button 『つづらおりの宴』
feat. ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、山口洋他
@ 長田神社 (16th Jan. '05)

10年分のイャサ、ホォヤ


Soul Flower Mononoke Summit
 1995年1月17日の阪神大震災からちょうど1年、冬枯れた辺りの更地に重機の音が響く神戸市長田区の長田神社で催されて以来、震災10周年を機に今年9年ぶりに復活した草の根イベント『つづら折りの宴』。出演者の顔ぶれもソウル・フラワー・モノノケ・サミット、石田長生、山口洋(ヒートウェーブ)、ちんどん通信社、パク・ポーなどなど9年前とほぼ同じなら、運営スタッフ、ヴォランティア、そしてステージを見つめるお客さんの顔ぶれも、また同じ。
山口洋

 ボディを黄色と黒の縦縞にペイントしたアコギを抱えて、「民族楽器持ってきました」と笑う石田長生。黄色と黒はもちろん阪神タイガース・カラーなわけだが、大阪弁の抑揚とブルース・コードが導く張りのある歌声は、あっさり、さっぱりしていて、憂歌団がコテコテの新世界なら、この人の歌は港町神戸がよく似合う。上田正樹は、港でも南港のほうか。意外だったボブ・マーリーの"レデンプション・ソング"も、どこからどう聞いても、港のヴェニューが似合ういっしゃんの歌になっている。

 大阪で仕事を終えてから僕が駆けつけたときには、イベントはもう佳境に入っていて、ちょうど山口洋 with リクオのステージが始まるところだった。95年、震災の年にリリースされた中川敬との共作『満月の夕』は、ソウル・フラワーのそれとはアレンジはもちろん、節回しもまた違って、山口さんのひんやりと透き通るようなアコギに、リクオさんの優しい鍵盤の音色が、しっとりとフォーキーに響く。 ちょうど二人の人柄を、晴れた冬の青空に映し出すように。

石田長生
 もう一つ意外だったのが、《すたあと長田》という、被災した一人暮らしのお年寄りたちに弁当の宅配を続けている団体を支援するために作られた、コンピレーション・アルバム『風ガハランダ唄』収録の"10 Years After"が、この日初披露だったこと。「少し緊張します」と柄にもなく苦笑いのいっしゃん。
Soul Flower Mononoke Summit
 仮設住宅から復興住宅へ。地震で住む家を失った方々のなかでも、とくに高齢者を優先して入居させたわけだが、プレハブ長家6畳1間の過酷な生活環境ではまだ辛うじて存在していたコミュニティが、散り散りばらばら各所へと転居していった復興住宅では、まるで皆無なのだそうだ。10年経った今でも。お年寄りの「孤独死」にはそんな殺伐とした背景があり、毎日家々へと弁当を宅配するというのは、たんに「食」のサポートだけではなくて、それ以上の大きな意味を果たしていることを理解して欲しい。
Soul Flower

 ソウル・フラワーの伊丹英子さんが「2年、3年と経つにつれてまた新しい問題が出てきて」と、そうヒール新潟のステージで決意表明のように語った言葉。そしてこの日ステージから見渡した馴染みの顔一つ一つに、今までの思いが重なったのだそうだ。「西神の仮設で出会った人と目が合って、当時の悲惨な状況とか思い出して、グッとなって…。それで、あぁ見んとこうと思ってこっち見ると、今度は復興住宅で知り合った人と目が合って」

 この日のモノノケ・サミットの歌声には、そんな10年分の想いが凝縮されているようで、「イャサ、ホォヤ〜」のかけ声と間の手が長田の冬空にビリビリと熱く震えた瞬間、ただ、いつも以上に涙を流しそうになる。

 10年分のイャサ、ホォヤ。

 ステージと聴衆を混沌と包んだその濃密さは、ちょっと例えようがない。ただ一つ。みんな同じ想いで、この10年間と、そしてこの先の10年を見つめていたのかもしれない。
「震災直後の方が、まだなんとか解決できる問題が多かった。年を経るごとにまた次々に新しい問題が出てきて、そっちの方が解決が難しい」という声は、この10年、建物や道路の復興は目に見えて進んで、一見地震の傷跡は見えないほどだけれど、『地震以前の生活を取り戻す』という本来の意味では、まだまだ先に問題が多々ある現実を吐露しているのだと思う。例えば高齢者を優先して入居させた復興団地では、お年寄りをサポートできる若い世代がいない。

Soul Flower
Saori Yano
report by ken and photos by hanasan
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files : Soul Flower Union

button10年分のイャサ、ホォヤ : (05/01/17 @ Nagata Shrine, Kobe) : review by ken, photos by hanasan
buttonphoto report : (05/01/17 @ Nagata Shrine, Kobe) : photos by hanasan
buttonphoto report : (04/12/23 @ Ebisu Liquidroom) : photo by keco


The official site of

Soul Flower Union

http://www.breast.co.jp/soulflower/


The latest single :

Soul Flower Union

" 極東戦線異状なし!?"

11 tracks single???




NEED YOUR SUPPORT :

Soul Flower Union

" 風ガハランダ唄"

12曲(内新曲が9曲)入りアルバム



*1995年、阪神・淡路大震災の救援活動から発足し、10年目を迎えたボランティア団体「すたあと長田」ですが、事務所の立ち退きを迫られています。彼らをサポートするための企画です。協力してください!
The latest album :

Soul Flower Union

" シャローム・サラーム"



check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by ken

button2004

buttoniphoto report : 矢野詩織 (18th Dec. @ Osaka Royal Horse)
button「ザ・クラッシュ→フェルミン→ベタガリ」 : BETAGARR, GELUGUGU, COBRA (12th Nov. @ King Cobra)
buttoninterview : 続 : 極東戦線異状あり : 中川敬 (Soul Flower Union) (12th Nov.)
button日本とキューバ、新しい才能の共演 : 矢野沙織 with ALEX CUBA BAND (28th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonCD review : 『Humo De Tabaco』 : ALEX CUBA BAND (19th Oct)
button愛おしいファド ~カティア・ゲレイロという響き : Katia Guerreiro (28th Sept. @ Shinosaka Melpark Hall )
button旨い酒のように : Soul Flower Union (26th Sept. @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttoninterview : 極東戦線異状あり : 中川敬 (Soul Flower Union) (20th Sept.)
buttonCD Review : Nas Maos Do Fad - ファドに抱かれて : Katia Guerreiro (6th Sept.)
buttonかわちながの世界民族音楽祭 〜トランス・ヨーロッパ・フェス〜 : FANFARE CHIOCARLIA, THINK OF ONE and KiLA (29th Aug. @ Kawachinagano Lovely Hall )
button波の音が聞こえない : Jack Johnson & Donavon Frankenreiter (4th Aug. @ Namba Hatch )
button謙虚さと幸福のカタルシス : FERMIN MUGURUZA KONTRABANDA in Radical Music Network Festival (27th July. @ Club Chitta Kawasaki )
button侘び寂び : Cat Powerand Women & Children (1st Jun @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonローマ -ベティ・イサンゴ・ドゥグ・ビルバオ- : Street Beat Festival (18th Apr. @ Piazza dei Tribuni in Rome )
buttonミラノ -ボブ・マーリーとジョー・ストラマーと- : Street Beat Festival (17th Apr. @ Leonkavallo in Milan )
buttonボルツァーノ -bad dog outside!- : Street Beat Festival (16th Apr. @ Ku.Bo in Bolzano )
buttonボローニャ -赤い街から煙る街へ- : Street Beat Festival (15th Apr. @ Estragon in Bologna )
buttonフィレンツェ -日本にはない空気- : Street Beat Festival (14th Apr. @ Auditorium Flog in Firenze )
button祭りだ、祭り : Shibusa Shirazu (10th Mar @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonポストモダン・ニンジャたちに時代は追いついたか : NINJA TUNE (4th Mar @ Osaka Mother Hall)
button泥酔エンターテイナー : Gaz Mayall (13th Mar @ Osaka Big Cat)
buttonAmore E Odio : Banda Bassotti (3rd Apr.)
buttonこれほど罪深いものは、ない : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (1st Mar @ Namba Hatch)
buttonこの瞬間に存在するドキュメント : Meganoidi (7th Feb @ Osaka Big Cat)
buttonDisc Review : karamelo santo / 『Los Guachos』
(4th Feb)
buttonDisc Review : MANA / 『Revolucion De Amor』
(4th Feb)
buttonDisc Review : WAGNER PA BRAZUCA MATRACA / 『el imparable transeunte』
(12th Jan)
buttonDisc Review : WAGNER PA BRAZUCA MATRACA / 『el imparable transeunte』
(12th Jan)

button2003

buttonDisc Review : Rage Against The Machine / 『Live at the Grand Olympic Auditorium』
(16th Dec)
buttonno title : BETAGARRI with BUSH OF GHOSTS and a million bamboo (25th Nov @ Osaka Big Cat)
buttonDisc Review : CHEB BALOWSKI / 『Potiner』
(18th Nov)
buttonDisc Review : Double Famous / 『Live in Japan』
(7th Oct)
buttonPUNKの本質か、変幻自在のSKAか、またはCALCHO ROCK? : Banda Bassotti (11th May @ Osaka BIG CAT)
buttonKeep rising : Asian Dub Foundation with DRY&HEAVY, Adrian Sherwood (3rd Apr @ Osaka Mother Hall)
buttonDisc Review : BANDA BASSOTTI / 『ASI ES VIDA』 (3rd Mar)
button有事法のまやかし〜 国民を守らない有事法 〜 (11th May)
buttonク〜ラゲ、クラゲ、よく見てクラゲ♪ ク〜ラゲ、クラゲ、愛してクラゲ♪ : The Salsa Gum Tape (2nd Mar @ ビッグ・アイ国際障害者交流センター)


button2002

buttoninterview : イタリアの闘うロッカー訊く : Banda Bassottiに(28th Oct)
buttonリンクする音楽とマインド : Kevens (Jul)
button死神が祝福している (Jun)
button有事法制が最初に殺すもの : (18th May)
buttonやがて訪れる日を思い (13th May)
button『フリー・ジャズ』発〜 『禅』経由〜 『初期衝動』往き : Diskaholiks anonymous (27th Mar @ Juso Fandango)
button細胞と宇宙がこのリズムを知っている : OZOMATLI (17th Mar @ Shinsaibashi Club Quattro)
button『定番』という普遍性 : OCEAN COLOUR SCEN (25th Jan @ On Air Osaka)
button"音"を越えて伝わるもの : The 3PEACE (5th Jan @ Osaka BIG CAT)


button2001

buttonFuji Rock Festival '01 in Naeba : (26th to 30th Jul in Naeba)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Kentaro "ken" Kodama and the same of the photos belongs to Koichi "hanasan" Hanafusa (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.