buttonSteve Kimock Band @ Shibuya O-East (28th May '04)


「楽器のうまいやつ」


Steve Kimock Band   驚いた。こんなにすごい人がいるとは、おれが無知なだけか、アメリカのジャムバンドにはこういう人材がゴロゴロいるのか、もし後者だったらとんでもないことである。スティーヴ・キモックが連れて来たドラマーを観て、ひたすら「すげぇ・・・」とつぶやくしかなかったのだ。もちろん、主役はスティーヴ・キモックで椅子に座ってのペダル・スティールやギターは、ジャズ/フュージョン、サザンロック、サイケデリックをベースに気持ちいい音色で響いていた。だけど、主役を食う勢いだったのがドラムのRodney Holmes。豪放にして繊細、ハードなのもグルーヴィーも完全対応するだけでなく、腕が見えなくなるくらい速く叩けるのだ。これはマジ衝撃的だった。去年のフジで観たサウンド・トライブ・セクター9のドラマーであるザックを観て「ヤバイ!新たなドラムヒーロー誕生だ!」と思ったけど、それに匹敵するインパクトがあった。
Steve Kimock Band
  O-Eastは、踊るスペースが確保されているけど、そんなにスカスカでもなく人が入っている感じ。録音OKのテーパーズエリアがあったりして、ストリング・チーズ・インシデントのときと似たような、フジでいうとフィールド・オブ・ヘヴンな雰囲気である。おそらくお客さんがカブっているのだろう。外国人率も高い。だけど結構会社帰りもいて、年齢も幅広く、客層をひと括りにできない感じがする。まさにそれがFOHなのだ。

  そしてフロアで踊っているお客さんがドリンクバーへと飲み物を求めて頻繁に入れ替わり立ち替わりになるようにアルコール消費量の多いライヴだった。この会場はドリンクバーが3ヵ所あるから買いやすいというのもあるわけだが。そんなピースフルな雰囲気がある中で、スティーヴ・キモック・バンドは超絶技巧な演奏をまざまざと見せ付けた。楽器が上手いやつのライヴというとジャズとかプログレとか「騒ぐな、席立つな、曲に合わせて拍手するな」と鑑賞会みたいになってしまいがちだけれど(実際、キングクリムゾンのライヴでそういう輩がいた。音楽は素晴らしいのに)、そうならないのは、何よりも基本にダンスがあることで、この自由な空気、ポジティヴなものがあるためなのだろう。

Steve Kimock Band   そんなわけで、いかにも野外レイヴが好きそうな、頭よりまず体が反応する人たちがフロア前方を陣取って踊りまくっていた。ただ、この手のバンドにしてはそんなに長い曲があるわけでないし、時にストレートなロック的な展開もあって、普通のロック好きでもスンナリ入っていけるような気がする。もうちょっと、いわゆるロックファンも来て欲しいし、楽器やっている人にも観て貰いたいと思った。ライヴは途中30分くらいの休憩を挟んで22時すぎころまでやったのだ。終わって客電が点き、撤収が始まっても熱狂したお客さんたちの拍手が止まらず、スティーヴ・キモック本人が出て来て握手会状態になってようやく収まったのである。

Steve Kimock Band
report by nob and photo by keco

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files :

button「楽器のうまいやつ」 : review by nob, photo by keco (04/05/28 @ Shibuya O-East)
buttonphoto report : photo by keco (04/05/28 @ Shibuya O-East)

==>Top Page : JPN / ENG



The official site

Steve Kimock Band :

http://www.kimock.com/

アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by nob

button2004

button先へ、その先へ :
Bleach (04/05/21 @ Shimokitazawa Basement Bar)
buttonアウェー戦の戦い方 :
Bleach (04/05/13 @ Shibuya AX)
button言語外コミュニケーションの可能性 :
MONG-HANG (04/04/25 @ Shibuya YANEURA)
buttonお台場にもフィールド・オブ・ヘヴン :
String Cheese Incident (04/04/22 @ ZeppTokyo)
buttonメタルは神の音楽 :
EXTREAM THE DOJO feat.
ANTHRAX,THE DILLINGER ESCAPE PLAN,BURNT BY THE SUN,SikTh (04/04/15 @ Shibuya O-WEST)
button同時多発娯楽 : Shibusa Shirazu (04/04/07 @ Shibuya Club Quattro)
buttonよさこい+焼肉+バブルガール! : TOKYO PINSALOCKS (04/03/28 @ Street Live in Shibuya)
button年齢を超えられる人もいる : Rickie Lee Jones (04/03/26 @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button音楽の一部になる : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (04/03/05 @ Shibuya AX)
buttonCD review 『Hello! My Friends』 : 髭 (04/03/5)
button 転回のための12曲 : eastern youth (04/02/17 @ Shibuya Club Quattro)
button 音楽の隠喩としての建築 : デート・コース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン (04/02/15 @ Shibuya AX)
button その可能性の中心 : MO'SOME TONEBENDER (04/02/10 @ Shibuya Club Quattro)
button 或るバンドの解散 : 新宿フォーク、バーレスク・エンジン、ボーンズ (04/02/06 @ Hatsudai DOORS)
button クアトロじゃ狭すぎる : Galactic (04/02/05 @ Shibuya Club Quattro)
button人間の過剰な部分 : インビシブルマンズデスベッド (1st Feb @ Shimokitazawa 251)
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった : モノラルセンス、ミカゲ、ASTORO-B'、ザ・キャプテンズ (31st Jan @ Shibuya Yaneura)
button絶好調 : MO'SOME TONEBENDER (27th Jan @ Shibuya Club Quattro)
button映画的な : JUDE (22nd Jan @ Shibuya AX)
button冬のプチフェスティバル : feat. Bleach, 惑星他 (10th Jan @ Shinkiba Studio Coast)
button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 髭、インビシブルマンズデスベッド (1st Jan @ Shinjuku Loft)


button2003

button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 新宿フォーク、東京WATTS、千葉レーダ、百怪の行列! (31st Dec @ Akihabara Goodman)
button終わりでなく、出発として : Beach / 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonフォークって何? : 新宿フォーク (18th Dec @ Kichijoji Planet K)
button「コンピュータが作った音」なんて存在しない : FRONT CHAPTER VOL.2 featuring DJ BAKU, THA BLUE HERB, NUMB and BOOM BOOM SATELLITES @ Shibuya Club Quattro (24th Dec '03 @ Shibuya Club Quattro)
button柔も剛もよく柔も剛も制す : Bleach / 東京ピンサロックス (21st Dec @ Utsunomiya Vogue)
button爆音の砂嵐へ : Bleach (17th Dec @ Chiba Look)
buttonから騒ぎの後で : t.A.T.u. (2nd Dec @ Tokyo Dome)
button今、走り出していく : Bleach (22nd Nov @ Shinjuku Antoknock)
button楽しくなければロックじゃない : ELECTRIC SIX (15th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
button老いは恥ずべきことじゃない : METALLICA (7th Nov @ Yoyogi Daiichi Taiikukan)
buttonスチュワートに敬意を表して : MOGWAI (25th Nov @ Shibuya AX)
buttonふたりのSMショー : The White Stripes (22nd Oct @ Shibuya AX)
buttonでかいフェスやレイヴばかりじゃない野外で聴く音はたくさんある
(in summer '03 @ various venue)
buttonGSを知らない子供たち : The Captains (9th Oct @ Shibuya Nest)
button日本人的な、あまりにも日本人的なバンド : BACK DROP BOMB (5th Oct @ ZEPP Tokyo)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.