Rickie Lee Jones @ Shibuya Bunkamura
Orchard Hall (26th Mar.'04)

年齢を超えられる人もいる


Rickie Lee Jones
 ホワイトデーの日、新宿の伊勢丹で買い物をしていたら"Chuck E.'s In Love"が流 れていて、なんていいデパートなんだろうと感激したのだけど、彼女の歌はこうした ところでさりげなく流れてもうまくハマる。
Rickie Lee Jones

 当然ながら大喝采が沸き上がっても、あくまでもお遊び風なスタンスは変わらず、ヨレヨレなギターで歌いつづける。その前後の曲ではまさにパーフェクトな演奏をしていたバックバンドは手を休めて、ニコニコと彼女を見守る。これほどヨレヨレな"Chuck E.'s In Love"だったら、ちゃんと演奏してほしい・・・とは全く思えなかった。なぜなら何も飾りなくシンプルに歌われた彼女の声に魅せられてしまったからだ。CDで聴いていたあの声が25年経っても全く衰えず、それ以上のハリとツヤで迫ってきたのである。
 Bunkamuraオーチャードホール。普段おれが行くようなライヴとは違って、みんな椅子に座って聴くスタイルでお客さんの年齢層も高く、落ち着いていた。バックのバンドは、ドラム、ベース、キーボード(主に)、サックスという編成で、ジャズのスイング感を基に、ブルースやフォークなどが混ぜ合わさり、それがオシャレっぽさを感じさせる。そして、この日終わり近くに"Chuck E.'s In Love"が演奏された。セットリストには載っていず、即興というか、お遊びぽく、あのイントロのギターをつま弾く。

Rickie Lee Jones
Rickie Lee Jones
Rickie Lee Jones  何となくスレンダーな人を想像していたので軽く裏切られた気がするし、アップの写真を見れば彼女が年輪を重ねていることは疑いようもない。だけども、その声は年を取らない。リッキー・リー・ジョーンズと言えば年齢を超越した声の持ち主としてビョークの先駆けみたいな感じだけど、彼女にしても、ビョークにしても、単に少女声なだけじゃなく、その彼女が持っているたくさんの人生の蓄積がその声を強くし、同時に優しくする。

Rickie Lee Jones  彼女はデビューまでに相当に波乱に富んだ人生を歩んでいたようだ。そんな人ならば、暗くドロドロした情念を吐き出したっていい。実際そういう人はいっぱいいる。だけど、そうはならずに軽やかにスイングしたり、心地良いグルーヴを感じさせ、こざっぱりとした、それこそデパートの買い物のBGMでも上手く似合う音楽をやるというのは凄いことなんじゃないだろうか。だいたい、あのトム・ウエイツと付き合っていたという時点で一筋縄ではいかない女であるということは分かるけど、彼女の持つしたたかな、しなやかな力を印象付けたのである。年を重ねることの手応えと、いつまでも変わらない姿を見せるという相反するものを同時に感じさせたのであった。
Rickie Lee Jones
report by nob and photo by saya38

==>top page : JPN / ENG

butonmag files :

button時間は止まったままだった : (04/03/26 @ Shibuya Orchard Hall) : review by joe, photo by saya38
button年齢を超えられる人もいる : (04/03/26 @ Shibuya Orchard Hall) : review by nob, photo by saya38
buttonphoto report : (04/03/26 @ Shibuya Orchard Hall) : photo by saya38
button道しるべ : (04/03/25 @ Osaka Big Cat) : review by sora, photo by ikesan
buttonタイムスリップ...あの頃の私に出会えた夜 : (04/03/25 @ Osaka Big Cat) : review by kami, photo by ikesan
buttonphoto report : (04/03/25 @ Osaka Big Cat) : photo by ikesan

==>top page : JPN / ENG

The official site of Rickie Lee Jones :

http://www.rickieleejones.com/



The latest album

"Evening of My Best Day"

Rickie Lee Jones


US import / 国内盤


DVD

"Wiltern Theatre"

Rickie Lee Jones


US import / 国内盤

VHS

ライヴ1992
アコースティック・ライブ
〜ネイキッド・ソングス

the first album

"Rickie Lee Jones"

Rickie Lee Jones


US import / 国内盤


previous albums

『Live at Red Rocks』 (US import / UK import / 国内盤)
『It's Like This』 (US import / 国内盤)
『Traffic from Paradise 』(US import / 国内盤)
『Pop Pop 』(US import / UK import / 国内盤)
『Ghostyhead 』(UK import / 国内盤)
『Naked Songs 』(US import / 国内盤)
『The Magazine 』(US import / 国内盤)
『Pirates 』(US import / 国内盤)
『マイ・ファニー・ヴァレンタイン 』(国内盤)
『Flying Cowboys 』(US import / UK import / 国内盤)
compilation etc

『めぐり逢えたら - サントラ - 』(国内盤)
『デュエット』(国内盤)
*ロブ・ワッサーマンのアルバムで、『枯葉』を歌っています。。
『ビーティン・ザ・ヒート』(国内盤)
*ダン・ヒックス&ザ・ホット・リックスのアルバムで、ゲストとして歌っています。


アルバムのチェックする?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by nob

button2004

button 音楽の一部になる : Ben Harper & The Innocent Crimiinals (04/03/05 @ Shibuya AX)
buttonCD review 『Hello! My Friends』 : 髭 (04/03/5)
button 転回のための12曲 : eastern youth (04/02/17 @ Shibuya Club Quattro)
button 音楽の隠喩としての建築 : デート・コース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン (04/02/15 @ Shibuya AX)
button その可能性の中心 : MO'SOME TONEBENDER (04/02/10 @ Shibuya Club Quattro)
button 或るバンドの解散 : 新宿フォーク、バーレスク・エンジン、ボーンズ (04/02/06 @ Hatsudai DOORS)
button クアトロじゃ狭すぎる : Galactic (04/02/05 @ Shibuya Club Quattro)
button人間の過剰な部分 : インビシブルマンズデスベッド (1st Feb @ Shimokitazawa 251)
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった : モノラルセンス、ミカゲ、ASTORO-B'、ザ・キャプテンズ (31st Jan @ Shibuya Yaneura)
button絶好調 : MO'SOME TONEBENDER (27th Jan @ Shibuya Club Quattro)
button映画的な : JUDE (22nd Jan @ Shibuya AX)
button冬のプチフェスティバル : feat. Bleach, 惑星他 (10th Jan @ Shinkiba Studio Coast)
button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 髭、インビシブルマンズデスベッド (1st Jan @ Shinjuku Loft)


button2003

button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 新宿フォーク、東京WATTS、千葉レーダ、百怪の行列! (31st Dec @ Akihabara Goodman)
button終わりでなく、出発として : Beach / 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonフォークって何? : 新宿フォーク (18th Dec @ Kichijoji Planet K)
button「コンピュータが作った音」なんて存在しない : FRONT CHAPTER VOL.2 featuring DJ BAKU, THA BLUE HERB, NUMB and BOOM BOOM SATELLITES @ Shibuya Club Quattro (24th Dec '03 @ Shibuya Club Quattro)
button柔も剛もよく柔も剛も制す : Bleach / 東京ピンサロックス (21st Dec @ Utsunomiya Vogue)
button爆音の砂嵐へ : Bleach (17th Dec @ Chiba Look)
buttonから騒ぎの後で : t.A.T.u. (2nd Dec @ Tokyo Dome)
button今、走り出していく : Bleach (22nd Nov @ Shinjuku Antoknock)
button楽しくなければロックじゃない : ELECTRIC SIX (15th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
button老いは恥ずべきことじゃない : METALLICA (7th Nov @ Yoyogi Daiichi Taiikukan)
buttonスチュワートに敬意を表して : MOGWAI (25th Nov @ Shibuya AX)
buttonふたりのSMショー : The White Stripes (22nd Oct @ Shibuya AX)
buttonでかいフェスやレイヴばかりじゃない野外で聴く音はたくさんある
(in summer '03 @ various venue)
buttonGSを知らない子供たち : The Captains (9th Oct @ Shibuya Nest)
button日本人的な、あまりにも日本人的なバンド : BACK DROP BOMB (5th Oct @ ZEPP Tokyo)



無断転載を禁じます。The copyright of the report belongs to and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.