button The Chemical Brothers @ Shibuya AX (12th Feb. '05)

驚きの白さ、抜群ケミカルウォッシュ


Chemical Brothers
 「もう二度と観るか」と思っていたユニットのライヴをまた観たのだから、ボクも男らしくないというか往生際が悪いというか。じつは2002年のフジロックで初めてケミカルを観て「つまんない」と思って以来興味が薄れていたことを先に告白しておきたい。その時のライヴを最高というひともいれば酷いというひともいて、ボクはダンスアクトなのに一曲ごとが別々であるような、あの途切れ感が嫌だった。『COME WITH US』発売以来のライヴだったあのときはセットリストが物凄くキラーチューン連発で、曲に対しての熱は上がったが流れとしての熱は断続的であった。

 しかし今回のアルバム『PUSH THE BUTTON』をお聴きになった方はご存知だろうが、凄く地味になった。アンビエントとすら感じるし、音数が圧倒的に少なく感じる。これはトラックメイカーとしての彼らが、トータルで勝負しようとする意思の表れではないかとボクは感じていた。そんなことを頭の片隅に置きながら、自分の近辺で「最近のケムズはホント凄いよ」という声が囁かれるようになったことがきっかけで、遂に重い腰を上げてみたのである。それが今回の公演。

Chemical Brothers  会場はAXというのがまず驚き。もちろん超満員である。電球がピカピカ光るヘルメットを被ったひとがいたり、踊る気満々な格好のネエちゃんが大勢いたりと、この日の期待度は想像以上に高いようだ。開演時間までは朝霧の時もついてきてたJames Holroyd君がそつなくDJプレイをこなす。しかし、曲が終わる度に起こる歓声は明らかに「ケミカル早く出て来い!」のそれであることは観客全員が感じていることだったろう。オープニングDJも大変です。

 ついにケミカル登場という時、ステージに異変を感じたひとは多かったと思う。なぜならお馴染みの巨大スクリーンが見当たらないからだ。申し訳程度に低いところへ置かれたふたつのモニターは小さいし見づらいし「AXだとこんななのか!?」と少なくともボクは肩を落としていた。そして"HEY BOY HEY GIRL"、"GET YOURSELF HIGH"とヒットチューンが初っ端から繰り出されたというのにボクは愕然としていた。2002年の二の舞のような気がしたからだ。しかし、サプライズは用意されていた。

 新曲"GALVANIZE"の時である。「幕開け!」というイメージが強いあの曲で、文字通り幕が開けたのでそりゃ凄い盛り上がった。ステージ後方の黒い幕が左右に開いて巨大スクリーンが現れたのだ。そのときの驚きと轟く"GALVANIZE"のサウンドがミックスされ、アがりは筆舌に尽くしがたい状況へ突入した。そこからはボクとしても能動的にアがっていって、事実このとき辺りから観客の熱量はハンパじゃなかった。踊るスペースが無いくらい。しかしそんなことすら最高に思えるほどの狂熱が会場を覆っていた。

Chemical Brothers  中盤、New Order"TEMPTATION"から"STAR GUITAR"への究極コンボミックスが披露され、彼らは最高にハッピーな空間を演出し一旦終了モードとなる。"STAR GUITAR"はホント素晴らしい名曲だ。続く"SURFACE TO AIR"は新作『PUSH THE BUTTON』の隠れた美曲で、ここから始まったアンビエントな雰囲気と以降のトランス気味でバウンシーな展開が今までに無い"途切れない"流れを演出していて好感の極み。ぶち色だった彼らのイメージが真っ白になった瞬間であった。感無量の観客に祝福され彼らはステージを去った。

 この日のケミカルは最高に素晴らしかった。明らかに何度目かの絶頂期を迎えていると思う瞬間がいくつかあり、今まで敬遠していた自分が悔しくなった。ボクみたいなひとがいたら次は絶対に観に行った方がいいですよ。

report by toddy and photo by ryota

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : The Chemical Brothers

buttonWeekly Service : (05/02/12 @ Shibuya AX ) : report by shawn, photo by ryota
button驚きの白さ、抜群ケミカルウォッシュ : (05/02/12 @ Shibuya AX ) : report by toddy, photo by ryota
buttonプログラマイズされたラブストーリーに感電しよう : (05/02/11 @ Shibuya AX ) : report by ryoji, photo by ryota
buttonケミカルフラザースの到達点 : (05/02/11 @ Shibuya AX ) : report by nob, photo by ryota
buttonDisc Review『SINGLES 93-03 COLLECTION』 (05/02/05) : review by nob


The official site

The Chemical Brothers

http://www.thechemicalbrothers.com/


The latest album

The Chemical Brothers

『PUSH THE BUTTON』
( 国内盤 / US import / UK import )

The latest single
『Galvanize』
( 国内盤 / US import )
previous works

『Singles 93-03』
( 国内盤 / US import / UK import )
『Come With Us』
( 国内盤 / US import / UK import )
『Dig Your Own Hole』
( 国内盤 / US import / UK import )
『Surrender』
( 国内盤 / US import )
『Exit Planet Dust』
( 国内盤 / US import / UK import )



check the albums?
search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2005

button脳ミソのうしろ側が開いてるのにアフロで隠してる : The mars Volta (05/02/08 @ Ebisu Liquidroom)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第2回 変わった人たちが集まった : 日本脳炎、ギターウルフ and more (05/02/03)
buttonアッシュは煌きシャイニング : Ash (05/01/17 @ Shibuya AX)
button『エメラルド・カウボーイ』特集 - 第1回 男、エメラルドに惹かれる : 早田 英志 (05/01/13)

button2004

button妙子、たゆたう姿 : Taeko Onuki (04/12/23 @ 鎌倉芸術館)
button圧倒的なグルーヴ魂 : Wrench (04/12/22 @ Shibuya Club Quattro)
button存在感は力なり : Invisibleman's Deathbed (04/12/21 @ Shibuya Yaneura)
button1イルリメの殺陣、斬られて斬ってあぁ楽し : illreme with MELT-BANANA,TUCKER,ロボ宙 (04/12/06 @ Shibuya Club Quattro )
button1分・マゾンナ・ワンマン・shelter : MASONNA (04/11/23 @ Shimokitazawa Shelter )
button1ほんとうにこのライヴをいつも? : インビシブルマンズデスベッド (04/11/20 @ Shimokitazawa 251 )
buttonロックにやりたい女子どもよ、マフスを聴いて姉さんとなれ : the Muffs (04/10/29 @ Shibuya Club Quattro )
buttonギター引っ掻き回しとるだけとちゃいますよ : Ani Difranco、GO!GO!7188 and 山口洋-HEAT WAVE (04/10/07 @ Shibuya AX )
button今夜、すべてのパンクスへ : 町田康ユニット (04/10/01 @ Shinjyuku LOFT )
buttonいまさら悪態ついても仕方ねぇってこと : NEW YORK DOLLS (04/09/25 @ ZEPP TOKYO )
buttonゆるみまくりナイト 〜どこもかしこも FUCKING IN HEAVEN〜 : FATBOY SLIM (04/09/22 @ ageHa studio coast )
button究極のフリースタイラー、猫 : Cat Power and Women & Children (04/06/02 @ Shinjyuku LOFT )
button不滅の男 : 遠藤賢司 (04/06/03 @ Shibuya Club Quattro )
buttonここはどこ?爆音に誘われ何処へやら : ゆらゆら帝国, REBEL FAMILIA (04/05/07 @ Shinjyuku LOFT )
button音の宇宙、君はコスモを感じたことがあるか : Buffalo Daughter, audio active (04/04/17 @ Shinjyuku LOFT )
button「赤フンドシが盗まれた。」なんのこっちゃ!?なライヴ : Shibusa Shirazu (04/04/07 @ Shibuya Club Quattro)
button初のワンマンっていいね : Bleach (04/04/03 @ Shibuya BOXX)
buttonDVD Review : 『DIRECTORS LABEL BEST SELECTION』 : クリス・カニンガム (25th Mar)
buttonあ〜楽しかった : Morgan Fisher (04/03/16 @ Yokohama Motion Blue)
buttonDisc Review : 『渋星』 : 渋さ知らズ (9th Mar)
buttonDisc Review : 『Rebel Vibration』 / 『Dub From Creation』 : Creation Rebel (4th Mar)
button号鳴 : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)
buttonグラインド!グラインド!グラインド!! : EXTREME THE DOJO vol.7 feat. 324, PIG DESTROYER, AxCx, NASUM, Napalm Death (12th Jan @ Shibuya Club Quattro)
buttonアフロは只者ではない : The Mars Volta (7th Jan @ Shibuya AX)

button2003

buttonなんでもありで何処までやれる? : Robert Randolph and The Family Band (9th Dec @ Shinjuku Liquidroom)
buttonこのまま突っ走れ!! : Bleach (1st Dec @ Shibuya Club Asia)
button4時間やりました! : Theatre Brook (24th Nov @ Shinjuku Loft)
buttonメタリカのファンは世界一だ : METALLICA (11th Nov @ Saitama Super Arena)
button銭パンク魂2003 : MOST with Aburadako (3rd Nov @ Shimokitazawa Shelter)
button6人の怒れる男 : The Cooper Temple Clause (15th Oct @ Shinjuku Liquid Room)
buttonJBのキラキラ☆エンターテイメントショー : James Brown (3rd Oct @ Nihon Budokan)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Ryota "toddy" Toda and the same of the photos belongs to Ryota Mori. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.