buttonElvis Costello @ Tokyo Koseinenkin Kaikan (8th Dec. '04)

アトラクションズの亡霊

Elvis Costello
 8年前にここ東京厚生年金会館で観たアトラクションズ解散ツアーのライブは本当に素晴らしかった(日付まではっきり覚えてるぜ、1996年9月12日前座はロン・セクスミスだった!)。後から知ったのだが、その日コステロは新聞紙上で「もはや今の彼にロックはない」とか叩かれたのを材料に発奮したらしい。怒り心頭で"ALISON"やら"VERONICA"やら"ORIVER'S ARMIY"やら、ベスト盤みたいにめちゃくちゃに名曲を連発した。完全に『ロンドンの怒れる若者』が復活してた。キレまくってたくせに"I'm not angry"を演ってたのは今考えると面白いけど。
Elvis Costello

 と、4曲目の"RADIO RADIO"まで突っ走った後、急遽ここでセットリストにはない"SALKY GIRL"を演奏! ぬおっ、通好みの曲を。もちろん新作『THE DELIVERY MAN』からもやるんだけど、全体的に少ない。結局、アンコールを含めたショウ全体からみても、その三分の一ほど(正確には8曲)しか新作からは演らなかった。その代わりというか、ずいぶん渋い選曲が目立つ。"Blame it on Cain"、"CHELSEA"、"13 STEPS LEAD DOWN"など、まるでちょっとした裏ベストみたいなセレクション。イントロが聴こえるたび、ちょっと身震いがした。
 というわけで8年後に再び舞台を同じくして始まった今年のライブ、一曲目は"Accidents will happen"! しかもレコードを忠実に再現して「Oh, ah〜」の叫びから曲が始める。スティーブとの二人編成ツアーの時はリアレンジして鍵盤イントロがついてたから、ヤラレタ感は少なかったんだよね。やっぱりこっちのサプライズ・バージョンのほうがいいや。客もいきなり総立ちになって体を揺すり始める。いい感じだ。

Elvis Costello
Elvis Costello

 ただ不満がひとつ。アンコールからが長いコステロさんのはずが、たったの一回で客電がついてしまう。こんなのフェス以外では初めて(そういえば、このハコは音出しの時間制限が厳しいとの噂を8年前にも聞いたな)。でもまあいいか。お約束の"PEACE, LOVE, & UNDERSTANDING"でちゃんと締めてくれたし、まだツアーは始まったばかりだ。さあ、今度は14日の追加公演に走れ!
 そういった佳曲の演奏をきっかけに、また8年前を思い出した。ブルース・トーマスがベース・スタンドを蹴っ飛ばして大暴れした、あの日のアトラクションズの亡霊が、イメージの中の映像でそこにダブった。あの時もニュー・アルバムそっちのけで名曲・佳曲・レア曲をひたすら演奏してたっけ。インポスターズとアトラクションズはベーシストが替わっただけなのに、なんだかコステロががらりと変わってしまったような寂しい気がなぜかしてたんだけど、今日の演奏を聴いて懐かしい友人に再び会えたような気分になった。

Elvis Costello
Elvis Costello -- setlist --

(原文のまま・本編のみ)
ACCIDENTS
DOLL REVOLUTION
NEXT TIME ROUND
RADIO RADIO
BEYOND BELIEF / 45
BEDLAM / NAME OF THIS THING...
COUNTRY DARKNESS
BLAME IT ON CAIN
EITHER SIDE / BRILLIANT MISTAKE
CHELSEA
ROSES / HEART SHAPED BRUISE
SUIT OF LIGHTS / NO WONDER
YOU TURNED TO ME
WHEN I WAS CRUEL No.2 / 13 STEPS
I CAN'T STAND UP
HIGH FIDELITY / MAN OUT OF TIME
UNCOMPLICTED
THE DELIVERY MAN
MONKEY TO MAN / NEEDLE MAN

Elvis Costello
report by joe and photo by keco

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files :

buttonillustration report : (04/12/15 @ Aichi Kinrou kaikan ) : illustration by chika
buttonThird Time More Than The Charm Elvis & His Imposters Walk Freely As A Local City-Smashing Legend Would : (04/12/14 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by michael, photo by keco
button観・歓・感(観客、歓喜で、感極まる) : (04/12/14 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by joe, photo by keco
button時空の交差点 : (04/12/10 @ Osaka Grand Cube ) : review by sora, photo by yegg
buttonすべてのジェネレーションがROCKキッズになれた夜。 : (04/12/10 @ Osaka Grand Cube ) : review by kami, photo by yegg
buttonphoto report : (04/12/10 @ Osaka Grand Cube ) : photo by yegg
buttonグっと、ハッピー : (04/12/09 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by rad, photo by keco
button初めてだからこその感動と驚き : (04/12/08 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by ali, photo by keco
buttonアトラクションズの亡霊 : (04/12/08 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : review by joe, photo by keco
buttonphoto report : (04/12/08 @ Tokyo Koseinenkin Kaikan ) : photo by keco
buttonあるがままの自分を生きて行く...そう思わせてくれる時間 : (03/10/04 @ Osaka Sankei Hall) : review by sora, photo by ikesan
buttonなにも知らなかった : (03/10/04 @ Osaka Sankei Hall) : review by chihiro, photo by ikesan
buttonすべての人々と共有した同じ思い...、"幸せ" : (03/10/04 @ Osaka Sankei Hall) : review by kami, photo by ikesan
button最高のひととき : (03/10/01 @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall) : review by takao, photo by hanasan
button最小編成というプロデュース : (03/10/01 @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall) : review by joe, photo by hanasan
buttonphoto report : (03/10/01 @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall) : photo by hanasan
button歌の四次元ポケット、無限大の魔法は続く : (02/07/04 @ Osaka Festival Hall) : review by ikuyo, photo by hanasan

==>The Top Page : JPN / ENG.

The official site

Elvis Costello

http://www.elviscostello.com/




the latest album

Elvis Costello

"The Delivery Man"
( US Import / 国内盤)


DVD

"Best of Sessions at West 54th 2" ( US Import - 1 track)

Video

"SESSIONS FROM WEST 54TH" ( US Import)
"ベリー・ベスト・オブ・エルビス・コステロ" ( 国内盤)
"Live: Case for Song" ( US import / 国内盤)

Search Now:
In Association with Amazon.com

the (another?) latest album

Elvis Costello

"Il Sogno"
( US Import / 国内盤)

previous works :

"My Aim Is True"(US import- [Expanded] / 国内盤)
"This Year's Model"(US import- [Expanded])
"Armed Forces"(US import- [Expanded])
"Get Happy!!"(US import- [Expanded] / 国内盤)
"Trust"(US import- [Expanded])
"Almost Blue"(US import- [Expanded] / 国内盤)
"Imperial Bedroom"(US import- [Expanded])
"Punch the Clock"(US import- [Expanded])
"Goodbye Cruel World"(US import- [Expanded] / UK import)
"King of America"(US import- [Expanded] / 国内盤紙ジャケ仕様)
"Blood & Chocolate"(US import- [Expanded])
"Spike"(US import- [Expanded])
"Mighty Like a Rose"(US import- [Expanded])
"G.B.H."(国内盤)
"ジュリエット・レターズ."(国内盤)
"Brutal Youth"(US import- [Expanded])
"Kojak Variety"(US import- [Expanded])
"Deep Dead Blue, Live at Meltdown"(US import)
"All This Useless Beauty"(US import- [Expanded] / UK import)
"恐怖と壮麗." with ジョン・ハール (国内盤)
"Painted From Memory" with Burt Bacharach (US import / 国内盤)
"ザ・スウィーテスト・パンチ" with Burt Bacharach (国内盤)
"For the Stars" (US import)
"When I Was Cruel" (US import / 国内盤 / UK import)
"Cruel Smile" (US import)
"North + Limited Bonus DVD" (US import / 国内盤 / UK import)
"Singles Vol.1" (UK import)
"Singles Vol.2" (UK import)
"Singles Vol.3" (UK import)
"The Very Best of Elvis Costello"
(US import / 国内盤 / UK import)

"コンプリート・ベスト" (国内盤)
"Notting Hill" (国内盤)
and lots more...



check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by joe

button2004

buttonこれはロックンロールですよ : BOOM BOOM SATELLITES (30th Nov. @ Daikanyama UNIT)
button新たな顔の発見 : ポカスカジャン (12th Nov. @ Roppongi sensation)
buttonInterview : GAL盤(ギャルバン)の時代到来 !? 〜 東芝EMI・N氏に突撃! : 「GAL盤」レコ発ライブ (28th Oct. @ Shibuya Chelsea Hotel)
buttonjoeのGlastonburyあれやこれや : Glastonbury Festival 2004 (25th-27th June @ Pilton, UK)
button道南パンク行脚 : イントロ / 番外編 vol.1 : 旭川には何があるのか 〜THE JOHNNY BOYS / vol.2 : 札幌のSKAシーンとは 〜髭楽団 / vol.3 : すすきのにヤマグチの歌心、染み入る〜 サンボマスター / vol.4 : 男四匹ガキ大将 〜 怒髪天 / 札幌はやはりアツかった 〜 Hawaiian6 (その1) / 苫小牧にバンドが来る理由とは !? 〜 Hawaiian6 (その2) / 胆振地方パンク活性化仕掛け人・FREE KICKカワギシ氏に訊く / 室蘭の堤防、決壊 ! ! 〜 Hawaiian6 (その3) / 変化と成長という旅を続けるバンド 〜 HUSKING BEE / エンターテイナーの特権 〜 10-FEET / 涙が円陣に落ちていく(そして、旅の終わり) 〜 10-FEET / アウトロ (25th May - 3rd Jun '04)
button日本発オリジナルSKA! : Doberman (9th May. @ Ebisu Garden Room)
button"magが果たし状を受けた !! : MURATRIX (7th May. @ Ikebukuro MANHOLE)
button"ケン違い"って……!? : Ken Yokoyama (28th Apr. @ Shibuya Club Quattro)
button4月11日、ハチ公前の祈り : 平和アピール集会 (11th Apr. @ 渋谷ハチ公前)
buttonブレイクするんじゃねえか!? の真相 : The Captains (27th Mar @ Akihabara Goodman)
button時間は止まったままだった : Rickie Lee Jones (26th Mar @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button人間と音楽の持つ可能性(ラジオスターとの再会) : Ani Difranco (8th Mar @ Shibuya 0-East)
button会場を包み込んだもの : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (4th Mar @ Zepp Tokyo)
button衝撃、冷めやらず : Three Bullets and a Gun (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button博多からの刺客!! : Mellow Yellow (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button情念は届くだろうか : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Joe Takamatsu and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.