button MASTER LOW @ Osaka BIG CAT (12th Oct '04)

誇るべき確信犯的ROCK錬金術師

MASTER LOW
 LOW IQ 01は、ROCKの錬金術師なのである。彼の最新アルバム『MASTER LOW 3』を聴いての私のイメージがずばりコレだ!彼の手にかかるとポップスからレゲエ、スカ、カリプソ、ボサノバ、アイリッシュトラッド・・・この世に存在しうるあらゆる音のカタチがROCKへと様変わりしていく・・・。彼のルーツミュージックや日常、自然の中などで曲のエッセンスを吸収したり、ギターか?ベースか?抱えながら神経質になる時間を経て、そこでイメージが構築され、LOW IQ 01の紛れも無いサウンドが生命を育むまでの進化の過程を、まるで小学生時代、ノートの端にラクガキをしてパラパラ漫画を楽しむように自分だけの不規則なリズムの世界の中で想像を膨らませていくと、実にワクワク楽しくなってくる・・・『MASTER LOW 3』このアルバムこそが、まさに真のHAPPYからの産物なのだ。 MASTER LOW

 イカしたSEが会場を包んでいる。すでにテンション高めの若者中心のオーディエンスたちが思い思いの気持ちをぶつけ合い自分たちの居場所をマーキングしている。身体から発する白い蒸気が私の目の前にぼんやりと膜をはる。掻き分けた視界の先には、白い幕が下ろされたステージ。今まさに始まろうとする秘密のショーへの期待感が心のガマン汁を絞り出そうとするのだ。

 アルバム『MASTER LOW 3』の1曲目"LOW-D"が爆音で鳴り響く。オーディエンスの歓声の中登場したLOW IQ 01は、シルエットの世界。動く影はまさに私の心の中の敏感な部分を誘発する。

 幕が落ち現れたMASTER LOWことLOW IQ 01。味わいのある光を放つお馴染みのレザーらしきトレンチコートにクールに乗せたハットの隙間から見える頭は、二枚刈り風。その表情はリングに上がる前のボクサーのような、余裕と緊張を感じさせる。
MASTER LOW

 早速、最新アルバム『MASTER LOW 3』の曲順通り、続いては、ベースのクールなビートと荒いギターの音が印象的なROCKナンバー"A・F・U"。一転プリティな80'sポップスフレーバーの"So Easy"・・・オーディエンスが一斉にリズムに合わせて飛び跳ねる。ステージの上のLOW IQ 01はといえば、少し照れた表情でチャーミングに首をフリフリ、右へ左へウロウロ・・・

 "Game"がプレイされると、一度ステージを退くLOW IQ 01。そして颯爽と再登場したときには、シンプルなジャケットにパンツのスタイル。この日のライブで彼はアンコールを含め4度の衣装替えをしたのが、これをいわゆる結婚披露宴で新婦がやったりしたものなら新郎側の親族からクレームがつくに違いない・・・まぁいいけど・・・

 会場がさらに盛り上がり、プログレもパンクもキラキラディスコサウンドも・・・ハードからソフトまで、すべて思いっきり魂の中に刷り込み発したサウンドのシャワーにずぶ濡れになったオーディエンスたちは,愛すべき『MASTER LOW』『MASTER LOW 2』という2枚のアルバムの曲もたっぷりと楽しめ、満足のメーターは十分に振り切ったであろう。熱くなったライブは終了したのだ・・・

 LOW IQ 01の魂の中では、ジョン・レノンもジミ・ヘンドリックスも、セックス・ピストルズもキング・クリムゾンも、ボブ・マーリーも、アントニオ・カルロス・ジョビンも・・・またチャールス・ブロンソンやジャン・ギャバン、チャーリー・チャップリンやブルース・リーといった名優まで・・・先を争い混在して、一瞬の平静の後、いつの間にやらみんな手をつないでフォークダンスを嬉しそうに輪になって踊っているような・・・そんなありえないまさか?!が活発に培養されているのだ。こんなにも愉快でまたある意味厄介で、そんでもっておせっかいなこんな野郎見たことも聞いたこともないぞ!

MASTER LOW  LOW IQ 01がやるならば、ダサいこともカッコいいこともすべて、オーディエンスにイカシテる!と納得させてしまう・・・それをこのライブで理解してしまった私は、彼の巧妙なまでに計算されつくされた音楽による挑発にドップリとはまり、自分自身をアジテートし続けることになるのだ!「俺はROCKなのか?!」と・・・

 LOW IQ 01!彼こそは、この世のモノを、もうヘタレてしまっているモノでさえROCKにしてしまう誇るべき確信犯、つまり紛れも無い、ROCK錬金術師なのである。


report by kami and photo by saya38


==>top page : JPN / ENG


なお、MASTER LOWの写真は10/19の東京公演を撮影したものです。

buttonmag files :

button10月に仕事納めをする男。〜お洒落番長LOW IQ 01とゆかいな仲間達〜 : (04/10/19 @ Shibuya AX) : review by oyumi, photos by saya38
buttonphoto report : (04/10/19 @ Shibuya AX) : photos by saya38
button誇るべき確信犯的ROCK錬金術師 : (04/10/19 @ Osaka BIG CAT) : review by kami, photos by saya38
button楽園MASTER : (04/10/19 @ Osaka BIG CAT) : review by sora, photos by saya38
buttonphoto report : (03/06/16 @ Shibuya AX) : photos by saya38
buttonうわぁ、想像と違うよ!! : (02/02/01 @ Shibuya AX) : review by aya and photos by saya38
buttonみんなに見てもらいたいライブがある!! : (02/02/01 @ Shibuya AX) : review by yohei and photos by saya38
buttonphoto report : (02/02/01 @ Shibuya AX) : photos by saya38

==>top page : JPN / ENG

The official site of

LOW IQ 01 (MASTER LOW)

http://www.diwphalanx.com/html/lowiq01new.htm



The latest album

"MASTER LOW 3"

masterlow

"MASTER LOW 2"

"MASTER LOW"
-SUPER STUPID-
"don't forget our youth"
and
"what a hells going on"

superstupid


check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by kami

button2004

buttonタイムスリップ・・・あの頃の私に出会えた夜 : Rickie Lee Jones : report by kami, photo by ikesan (04/03/25 @ Osaka Big Cat)
buttonどこまでも刺戟的な人間臭さ... : Ani Difranco : report by kami, photo by ikesan (04/03/10 @ Shinsaibashi Club Quattro)
button正真正銘!カッコイイ!! : Incubus : report by kami, photo by ikesan (04/03/05 @ Zepp Osaka)
button春...音楽の花が咲く... : Jason Mraz : report by kami, photo by ikesan (04/02/26 @ Shinsaibashi Club Quattro)
button本当は、俺だって大声で歌いたかった... : Dashboard Confessional : report by kami, photo by yegg (04/02/23 @ Osaka Big Cat)
buttonロッケンロール裏番長!! : report by kami, photo by yegg (04/02/22 @ Juso Fandango)
button宝探し、大成功!! : farrah vs monastir (15th Feb. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button痛快!ロックンロール泥棒ここにあり!! : JET (7th Feb. @ Shibuya Club Quattro)
button夢のような時間に包まれて... : Galactic (1st Feb. @ Shibuya Club Quattro)
button一体感が会場全体をステージにした : MEST / GOB (22nd Jan. @ Osaka Big Cat)


button2003

button黒と白と赤のみの真実 : SORROW (9th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonROCKとは何?.........やっぱりこれでいいんだ! : D4 (4th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonそうとも...これが若さ!これが青春だ! : THE ALL-AMERICAN REJECTS with 10-feet (4th Dec @ Osaka Big Cat)
button音そのものが持つ実に生々しい触感 : YO LA TENGO (2nd Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
button何かが変わりそうな予感... : LINK with Hawaiian6 (22nd Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button違和感こそが、真実のゴールデン・ハンマー!! : Super Furry Animals (20th Nov @ Osaka Big Cat)
button素敵なバカにノックアウトされた夜... : ELECTRIC SIX (17th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button火山列島日本。新しい活火山発見!その名は大阪城ホール!! : METALLICA (13th Nov @ Osakajo Hall)
buttonロックンロールの稲妻が走り抜けた夜 : THE MOONEY SUZUKI & CATO SALSA EXPERIENCE (10th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button「音楽が無かったら生きていけな〜い!」この言葉の本当の使い方 : buffalo daughter (9th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button魂の太陽に着火した真実のメッセージ : audio active (31st Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button黒いモノに挑む黄と赤のシンクロ 〜阪神タイガースとthe white stripes〜 : the white stripes with whirlwind heat (27th Oct @ Namba Hatch)
button人間の聴力の限界を越え、その先に見えたエクスタシー : OOIOO / KIM GORDON & The Sweet Ride (26th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button自然の流れのまま、FREEDOMの中で踊り揺れながらの旅... : LABCRY (24th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button満足...信頼...そこに産まれた絆は、とても深く、美しい... : Less Than Jake (22nd Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonそれは、あまりにもHAPPYでキラキラ輝いた時間 : R & R CIRCUS TOUR '03 featuring LAUGHIN'NOSE,SA with SOBUT,THE PEPPERMINT JAM (13th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button希望と絶望のカオスが産み出す未来への真実のROCKの姿 : The Cooper Temple Clause (11th Oct. @ Osaka Big Cat)
buttonすべての人々と共有した同じ思い...、"幸せ" : Elvis Costello and Steve Nieve (4th Oct. @ Osaka Sankei Hall)
buttonno title : Banda Bassotti (11th May. @ Osaka Big Cat)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.