buttonThe Captains @ Shibuya NEST (17th Sep. '04)

濃いをしようよ


The Captains
 前回観たライヴから、そんなに日にちは経ってないのに、ちょっと目を離した隙にバンドが変わってしまったような気がする。別に選曲やアレンジなんかが変わったわけではないし、一見すると、いつもと同じようなライヴだったんだけど、ライヴにおいて何もかもが濃くなっていたのである。この夏、東北や関西を回ってきて鍛えられてきたからだろうか。 The Captains

 この日は渋谷NESTのイベントで、トリの彼らは21時過ぎに登場する。いきなりアイドルのコンサートのような歓声に包まれる。前もそうだろ、と言われるかも知れないけど、今までなかったような感じだ。まずは"お前一番星"。お客さんは一斉に振りをするんだけど、その人数は確実に増えている。間髪入れずにスパニッシュなギターが入って"恋するマタドール"。闘牛師とセニョリータが命を賭けて戦う恋のバトル!って、70年代のロキシー・ミュージック及びブライアン・フェリーのソロの濃いーラヴソングたちを煮詰めてオリーブオイルで味付けしたものといってもよい。「一緒に天国に行こう」と一言、ザ・ダイナマイツのカヴァーの"トンネル天国"へ。この曲がこんなに狂気を孕んでいるのかと思うくらい音のヤバさが際立つ。

 みんなの大好きなメンバー紹介を経て、イントロの傷彦による鋭いカッテッング、ヒザシのタッピングとギタープレイが映える"黄昏流星群"、"恋をしようよ"で傷彦が失神するときに「やっと見つけた・・・僕の天使・・・」なんつーか大爆笑なんであるが、かつてのカールスーモーキー石井とか、岡村靖幸、綾小路翔のように誘惑するヴォーカリストの系譜を受け継いでいるのは確かだ。"恋は赤道直下"では、ヒザシによる振り付け講座があったりする一方で、実はベースを弾いているときのテッドの表情がかなり面白かったりする。

 そして最後は、大ヒット予定曲"恋のゼロハン"。このドライブ感、メロディーのキャッチーなところなど、ザ・キャプテンズの魅力を余すところなく伝える曲である。本編ラスト3曲は"恋をしようよ""恋は赤道直下""恋のゼロハン"と「恋・恋・恋」の3連発ですよ奥さん!この濃さ、テンションの高さは彼らが次のステージに行くためのジャンプのようだ。

 アンコールは"夕焼けサンドビーチ"。この疾走するロックンロールは、ほとんどガレージパンクでフロアの圧倒的多数を占める女の子だけのものにするにはもったいない。ロックンロールの狂気に踏み込んだのか、狂気に魅入られたのか、どんどん加速していく。いよいよこのバンドが面白くなってきた。
The Captains
report by nob and photo by Ken-Go!

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files :

button濃いをしようよ (04/09/17 @ Shibuya NEST) : review by nob, photo by yusuke
buttonphoto report (04/09/17 @ Shibuya ON AIR NEST ) : photo by Ken-Go!
buttonキャプテンズはマジだった (04/08/30 @ Takadanobaba Phase) : review by rad, photo by yusuke
buttonphoto report (04/08/30 @ Takadaanobaba Club Phase) : photo by yusuke
button「キャプテンズの正体」 (04/08/27 @ Kyoto Jittoku) : review by kuniko
buttonillustration (04/08/26 @ SONSET STRIP) : illsut by chika
button現実的な寓話 (04/08/06 @ Shimokitazawa Club Que) : review by satori, photo by izumikuma
buttonphoto report (04/08/05 @ Shinjyuku Martz) : photo by izumikuma
button21世紀最初のGS (04/06/21 @ Shinjuku Marz) : review by nob, photo by keco
buttonphoto report (04/06/21 @ Shinjuku Marz) : photo by keco
button髪型だけじゃない、実はお客も女7割、男3割 (04/06/13 @ Shibuya yaneura) : review by taiki, photo by nachi
button(東京にて)沖縄→仙台:所要時間30分 (04/06/13 @ Shibuya yaneura) : review by nob, photo by nachi
buttonphoto report (04/06/13 @ Shibuya yaneura) : photo by nachi
buttonphoto report (04/06/12 @ Motoyawata 3rd Stage) : photo by keco
buttonphoto report (04/05/17 @ Shimokitazawa QUE) : photo by maki
buttonphoto report (04/04/28 @ Shinjuku Marz) : photo by izumikuma
button恋の花咲いた (04/04/16 @ Shibuya CYCLONE) : review by satori, photo by saya38
buttonphoto report (04/04/16 @ Shibuya CYCLONE) : photo by saya38
buttonブレイクするんじゃねえか!? の真相 (04/03/27 @ Akihabara Goodman) : review by joe, photo by saya38
buttonphoto report (04/03/27 @ Akihabara Goodman) : photo by saya38
button可能なるグループサウンズ (04/02/29 @ Shibuya Crest) : review by nob, photo by saya38
buttonphoto report (04/02/29 @ Shibuya Crest) : photo by saya38
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった (04/1/31 @ Shibuya Yaneura) : review by nob
buttonGSを知らない子供たち (03/10/9 @ Shibuya Nest) : review by nob

buttoninterview :
button洋楽好きがGSに走るまで(04/04/28) : interview by nob, photo by izumikuma

==>top page : JPN / ENG



The official site :

The Captains


アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by nob

button2004

button変化を恐れず風車に立ち向かう騎士 : eastern youth (04/09/15 @ Shibuya AX)
buttonあの素晴らしい歌詞をもう一度 : Shinjyuku Folk (04/09/09 @ Shinjuku Red Cloth)
button日本で一番早い夏フェス : 22nd Peaceful Love Rock Festival (04/07/03-04 @ Koza, Okinawa)
button映画review : 『Live Forever』 : John Dower監督 (04/09/06)
buttonリアルなものはこの瞬間に : Milkteath (04/08/30 @ Takadanobaba Club Phase)
button笑いと悲鳴 : The Captains (04/08/05 @ Shinjuku Marz)
button21世紀最初のGS : The Captains (04/07/21 @ Shinjuku Marz)
button時速30キロでどこまでも行こう : The Captains (04/07/18 @ Shibuya Yaneura)
button裏ディズニーランドへ : JUDE (04/07/16 @ LIQUIDROOM EBISU)
buttonライヴハウス巡り たぶんVol.2 (5/30 - 6/20)
buttonSTEP BY STEP : BLEACH (04/07/01 @ Shibuya O-Crest)
button不自由の中の自由を : MILKTEATH (04/06/24 @ O-Crest)
button策士の夜 : ROCKS AT MIDNIGHT feat.BACK DROP BOMB, BOOM BOOM SATELLITES, toe, SHUREN THE FIRE (04/06/18 @ Club CITTA' Kawasaki )
button(東京にて)沖縄→仙台:所要時間30分 : Bleach (04/06/13 @ Takadanobaba Club PHASE )
button「楽器のうまいやつ」 :
Steve Kimock Band (04/05/28 @ Shibuya O-East )
button先へ、その先へ :
Bleach (04/05/21 @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonアウェー戦の戦い方 :
Bleach (04/05/13 @ Shibuya AX)
buttonInterview : 「洋楽好きがGSに走るまで」 :
The Captains (04/04/28)
button言語外コミュニケーションの可能性 :
MONG-HANG (04/04/25 @ Shibuya YANEURA)
buttonお台場にもフィールド・オブ・ヘヴン :
String Cheese Incident (04/04/22 @ ZeppTokyo)
buttonメタルは神の音楽 :
EXTREAM THE DOJO feat.
ANTHRAX,THE DILLINGER ESCAPE PLAN,BURNT BY THE SUN,SikTh (04/04/15 @ Shibuya O-WEST)
button同時多発娯楽 : Shibusa Shirazu (04/04/07 @ Shibuya Club Quattro)
buttonよさこい+焼肉+バブルガール! : TOKYO PINSALOCKS (04/03/28 @ Street Live in Shibuya)
button年齢を超えられる人もいる : Rickie Lee Jones (04/03/26 @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button音楽の一部になる : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (04/03/05 @ Shibuya AX)
buttonCD review 『Hello! My Friends』 : 髭 (04/03/5)
button転回のための12曲 : eastern youth (04/02/17 @ Shibuya Club Quattro)
button音楽の隠喩としての建築 : デート・コース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン (04/02/15 @ Shibuya AX)
buttonその可能性の中心 : MO'SOME TONEBENDER (04/02/10 @ Shibuya Club Quattro)
button或るバンドの解散 : 新宿フォーク、バーレスク・エンジン、ボーンズ (04/02/06 @ Hatsudai DOORS)
buttonクアトロじゃ狭すぎる : Galactic (04/02/05 @ Shibuya Club Quattro)
button人間の過剰な部分 : インビシブルマンズデスベッド (1st Feb @ Shimokitazawa 251)
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった : モノラルセンス、ミカゲ、ASTORO-B'、ザ・キャプテンズ (31st Jan @ Shibuya Yaneura)
button絶好調 : MO'SOME TONEBENDER (27th Jan @ Shibuya Club Quattro)
button映画的な : JUDE (22nd Jan @ Shibuya AX)
button冬のプチフェスティバル : feat. Bleach, 惑星他 (10th Jan @ Shinkiba Studio Coast)
button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 髭、インビシブルマンズデスベッド (1st Jan @ Shinjuku Loft)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.