buttonCat Power and Women & Children
@ Shinjyuku LOFT (2nd Jun '04)


究極のフリースタイラー、猫


  ツアースケジュールを見て、遂に会えると心躍った。僕にとってキャットパワーは気になる存在だった。その理由は、もう1年以上前だった気がするが、某音楽雑誌に載っていたキャットパワーの記事を読んだからだと思う。 Cat power

  その内容は、ライヴ中の度重なる演奏のミス、会場演出のミスに対して何度も「ごめんなさい」と謝りながら、動揺しながらその日のステージをこなした。というようなものだった気がする。彼女は、失敗をごまかさない、というかごまかせない不器用なひとなんだろう。胸打たれそう。今日は見世物ではない、ショーン・マーシャルそのひとの生の姿が見られるはずだ。

  そんな期待を抱いていたにも係わらず、猛烈な遅刻を決め込んだわたくし。学校の授業なんて、でらんめぇ。と思っていたが、なかなか抜けられず、自らの小心さを嘆きつつ、なんとか到着。オープニングアクトは終わっちゃってて、まずへこむ。で、キャットパワーには間に合うべ、と思ったらもうやっててさらにへこむ。しかし、到着直後に素晴らしい歌声に迎えられ、「こんな体験は遅れなくちゃ味わえないぜ。」とポジティヴシンキングへ軽くシフト。他の音楽雑誌関係者の方々も僕と同じくらいに来てたみたいだけど、全く悠長な感じで、もうちょっとレポートに魂入れて欲しいというか、ああはなりたくないなと密かに思うのだった。遅れた身分で言えた話ではないかもしれないが… Cat power

  はじめは状況が掴めなかったが、前方の人たちは座っている様子。柵も取っ払っているように見える。おかげで遠くからでもステージ全体が見渡せ、ここがハコじゃなけりゃストリートライヴのようなアットホーム感。お客さんもまったりモードに入っている模様で、ガツガツした様子はない。また、僕の周りに限らず外国人が多かったのがこのアーティストの特徴かも知れない。そのせいもあってか、みなさん演奏中におしゃべりしたり、アーティストの方を向いてなかったり、普段のライヴを観る姿勢とは全く違うのでいくらか違和感を覚えつつ、フェスティバルっぽいなぁと思い、夏フェスに思い馳せていた。

  このままだと状況報告だけでレポートが済んでしまいそうなので、本題のライヴに移りましょうか。いやぁしかし、このひとはライヴのひとですよ。CDで聴くのに比べて100万倍は生々しいです。前述した不器用ってのはおそらく僕の思い違いで、不器用というよりただナチュラルなんだと思った。普通ではありえないくらいお客さんに話し掛けるし、独り言が多い。ライヴだというのに、間をものともしないところが、「このひと大物だわ。」と思わせるところである。し〜んと静まり返る時間が多すぎて、見てるこっちがそわそわしてしまうという、変なところでスリリングな体験を味わうことができるのが魅力。

  服装もいたってナチュラルで、ギターを構えて椅子にちょこんと座っているとただの女の子。しかし、驚きなほどいい。何がって演奏が。ギター別に上手くないんだけど、ああいう風な、丁寧なのに綺麗じゃない演奏って少し人を惹きつけてしまうところがあると思う。例えば、パティスミスのギターも超下手なんだけど力があった。気持ちのギターと僕は呼んでいます。ピアノもそんな感じで、歌声の輪郭をうっすらぼかすような、もともとくぐもった声だから柔らかく演奏と同化しちゃって、さながら樹海の中にいるよう。全てが協調し合う音楽。英語を解さない僕にとっては歌すら音。強烈な"歌"を予想して臨んだ僕は、最初は主張の弱さに戸惑ったけど、ギター一本ピアノ一台でここまで広がりのある音楽を生み出す表現力には驚かされた。 Cat Power

  しかし、不器用ではなく天然であると判断され僕のテンションは少し下がり気味だったが、もしやこれもまた演出なのではと疑い始めると、猫かぶりとキャットパワーがリンクしていっそう猫かぶりの仮説を捨てられなくなった。そんなくだらないことばかり考えていたせいか、ステージから彼女が消えていることに気付くのが遅れてしまった。マイクを持って楽屋の方へすっこんでいったみたいようで。まったく、油断も隙もあったもんじゃない。最後っぽい感じの曲が終わって今日は終わりかなと思いきや、バブルガムヒップホップ(?)的な曲がトラックだけではなくラップもスピーカーから流れてきて、キャットパワーはラップに合わせてクチパク。ブレイクのところはしっかりポージング。ショーン・マーシャルめちゃゴキゲン。と、このひとホントにキャットパワー?な感じで幕は閉じた。

  最初から最後まで翻弄されっぱなしで正直参った。。。この徹底したフリースタイルには言葉もありません。人懐っこくてなぜか憎めない、もろに猫な性格。僕がネコ嫌いだったらどうなっていたことか。今回はペースの主導権を握られっぱなしだったから、是非また来て欲しいです。フジロックのアヴァロンステージとかで見たいニャー。



report by toddy and photo by ikesan


Cat Power and Women & Childrenの写真は6/1 '04の大阪公演を撮影したものです。

==>top page : JPN / ENG


buttonMag files

button究極のフリースタイラー、猫 (04/06/02 @ Shinjyuku LOFT) : review by toddy, photo by ikesan
button“FREEWHEELIN' IN THE EAST” (04/06/02 @ Shinjyuku LOFT) : review by michael, photo by ikesan
button「野生を隠したN.Y.C.キャット」 (04/06/02 @ Shinjyuku LOFT) : review by chihiro, photo by ikesan
buttonFeeling scared (04/06/01 @ Shinsaibashi Club Quattro) : review by yegg, photo by ikesan

==>top page : JPN / ENG

The official site

Cat Power

http://www.catpowermusic.com/



The latest album

Cat Power

"You Are Free"
(US import)

The official site

Women & Children

http://www.artdirection.com.au/
images/wandc/



The latest album

Women & Children

"Women & Children"
(US import)


check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
toddy's works---->2005

button2004

button妙子、たゆたう姿 : Taeko Onuki (04/12/23 @ 鎌倉芸術館)
button圧倒的なグルーヴ魂 : Wrench (04/12/22 @ Shibuya Club Quattro)
button存在感は力なり : Invisibleman's Deathbed (04/12/21 @ Shibuya Yaneura)
button1イルリメの殺陣、斬られて斬ってあぁ楽し : illreme with MELT-BANANA,TUCKER,ロボ宙 (04/12/06 @ Shibuya Club Quattro )
button1分・マゾンナ・ワンマン・shelter : MASONNA (04/11/23 @ Shimokitazawa Shelter )
button1ほんとうにこのライヴをいつも? : インビシブルマンズデスベッド (04/11/20 @ Shimokitazawa 251 )
buttonロックにやりたい女子どもよ、マフスを聴いて姉さんとなれ : the Muffs (04/10/29 @ Shibuya Club Quattro )
buttonギター引っ掻き回しとるだけとちゃいますよ : Ani Difranco、GO!GO!7188 and 山口洋-HEAT WAVE (04/10/07 @ Shibuya AX )
button今夜、すべてのパンクスへ : 町田康ユニット (04/10/01 @ Shinjyuku LOFT )
buttonいまさら悪態ついても仕方ねぇってこと : NEW YORK DOLLS (04/09/25 @ ZEPP TOKYO )
buttonゆるみまくりナイト 〜どこもかしこも FUCKING IN HEAVEN〜 : FATBOY SLIM (04/09/22 @ ageHa studio coast )
button究極のフリースタイラー、猫 : Cat Power and Women & Children (04/06/02 @ Shinjyuku LOFT )
button不滅の男 : 遠藤賢司 (04/06/03 @ Shibuya Club Quattro )
buttonここはどこ?爆音に誘われ何処へやら : ゆらゆら帝国, REBEL FAMILIA (04/05/07 @ Shinjyuku LOFT )
button音の宇宙、君はコスモを感じたことがあるか : Buffalo Daughter, audio active (04/04/17 @ Shinjyuku LOFT )
button「赤フンドシが盗まれた。」なんのこっちゃ!?なライヴ : Shibusa Shirazu (04/04/07 @ Shibuya Club Quattro)
button初のワンマンっていいね : Bleach (04/04/03 @ Shibuya BOXX)
buttonDVD Review : 『DIRECTORS LABEL BEST SELECTION』 : クリス・カニンガム (25th Mar)
buttonあ〜楽しかった : Morgan Fisher (04/03/16 @ Yokohama Motion Blue)
buttonDisc Review : 『渋星』 : 渋さ知らズ (9th Mar)
buttonDisc Review : 『Rebel Vibration』 / 『Dub From Creation』 : Creation Rebel (4th Mar)
button号鳴 : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)
buttonグラインド!グラインド!グラインド!! : EXTREME THE DOJO vol.7 feat. 324, PIG DESTROYER, AxCx, NASUM, Napalm Death (12th Jan @ Shibuya Club Quattro)
buttonアフロは只者ではない : The Mars Volta (7th Jan @ Shibuya AX)

button2003

buttonなんでもありで何処までやれる? : Robert Randolph and The Family Band (9th Dec @ Shinjuku Liquidroom)
buttonこのまま突っ走れ!! : Bleach (1st Dec @ Shibuya Club Asia)
button4時間やりました! : Theatre Brook (24th Nov @ Shinjuku Loft)
buttonメタリカのファンは世界一だ : METALLICA (11th Nov @ Saitama Super Arena)
button銭パンク魂2003 : MOST with Aburadako (3rd Nov @ Shimokitazawa Shelter)
button6人の怒れる男 : The Cooper Temple Clause (15th Oct @ Shinjuku Liquid Room)
buttonJBのキラキラ☆エンターテイメントショー : James Brown (3rd Oct @ Nihon Budokan)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.