJackson Browne (28th Apr. @ Osaka Koseinenkin Hall)
buttonKen Yokoyama (20th Apr. @ Osaka Koseinenkin Hall)
buttonEXTREAM THE DOJO Vol.10 (17th Apr. @ Namba HATCH)
buttonShibusa Shirazu (10th Apr @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonThe Jeevas (4th Apr @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonRickie Lee Jones (25th Mar @ OsakaBig Cat
button東京ピンサロックス@ Kobe Chiken eorge (11th Mar.'04)
buttonAni Difranco(10th Mar @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonIncubus(5th Mar @ Zepp Osaka

buttonJason Mraz(26th Feb @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonAlaya Vijana(24th Feb @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonfarrah(15th Feb @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonmonastir(15th Feb @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonJET(7th Feb @ Shinsaibashi Club Quattro)


button2003

buttonRobert Randolph and The Family Band : (12th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonRobert Randolph and The Family Band : (12th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonSORROW : (9th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonD4 : (8th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonThe All-American Rejects : (4th Dec @ Osaka Big Cat)
buttonThe All-American Rejects : (4th Dec @ Osaka Big Cat)
buttonYo La Tengo : (2nd Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonMETALICA : (13th Nov @ Osaka Jo Hall)
buttonMOGWAI : (10th Nov @ On Air Osaka)
buttonWilko Johnson : (30th Oct @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonWilko Johnson : (30th Oct @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonThe White Stripes : (27th Oct @ Namba Hatch)
buttonOIOO / KIM GORDON & The Sweet Ride : (26th Oct @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonOIOO / KIM GORDON & The Sweet Ride : (26th Oct @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonLABCRY : (24th Oct @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonLABCRY : (24th Oct @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonLess Than Jake : (22nd Oct @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonThe Cooper Temple Clause : (11th Oct @ Osaka Big Cat)
buttonThe Cooper Temple Clause : (11th Oct @ Osaka Big Cat)
buttonElvis Costello and Steve Nieve : (4th Oct @ Osaka Sankei Hall)
buttonElvis Costello and Steve Nieve : (4th Oct @ Osaka Sankei Hall)
buttonElvis Costello and Steve Nieve : (4th Oct @ Osaka Sankei Hall)
buttonThe Skatalites : (1st Oct @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonJack Johnson : (30th Sept @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonThe Used : (30th Aug @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonPatti Smith : (14th Jul @ Namba Hatch)
buttonPatti Smith : (14th Jul @ Namba Hatch)
buttonRon Sexsmith : (19th Jun @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonLisa Loeb : (28th May @ Osaka Big Cat)
buttonCaravan : (10th May @ Osaka Big Cat)
buttonJackson Browne : (28th Apr @ Osaka Festial Hall)
buttonThe Coral : (17th Apr @ Osaka Big Cat)
buttonAsian Dub Foundation : (3rd Apr @ Osaka Mother Hall)
buttonFeeder : (21st Mar @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonGet Up Kids : (1st Mar @ On Air Osaka)
buttonExtreme The Dojo : (23rd Feb @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonSonic Youth : (21st Feb @ Namba Hatch)
buttonJohn Squire : (19th Feb @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonThe Parkinsons : (6th Feb @ Juso Fandango)
buttonHundred Reasons : (17th Jan @ Shinsaibashi Club Quattro)

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to Tsuyoshi "ikesan" Ikegami. They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.