buttonCaravan @ Shibuya Club Quattro (10th Oct. '04)

プログレを部屋から解放しよう
caravan
 仕事で少し遅れてクアトロに行くと、そこはオッさんたちばかりだった。パンク系のライヴに行ったりすると「オ、オレが一番年上?」という感じなのであるけど、この日は若造の組に入る。それは安心して良んだが悪いんだか。下手なことを書くと年季の入ったマニアなオッサンたちに怒られるんじゃないかという気も。 caravan

 ところで、自分はキング・クリムゾンやイエスのCDはかなり持ってるんだけど、いわゆるカンタベリー系は今までノーマーク状態で今年に入ってからSOFT MACHINEを聴き始めたのは、東京ピンサロックスのレイコさんlが「最近SOFT MACHINEを聴いてます」と言っていたからであった。そんな状態でCARAVANのライヴに行ったのだが、印象は「意外にポップじゃん!意外にロックじゃん!」。いや、なんかカンタベリーというと、気の置けない仲間が集まってジャズロックみたいなインプロビゼーションを延々とかますというイメージがあるんだけど、歌メロだけを取り出せば、ネオアコかギターポップかという感じである。もちろんそこいらのギタポバンドと比べ、演奏ははるかに上手いんだが。 それと「意外にロックじゃん」というのは、例えばキング・クリムゾンで言えば"I Talk To The Wind"や"Cadence And Cascade"もしくはMcDonald & Gilesのような牧歌的な感じが強いかなと思ってて、実際フルートやリコーダー(だと思う)を使った曲もあり、そういうテイストはあるんだけど、リードギターのDoug Boyleによるヘヴィなプレイは、何よりも彼らがロックバンドであることが分かる。 caravan

 それにしてもDoug Boyleのプレイは虚仮威し的にテクを見せ付ける派手さはないけど左指がめちゃめちゃ速く動いて、しかも安定感がある。何と言うか上手い人のプレイを聴いていると、その上手み(=旨み)から伝わってくる気持ち良さってあるなあと。もちろん下手=ダメというのではないのは言うまでもない。そのギターの人とJan SchelhaasによるキーボードやGeoffrey Richardsonのビオラとのそろの絡み合いがよい。特にビオラとギターはキング・クリムゾンで言えば"Trio"みたいな雰囲気も一瞬あったりして、それはエゴとエゴのぶつかり合いみたいな激しさじゃないし、だからといって馴れ合いでもなく、プレイヤーとプレイヤーの緊張感を保ったまま結果的にバンド全体が和に収束するようなものが両立しているのである。そういうのってフジロックで言えば、ROVOとかのトランス系、もしくはストリング・チーズ・インシデントやギャラクテックのジャム系のバンドが醸し出す空気に似ている。 今年のフジロックで松村雄策さんに会ったときに「フジロックでプログレバンドを観てみたい」と言っていたけど、おれも観たい!最後の曲でPye Hastingsが手拍子やコーラスを求めているのにお客さんのノリが悪くて残念だったけど、ああいうフェスの空気の中だったら偏見なく音楽を楽しむ人が集まってくるだろうから、もっともっといいライヴになったんじゃないだろうか。家の中でCDを聴いているだけのオタクなオッサンだけじゃなくていろんな人に聴かれるべきだろう。
- set list -

01.MEMORY LAIN,HUGH HEADLOSS
02.THE DOG
03.WHY WHY WHY
04.GOLF GIRL
05.9 FEET UNDERGROUND
06.HEAD ABOVE THE CLOUDS
07.REVENGE
08.NIGHTMARE
09.SMOKING GUN
10.BREAKFAST ITEM
11.BACKWARDS
12.FOR RICHARD

13.IT'S NOT REAL
14.IF I COULD DO IT ALL OVER AGAIN,I'D DO IT OVER YOU


report by nob and photo by izumikuma

==>The Top Page : JPN / ENG.
caravan

buttonmag files :

buttonプログレを部屋から解放しよう : (04/10/10 @ Shibuya Club Quattro) : review by nob, photo by izumikuma
buttonphoto report : (04/10/10 @ Shibuya Club Quattro) : photo by izumikuma
buttonphoto report : (03/05/10 @ Osaka Big Cat) : photo by ikesan

==>The Top Page : JPN / ENG.

The official site of

CARAVAN is;

http://perso.club-internet.fr/calyx/
caravan/index.html



the latest album

CARAVAN

"The Unauthorised Breakfast Item"
( 国内盤 / UK import )


previous works :

"Canterbury Comes To London" ( US import )
"The Battle of Hastings " ( US import )
"Cool Water " ( UK import )
"In the Land of Grey and Pink " ( 国内盤 / UK import )
"For Girls Who Grow Plump In The Night "
( 国内盤 / UK import )


check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by nob

button2004

buttonゆるみまくりナイト 〜どこもかしこも FUCKING IN HEAVEN〜 : FATBOY SLIM (04/09/22 @ ageHa studio coast)
buttonいま、ここにいることが一番重要なことなんだ!! : KEMURI (04/09/21 @ Shibuya O-East)
button濃いをしようよ : The Captains (04/09/17 @ Shibuya NEST)
button変化を恐れず風車に立ち向かう騎士 : eastern youth (04/09/15 @ Shibuya AX)
buttonあの素晴らしい歌詞をもう一度 : Shinjyuku Folk (04/09/09 @ Shinjuku Red Cloth)
button日本で一番早い夏フェス : 22nd Peaceful Love Rock Festival (04/07/03-04 @ Koza, Okinawa)
button映画review : 『Live Forever』 : John Dower監督 (04/09/06)
buttonリアルなものはこの瞬間に : Milkteath (04/08/30 @ Takadanobaba Club Phase)
button笑いと悲鳴 : The Captains (04/08/05 @ Shinjuku Marz)
button21世紀最初のGS : The Captains (04/07/21 @ Shinjuku Marz)
button時速30キロでどこまでも行こう : The Captains (04/07/18 @ Shibuya Yaneura)
button裏ディズニーランドへ : JUDE (04/07/16 @ LIQUIDROOM EBISU)
buttonライヴハウス巡り たぶんVol.2 (5/30 - 6/20)
buttonSTEP BY STEP : BLEACH (04/07/01 @ Shibuya O-Crest)
button不自由の中の自由を : MILKTEATH (04/06/24 @ O-Crest)
button策士の夜 : ROCKS AT MIDNIGHT feat.BACK DROP BOMB, BOOM BOOM SATELLITES, toe, SHUREN THE FIRE (04/06/18 @ Club CITTA' Kawasaki )
button(東京にて)沖縄→仙台:所要時間30分 : Bleach (04/06/13 @ Takadanobaba Club PHASE )
button「楽器のうまいやつ」 :
Steve Kimock Band (04/05/28 @ Shibuya O-East )
button先へ、その先へ :
Bleach (04/05/21 @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonアウェー戦の戦い方 :
Bleach (04/05/13 @ Shibuya AX)
buttonInterview : 「洋楽好きがGSに走るまで」 :
The Captains (04/04/28)
button言語外コミュニケーションの可能性 :
MONG-HANG (04/04/25 @ Shibuya YANEURA)
buttonお台場にもフィールド・オブ・ヘヴン :
String Cheese Incident (04/04/22 @ ZeppTokyo)
buttonメタルは神の音楽 :
EXTREAM THE DOJO feat.
ANTHRAX,THE DILLINGER ESCAPE PLAN,BURNT BY THE SUN,SikTh (04/04/15 @ Shibuya O-WEST)
button同時多発娯楽 : Shibusa Shirazu (04/04/07 @ Shibuya Club Quattro)
buttonよさこい+焼肉+バブルガール! : TOKYO PINSALOCKS (04/03/28 @ Street Live in Shibuya)
button年齢を超えられる人もいる : Rickie Lee Jones (04/03/26 @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button音楽の一部になる : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (04/03/05 @ Shibuya AX)
buttonCD review 『Hello! My Friends』 : 髭 (04/03/5)
button転回のための12曲 : eastern youth (04/02/17 @ Shibuya Club Quattro)
button音楽の隠喩としての建築 : デート・コース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン (04/02/15 @ Shibuya AX)
buttonその可能性の中心 : MO'SOME TONEBENDER (04/02/10 @ Shibuya Club Quattro)
button或るバンドの解散 : 新宿フォーク、バーレスク・エンジン、ボーンズ (04/02/06 @ Hatsudai DOORS)
buttonクアトロじゃ狭すぎる : Galactic (04/02/05 @ Shibuya Club Quattro)
button人間の過剰な部分 : インビシブルマンズデスベッド (1st Feb @ Shimokitazawa 251)
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった : モノラルセンス、ミカゲ、ASTORO-B'、ザ・キャプテンズ (31st Jan @ Shibuya Yaneura)
button絶好調 : MO'SOME TONEBENDER (27th Jan @ Shibuya Club Quattro)
button映画的な : JUDE (22nd Jan @ Shibuya AX)
button冬のプチフェスティバル : feat. Bleach, 惑星他 (10th Jan @ Shinkiba Studio Coast)
button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 髭、インビシブルマンズデスベッド (1st Jan @ Shinjuku Loft)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.