button The Chemical Brothers @ Shibuya AX (11th Feb. '05)

ケミカルブラザーズの到達点


Chemical Brothers
 いろんなことを言う前にこの日のケミカル・ブラザーズは最高だったと言いたい。もう、他のことはどうでもいいと思うくらいだった。これまでに何回もケミカルを観ていて、この日も今までのライヴと比べ大まかな構成はそんなに変わってないにも関わらず、また新たな感動を体験できたのだった。

Chemical Brothers  新しいアルバム『Push the Button』が自分にとってはいま一つのものだったので、ライヴはどうなるのかと、期待と不安交じりで渋谷AXの扉を押したのだけど、そんなものはライヴのあとでは吹っ飛んでいってしまった。

 始まる前はオープニングのDJが4つ打ちを中心に回し、ときには強引なつなぎをしたりしてるうちに、お客さんたちは徐々に盛り上げていった。19:15頃照明が落ちて、いつものようにビートルズの"Tomorrow Never Knows"のカヴァーが流れ「Turn off your mind, relax and flow downstream/It is not dying, it is not dying/Lay down all thoughts,surrender to the void・・・」そして「surrender to the void」という箇所がリピートされ、さらに「サレンダァ〜」と何度も繰り返し、あのイントロが聞こえてくると満員のお客さんたちが歓声を上げる。"HEY BOY HEY GIRL"で「Here we go!」と拳を掲げてフロアは熱狂の渦へ。ここから凄まじい音圧とグルーヴの奔流がAXの中を駆け巡る。そこから"GET YOURELF HIGH"につなぐと今度は宇宙人が攻めてきたような大量のレーザービームが放たれる。続けて"BIG JUMP"とアッパーで攻め、休まる暇なく踊り続ける。

 ステージには城のように築かれた機材に囲まれたトムとエド、その2人の背後に2つの小さなスクリーンがある。音とシンクロした映像にも期待される彼らのライヴにしては小さいし、前にある機材で見にくいと思ってたら、"GALVANIZE"でステージ背後の幕が開き、巨大なスクリーンが姿を現す。AXで行われたライヴの中では一番大きいのではないだろうか。度肝を抜かれる間もなく、今までに体験したことのないくらいの凄まじい低音が襲いかかってくる。いや、旧BLITZで観たオーディオ・アクティヴ以来か。でも一番後ろにいてあれだけ、体まで震えるのだから、今までで最高の重低音だったのだ。会場中が震えて、"MUSIC:RESPONSE"へ。スクリーンには男がコミカルな動きをしたり、ピストルを自分の頭に当てて引き金を引く、お馴染みの映像が映し出される。そしてビッグビートカムバックアゲイン!と"BLOCK ROCKIN BEATS"でさらに盛り上がり、"LEAVE HOME""COME INSIDE""UNDER THE INFUENCE""IT DOESN'T MATTER"とダレることなく踊り続ける。この辺は一つのかたまりのような感じだ。

Chemical Brothers  そして"OUT OF CONTROL"は、バーナード・サムナーのヴォーカルの断片が散りばめられた、いつものライヴ仕様だ。そしてニューオーダーの"TEMPTATION"をイントロとして"STAR GUITAR"へ。このポップでサイケデリックでドリーミーな音楽は何と呼べばいいのだろう?フロアのほとんど全員がブレイクで腕を挙げたのではないかと思うくらいピースフルな瞬間だった。

 これで前半終了という感じで、仕切り直しで"SURFACE TO AIR"の"SUNSHINE UNDERGROUND"に変わるような、じわじわと盛り上がっていく曲、そして馬の映像がお馴染みの"HOOPS"、"BELIEVE""ACID CHILDREN(EBW7)と続き、"GOLDEN PATH""SLOW BUT GRIND"で締めた。ひとつのまとまりのように次から次へと音が映像が照明がレーザービームがお客さんたちに浴びせまくり、踊るのを止められないのだった。

 アンコールは"GOT GLINT"、そして、もちろん"THE PRIVATE PSYCHEDELIC REEL"。何度も襲いかかる音の洪水、その中でアーティストのエゴもなく、観客の慰み物でもなく、何かを伝えるのでもなく、音楽が音楽だけとして存在すること、そんなことがこの世界にあるのなら、この瞬間にしかないのではないか、と思わせるのだった。そこには音楽の他何もなかったのだ。
report by nob and photo by ryota

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : The Chemical Brothers

buttonWeekly Service : (05/02/12 @ Shibuya AX ) : report by shawn, photo by ryota
button驚きの白さ、抜群ケミカルウォッシュ : (05/02/12 @ Shibuya AX ) : report by toddy, photo by ryota
buttonプログラマイズされたラブストーリーに感電しよう : (05/02/11 @ Shibuya AX ) : report by ryoji, photo by ryota
buttonケミカルフラザースの到達点 : (05/02/11 @ Shibuya AX ) : report by nob, photo by ryota
buttonDisc Review『SINGLES 93-03 COLLECTION』 (05/02/05) : review by nob


The official site

The Chemical Brothers

http://www.thechemicalbrothers.com/


The latest album

The Chemical Brothers

『PUSH THE BUTTON』
( 国内盤 / US import / UK import )

The latest single
『Galvanize』
( 国内盤 / US import )
previous works

『Singles 93-03』
( 国内盤 / US import / UK import )
『Come With Us』
( 国内盤 / US import / UK import )
『Dig Your Own Hole』
( 国内盤 / US import / UK import )
『Surrender』
( 国内盤 / US import )
『Exit Planet Dust』
( 国内盤 / US import / UK import )



check the albums?
search:
Amazon.co.jpアソシエイト

button2005

button黒くなれ : Shinjyuku Folk (30th Jan @ Aoyama Tsuki Miru Kimi Omou)
button2つの新春ライヴ : The Captains with Milkteath (22nd Jan @ Shibuya DeSeO)
button高速で回転するベンジー : JUDE (6th Jan @ Ebisu Liquidroom)

button2004

buttonキャプテンズはサボらない : The Captains (04/12/30 @ Shibuya Yaneura )
buttonゴー!キャプテンズ、フライ!キャプテンズ : The Captains (04/12/06 @ Shimokitazawa Club Que)
buttoncolumn : 『お勧めクリスマスアルバム 』(04/12/10)
buttonとにかく速報だ!』 : Franz Ferdinand (04/11/24)
buttoncolumn : 『フランツ・フェルディナンド大公に捧ぐ3枚』 : (04/11/20)
buttonロックンロールバンドとして : The Captains (04/11/13 @ SHIBUYA O-Crest)
buttonCD Review : 『GAL盤』 : 東京ピンサロックス、ロリータ18号ほか (04/11/17)
button書籍 Review : 『インタビュー術!』 : 永江 朗(著) (04/11/09)
button新旧ギャルバン対決 : 「GAL盤」レコ発ライブ feat. feat. Tokyo Pinsalocks / Lolita no.18 / Super Egg Machine / HONEY SAC / コンコンジャンプ (04/10/28 @ 渋谷チェルシーホテル)
button何? : MONG-HANG (04/10/24 @ Aoyama CAY)
button映像が浮かぶ音と言葉 : Shinjuku Folk (04/10/16 @ Shinjuku Red Cloth)
buttonプログレを部屋から解放しよう : CARAVAN (04/10/10 @ Shibuya Club Quattro)
buttonゆるみまくりナイト 〜どこもかしこも FUCKING IN HEAVEN〜 : FATBOY SLIM (04/09/22 @ ageHa studio coast)
buttonいま、ここにいることが一番重要なことなんだ!! : KEMURI (04/09/21 @ Shibuya O-East)
button濃いをしようよ : The Captains (04/09/17 @ Shibuya NEST)
button変化を恐れず風車に立ち向かう騎士 : eastern youth (04/09/15 @ Shibuya AX)
buttonあの素晴らしい歌詞をもう一度 : Shinjyuku Folk (04/09/09 @ Shinjuku Red Cloth)
button日本で一番早い夏フェス : 22nd Peaceful Love Rock Festival (04/07/03-04 @ Koza, Okinawa)
button映画review : 『Live Forever』 : John Dower監督 (04/09/06)
buttonリアルなものはこの瞬間に : Milkteath (04/08/30 @ Takadanobaba Club Phase)
button笑いと悲鳴 : The Captains (04/08/05 @ Shinjuku Marz)
button21世紀最初のGS : The Captains (04/07/21 @ Shinjuku Marz)
button時速30キロでどこまでも行こう : The Captains (04/07/18 @ Shibuya Yaneura)
button裏ディズニーランドへ : JUDE (04/07/16 @ LIQUIDROOM EBISU)
buttonライヴハウス巡り たぶんVol.2 (5/30 - 6/20)
buttonSTEP BY STEP : BLEACH (04/07/01 @ Shibuya O-Crest)
button不自由の中の自由を : MILKTEATH (04/06/24 @ O-Crest)
button策士の夜 : ROCKS AT MIDNIGHT feat.BACK DROP BOMB, BOOM BOOM SATELLITES, toe, SHUREN THE FIRE (04/06/18 @ Club CITTA' Kawasaki )
button(東京にて)沖縄→仙台:所要時間30分 : Bleach (04/06/13 @ Takadanobaba Club PHASE )
button「楽器のうまいやつ」 :
Steve Kimock Band (04/05/28 @ Shibuya O-East )
button先へ、その先へ :
Bleach (04/05/21 @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonアウェー戦の戦い方 :
Bleach (04/05/13 @ Shibuya AX)
buttonInterview : 「洋楽好きがGSに走るまで」 :
The Captains (04/04/28)
button言語外コミュニケーションの可能性 :
MONG-HANG (04/04/25 @ Shibuya YANEURA)
buttonお台場にもフィールド・オブ・ヘヴン :
String Cheese Incident (04/04/22 @ ZeppTokyo)
buttonメタルは神の音楽 :
EXTREAM THE DOJO feat.
ANTHRAX,THE DILLINGER ESCAPE PLAN,BURNT BY THE SUN,SikTh (04/04/15 @ Shibuya O-WEST)
button同時多発娯楽 : Shibusa Shirazu (04/04/07 @ Shibuya Club Quattro)
buttonよさこい+焼肉+バブルガール! : TOKYO PINSALOCKS (04/03/28 @ Street Live in Shibuya)
button年齢を超えられる人もいる : Rickie Lee Jones (04/03/26 @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button音楽の一部になる : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (04/03/05 @ Shibuya AX)
buttonCD review 『Hello! My Friends』 : 髭 (04/03/5)
button転回のための12曲 : eastern youth (04/02/17 @ Shibuya Club Quattro)
button音楽の隠喩としての建築 : デート・コース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン (04/02/15 @ Shibuya AX)
buttonその可能性の中心 : MO'SOME TONEBENDER (04/02/10 @ Shibuya Club Quattro)
button或るバンドの解散 : 新宿フォーク、バーレスク・エンジン、ボーンズ (04/02/06 @ Hatsudai DOORS)
buttonクアトロじゃ狭すぎる : Galactic (04/02/05 @ Shibuya Club Quattro)
button人間の過剰な部分 : インビシブルマンズデスベッド (1st Feb @ Shimokitazawa 251)
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった : モノラルセンス、ミカゲ、ASTORO-B'、ザ・キャプテンズ (31st Jan @ Shibuya Yaneura)
button絶好調 : MO'SOME TONEBENDER (27th Jan @ Shibuya Club Quattro)
button映画的な : JUDE (22nd Jan @ Shibuya AX)
button冬のプチフェスティバル : feat. Bleach, 惑星他 (10th Jan @ Shinkiba Studio Coast)
button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 髭、インビシブルマンズデスベッド (1st Jan @ Shinjuku Loft)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to Ryota Mori. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.