button HUSKING BEE @ Shibuya AX (5th Sep '04)

「音楽っていいねッ!」(by磯部)


husking_bee
 今日のハスキンは凄かった!!まるで、バイトしてお金ためて、やっとこさバンドを始めたばっかりの少年が、「ギター触るのって超楽し〜!」「ヤベー!人前で歌うのってたまんね〜!」とか言ってるような、『全身楽しいオーラ』がビシバシ出てた!!そこで音を鳴らすこと、4人で演ることが、楽しくって、嬉しくって、仕方がない!! といった、どびっきりの笑顔ととびっきりの演奏を聴かせてくれたのだ。まるで大きくてきれいな虹がステージにかかってて、そこからたくさんの色のかけらが客席にキラキラ落ちてきてるみたいな感じ。1stアルバム『GRIP』から8年経って、悩んで、迷って、でもここに戻ってきた。4人でやること。バンド結成時にみんなで話した「メロディのいいバンドにしよう」という決意。今日のライブには、そんな彼らの想いがたくさん詰まっていたように思う。
husking_bee
磯部氏より高いところでハスキンのメロディーを歌えることは、強みだと思う。メロディメーカーとしての磯部氏の才能は開花しまくっているけど、彼が入ったことによって(3rdアルバム『FOUR COLOR〜』から参加)グーンと歌える曲の幅が広がったし、聴く方もいつも新鮮な気持ちになる。そして、ここで、きました。"カナリア"。もう、圧倒的。たまに静かな曲になると次のダイブに備えてか外に出ていってしまう人とかもいるけど、(それっていつも寂しいな〜と思う)この曲に関して、観客の集中度はもの凄かった。何だか動けなかった。きっと、皆の胸の奥〜の方にまで染みたのだと思う。
 この日は今年4月に発売したNEWアルバム『variandante』ツアーラスト。オープニングはこうきたか!の、名盤『FOUR COLOR PROBLEM』のスタートと同じ"♯4"そして"A SMALL POTATO'S MIND"。さらに新作の頭3曲" 摩訶不思議テーゼ"、"新旧ダイナミズム"、"煙で奴論"と、一気にきた!!となれば満員の客席では当然モッシュ&ダイブ。かわいい格好した女の子達も跳ねまっくてそりゃ大変。でもみんな、めちゃめちゃ楽しそう!

 言葉遊びがおもしろい"アドバイス"、"the steady state theory"と続いてギターのカズくんがヴォーカルの"SO TRAGICOMICAL"、"new horizon"。

husking_bee
husking_bee
 数曲挟んで、これぞ名曲。人気も高い"欠けボタンの浜"。AIR JAM2000の時これ聴いた時は「ハスキンてスゲ〜!!!」と涙しましたが、以来、ぐっと歌唱力を上げた磯部氏はライブごとにアクセントや歌い方に様々工夫をこらし、常に違う"欠けボタンの浜"を聴かせてくれ、毎回、涙。「渋谷にまた朝の太陽が昇り、その裏側にまるい月が〜♪」と即興のイントロが入り、歌われた"THE SUN AND THE MOON"は、たぶん、私が今まで数え切れないくらい観てきた同曲の中で、一番気持ちいい演奏だった!! と思う。たくさんの笑顔が、まわりにあった。そして"新利の風""cosmic rays"で本編終了。

 興奮覚めやらぬ中、アンコールはカズくんヴォーカルの"just a biginning"。そして初期の名曲"SUN MYSELE"と、待ってました!! ハスキンといえば、の"WALK"!!大声で。みんなで。大合唱!!

husking_bee husking_bee
husking_bee

 まだあるアンコール2発目は、アコースティックギター1本で磯部氏がNEWアルバムのラストを飾る"雲のいびき"を。歌詞に「アンダンテ はやすぎずゆるすぎずに そう」というのがあるが、アルバム・タイトルの"variandante"の持つ「ゆるやかに、変化する」という意味を作品に定着させたようなとてもいい詞だと思う。MCで「最初に始めて海外にレコーディングに行くことになった時に、違う国で、終わらなきゃいけないレコーディングするというのは僕はすごく怖かった。その飛行機の中で、いつかこういう曲を書きたいなぁ、と思っていた曲です」と言っていたのが印象的。
husking_bee
 さらに。1st『GRIP』の1曲目"ANCHOR"そして最後の最後には"一道のイデア"で磯部氏は「うぉ!」とか「アァッ!!」とか勢いの掛け声を楽しげに入れつつ、これまた大合唱の末、終了したのでした。

 磯部氏のソロプロジェクトCORNERがあまりにもハスキンとは別ものゆえ、一時期はどうなるのかな〜ハスキン。なんて声も挙がった中、ハスキンはバンドとしての新しい可能性をこのライブで見せつけてくれた。ドラムのレオナくんの存在感のある演奏もやっぱりこのバンドを支えてると思う。彼らの場合、完成したCDはその時点ではまだまだ種を蒔いただけの話で、ライブでやっていく中で、大きな花を咲かすべく愛情と手間暇をたっぷりかけて、曲を育てていくのかもしれないな、と感じた。それにしても、いいライブだった。

 ちなみに。本日のMCより。ベースのTEKKINくん。そのあだ名の由来は「鉄筋」ではなく「哲(名前)の菌←ばっちいな〜哲、の略」だそう。新発見(笑)。
report by oyumi and photos by yusuke
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files :

button「音楽っていいねッ!」(by磯部) (04/09/05 @ Shibuya AX) : review by oyumi, photo by yusuke
buttonphoto report (04/09/05 @ Shibuya AX) : photo by yusuke
button変化と成長という旅を続けるバンド (04/05/29 @ 苫小牧 音楽館 ) : review, photo by joe
buttonphoto report (02/11/13 @ Shibuya AX ) : photo by maki
button宿題をもらったような (02/11/11 @ Namba HATCH ) : review by toy, photo by maki

==>top page : JPN / ENG

The official site of

HUSKING BEE is;

http://www.ini-ini.com/
huskin/index.shtml



The latest album

HUSKING BEE

"variandante"

check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by oyumi

button2004

buttonCD Review : The Middle Way : Brahman (6th Sept)


button2002

buttonありがとうキャプヘジ! : CAPTAIN HEDGE HOG (4th Jul @ Shibuya AX)
buttonこれぞエモ! : ELLEGARDEN (1st Jun @ Harajuku Astro Hall)
button天然はっちゃけ4人組。夏を先取り! : MEST (8th May @ Shibuya Club Quattro)
buttonため息のでる美しさ : Haven (28th Apr @ Shibuya Club Quattro)

無断転載を禁じます。The copyright of the photos belongs to the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.