button 新宿フォーク @ 青山 月見ル君想フ (30th Jan. '05)

黒くなれ!


Shinjuku Folk
 南青山に「月見ル君想フ」というライヴハウスがある。場所と名前でありがちなライヴハウスではないということが、何となく想像出来るのだけど、扉を開けると南青山らしい洒落た雰囲気があって面白いし、まだ出来たばかりで新しいところだった。例えば、吉祥寺のスターパインズカフェや新宿MARSのように入口が地下1階でラウンジみたいになっていて、ステージとフロアは地下2階にあり、地下1階から見下ろせるので圧迫感がない。バーのメニューも面白く、タコライスロール(沖縄のタコライスのでかい海苔巻き)を食べてみる。こういう食べ物があるライヴハウスは好きだ。

Shinjuku Folk  さて、新宿フォークであるが、黒さへの指向は止めどなく、バンドがもっと黒く!もっと黒く!とソウルフルにファンキーになっていた。この日はパーカッションも加えた6人編成でグルーヴが強化される。そうした黒っぽい仕立てに小田切の歌が乗るんだけど、そこで歌われる言葉が日常の中にあるというか、自分たちの感覚と地続きなんである。
彼女の部屋を訪ねていった男が彼女の心を問う"スカート"、「羽田から消えた僕らの3年間」と離れ離れになった彼女を雪の降る東京で想う"東京"、終電間際の男女の駆け引きが堂々たるソウルバラードまで高められた"キス"、「声を出したら彼氏に聞こえちゃうよ・・・」最高にスケベでフジロックのキャンプサイトのテーマソングにしたいくらいの"合同合宿"など、ソウルやファンクに影響を受けたからといって、それに引っ張られて歌詞がそれらしくなるのではなく、ちゃんと自分たちが考える黒っぽさを消化しているのだ。

Shinjuku Folk
Shinjuku Folk

特に"キス"の「アーーーーッツ」という果たせなかった性欲混じりの叫びが東京で暮らしている20代の日本人の男から発せられた極めて個人的なものなのに、それが優れたソウルミュージックになっている。つまり、ブラックミュージックに影響されたからといって、英語を使ったり、外国人の名前を出したり、外国ぽいシチュエーションを出さなくても、自らが感じたもどかしさをそのまま歌う方が、よりソウルに近づけるんじゃないかということを証明しているのではないだろうか。
Shinjuku Folk
 オリジナルラヴぽいスタイリッシュな"八月の空"、そして文字通り暑苦しく、ファンキーという言葉を実感させられる"夏が来た"と全6曲。小田切が夏でも長いマフラーをしていた内省的な文学青年といった風貌から、体ピタピタのチビTシャツを着るまでの変化していく過程に図らずも立ち会ってしまったんである。この日はキーボードの火花は最初にほんの少しだけ、自分が聴きたい曲はやってくれなかったのであるけれども、それでも良かったと思わせてしまう懐の深さを感じたのであった。 Shinjuku Folk
report by nob and photos by nachi

==>top page : JPN / ENG

photos : part1 | 2

buttonmag files : 新宿フォーク (Shinjyuku Folk)

button黒くなれ! : (05/01/30 @ Aoyama Tsuki Miru Kimi Omou) : review by nob, photo by nachi
buttonphoto report : (05/01/30 @ Aoyama Tsuki Miru Kimi Omou) : photo by nachi
buttonめぐる季節の中で : (04/12/18 @ Akihabara Goodman) : report by nob, photo by sama
button映像が浮かぶ音と言葉 : (04/10/16 @ Shinjuku Red Cloth) : review by nob, photo by Ken-Go!
buttonあの素晴らしい歌詞をもう一度 : (04/09/09 @ Shinjuku Red Cloth) : review by nob, photo by keco



The official site :

Shinjyuku Folk


http://www.annie.ne.jp/~sjfolk/

previous works :



check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by nob

button2005

button2つの新春ライヴ : The Captains with Milkteath (22nd Jan @ Shibuya DeSeO)
button高速で回転するベンジー : JUDE (6th Jan @ Ebisu Liquidroom)

button2004

buttonキャプテンズはサボらない : The Captains (04/12/30 @ Shibuya Yaneura )
buttonゴー!キャプテンズ、フライ!キャプテンズ : The Captains (04/12/06 @ Shimokitazawa Club Que)
buttoncolumn : 『お勧めクリスマスアルバム 』(04/12/10)
buttonとにかく速報だ!』 : Franz Ferdinand (04/11/24)
buttoncolumn : 『フランツ・フェルディナンド大公に捧ぐ3枚』 : (04/11/20)
buttonロックンロールバンドとして : The Captains (04/11/13 @ SHIBUYA O-Crest)
buttonCD Review : 『GAL盤』 : 東京ピンサロックス、ロリータ18号ほか (04/11/17)
button書籍 Review : 『インタビュー術!』 : 永江 朗(著) (04/11/09)
button新旧ギャルバン対決 : 「GAL盤」レコ発ライブ feat. feat. Tokyo Pinsalocks / Lolita no.18 / Super Egg Machine / HONEY SAC / コンコンジャンプ (04/10/28 @ 渋谷チェルシーホテル)
button何? : MONG-HANG (04/10/24 @ Aoyama CAY)
button映像が浮かぶ音と言葉 : Shinjuku Folk (04/10/16 @ Shinjuku Red Cloth)
buttonプログレを部屋から解放しよう : CARAVAN (04/10/10 @ Shibuya Club Quattro)
buttonゆるみまくりナイト 〜どこもかしこも FUCKING IN HEAVEN〜 : FATBOY SLIM (04/09/22 @ ageHa studio coast)
buttonいま、ここにいることが一番重要なことなんだ!! : KEMURI (04/09/21 @ Shibuya O-East)
button濃いをしようよ : The Captains (04/09/17 @ Shibuya NEST)
button変化を恐れず風車に立ち向かう騎士 : eastern youth (04/09/15 @ Shibuya AX)
buttonあの素晴らしい歌詞をもう一度 : Shinjyuku Folk (04/09/09 @ Shinjuku Red Cloth)
button日本で一番早い夏フェス : 22nd Peaceful Love Rock Festival (04/07/03-04 @ Koza, Okinawa)
button映画review : 『Live Forever』 : John Dower監督 (04/09/06)
buttonリアルなものはこの瞬間に : Milkteath (04/08/30 @ Takadanobaba Club Phase)
button笑いと悲鳴 : The Captains (04/08/05 @ Shinjuku Marz)
button21世紀最初のGS : The Captains (04/07/21 @ Shinjuku Marz)
button時速30キロでどこまでも行こう : The Captains (04/07/18 @ Shibuya Yaneura)
button裏ディズニーランドへ : JUDE (04/07/16 @ LIQUIDROOM EBISU)
buttonライヴハウス巡り たぶんVol.2 (5/30 - 6/20)
buttonSTEP BY STEP : BLEACH (04/07/01 @ Shibuya O-Crest)
button不自由の中の自由を : MILKTEATH (04/06/24 @ O-Crest)
button策士の夜 : ROCKS AT MIDNIGHT feat.BACK DROP BOMB, BOOM BOOM SATELLITES, toe, SHUREN THE FIRE (04/06/18 @ Club CITTA' Kawasaki )
button(東京にて)沖縄→仙台:所要時間30分 : Bleach (04/06/13 @ Takadanobaba Club PHASE )
button「楽器のうまいやつ」 :
Steve Kimock Band (04/05/28 @ Shibuya O-East )
button先へ、その先へ :
Bleach (04/05/21 @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonアウェー戦の戦い方 :
Bleach (04/05/13 @ Shibuya AX)
buttonInterview : 「洋楽好きがGSに走るまで」 :
The Captains (04/04/28)
button言語外コミュニケーションの可能性 :
MONG-HANG (04/04/25 @ Shibuya YANEURA)
buttonお台場にもフィールド・オブ・ヘヴン :
String Cheese Incident (04/04/22 @ ZeppTokyo)
buttonメタルは神の音楽 :
EXTREAM THE DOJO feat.
ANTHRAX,THE DILLINGER ESCAPE PLAN,BURNT BY THE SUN,SikTh (04/04/15 @ Shibuya O-WEST)
button同時多発娯楽 : Shibusa Shirazu (04/04/07 @ Shibuya Club Quattro)
buttonよさこい+焼肉+バブルガール! : TOKYO PINSALOCKS (04/03/28 @ Street Live in Shibuya)
button年齢を超えられる人もいる : Rickie Lee Jones (04/03/26 @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button音楽の一部になる : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (04/03/05 @ Shibuya AX)
buttonCD review 『Hello! My Friends』 : 髭 (04/03/5)
button転回のための12曲 : eastern youth (04/02/17 @ Shibuya Club Quattro)
button音楽の隠喩としての建築 : デート・コース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン (04/02/15 @ Shibuya AX)
buttonその可能性の中心 : MO'SOME TONEBENDER (04/02/10 @ Shibuya Club Quattro)
button或るバンドの解散 : 新宿フォーク、バーレスク・エンジン、ボーンズ (04/02/06 @ Hatsudai DOORS)
buttonクアトロじゃ狭すぎる : Galactic (04/02/05 @ Shibuya Club Quattro)
button人間の過剰な部分 : インビシブルマンズデスベッド (1st Feb @ Shimokitazawa 251)
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった : モノラルセンス、ミカゲ、ASTORO-B'、ザ・キャプテンズ (31st Jan @ Shibuya Yaneura)
button絶好調 : MO'SOME TONEBENDER (27th Jan @ Shibuya Club Quattro)
button映画的な : JUDE (22nd Jan @ Shibuya AX)
button冬のプチフェスティバル : feat. Bleach, 惑星他 (10th Jan @ Shinkiba Studio Coast)
button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 髭、インビシブルマンズデスベッド (1st Jan @ Shinjuku Loft)


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to Nachi Yamazaki. They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.