button Theatre Brook @ Shinjuku Loft (19th Feb '05)

新宿ロフトに太陽を連れこめ


Theatre Brook
 なんというか、爽快。ド頭からPHISHのカバーで"First Tube"をカマされるとは思わなかった。さらに畳みかけるように"ノックしつづける男""悲しみは河の中に"…じらす間もなく本番、この潔さったらない。頭から派手に揺れるオーディエンスをさらに煽る佐藤タイジ。「ロクなことのないこの世界の…、ヤキがまわったような人類の…、ここにいる、300人の俺たちは…、何かに向かって、何かに向かって…!」
やってまえ、と会場の声がひとつになる瞬間。その声を支えるメンバー達、一歩退いたカッコよさを見せつける中條卓。

 シアターブルックは、地下2階の新宿ロフトに太陽を連れこみ、大地を創る。
Theatre Brook

タイトルは"大統領"。「大統領やめてくれないか」というなんとも率直な歌詞。演奏直後のMCは「これ、録音してる人いたらホワイトハウス送っていいから。たぶんね、そんなシアターブルックごときにFBI来ないと思うんだよね。冗談だなってわかると思う。でも、もしいたら、かなりナイスなFBIだよねー」仮にあたしがFBIならこっちサイドに寝返るなぁ。
 現在はレコーディング中という彼らだが、タイジ曰く「アメーィジングなことになってんだよね」だそうだ。「これ、真面目にロックンロールというものをかこうと思ったわけよ、それがさあ、沼澤(Dr.)さんが違うの叩くわけ。みんな…中條さんとかさあ、納得してんだけどオレだけわかんないのよ。これがね、俺が思ってたヤツ。で、こっちが…ほら、ね、違うのわかる?」というわけで、初めにタイジが思い描いた70年系ロックスタイルのリズムと、実際に採用された50年系のロックパターンを沼澤が叩く。しかし、このもったりしたオールドスタイルなリズムがこの曲にはよく似合う。

Theatre Brook
Theatre Brook
Theatre Brook  そして、タイジのギターに波の要素が混じる。ラテンなパーカッションと絡み合って、今度は海がロフトにやってきた。催眠術の類のようだ、この半覚醒状態で聴く"ありったけの愛"の心地よさ。まだ2月の新宿に真夏の午後が訪れ、口の中には、日光で温められたほのかにぬるいワインの味がする。音と声だけで、目の前にいろんなものが出現して、遠くへつれていってくれるんだ。

 再びPHISHから"FREE"を演奏して終了。だけど、ビアライトが灯り、ロフトがいつものライヴハウスに戻っても…催眠術にかかった客席からは、いつまでもアンコールを呼ぶ拍手が止まなかった。
次のライヴでは、どんな景色を見せてくれるんだろう。
 今回のライヴを皮切りに3連発ライヴを行うシアターブルックだが、この日のテーマは「セッション」。たまたま客席にて酒を呑んでいた某有名ミュージシャンがステージに上がり、まるでホームパーティのような大セッション大会となる。このミュージシャンMによるBなる楽器の演奏が本当に凄かった。ああ、諸事情により実名出せないのが悔しい。叩き、擦り、撫で、振り、…その楽器さばきに驚いたのは客席だけではない。

「なんかもうね、聴いてるとさあ、ギター弾きたくなくなる。気持ちよくないですか? 気持ちよくないですか? …こういうの、いいよね、家ならなおさらいいよね。鎌倉とかさ。こう…、…で、一人ひとつ、このくらいの大きいソファがあって。…ビーチ、とかさ…」



Theatre Brook
report by yuka and photo by naoaki

photos : 1 I 2

buttonmag files : Theatre Brook, Taiji Sato, Sun Paulo

button新宿ロフトに太陽を連れこめ : (05/02/19 @ Shinjuku Loft) : review by yuka, photo by naoaki
buttonphoto report : (05/02/19 @ Shinjuku Loft) : photo by naoaki
buttonphoto report : (05/01/28 @ Daikanyama Air) : photo by hanasan
buttonNiigata Aid : (05/01/23 @ Shibuya AX) : report by taiki, photo by keco
button意識 : (05/01/23 @ Shibuya AX) : report by yuka, photo by naoaki
buttonphoto report : (05/01/23 @ Shibuya AX) : photo by naoaki
buttonphoto report : (05/01/23 @ Shibuya AX) : photo by keco


The official site

Theatre Brook

http://www.theatrebrook.com/

The latest live album

Theatre Brook

"03.04.28 LOFT / 03.06.22 LIQUID ROOM"
3rd stone records


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
Search Now:
In Association with Amazon.com
The latest album

Theatre Brook


"THE COMPLETE OF THEATRE BROOK(CCCD) "
初回限定DVD付きはこちら


previous works

Theatre Brook" (The latest studio album)
"外道 TRIBUTE ゲゲゲの外道讃歌" (compilation 1 track)
"オレタチフューチャー" (CCCD MAXI 2trax)
"I AM THE SPACE, YOU ARE THE SUN"
"心臓の目覚めるとき/ただの道" (MAXI 2 trax)
"SPECIAL"
"ありったけの愛" (MAXI 2trax)
"涙の海" (MAXI 3trax)
"VIRACOCHA"
"ノックし続ける男" (MAXI 2trax)
"まぶたの裏に" (MAXI 2trax)
"SOUL DRIVER" (MAXI 3trax)
"Typhoon Shelter"
"TROPOPAUSE"
"まばたき" (SINGLE 2trax)
"捨てちまえ" (SINGLE 2trax)
"TALISMAN"
"ドレッドライダー" (MAXI 2trax)
"あふれだすばかり" (MAXI 3trax)
"カーム・ダウン" (5 trax)
"もういちど逢いたくて" (サントラ 1 track)
"非国民"
"SENSEMILLA"

button2005

button意識 : Theatre Brook (23th Jan @ Shibuya AX)
button轟音デンデケデケデケ : Happy Dispatch (25th Jan @ Shibuya Aoi Heya)
buttonInterview with The Surf Coasters (中シゲヲ) : サーフコースターズと呼ばれた男 (21st Jan)

button2004

buttonWINTER SURF PARTY! : THE SURF COASTERS (30th Dec @ Shimokitazawa 440)
buttonCD review : PRIVATE RECORDINGS vol. : THE SURF COASTERS (6th Jan)
button決して死なないロックンロールを貫きます。 : Gasolines (18th Dec @ Yoyogi Labo)
buttonトナカイが舞う夜 : Kemuri (25th Dec @ CLUB CITTA' KAWASAKI)
buttonDVD review : THE SURF COASTERS ON STAGE! : THE SURF COASTERS (30th Dec)
buttonCD review : 教育 : 東京事変 (25th Nov)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Yuka Koyama and the same of the photos belongs to Naoaki Okamura. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.