buttonKen Yokoyama @ Shibuya Club Quattro (28th Apr '04)

"ケン違い"って……!?

Ken Yokoyama
 やはりHi-STANDARADの話から始めなければいけない。このバンドの偉業についてはいちいちここで繰り返さないがとにかく音楽業界の根底さえぐらつかせてしまったその衝撃とセールスのせいで、バンドそのものに対する純評価を最近あまり見かけなくなってしまった。改めていうまでもないがハイスタは単純にとんでもなく良いバンドだ。曲の良さ、演奏技術、そしてメンバー誰一人欠けても成立しないバンド内のいい意味での緊張感(それだけに一人が脱退してしまった現状は残念でならないが)。バンドには大まかに言って2パターンあって、カリスマがバンド全体をぐいぐい引っ張っていくタイプと、メンバー全員で試行錯誤を繰り返し前向きのエネルギーに転化していくタイプ。ハイスタは明らかに後者だった。

 その均衡と緊張が素晴らしい曲を生み出す温床になっていたのは間違いないのだが、バンドという形態が個々のパーソナリティーを完全放出してしまうことに制約をかけていたのもまた事実だろう。反動を見せ付けるかのように、横山健のソロ・ライブは終始リラックスしたムードで行われフロアのお客さんとのやりとりが盛んに行われていた。ハイスタのライブでは基本的にMCを難波氏に任せていた健にしてはちょっと過剰なほどの反応で、フロアから「イーネ!」の声が飛ぶと「いやそりゃ"健(剣)違い"だろう !?」なんて律儀に突っ込んだりして。横山健の気さくな一面を見た気がした。
Ken Yokoyama
Ken Yokoyama
 しかし、彼の遊び心はソロになってもやはり健在。「なんせアルバム一枚しか出してないんでね……何曲かカバーを練習してきました!」とまずはハスカー・ドゥなどを演奏して自身のパンク色をアピール。
ところがその直後にやったのは、やっぱりきました、キラー・チューンのニクイ選曲!永遠のディスコ・ヒット "君の瞳に恋してる"を超速バージョンで熱演 !! 案の定すさまじくギターが鳴りまくってるのだが、途中挟まれる例のサビ前フレーズなんかは律儀に再現していて面白い。「気に入ってくれたら次のアルバムに入れるけど…」って言ってたけど、たぶん間違いなく入るでしょう観客のこのリアクションを見る限り。


 アルバム『The Cost Of My Freedom』はアコースティック曲の比率も高い作品だったが、結局そのほとんどをバンド・アレンジに置き換えてやっていた。ただ、アンコールの"Coming Back To You"だけはちゃんとアコギに持ち換え、座って一人静かに弾き語りしていたけど。ゴマカシの効かないアコギ演奏だけに見事にトチッたりもしていたがそこはご愛嬌。
Ken Yokoyama
夏にすぐまたツアーをやるらしいけど、ちゃんとこの曲は猛練習してリベンジしてくれるでしょう。自らのミス・トーンに、恥ずかしげに苦笑して顔を覆う横山健も可愛くて(*注・35歳ですが)ステキでした。
Ken Yokoyama
 余談めいた話を最後にひとつ。アンコールにもただ一人割り込んできた巨漢ベーシスト・サージはいいキャラクターしてるなあ。片言の日本語で一気にドカンと笑いを炸裂させるあの"間"の感覚はたまらん。体型といいキャラクターといい、かつてその存在感で名を馳せたDUCK MISSILEのベーシスト・10トンを思い出した。他のメンバーも味を出してるし、このまま彼らは正式バックバンドに固定しちゃってもいいんじゃないの、健さん?

report by joe and photo by ikesan

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files :

button"ケン違い"って……!? (04/04/28 @ Shibuya Club Quattro) : review by joe, photo by ikesan
buttonphoto report (04/04/20 @ Shinsaibashi Club Quattro) : photo by ikesan

==>top page : JPN / ENG

The official site

Ken Yokoyama

http://www.pizza-of-death-records.co.jp/



The latest album

"The Cost Of My Freedom"

Ken Yokoyama

check the albums?

search:
 
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by joe

button2004

button4月11日、ハチ公前の祈り : 平和アピール集会 (11th Apr. @ 渋谷ハチ公前)
buttonブレイクするんじゃねえか!? の真相 : The Captains (27th Mar @ Akihabara Goodman)
button時間は止まったままだった : Rickie Lee Jones (26th Mar @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button人間と音楽の持つ可能性(ラジオスターとの再会) : Ani Difranco (8th Mar @ Shibuya 0-East)
button会場を包み込んだもの : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (4th Mar @ Zepp Tokyo)
button衝撃、冷めやらず : Three Bullets and a Gun (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button博多からの刺客!! : Mellow Yellow (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button情念は届くだろうか : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)

button2003

button瀟洒なハコにダンディな奴等がハマる : 勝手にしやがれ (30th Dec @ Shibuya Club Quattro)
buttonウワサは当てになる : Bleach (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button完成度の高いミクスチャー : 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonインストとかを忘れさせる圧倒的ステージ!! : LOSALIOS (18th Dec @ Shibuya AX)
button分厚い刃物で押しつぶされた夜 : METALLICA (6th Nov @ Yoyogi Daiichi-Taiikukaikan)
button世界の終わり、そして始まり : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)
button最小編成というプロデュース : ELVIS COSTELLO and Steve Nieve (1st Oct @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall)
buttonメロコア死すともVANDALS死せず!? : THE VANDALS (16th Aug @ Shibuya Club Quattro)
button最後列までバッキンバッキン : Asian Dub Foundation (5th Apr @ Kawasaki Club Citta)
button小宇宙のプロデューサー !? : BECK (29th Mar @ Tokyo Bay NK Hall)
buttonライヴに行くべし! : eastern youth (25th Mar @ Yokohama Club 24)


button2002

buttonすべてはつながる... : The 3PEACE (10th Nov @ Shimokitazawa Shelter)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the copyright of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.