buttonthe Muffs @ Shibuya Club Quattro (29th Oct '04)

ロックにやりたい女子どもよ、マフスを聴いて姉さんとなれ
- part1 -


the MUFFS
 ロックンロールな女性ヴォーカルを擁するバンドって好きだなぁって思います。男のとは違う感じ。ポップさが前面に出ていたり逆に思いっきりヤサぐれていたり。「ロックンロールが男のものなんて誰が言ったの」発言でお馴染みジョーン・ジェット、今年のフジでもお騒がせだった元HOLEのコートニー・ラブ嬢、海外では「WOO HOO」で通じるらしい日本代表ロックンロール姉さんバンドThe 5678's(ちょい前だとWOO HOOと言ったらblurだったのに。蛇足です)、インパクト抜群なヴォイスとビジュアルで悩殺必至シーナ&ザ・ロケッツのシーナ。めっちゃ好きですカッコイイ姉さん。そして、ぼくのロック姉さんリストにまさしく彗星の如く現れたキム姉 from マフス。最高にカッコええです。さらにこのひと、やたらカワイらしいときて、加えてちょっと下品。こんなひとを姉さんと呼ばずして誰を姉さんと呼ぼうか、いや呼ばない。といった具合で現在大変盛り上がっております、ぼくは。

 なんとマフス、来日は2度目で5年ぶりとのこと。ということは、今夜のライヴは結構レアな体験だったわけですね。すると、ぼくは5年前このバンドに出会ってなくて良かったのかも知れない。だって、実際このバンドのライヴ観ちゃったら5年も待っちゃいられないですからね。
SLOTH LOVE CHUNKS

 そしてズボンズですが、驚きました。今回のバンドの並びからみても、ぼくが何年か前に観たようなガレージーなロックンロールバンドかと思ったらとんでもない、ほぼインストだしジャムっぽいし、何が起こったんだドン・マツオに。驚いてる間に演奏が終わってしまった感あり。これからの動向に要注目といったところなんでしょうか。一度ズボンズを観たことがあるひとはきっと驚くと思いますよ。
 この日の前座組はSLOTH LOVE CHUNKSというバンドとズボンズ。前者は、真ん中の女の子がヴォーカルとってギター弾いてて、音はパワーポップな感じといったらいいのだろうか。たまにヴォーカルの子がシャウトきめると、「うおっ」とくる瞬間があったり、所々ポップなだけじゃない"ロック"があるバンド。あと、サウスポーがいいですね。ぼくは、高校の頃カート・コバーンに憧れて、左利きのギターが弾きたいと思い左利きへ矯正しようと試みましたが、呆気なく諦めた男です。

SLOTH LOVE CHUNKS
zoobombz
report by toddy and photo by saya38


photo report : SLOTH LOVE CHUNKS / zoobombz / the MUFFS

buttonmag files

buttonロックにやりたい女子どもよ、マフスを聴いて姉さんとなれ : (04/10/29 @ Shibuya Club Quattro) : revire by toddy, photo by saya38
buttonphoto report : (04/10/29 @ Shibuya Club Quattro) : photo by saya38

==>Back To The Top Page : JPN / ENG


The official site :

the Muffs


http://www.the-muffs.com/


The latest album

Muffs

"really really happy"

previous works

"the Muffs "
(from US) / (国内盤)

"BLONDER AND BLONDER "
(from UK) / (国内盤)

"Happy Birthday to Me "
(from US) / (国内盤)

"Alert Today, Alive Tomorrow "
(from US)


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
toddy's works---->2005

button2004

button妙子、たゆたう姿 : Taeko Onuki (04/12/23 @ 鎌倉芸術館)
button圧倒的なグルーヴ魂 : Wrench (04/12/22 @ Shibuya Club Quattro)
button存在感は力なり : Invisibleman's Deathbed (04/12/21 @ Shibuya Yaneura)
button1イルリメの殺陣、斬られて斬ってあぁ楽し : illreme with MELT-BANANA,TUCKER,ロボ宙 (04/12/06 @ Shibuya Club Quattro )
button1分・マゾンナ・ワンマン・shelter : MASONNA (04/11/23 @ Shimokitazawa Shelter )
button1ほんとうにこのライヴをいつも? : インビシブルマンズデスベッド (04/11/20 @ Shimokitazawa 251 )
buttonロックにやりたい女子どもよ、マフスを聴いて姉さんとなれ : the Muffs (04/10/29 @ Shibuya Club Quattro )
buttonギター引っ掻き回しとるだけとちゃいますよ : Ani Difranco、GO!GO!7188 and 山口洋-HEAT WAVE (04/10/07 @ Shibuya AX )
button今夜、すべてのパンクスへ : 町田康ユニット (04/10/01 @ Shinjyuku LOFT )
buttonいまさら悪態ついても仕方ねぇってこと : NEW YORK DOLLS (04/09/25 @ ZEPP TOKYO )
buttonゆるみまくりナイト 〜どこもかしこも FUCKING IN HEAVEN〜 : FATBOY SLIM (04/09/22 @ ageHa studio coast )
button究極のフリースタイラー、猫 : Cat Power and Women & Children (04/06/02 @ Shinjyuku LOFT )
button不滅の男 : 遠藤賢司 (04/06/03 @ Shibuya Club Quattro )
buttonここはどこ?爆音に誘われ何処へやら : ゆらゆら帝国, REBEL FAMILIA (04/05/07 @ Shinjyuku LOFT )
button音の宇宙、君はコスモを感じたことがあるか : Buffalo Daughter, audio active (04/04/17 @ Shinjyuku LOFT )
button「赤フンドシが盗まれた。」なんのこっちゃ!?なライヴ : Shibusa Shirazu (04/04/07 @ Shibuya Club Quattro)
button初のワンマンっていいね : Bleach (04/04/03 @ Shibuya BOXX)
buttonDVD Review : 『DIRECTORS LABEL BEST SELECTION』 : クリス・カニンガム (25th Mar)
buttonあ〜楽しかった : Morgan Fisher (04/03/16 @ Yokohama Motion Blue)
buttonDisc Review : 『渋星』 : 渋さ知らズ (9th Mar)
buttonDisc Review : 『Rebel Vibration』 / 『Dub From Creation』 : Creation Rebel (4th Mar)
button号鳴 : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)
buttonグラインド!グラインド!グラインド!! : EXTREME THE DOJO vol.7 feat. 324, PIG DESTROYER, AxCx, NASUM, Napalm Death (12th Jan @ Shibuya Club Quattro)
buttonアフロは只者ではない : The Mars Volta (7th Jan @ Shibuya AX)

button2003

buttonなんでもありで何処までやれる? : Robert Randolph and The Family Band (9th Dec @ Shinjuku Liquidroom)
buttonこのまま突っ走れ!! : Bleach (1st Dec @ Shibuya Club Asia)
button4時間やりました! : Theatre Brook (24th Nov @ Shinjuku Loft)
buttonメタリカのファンは世界一だ : METALLICA (11th Nov @ Saitama Super Arena)
button銭パンク魂2003 : MOST with Aburadako (3rd Nov @ Shimokitazawa Shelter)
button6人の怒れる男 : The Cooper Temple Clause (15th Oct @ Shinjuku Liquid Room)
buttonJBのキラキラ☆エンターテイメントショー : James Brown (3rd Oct @ Nihon Budokan)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.