buttonJACKSON BROWNE
@ Bunkamura Orchard Hall (22nd April '04)

ひとりきりの夜に

JacksonB
 「みんなをここで待っている。できると思うなら一人でやってごらん」。いきなり引用になったが、これはこの日も演奏された"フォー・エブリマン"の歌詞の一節だ。CDのライナーノーツによると、ジャクソンはこの歌について、「何もかも放り出してしまいたいと思ったことなんか何度あったかわからない。これはそのことを歌った歌だ」と語っている。仲間からいつのまにか離れてしまったように感じた夜、ひとりきりの部屋でこの歌を聞き、歌詞に目を通したあのとき、ぼくはどれだけ救われた気がしただろう。


JacksonB   ジャクソン・ブラウンの音楽に心を捕らえられた人にとって、きっとそれぞれ忘れられない歌や言葉があると思う。ソロ・アコースティック公演ということもあってか、2曲を歌い終えた時点でジャクソンが会場からのリクエストを求めたとき、会場のいたるところから上がった声がそれぞれ違った曲目を叫んでいたことが、その何よりの証拠だろう。
JacksonB
 ほとんど全ての曲目が観客のリクエストで決まっていくので、5曲目に早々と"テイク・イット・イージー"が演奏される。「気楽にやれよ。うまくいかないかもしれないし、うまくいくかもしれないよ」。
 いつも背中を優しく押してくれるこの曲。椅子席なのについ足でリズムをとってしまう。この後はメドレーで"アワ・レディ・オブ・ザ・ウェル"へ。音響がいい会場のせいか、音もクリアだ。歌のないところでは、ジャクソンが丁寧にギターをつま弾くさまがよくわかる。


 ピアノに座って始まったのは、"ファーザー・オン"。少し音が外れたようなようにも感じたけれど、声のツヤは、『レイト・フォー・ザ・スカイ』から30年が経ったとは思えない。そのあとに"ロック・ミー・オン・ザ・ウォーター"、"レイト・フォー・ザ・スカイ"と続けられると、もう動くことすらできなくなる。スライド・ギターも、ハーモニーもない。圧倒的な説得力をもつジャクソンひとりの声だけで、歌の世界が紡がれていくのを目の当たりにするこの瞬間。本当に素晴らしい。


 休憩を挟んだ第二部で、ジャクソンは歌詞もコードもうろ覚えの曲に挑戦。ピアノでコードを確かめてからトライするも、途中で歌詞がわからずにストップ。あとで知ったのだけど、どうやらこれはジャクソンの盟友、故ウォーレン・ジボンの曲のカバーだったようだ。まるで、友だちの前で歌っているかのように、親密で、ほのぼのとした空気のまま進んでいくステージ。 JacksonB
正直なところ、ジャクソンのことを「社会派SSW」として捉えていたぼくのような輩には、肩すかしを食らったところもあった。すべてを聞き取れたわけではないが、MCのほとんどが、つたない「アリガトウ」とそれぞれの曲へのコメント。ステージ横に置いてあるのは、上下逆さまの星条旗などではなく、ライブの合間にファンから受けとった花だった。


 ソロ公演なのだから当たり前だが、ステージの上にあるは、ズラッとならんだアコースティック・ギターに、電子ピアノだけ。曲ごとにギターを選ぶジャクソンからは、つい曲が生まれてきたその瞬間を連想してしまう。ひとりきりの部屋で歌っているかのように、目の前の観客よりも、まず自分自身に歌いかけているようなジャクソン。深い慈しみの光のような"プリテンダー"、バンド演奏よりもずっと魅力的だった"ランニング・オン・エンプティ"を終えると、大きな拍手に包まれたまま、ステージを降りた。

JacksonB
 アンコールに選ばれた曲は、"ドクター・マイ・アイズ"。ここでは手拍子も起こって、陽気にお別れかと思ったその後だった。「これはぼくの国についての曲だ」。そう言ってジャクソンが歌いだしたのは、カントリーではなく、"ライブス・イン・ザ・バランス"と、"アイ・アム・ア・パトリオット"だった。
report by rad and photo by keco

==>top page : JPN / ENG

buttonmag files :

buttonphoto report : (04/04/30 @ Nagoya Geijutsu Sougou Center) : photos by hanasan
buttonillustration report : (04/04/30 @ Nagoya Geijutsu Sougou Center) : illustration by chika
button日本のウエスト・コーストより愛をこめて -後編- : (04/04/28 @ Osaka Koseinenkin Hall) : review by ikuyo, photo by ikesan
button日本のウエスト・コーストより愛をこめて -前編- : (04/04/27 @ Osaka Koseinenkin Hall) : review by ikuyo, photo by ikesan
buttonphoto report : (04/04/28 @ Osaka Koseinenkin Hall) : photo by ikesan
buttonphoto report : (04/04/22 @ Bunkamura Orchard Hall) : photo by keco
buttonphoto report : (03/05/04 @ Nakano Sun Plaza) : photo by hanasan
button聴いたこともなかった"Rosie"になぜか… : (03/05/03 @ Nakano Sun Plaza) : review by joe, photo by hanasan
button素晴らしいメロディーは想い出を大切に取っておいてくれる : (03/05/02 @ Nakano Sun Plaza) : review by takao, photo by hanasan
buttonStill running with the eyes wide open... : (03/05/02 @ Nakano Sun Plaza) : review and photo by hanasan
buttonそして彼は真実を歌い続ける : (03/04/28 @ Osaka Festival Hall) : review by ikuyo, photo by ikesan

==>top page : JPN / ENG

The official site of

JACKSON BROWNE

http://www.jacksonbrowne.com/

日本のファンによるサイト

http://www.somethingfine.com/jb/


The latest (original) album

JacksonB

"The Naked Ride Home"
(US import / 国内盤)


The latest album

JAcksonB

"Very Best of Jackson Browne"
(US import / 国内盤)


previous works...

"ベスト・オブ・ライヴ/ザ・ベスト・オブ・ジャクソン・ブラウン"
(国内盤、限定盤)
"Next Voice You Hear: The Best of Jackson Browne"
(国内盤 / US import)
"Looking East"
(US import / 国内盤)
"I'm Alive"
(US import / 国内盤)
"Lives in the Balance"
(US import / 国内盤)
"World In Motion"
(US import / 国内盤)
"Lawyers in Love"
(US import)
"Hold Out"
(US import / UK import)
"Running on Empty"
(US import, DVD Audio / US import / 国内盤)
"The Pretender"
(US import / UK import / 国内盤)
"For Everyone"
(US import / UK import / 国内盤)
"Late For The Sky"
(US import / 国内盤)
"Jackson Browne (1st album)"
(US import / 国内盤)
and more...


check the albums?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト

previous works by rad

button2004

button新しいクラシック・ロック : INCUBUS (4th Mar. 04 @ Nippon Budokan)
button技のデパート : Galactic (5th Feb 04 @ Shibuya Club Quattro)
button50歳の子供 : 中川五郎 (1st Feb 04 @ Shimokitazawa La Cana)
buttonジョイン・トゥゲザー : Salsa Gum Tape : (17th Jan 04)
buttoninterview with 梶原徹也 (The3PEACE) vol.2 サルサガムテープは圧倒的な肯定のバイブレーション : (16th Jan 04)
buttoninterview with 梶原徹也 (The3PEACE) vol.1 ジョン・レノンとパンクのメッセージは基本的には同じだなって感じてた : (16th Jan 04)
buttonハッピーに笑顔の年越し : The3PEACE (1st Jan @ Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE)

button2003

button『Burning Motors Go Last Heaven : Thee Michelle Gun Elephant (DVD Review)
buttonここから化けるか…!? : 惑星 & understatements (12th Dec @ Shimokitazawa Club Que)
button大っきくてウマい : Robert Randolph and The Family Band (10th Dec @ Shinjuku Liquid Room)
buttonそっちは最高! : BLACK BOTTOM BRASS BAND (20th Nov @ Shimokitazawa Shelter)
buttonロックンロール奇跡の夜 : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Yohei "rad" Kobayashi and the copyright of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.