The Captains
@ Akihabara Goodman (27th Mar.'04)

ブレイクするんじゃねえか!? の真相


キャプテンズ
 どこから突っ込んでいいのかわからない。物販スペースにはいきなり、昭和の竹下通りかよ!とばかりにブロマイドがびっしり飾られているし、しかもどうやら「新作入荷!」なんてコピーをみると売れ行きも好調のようだ。いざ演奏、ステージに登場したフロントメンバーの髪型はそろって21世紀に対するアンチテーゼみたい。衣装もすごい。そして真っ赤な花束を抱えて現われるのは噂のカリスマボーカル・傷彦だ。花が一本一本配られるたびに、熱狂的女性ファンが柵の前に押し寄せて演奏前なのに軽いモッシュ・ピット状態になる。なんなんだこの光景は……。
キャプテンズ  "おまえ一番星"からライブはスタート。「最後のGSバンド」の自称に相応しい、いかにもなイントロが会場を盛り上げる。ギタリストは演奏の合間を縫って、両の指先で星型を空中に描きあげる噂のパフォーマンスを何度も繰り返す。それにしっかりついていき自らも星を宙に形づくるお客さん。のみならず、ライブが進むにつれてどんどん複雑さを増してくる傷彦の振り付けをも完璧にマスターしていて、相当数の観客が一糸乱れぬダンスを繰り広げるという壮絶な展開をみせていた。例えは悪いが某国家のマスゲームさえ彷彿とさせる一体感だった。圧倒された。  smashing magは基本的に取材対象を広告やしがらみで縛られているわけではないので、時々スタッフがとんでもないバンドを拾ってきては仲間内に「今のうちに観ておけ!」と広め特集的になることが多々ある。キャプテンズももろにそのパターンなのだが、「これは本当にブレイク寸前の予感がする」との声もあり今回懲りずに足を運んだ。そしたらどうだ、すでに固定ファンがぎっしりライブハウスの半分以上は埋め尽くしちゃってるじゃねーか !! だってメジャーデビューしてるわけでもないのはもちろんのこと、そもそも本来仙台在住のバンドですよ。ありえない。この秋葉原の黄色い歓声て。 キャプテンズ
キャプテンズ
 ラブレターを配ったり、傷彦がフロアに降りてきて愛の告白と同時に気絶するという訳のわからないイベントも多彩だったが(どれも大ウケ)、演奏自体もしっかりしている。というか全員めちゃくちゃ上手い。この技術があってなぜGSというコアな道を選んでしまったのか不可解ではあるが、しかしその渋い選択がこの人気を生み出しているのも事実だろう。ローソン主催のオムニバスに曲が収録されるという告知もあり、もはや全国的にも飛び火したこの勢いはまだまだ続くとみた。もう一段階の飛躍ははたしてなるか?
report by joe and photo by saya38
==>top page : JPN / ENG

buttonmag files :
buttonブレイクするんじゃねえか!? の真相 (04/03/27 @ Akihabara Goodman) : review by joe, photo by saya38
buttonphoto report (04/03/27 @ Akihabara Goodman) : photo by saya38
button可能なるグループサウンズ (04/02/29 @ Shibuya Crest) : review by nob, photo by saya38
buttonphoto report (04/02/29 @ Shibuya Crest) : photo by saya38
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった (04/1/31 @ Shibuya Yaneura) : review by nob
buttonGSを知らない子供たち (03/10/9 @ Shibuya Nest) : review by nob

==>top page : JPN / ENG

The official site :

ザ・キャプテンズ



アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by joe

button2004

button 時間は止まったままだった : Rickie Lee Jones (26th Mar @ Shibuya Bunkamura Orchard Hall)
button 人間と音楽の持つ可能性(ラジオスターとの再会) : Ani Difranco (8th Mar @ Shibuya 0-East)
button 会場を包み込んだもの : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (4th Mar @ Zepp Tokyo)
button 衝撃、冷めやらず : Three Bullets and a Gun (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button 博多からの刺客!! : Mellow Yellow (17th Feb @ Shinjuku Doctor)
button 情念は届くだろうか : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)

button2003

button 瀟洒なハコにダンディな奴等がハマる : 勝手にしやがれ (30th Dec @ Shibuya Club Quattro)
button ウワサは当てになる : Bleach (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button 完成度の高いミクスチャー : 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
button インストとかを忘れさせる圧倒的ステージ!! : LOSALIOS (18th Dec @ Shibuya AX)
button 分厚い刃物で押しつぶされた夜 : METALLICA (6th Nov @ Yoyogi Daiichi-Taiikukaikan)
button世界の終わり、そして始まり : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)
button最小編成というプロデュース : ELVIS COSTELLO and Steve Nieve (1st Oct @ Tokyo Geijitsu Gekijo Dai Hall)
buttonメロコア死すともVANDALS死せず!? : THE VANDALS (16th Aug @ Shibuya Club Quattro)
button最後列までバッキンバッキン : Asian Dub Foundation (5th Apr @ Kawasaki Club Citta)
button小宇宙のプロデューサー !? : BECK (29th Mar @ Tokyo Bay NK Hall)
buttonライヴに行くべし! : eastern youth (25th Mar @ Yokohama Club 24)


button2002

buttonすべてはつながる... : The 3PEACE (10th Nov @ Shimokitazawa Shelter)

 


無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Joe Takamatsu and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.