buttonTete @ Shinsaibashi Club Quattro (15th Mar. '05)

- cutman-booche -


cutman-booche cutman-boochecutman-booche
cutman-booche cutman-booche
cutman-booche
cutman-booche cutman-booche
 地元大阪の3ピースcutman-boocheは、ラグタイム調のブルーズを心地よいグルーヴで現代的に再構築したかのような、肩の力の抜けたアーシーな演奏を聴かせてくれた。場末のバーで鳴らされるよりも、穴場のカフェが似合いそう…と思っていたら、アルバムは結構「デッド」な空気の曲が多い。この日はテテの雰囲気にあわせて落ち着いた感じだったのだろうか、盛り上がれば、かなり熱い演奏を見せてくれそう。メンバーは24〜5歳と若く、G./Vo.のタスクは下町の平野区出身。「故郷、松の湯」なんて曲もあり、かなり気になるバンドだ。

 タスクはこの日、アップルストアのインストアライヴに向かうオゾマトリに遭遇して「あ、オゾマトリや!」と思わず声を上げたのだとか。去年のフジロックでオゾを見ていたのだそうだ。cutman-boocheも、まずはルーキー・ア・ゴー・ゴーや苗場食堂で見てみたい。

 (取材協力 : メタカンパニー / Plankton

--> Tete

report and photo by ken


buttonmag files : cutman-booche

buttonphoto report : (05/03/15 @ Shinsaibashi Club Quattro ) : report and photo by ken


The official site

cutman-booche

http://www.cutman-booche.com/


The latest album

cutman-booche

『cutman-booche』
( 国内盤 )

previous works



check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2005

button有山じゅんじ (25th Feb. '05 @ 安治川ヒポポタマス)
buttonおんなボーカル歌合戦 : feat. FREE FROM DISGUISE, shiba in car, ひでこりべるたんset, WEDNESDAY_EVE : (13th Feb @ Namba Bears)
button心象風景のピアノフォルテ /
photo report : リクオ : (30th Jan @ Juttoku Kyoto)
button世代を超えた贅沢な一夜 :
ありやまな夜だ!! 新春スペシャル feat. 有山じゅんじ, ムーヤン, saigenji, 高田 漣, TOMOVSKY, リクオ : (28th Jan @ Chicken George Kobe)
button10年分のイャサ、ホォヤ : 『つづらおりの宴』feat. ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、山口洋他 : (16th Jan @ 長田神社)

button2004

buttoniphoto report : 矢野沙織 (18th Dec. @ Osaka Royal Horse)
button「ザ・クラッシュ→フェルミン→ベタガリ」 : BETAGARR, GELUGUGU, COBRA (12th Nov. @ King Cobra)
buttoninterview : 続 : 極東戦線異状あり : 中川敬 (Soul Flower Union) (12th Nov.)
button日本とキューバ、新しい才能の共演 : 矢野沙織 with ALEX CUBA BAND (28th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonCD review : 『Humo De Tabaco』 : ALEX CUBA BAND (19th Oct)
button愛おしいファド ?カティア・ゲレイロという響き : Katia Guerreiro (28th Sept. @ Shinosaka Melpark Hall )
button旨い酒のように : Soul Flower Union (26th Sept. @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttoninterview : 極東戦線異状あり : 中川敬 (Soul Flower Union) (20th Sept.)
buttonCD Review : Nas Maos Do Fad - ファドに抱かれて : Katia Guerreiro (6th Sept.)
buttonかわちながの世界民族音楽祭 〜トランス・ヨーロッパ・フェス〜 : FANFARE CHIOCARLIA, THINK OF ONE and KiLA (29th Aug. @ Kawachinagano Lovely Hall )
button波の音が聞こえない : Jack Johnson & Donavon Frankenreiter (4th Aug. @ Namba Hatch )
button謙虚さと幸福のカタルシス : FERMIN MUGURUZA KONTRABANDA in Radical Music Network Festival (27th July. @ Club Chitta Kawasaki )
button侘び寂び : Cat Powerand Women & Children (1st Jun @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonローマ -ベティ・イサンゴ・ドゥグ・ビルバオ- : Street Beat Festival (18th Apr. @ Piazza dei Tribuni in Rome )
buttonミラノ -ボブ・マーリーとジョー・ストラマーと- : Street Beat Festival (17th Apr. @ Leonkavallo in Milan )
buttonボルツァーノ -bad dog outside!- : Street Beat Festival (16th Apr. @ Ku.Bo in Bolzano )
buttonボローニャ -赤い街から煙る街へ- : Street Beat Festival (15th Apr. @ Estragon in Bologna )
buttonフィレンツェ -日本にはない空気- : Street Beat Festival (14th Apr. @ Auditorium Flog in Firenze )
button祭りだ、祭り : Shibusa Shirazu (10th Mar @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonポストモダン・ニンジャたちに時代は追いついたか : NINJA TUNE (4th Mar @ Osaka Mother Hall)
button沖縄小旅行〜国際通りの喧噪と喜納昌吉&チャンプルーズ、基地の町嘉手 : (Mar @ Okinawa)
button泥酔エンターテイナー : Gaz Mayall (13th Mar @ Osaka Big Cat)
buttonAmore E Odio : Banda Bassotti (3rd Apr.)
button僕たちはみんな同じ血の色をしている : Soul Flower Union (9th Mar @ Osaka Banana Hall)
buttonこれほど罪深いものは、ない : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (1st Mar @ Namba Hatch)
buttonこの瞬間に存在するドキュメント : Meganoidi (7th Feb @ Osaka Big Cat)



無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to Kentaro "ken" Kodama. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.