button Elvis Costello @ Osaka Grand Cube (10th Dec. '04)

すべてのジェネレーションがROCKキッズになれた夜


Elvis Costello
 「John Peel has died…」私の許にイギリス人の友人からメールが届いた。彼はかなり戸惑って冷静さを保てない様子。まだ20代半ばの彼からJohn Peelという名前をリアルタイムで示されたことは正直驚いたが、何かそのジェネレーションを越えた認知度に感銘を覚え、同時に私が以前その滞在中、心臓に負担を感じ高山病というこの上ない苦しみを味わったペルーのクスコで心臓発作で亡くなったという、奇しくもこの偶然性に呆然とし、目標を失った思いで打ひしがれてしまったのである…65歳か…若い…

Elvis Costello  John Peel。イギリスBBCラジオ1で『JOHN PEEL SESSIONS』という番組を40年に渡って放送してきた伝説のDJ。彼はメジャー?インディーズ?そんな小さなことにはこだわらず、まったく無名のミュージシャンの曲であろうと何度も何度も繰り返しかけてはUKチヤートに送り込む。未来のROCKスターを夢見ていた若かりし頃のDavid Bowie、T-REX、Jimi Hendrix、theClash、Sex Pistols、the Smith、Nirvanaにいたるまで名前を上げると切りが無いのでこれぐらいにしておくが、世にムーヴメントを定着させたビッグネームたちが、彼の恩恵に授かった。そしてもちろんElvis Costelloもその1人である。

 そんな私のカリスマへの哀悼の思いを心に留めて会場入り、少しずつ色を増してゆくようなクリスマスのイルミネーションが目に沁みる…彼ならばそんな胸の奥の堅いシコリをそのシャウト一発で噛み切ってくれるだろう…期待して、会場の深めのシートに腰を下ろして目を閉じて来たるべきその時を待っていた。すると…奇跡が起きたのである!その太く明るい美声が彼を紹介するのだ!「Elvis Costello!!」あのカリスマが彼の名を呼ぶのである。お〜John Peel〜っ!当然本人では無いであろう…がそんなことは関係無い!いっきに私は、1978年のCostello初来日時にタイムスリップ。ジャケ買いしたアルバム『My Aim Is True』をかけながら、飛び跳ねたらレコード針が跳ぶからと友人に注意を促し、いとこと共用で購入したエレキギターをがむしゃらにかき鳴らしながら、東京・銀座の街中で学ラン姿でトラックに乗りゲリラライブをやり逮捕されたという彼の奇行(?)の噂話に夢中だった中学3年のあの頃に…

Elvis Costello  かなり前のめりぎみに登場したElvis Costelloは労るように接近して中央に並べられたアンプの前で御満悦。1曲目は"Blue Chair"ワイン色のジャケットに赤いネクタイ、もちろんパンツはピチッ(というかダボッか…)としたブラックのパンツ。そしてピンクのど派手なテレキャスターを抱え、いきなりのシャウト!あの喉をふるわす独特の歌声は、身体の隅々まで連鎖し、顔面にそれはとても美しい血を送り込み笑顔という無意識の産物を作り出す。周囲のオーディエンスを見渡すとそれは見事に笑顔のキャベツ畑状態。"45""Beyond Belief"と続き"Radio Radio"ではオーディエンスの笑顔ははち切れ満足そうな表情が会場の空気の中で幸せそうに戯れる。とても気持ちいい。

Elvis Costello  最新アルバム『THE DELIVERY MAN』からの楽曲が続く…" Button My Lip "1曲目に収録されている倒錯したグルーヴが印象的な曲だ。そしてそのまま2曲目収録の"Country Darkness"でピアノの優しいヴァイブと心地よいスライドギターを堪能、ミシシッピーの匂いが広がるようだ。そのまま9曲目に収録の"The Name Of This Thing Is Not Love"へと流れて行く…1986年リリースのアルバム『KING OF AMERICA』からあのオープニングを飾った"Brilliant Mistake"を挟んでさらにアメリカ臭をプンプンさせたかと思うとまたもや最新アルバムから"Either Side Of The Same Town"でゆったりとヴァイブレーションを楽しんで…1994年リリースのthe ATTRACTIONS復活(?)アルバム『BRUTAL YOUTH』から"Sulky Girl"この曲は今回のライブでのthe IMPOSTERSのジョイントでもっとも私が確認したかった曲の1つ。 だって4ピースだもん!しかもSteve Nieve(Key)とPeter Thomas(Ds)がいるからね…あの時のままだもん!the ATTRACTIONS(笑)David Faragher(B)もいい感じ…あのふわっとした空気感、そして語りかけるように歌い、サビで激情するあのElvis Costelloの人間臭さ、心がブルッと震えた。

Elvis Costello  自慢のギターを大切に扱いながら、時には高く掲げてリスペクト(私が勝手にそう思っているだけだが…)かと思ったら荒々しくジャックを挿し込みバリバリとノイズを響かしてみたり、テンションが上がるたびにElvis Presleyに憧れて自らElvisを名乗った彼のROCK少年時代が顔を覗かせる。楽しいんだきっと…だから私も楽しいに決まっている。本編最後は"Uncomplicated"意外にも1986年リリースのアルバム『Blood & Chocolate』収録曲で始まり、そして終わるというカタチとなった。

 思い切り息を吸い込む。胸が高鳴る。あ〜この感動が煮詰まらない内に、4人の登場を待ち望む。オーディエンスはそれぞれの思いでわずかながらの時間の経過を惜しむ。しかし顔は満足の笑顔だ。とはいえここで終わる訳にはいかない!もっともっとなのだ。ステージがライトで本編よりも爽やかに照らされた(ような気がした)。4人はそれぞれにスタンバイし、アルバム『THE DELIVERY MAN』から"The Delivery Man""Monkey To Man""Bedlam""The Monkey""Needle Time""There’s A Story In Your Voice"怒涛のフレッシュ連発である。曇ったメガネの奥のCostelloの目は笑っているに違いない。オーディエンスは今まで以上に揺れている。さ〜どうするCostello!この落とし前は…!?すると…やり始めたぞ!あの曲を!"(What’s So Funny‘Bout)Peace, Love and Understanding?"そうElvis Costelloのキャリアを支えたプロデューサーNick Loweの曲だ。 そう来るのね!?きっとNick Loweは喜んでいるぞ!会場のボルテージは最高潮。壁がその間を仕切っているはずの様々なジェネレーションが1つになり、同じ今日この日純粋培養された12月10日を共有した。以前Elvis Costelloは「音楽で世界は変えられない!」と語ったが、少なくとも少しずつなら変わる気がした。当事者のCostelloが変えているんだから!この日の奇跡を体験するとそう思ってしまう…


Elvis Costello  ROCKはいつの時代も若者の味方だ。しかし、ROCKも私達も時間が経過するに連れその存在意義は変化していくことは必然であり、いずれは消滅するという宿命にもあるのだろう。しかし、この日のElvis Costelloとの出会いは、それが魂の中でひっそりとでも生き続けているのであれば、いつの時代にあっても発火することができ、熱を身体中に滲み渡らせ、心の中でエレキギターをかき鳴らすことができるのだということを教えてくれた気がする。

 すべてのジェネレーションがROCKキッズになれた夜。サンタクロースから少し早目のクリスマスプレゼントをもらっちゃったよな〜。あの頃の衝撃という…


report by kami and photo by yegg

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files :

buttonillustration report : (04/12/15 @ Aichi Kinrou kaikan ) : illustration by chika
buttonThird Time More Than The Charm Elvis & His Imposters Walk Freely As A Local City-Smashing Legend Would : (04/12/14 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by michael, photo by keco
button観・歓・感(観客、歓喜で、感極まる) : (04/12/14 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by joe, photo by keco
button時空の交差点 : (04/12/10 @ Osaka Grand Cube ) : review by sora, photo by yegg
buttonすべてのジェネレーションがROCKキッズになれた夜。 : (04/12/10 @ Osaka Grand Cube ) : review by kami, photo by yegg
buttonphoto report : (04/12/10 @ Osaka Grand Cube ) : photo by yegg
buttonグっと、ハッピー : (04/12/09 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by rad, photo by keco
button初めてだからこその感動と驚き : (04/12/08 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by ali, photo by keco
buttonアトラクションズの亡霊 : (04/12/08 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by joe, photo by keco
buttonphoto report : (04/12/08 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : photo by keco
buttonあるがままの自分を生きて行く...そう思わせてくれる時間 : (03/10/04 @ Osaka Sankei Hall) : review by sora, photo by ikesan
buttonなにも知らなかった : (03/10/04 @ Osaka Sankei Hall) : review by chihiro, photo by ikesan
buttonすべての人々と共有した同じ思い...、"幸せ" : (03/10/04 @ Osaka Sankei Hall) : review by kami, photo by ikesan
button最高のひととき : (03/10/01 @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall) : review by takao, photo by hanasan
button最小編成というプロデュース : (03/10/01 @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall) : review by joe, photo by hanasan
buttonphoto report : (03/10/01 @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall) : photo by hanasan
button歌の四次元ポケット、無限大の魔法は続く : (02/07/04 @ Osaka Festival Hall) : review by ikuyo, photo by hanasan

==>The Top Page : JPN / ENG.

The official site

Elvis Costello

http://www.elviscostello.com/




the latest album

Elvis Costello

"The Delivery Man"
( US Import / 国内盤)


DVD

"Best of Sessions at West 54th 2" ( US Import - 1 track)

Video

"SESSIONS FROM WEST 54TH" ( US Import)
"ベリー・ベスト・オブ・エルビス・コステロ" ( 国内盤)
"Live: Case for Song" ( US import / 国内盤)

Search Now:
?
In Association with Amazon.com

the (another?) latest album

Elvis Costello

"Il Sogno"
( US Import / 国内盤)

previous works :

"My Aim Is True"(US import- [Expanded] / 国内盤)
"This Year's Model"(US import- [Expanded])
"Armed Forces"(US import- [Expanded])
"Get Happy!!"(US import- [Expanded] / 国内盤)
"Trust"(US import- [Expanded])
"Almost Blue"(US import- [Expanded] / 国内盤)
"Imperial Bedroom"(US import- [Expanded])
"Punch the Clock"(US import- [Expanded])
"Goodbye Cruel World"(US import- [Expanded] / UK import)
"King of America"(国内盤紙ジャケ仕様)
"Blood & Chocolate"(US import- [Expanded])
"Spike"(US import- [Expanded])
"Mighty Like a Rose"(US import- [Expanded])
"G.B.H."(国内盤)
"ジュリエット・レターズ."(国内盤)
"Brutal Youth"(US import- [Expanded])
"Kojak Variety"(US import- [Expanded])
"Deep Dead Blue, Live at Meltdown"(US import)
"All This Useless Beauty"(US import- [Expanded] / UK import)
"恐怖と壮麗." with ジョン・ハール (国内盤)
"Painted From Memory" with Burt Bacharach (US import / 国内盤)
"ザ・スウィーテスト・パンチ" with Burt Bacharach (国内盤)
"For the Stars" (US import)
"When I Was Cruel" (US import / 国内盤 / UK import)
"Cruel Smile" (US import)
"North + Limited Bonus DVD" (US import / 国内盤 / UK import)
"Singles Vol.1" (UK import)
"Singles Vol.2" (UK import)
"Singles Vol.3" (UK import)
"The Very Best of Elvis Costello"
(US import / 国内盤 / UK import)

"コンプリート・ベスト" (国内盤)
"Notting Hill" (国内盤)
and lots more...



check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by kami

button2004

button誇るべき確信犯的ROCK錬金術師 : MASTER LOW : (04/10/12 @ Osaka Big Cat)
buttonタイムスリップ・・・あの頃の私に出会えた夜 : Rickie Lee Jones : (04/03/25 @ Osaka Big Cat)
buttonどこまでも刺戟的な人間臭さ... : Ani Difranco : (04/03/10 @ Shinsaibashi Club Quattro)
button正真正銘!カッコイイ!! : Incubus : (04/03/05 @ Zepp Osaka)
button春...音楽の花が咲く... : Jason Mraz : (04/02/26 @ Shinsaibashi Club Quattro)
button本当は、俺だって大声で歌いたかった... : Dashboard Confessional : (04/02/23 @ Osaka Big Cat)
buttonロッケンロール裏番長!! : (04/02/22 @ Juso Fandango)
button宝探し、大成功!! : farrah vs monastir (15th Feb. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button痛快!ロックンロール泥棒ここにあり!! : JET (7th Feb. @ Shibuya Club Quattro)
button夢のような時間に包まれて... : Galactic (1st Feb. @ Shibuya Club Quattro)
button一体感が会場全体をステージにした : MEST / GOB (22nd Jan. @ Osaka Big Cat)


button2003

button黒と白と赤のみの真実 : SORROW (9th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonROCKとは何?.........やっぱりこれでいいんだ! : D4 (4th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonそうとも...これが若さ!これが青春だ! : THE ALL-AMERICAN REJECTS with 10-feet (4th Dec @ Osaka Big Cat)
button音そのものが持つ実に生々しい触感 : YO LA TENGO (2nd Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
button何かが変わりそうな予感... : LINK with Hawaiian6 (22nd Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button違和感こそが、真実のゴールデン・ハンマー!! : Super Furry Animals (20th Nov @ Osaka Big Cat)
button素敵なバカにノックアウトされた夜... : ELECTRIC SIX (17th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button火山列島日本。新しい活火山発見!その名は大阪城ホール!! : METALLICA (13th Nov @ Osakajo Hall)
buttonロックンロールの稲妻が走り抜けた夜 : THE MOONEY SUZUKI & CATO SALSA EXPERIENCE (10th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button「音楽が無かったら生きていけな〜い!」この言葉の本当の使い方 : buffalo daughter (9th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button魂の太陽に着火した真実のメッセージ : audio active (31st Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button黒いモノに挑む黄と赤のシンクロ 〜阪神タイガースとthe white stripes〜 : the white stripes with whirlwind heat (27th Oct @ Namba Hatch)
button人間の聴力の限界を越え、その先に見えたエクスタシー : OOIOO / KIM GORDON & The Sweet Ride (26th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button自然の流れのまま、FREEDOMの中で踊り揺れながらの旅... : LABCRY (24th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button満足...信頼...そこに産まれた絆は、とても深く、美しい... : Less Than Jake (22nd Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonそれは、あまりにもHAPPYでキラキラ輝いた時間 : R & R CIRCUS TOUR '03 featuring LAUGHIN'NOSE,SA with SOBUT,THE PEPPERMINT JAM (13th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button希望と絶望のカオスが産み出す未来への真実のROCKの姿 : The Cooper Temple Clause (11th Oct. @ Osaka Big Cat)
buttonすべての人々と共有した同じ思い...、"幸せ" : Elvis Costello and Steve Nieve (4th Oct. @ Osaka Sankei Hall)
buttonno title : Banda Bassotti (11th May. @ Osaka Big Cat)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.