button Elvis Costello @ Osaka Grand Cube (10th Dec. '04)

時空の交差点


Elvis Costello
Elvis Costello  時は1977年3月、世に生を受け2年と8ヶ月。バブーと言ったかマンマと言ったか、そんなこと全く記憶にあるわけないが、仕事は食と睡眠、時にキャハッと声を出しニンマリすれば何でも許されるそんな日々を過ごす女と、かたや、ロックンロール誕生とほぼ同じく生を受け、22年と7ヶ月でようやくなのか、程なくなのかは個々それぞれで察してもらう事にして、自ら望む激動の夢の中への1歩を歩み始めた男。それから27年と9カ月。あの時から変わらずステージで奏で続ける男の名はELVIS COSTELLO。そして、男の唄を客席から心待ちにする女が私だ。彼と私の間に限って例えさせてもらえるなら、20年のギャップを当たり前に保ちながらも、ステージに立つ彼を見るたび、それぞれに過ごしてきたそれぞれの時の経過と、こうして沢山の見知らぬ隣人とのクロスする空間が不思議でたまらなくなる。私の斜め少し前に座る見知らぬ彼とCOSTELLOならどうだろう…おそらく2人は変わらぬ年齢と見える。また彼の過ごした時の経過はどうなんだろう…すぐ前に座る彼女達は?明らかにまだ若い隣の彼の過ごす今はどうなんだろう…

Elvis Costello  今回の真の目的を端的に表せと言われれば「the ATTRACTIONSが観れる!聴ける!」それは、最新アルバム『THE DELIVERY MAN』を聴いて期待するなとは言わせない、そう確信していた。CURT COBAINはもういないから、JIMI HENDRIXはもういないから、感じたいと思えど今となってはこういうのを「後の祭り」というんだろう。

 Bruce Thomasに代わりDavid FaragherのBass、Steve NieveのKeyboardsの実にバラエティーに飛んだ奥の深さというか、懐の深さ、引き出しの多さというのか…それはアルバム『NORTH』を引っさげての前回のツアーで我が目で承認・堪能済みだが、何が嬉しいかって、Peter ThomasのDrumsにこの耳が直に振動されるというこの喜びは大きかった。ELVIS COSTELLO&THE IMPOSTERSとクレジットされた『THE DELIVERY MAN』からは勿論なのだが、やっぱり兄さん方ちょいと頼むよ…と、淡い期待がムンムンと周囲からも確かに感じられる。遊びも裏切りも忘れない彼等の事、やはり、こちらの欲望オーラを大幅に蹴散らかしてモノも云わず掌で転がしやがる。そして、歓喜・拍手・笑顔…



 そうか…にわかに囁かれるドラえもん事件、ドラえもんに耳がはえようが背が延びようが青から赤に変わろうが2,3回もすれば慣れもするが、全身整形されればどうだろう…声が変わるってそれくらいの、いや、それ以上の違和感なんかじゃ現しようが無いもので現しちゃうくらいの衝撃だと考える。唐突だがコステロの声はドラえもんの大山のぶ代くらいコステロだから…だから、彼が仮に、名前マクマナスにするよ!と言えどもメガネをふち無しにするよと言われようが彼のシャウトで見つけてしまえる。頭隠して尻隠さずだ。そう、彼のそんな声が私を時空の旅へと誘うのだ。クチャっとした、クニュっとした、喉の奥から送り出される、彼を検索する私のトップキーワード…たとえスパンコールの先とんがり靴を履いてようが、少々ずんぐりしちゃおうが、彼の音楽スタイルを評論家があれこれ言おうが関係ないのだよ。ここに集まる皆が、それぞれ自己の検索キーワードを持ってるんだ、それがここに集まるこの名も知らぬ隣人達なんだ。

Elvis Costello
Elvis Costello  アルバム『MY AIM IS TRUE』から"Blame It On Cain"『THIS YEARS MODEL』から"Radio Radio"『GET HAPPY』から"High Fidelity"個人的にたまらなかった『KING OF AMERICA』から"Indoor Fireworks"など『BLOOD&CHOCOLATE』からの"Next Time Round"あたまの"Blue Chair"もう、きりがないくらい、それは周りの熱からも伝わってくる。背中からも見て取れるここに集う隣人達の笑顔と、彼・彼女等の時空が、大きく穴を開けて行き交う姿が手に取れそうな程、皆それぞれの時間をその時代の瞬間の速さで行き来する様は同じくして、ステージの彼らの時の旅路をノンフィクションのドキュメントであり、それがリアルタイムというんだろう。

 埋まらぬ彼との20年のギャップと27年と9ヶ月に感謝し、これからの果てる旅路をやはり「あるがまま」に生きて行こう。


report by sora and photo by yegg

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files :

buttonillustration report : (04/12/15 @ Aichi Kinrou kaikan ) : illustration by chika
buttonThird Time More Than The Charm Elvis & His Imposters Walk Freely As A Local City-Smashing Legend Would : (04/12/14 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by michael, photo by keco
button観・歓・感(観客、歓喜で、感極まる) : (04/12/14 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by joe, photo by keco
button時空の交差点 : (04/12/10 @ Osaka Grand Cube ) : review by sora, photo by yegg
buttonすべてのジェネレーションがROCKキッズになれた夜。 : (04/12/10 @ Osaka Grand Cube ) : review by kami, photo by yegg
buttonphoto report : (04/12/10 @ Osaka Grand Cube ) : photo by yegg
buttonグっと、ハッピー : (04/12/09 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by rad, photo by keco
button初めてだからこその感動と驚き : (04/12/08 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by ali, photo by keco
buttonアトラクションズの亡霊 : (04/12/08 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by joe, photo by keco
buttonphoto report : (04/12/08 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : photo by keco
buttonあるがままの自分を生きて行く...そう思わせてくれる時間 : (03/10/04 @ Osaka Sankei Hall) : review by sora, photo by ikesan
buttonなにも知らなかった : (03/10/04 @ Osaka Sankei Hall) : review by chihiro, photo by ikesan
buttonすべての人々と共有した同じ思い...、"幸せ" : (03/10/04 @ Osaka Sankei Hall) : review by kami, photo by ikesan
button最高のひととき : (03/10/01 @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall) : review by takao, photo by hanasan
button最小編成というプロデュース : (03/10/01 @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall) : review by joe, photo by hanasan
buttonphoto report : (03/10/01 @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall) : photo by hanasan
button歌の四次元ポケット、無限大の魔法は続く : (02/07/04 @ Osaka Festival Hall) : review by ikuyo, photo by hanasan

==>The Top Page : JPN / ENG.

The official site

Elvis Costello

http://www.elviscostello.com/




the latest album

Elvis Costello

"The Delivery Man"
( US Import / 国内盤)


DVD

"Best of Sessions at West 54th 2" ( US Import - 1 track)

Video

"SESSIONS FROM WEST 54TH" ( US Import)
"ベリー・ベスト・オブ・エルビス・コステロ" ( 国内盤)
"Live: Case for Song" ( US import / 国内盤)

Search Now:
?
In Association with Amazon.com

the (another?) latest album

Elvis Costello

"Il Sogno"
( US Import / 国内盤)

previous works :

"My Aim Is True"(US import- [Expanded] / 国内盤)
"This Year's Model"(US import- [Expanded])
"Armed Forces"(US import- [Expanded])
"Get Happy!!"(US import- [Expanded] / 国内盤)
"Trust"(US import- [Expanded])
"Almost Blue"(US import- [Expanded] / 国内盤)
"Imperial Bedroom"(US import- [Expanded])
"Punch the Clock"(US import- [Expanded])
"Goodbye Cruel World"(US import- [Expanded] / UK import)
"King of America"(国内盤紙ジャケ仕様)
"Blood & Chocolate"(US import- [Expanded])
"Spike"(US import- [Expanded])
"Mighty Like a Rose"(US import- [Expanded])
"G.B.H."(国内盤)
"ジュリエット・レターズ."(国内盤)
"Brutal Youth"(US import- [Expanded])
"Kojak Variety"(US import- [Expanded])
"Deep Dead Blue, Live at Meltdown"(US import)
"All This Useless Beauty"(US import- [Expanded] / UK import)
"恐怖と壮麗." with ジョン・ハール (国内盤)
"Painted From Memory" with Burt Bacharach (US import / 国内盤)
"ザ・スウィーテスト・パンチ" with Burt Bacharach (国内盤)
"For the Stars" (US import)
"When I Was Cruel" (US import / 国内盤 / UK import)
"Cruel Smile" (US import)
"North + Limited Bonus DVD" (US import / 国内盤 / UK import)
"Singles Vol.1" (UK import)
"Singles Vol.2" (UK import)
"Singles Vol.3" (UK import)
"The Very Best of Elvis Costello"
(US import / 国内盤 / UK import)

"コンプリート・ベスト" (国内盤)
"Notting Hill" (国内盤)
and lots more...



check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by sora

button2004

button楽園MASTER : MASTER LOW : (04/10/12 @ Osaka Big Cat)
button道しるべ : Rickie Lee Jones (25th Mar. @ Osaka Big Cat)
button銀河鉄道の夜 : incubus (5th Mar. @ ZEPP大阪)
button唯一無二 : 少年ナイフ (22nd Feb. @ 十三ファンダンゴ)
button10本指の初恋 : farrah vs monastir (15th Feb. @ 心斎橋クアトロ)
button異国の風景 : Galactic (1st Feb. @ 心斎橋クアトロ)


button2003

button型にはめて詰め込まれない、個々から湧き上がる形ない魂 : LINK with Hawaiian6 (22nd Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button史上最強の披露宴 : CATO SALSA EXPERIENCE with THE MOONEY SUZUKI (10th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonbuffalo一家の休日 : buffalo daughter (9th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonふわふわ、以下省略 : audio active (31st Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button輪廻転生 : OOIOO / KIM GORDON & The Sweet Ride (26th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button最もポピュラーで最もスタンダードな者達 : LABCRY (24th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button石ころキッズの逆襲 : Less Than Jake (22nd Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonあるがままの自分を生きて行く...そう思わせてくれる時間 : Elvis Costello and Steve Nieve (4th Oct. @ Osaka Sankei Hall)
buttonno title : Banda Bassotti (11th May. @ Osaka Big Cat)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.