button FERMIN MUGURUZA KONTRABANDA
in Radical Music Network Festival
@ Club Chitta Kawasaki (27th July '04)

「謙虚さと幸福のカタルシス」
- part 1 -


Fermin Muguruza & Kontrabanda
 三年ぶりの日本のステージは、今にして思えば、相当気合いの入ったものだったに違いない。そんな様子は微塵にも感じなかったけれど。日本が初めてというメンバーも多くて、リハーサルを終えて本番までの長い待ち時間「鎌倉は近い?」とすっかり観光モード。「(チッタの目の前の)川崎大師にしておけ」と日本人スタッフに嗜められて、右も左もわからない異国の地、という感じはこれっぽっちもなく、まるで住み慣れた近所にでも行くようにぷらぷらと散歩に出かける。「準備してるから夏祭りがあると思ったら、明日って言われたよ」と飄々と帰ってきたコントラバンダの面々。フェルミンの首筋とDJのDZの腕には、真新しい漢字のタトゥーが。コーラスのベゴーニャはさすがにこの日本の湿度に音を上げたらしく「暑い、暑い」としきりにうちわを煽いでいる。ソルクンの姿が見当たらないと思ったら、楽屋で仮眠中とのこと。やっぱり、どこに行ってもマイペースな人たちだ。
Fermin Muguruza & Kontrabanda Fermin Muguruza & Kontrabanda Fermin Muguruza & Kontrabanda
 だが一度ステージに立つと、真摯でラテンな情熱を自らの音楽に注ぎ込む。それが今日は、いつもにも増して顕著な印象なのだ。1曲目がアルバム『BRIGADISTAK Sound System』収録の、マヌ・チャオとの共作” Maputxe(マプーチェ)”というのが少し意外だったのだけれど、ゆったりとしたリズムに漂うように、フェルミンとソルクンが情感たっぷりに歌い上げると、サイレンのSEと印象的な重厚なブラスのイントロダクションが鳴り響き、去年リリースされたアルバムのタイトル曲である” In-Komunikazioa(孤立)”をソウルフルに歌うコーラスと、キッチュなスクラッチ、流れるような旋律の凛としたトリキティシャが、この上なくハッピーでアジテートでスピードを上げた裏打ちのスカのリズムの上で、躍動感たっぷりに飛び跳ねる。フェルミンのテンションものっけから最高潮だ、と、これはいつものことなのだけれど。
Fermin Muguruza & Kontrabanda Fermin Muguruza & Kontrabanda Fermin Muguruza & Kontrabanda
 トリキティシャをロックに掻き鳴らすシャビの、いつになく柔らかなソロで幕を閉じると、フェルミンの「コンバンワ、カワサキ! We are FERMIN MUGURUZA KONTRABANDA! from Basque country!」というアナウンスの後、「ドン!ドン!」というバスドラとブラスのリフが響いて” Urrun(すべては遠く)”。この時点で、フロアで狂喜乱舞している観客の誰もが満面の笑みだ。続いては一転、陽気に弾むカリプソに、やはりスカにソウルにファンクに、がごちゃ混ぜになった” Hitza Har Dezagun(発言しよう)”では、ブラスのアリッツにジョンにイゴールの面々が休む間もなく右手を翳して飛び跳ねている。” Newroz(ネウロス)”はクルドの伝統的な新年の行事を題材にした歌で、アルバム『BRIGADISTAK~』でのアンジェロ・ムーア(フィッシュボーン)顔負けのブリブリにファンクなブロウで、サックスのジョンがリードする。
Fermin Muguruza & Kontrabanda Fermin Muguruza & Kontrabanda
 神経ガスを使用したクルド人居住区への無差別虐殺に象徴される、フセイン政権による弾圧の歴史をもつクルドに、スペイン内戦時代にナチスドイツによって無差別的な都市空爆を受け、ナチスの支援を受けたフランコ将軍による独裁政権に30年前まで弾圧されていたバスク出身のフェルミンが、シンパシーを感じるのはとても自然なことだと思う。75年にフランコが死去した後スペインに民主主義政権が誕生したのに伴い、新憲法成立によって1979年に自治を回復したバスクは、90年代末の社会労働党政権時に独立への機運が一気に高まったものの、2000年にアスナール国民党政権が誕生とすると状況は180度変化。アスナール政権はとくに9・11以降は「テロとの戦い」をスローガンに掲げて、バスクの自治に対し様々な政治的制約を課し、スペイン中央議会に議席を持つバスクの地域政党バスタナを、過去に極左テロ組織ETA(バスク祖国と自由)に資金援助していた疑いがあるとして非合法化し、政治集会の禁止、資産の凍結、事務所の閉鎖、強制捜査するなどした。

[ 1 | next ]

report and photo by ken

buttonMag files

button謙虚さと幸福のカタルシス : (04/07/27 @ Club Chitta Kawasaki) : review and photo by ken
buttonphoto report : (04/07/25 @ Shimokitazawa Basement Bar) : photo by hanasan
buttonローマ -ベティ・イサンゴ・ドゥグ・ビルバオ- : (04/04/18 @ [ ? ] in Rome) : review and photo by ken
buttonミラノ -ボブ・マーリーとジョー・ストラマーと- : (04/04/17 @ Leonkavallo in Milan) : review by ken, photo by hanasan
buttonphoto report : : (04/04/17 @ Leonkavallo in Milan) : photo by hanasan
buttonボルツァーノ -bad dog outside!- : (04/04/16 @ Ku.Bo in Bolzano) : review by ken, photo by hanasan
buttonphoto report : : (04/04/16 @ Ku.Bo in Bolzano) : photo by hanasan
buttonボローニャ -赤い街から煙る街へ- : (04/04/15 @ Estragon in Bologna) : review by ken, photo by hanasan
buttonphoto report : : (04/04/15 @ Estragon in Bologna) : photo by hanasan
buttonフィレンツェ -日本にはない空気- : (04/04/14 @ Auditorium Flog in Firenze) : review by ken, photo by hanasan
buttonphoto report : (04/04/14 @ Auditorium Flog in Firenze) : photo by hanasan

==>top page : JPN / ENG

The official site of

Fermin Muguruza

http://www.muguruzafm.com/

Esan Ozenki Records


The latest album

Fermin Muguruza

"イン-コミュニケーション"


previous albums :

Fermin Muguruza

FM 99.00 Dub Manifest(US import)』



"Er Remix Ak" (UK import)
"Brigadistak Sound System" (UK import)
"Euskal Preso Politikoen Famili" (UK import)

アルバムのチェックする?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by ken

button2004

buttonトランス・ヨーロッパ・フェス : FANFARE CHIOCARLIA, THINK OF ONE and KiLA (29th Aug. @ 河内長野ラブリーホール )
button波の音が聞こえない : Jack Johnson & Donavon Frankenreiter (4th Aug. @ Namba Hatch )
button侘び寂び : Cat Powerand Women & Children (1st Jun @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonローマ -ベティ・イサンゴ・ドゥグ・ビルバオ- : Street Beat Festival (18th Apr. @ Piazza dei Tribuni in Rome )
buttonミラノ -ボブ・マーリーとジョー・ストラマーと- : Street Beat Festival (17th Apr. @ Leonkavallo in Milan )
buttonボルツァーノ -bad dog outside!- : Street Beat Festival (16th Apr. @ Ku.Bo in Bolzano )
buttonボローニャ -赤い街から煙る街へ- : Street Beat Festival (15th Apr. @ Estragon in Bologna )
buttonフィレンツェ -日本にはない空気- : Street Beat Festival (14th Apr. @ Auditorium Flog in Firenze )
button祭りだ、祭り : Shibusa Shirazu (10th Mar @ Shinsaibashi Club Quattro )
buttonポストモダン・ニンジャたちに時代は追いついたか : NINJA TUNE (4th Mar @ Osaka Mother Hall)
button沖縄小旅行〜国際通りの喧噪と喜納昌吉&チャンプルーズ、基地の町嘉手納へ〜 : 喜納昌吉 ( Mar @ Okinawa)
button泥酔エンターテイナー : Gaz Mayall (13th Mar @ Osaka Big Cat)
button僕たちはみんな同じ血の色をしている : Soul Flower Union (9th Mar @ Osaka Banana Hall )
buttonこれほど罪深いものは、ない : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (1st Mar @ Namba Hatch)
buttonこの瞬間に存在するドキュメント : Meganoidi (7th Feb @ Osaka Big Cat)
buttonDisc Review : karamelo santo / 『Los Guachos』
(4th Feb)
buttonDisc Review : MANA / 『Revolucion De Amor』
(4th Feb)
buttonDisc Review : WAGNER PA BRAZUCA MATRACA / 『el imparable transeunte』
(12th Jan)
buttonDisc Review : WAGNER PA BRAZUCA MATRACA / 『el imparable transeunte』
(12th Jan)

button2003

buttonDisc Review : Rage Against The Machine / 『Live at the Grand Olympic Auditorium』
(16th Dec)
buttonno title : BETAGARRI with BUSH OF GHOSTS and a million bamboo (25th Nov @ Osaka Big Cat)
buttonDisc Review : CHEB BALOWSKI / 『Potiner』
(18th Nov)
buttonDisc Review : Double Famous / 『Live in Japan』
(7th Oct)
buttonPUNKの本質か、変幻自在のSKAか、またはCALCHO ROCK? : Banda Bassotti (11th May @ Osaka BIG CAT)
buttonKeep rising : Asian Dub Foundation with DRY&HEAVY, Adrian Sherwood (3rd Apr @ Osaka Mother Hall)
buttonDisc Review : BANDA BASSOTTI / 『ASI ES VIDA』 (3rd Mar)
button有事法のまやかし〜 国民を守らない有事法 〜 (11th May)
buttonク〜ラゲ、クラゲ、よく見てクラゲ♪ ク〜ラゲ、クラゲ、愛してクラゲ♪ : The Salsa Gum Tape (2nd Mar @ ビッグ・アイ国際障害者交流センター)


button2002

buttoninterview : イタリアの闘うロッカー訊く : Banda Bassottiに(28th Oct)
buttonリンクする音楽とマインド : Kevens (Jul)
button死神が祝福している (Jun)
button有事法制が最初に殺すもの : (18th May)
buttonやがて訪れる日を思い (13th May)
button『フリー・ジャズ』発〜 『禅』経由〜 『初期衝動』往き : Diskaholiks anonymous (27th Mar @ Juso Fandango)
button細胞と宇宙がこのリズムを知っている : OZOMATLI (17th Mar @ Shinsaibashi Club Quattro)
button『定番』という普遍性 : OCEAN COLOUR SCEN (25th Jan @ On Air Osaka)
button"音"を越えて伝わるもの : The 3PEACE (5th Jan @ Osaka BIG CAT)


button2001

buttonFuji Rock Festival '01 in Naeba : (26th to 30th Jul in Naeba)

無断転載を禁じます。The copyright of the photos and the article belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.