buttonHappy Dispatch @ Aoyama Tsuki Miru Kimi Omou
(5th Feb '05)

壊れかけのラジオのように

Happy Dispatch
Happy Dispatch  眠かった。一個前のバンドがあまりに眠くて、本当に眠ってしまった。そして、セットチェンジの間に流れてるのは・・・んー、これは何だっけ?何だろう・・・あー、これは『NO NEW YORK』だったっけ?多分そうだ。そういえば、nachiがニューヨークでライヴしてきたって言ってたな。多分、こういうの好きそうだし、これは『NO NEW YORK』だろう。ブライアン・イーノ好きなので買ってはみたものの、そんなに聴いてないかも。でもあの勢いは聴いておくべきだ。

 そろそろ始まるから頭のエンジンかけないといけないんだが、朝から働いて、疲れた体にビールが思いのほか回ってるので、なかなか感覚が開いていかない。バンドが出てきて、まずはメンバーのひとりがポエトリーリーディングを始める。その途中にギターがノイズに入ったりするんだけど、何だかゲゲゲの鬼太郎を思い出した。これはねずみ男だったかな、そんな妖怪風なテイストを持ちながら演奏へ入っていく。ヴォーカル&ギターは、『トランスフォーマー』のときのルー・リードか、やせて長身のロバート・スミス(キュアー)か、というか一番初めに思ったのは、インビシブルマンズデスベッドのデスベッド君に似てるなぁという感じ。挙動不審なところも似ている。そんな程よくパンクとゴスとグラムが入り交じっているヴォーカル&ギター君の存在感はなかなかのものだ。その動きに笑ったりしながら徐々に頭が起き始める。

Happy Dispatch  音楽的には、まさに『NO NEW YORK』みたいなギクシャクした感じ、それこそがニューヨークパンク、ニューウェーヴを受け継ぐものである。ギターが金切り声を上げ、ヴォーカルが痙攣して、壊れかけたラジオのようなノイジーさと、ジャンク感と、バラエティの幅の広さを見せ付けるのだった。はっきり言って、この日は演奏的にダメダメだったんだけど、それがむしろニューウェーブらしさであって引っかかりを残すものだった。

 和風な『NO NEW YORK』というのが彼らの目指すものであるらしい。そして、その隙間に笑いが詰まっている。まあ、ちょっとお客さんとの内輪ノリが強いなぁという気もするけど、これからいかようにも発展するだけの要素があるのは確かだ。イっちゃってるバンドを好きな人にお勧め。

Happy Dispatchの写真は1/25 '05の渋谷公演を撮影したものです。

report by nob and photo by hanasan

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Happy Dispatch

button壊れかけのラジオのように (05/02/05 @ Aoyama Tsuki Miru Kimi Omou) : review by nob, photo by hanasan
button轟音デンデケデケデケ (05/01/25 @ Shibuya Aoi Heya) : review by yuka, photo by hanasan
buttonphoto report (05/01/25 @ Shibuya Aoi Heya) : photo by hanasan

==>top page : JPN / ENG

The official site

Happy Dispatch

unknown


The latest album

previous works






check the albums?
search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト

Click Here!
nob's works

button2005

buttonケミカルブラザーズの到達点 : The Chemical Brothers (11th Feb @ Shibuya AX)
button黒くなれ : Shinjyuku Folk (30th Jan @ Aoyama Tsuki Miru Kimi Omou)
button2つの新春ライヴ : The Captains with Milkteath (22nd Jan @ Shibuya DeSeO)
button高速で回転するベンジー : JUDE (6th Jan @ Ebisu Liquidroom)

button2004

buttonキャプテンズはサボらない : The Captains (04/12/30 @ Shibuya Yaneura )
buttonゴー!キャプテンズ、フライ!キャプテンズ : The Captains (04/12/06 @ Shimokitazawa Club Que)
buttoncolumn : 『お勧めクリスマスアルバム 』(04/12/10)
buttonとにかく速報だ!』 : Franz Ferdinand (04/11/24)
buttoncolumn : 『フランツ・フェルディナンド大公に捧ぐ3枚』 : (04/11/20)
buttonロックンロールバンドとして : The Captains (04/11/13 @ SHIBUYA O-Crest)
buttonCD Review : 『GAL盤』 : 東京ピンサロックス、ロリータ18号ほか (04/11/17)
button書籍 Review : 『インタビュー術!』 : 永江 朗(著) (04/11/09)
button新旧ギャルバン対決 : 「GAL盤」レコ発ライブ feat. feat. Tokyo Pinsalocks / Lolita no.18 / Super Egg Machine / HONEY SAC / コンコンジャンプ (04/10/28 @ 渋谷チェルシーホテル)
button何? : MONG-HANG (04/10/24 @ Aoyama CAY)
button映像が浮かぶ音と言葉 : Shinjuku Folk (04/10/16 @ Shinjuku Red Cloth)
buttonプログレを部屋から解放しよう : CARAVAN (04/10/10 @ Shibuya Club Quattro)
buttonゆるみまくりナイト 〜どこもかしこも FUCKING IN HEAVEN〜 : FATBOY SLIM (04/09/22 @ ageHa studio coast)
buttonいま、ここにいることが一番重要なことなんだ!! : KEMURI (04/09/21 @ Shibuya O-East)
button濃いをしようよ : The Captains (04/09/17 @ Shibuya NEST)
button変化を恐れず風車に立ち向かう騎士 : eastern youth (04/09/15 @ Shibuya AX)
buttonあの素晴らしい歌詞をもう一度 : Shinjyuku Folk (04/09/09 @ Shinjuku Red Cloth)
button日本で一番早い夏フェス : 22nd Peaceful Love Rock Festival (04/07/03-04 @ Koza, Okinawa)
button映画review : 『Live Forever』 : John Dower監督 (04/09/06)
buttonリアルなものはこの瞬間に : Milkteath (04/08/30 @ Takadanobaba Club Phase)
button笑いと悲鳴 : The Captains (04/08/05 @ Shinjuku Marz)
button21世紀最初のGS : The Captains (04/07/21 @ Shinjuku Marz)
button時速30キロでどこまでも行こう : The Captains (04/07/18 @ Shibuya Yaneura)
button裏ディズニーランドへ : JUDE (04/07/16 @ LIQUIDROOM EBISU)
buttonライヴハウス巡り たぶんVol.2 (5/30 - 6/20)
buttonSTEP BY STEP : BLEACH (04/07/01 @ Shibuya O-Crest)
button不自由の中の自由を : MILKTEATH (04/06/24 @ O-Crest)
button策士の夜 : ROCKS AT MIDNIGHT feat.BACK DROP BOMB, BOOM BOOM SATELLITES, toe, SHUREN THE FIRE (04/06/18 @ Club CITTA' Kawasaki )
button(東京にて)沖縄→仙台:所要時間30分 : Bleach (04/06/13 @ Takadanobaba Club PHASE )


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to Koichi "hanasan" Hanafusa (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.