Rickie Lee Jones @ Osaka Big Cat(25th Mar.'04)

タイムスリップ...あの頃の私に出会えた夜- part1 -


Rickie Lee Jones
 長い人生を過ごしていると(とはいってもほんの40年くらいだが...)、ちっぽけだがふと思い出したいキラキラ輝いていたあの頃がある訳で...そんな頃が頭の中に蘇る時は、決まって音楽に導かれることが多い...あの波の音...真っ赤な夕陽... ラジオから流れてくるカッコいい欧米のポップソングたちは、毎日当たり前のように見ている目の前の海岸ですらアメリカのウエストコーストにしてしまう...

 1979年。少し肌寒さを感じる寂しい晩秋の頃...Rickie Lee Jonesは、私の心を捕えたのだ。エアーチエックをしようとラジカセの一時停止ボタンを指で押さえながら、その出会いの日から毎日...待ち続けた...軽快に曲を紹介するDJの声を避け、1曲丸ごと録音しようと必死になったものだ。あの頃の音楽に対する収集欲は、我ながらすごいものがあった...イントロのベースの音、全体から醸し出す心地よい揺れ...あのドキドキした緊張感は、私の左手の人さし指が今も記憶している。中学3年、受験を来春に控えた少年の、勉強が手に着かなくなるほどの衝撃の出会い"Chuk E's in Love"邦題は"恋するチャック"...《チャックEは恋をしている、この歌を歌っている女の子と...》何なんだろうチャックEって...?魅惑的な歌声で彼女Rickieは、私を悩ませた...
 ライブは、実に40分押しという状態でのスタートとなった。ま〜こんなことすれば普通ならブーイングも出ようものだろう。しかし集まった超満員の観客は、そのフリすらない...まったく頭の中にすら浮かばないといった具合で(私がそうであった...)、当時の各自様々な思い出を語り合っている。そんな自分だけの宝物を胸に、1stアルバム『Rickie Lee Jones』(邦題は『波漫』)のジャケットでのタバコを吸っている姿が印象的だったのだが、それとは裏腹の会場内完全禁煙で、澄み切った空気の中で味わう彼女の音楽...血までが浄化されたような気になるのである。

 ステージに現われたRickie Lee Jonesは、まずは軽く観客に会釈をして、スタッフの持ってきたギターを抱え、ゆっくりと名うての盟友たちと演奏を始めるのであった。ワア〜ッ...私は背筋に、あの頃感じたのと同じようなゾクッとした何かが大きな玉になって流れ落ちるのを感じた。衝撃である...歌声がまったく変わっていない!あ〜心地いい!


Rickie Lee Jones
Rickie Lee Jones

 当然その健在ぶりは先頃リリースされた最新アルバム『The Evening Of My Best Day』を聴いて確認はしていたのだが、いや〜それを本当に生で同じ時間を共有して感じてしまうと感動はひとしおな訳で...例えば、"Tell Somebody"のようなアーシーな雰囲気の曲、そのメロディーに身体を乗せる限りではゆったりとした心地よさを感じるのではあるが、実はそこには、母国アメリカへの真実を知ることを促すメッセージが込められていたり、"Ugly Man"では露骨にジョージ・ブッシュ、アメリカ大統領への批判をやってのける...それを生で感じてしまうと、つまりこの衝撃である。かと思えば、89年のアルバム『Flying Cowboys』のタイトル曲"Flying Cowboys"では、自由奔放であった若かりし頃の自分自身を歌う...この日の進行上でも、実はスタッフが1曲ごとに準備している通りにギターを持ってくるのだが、突然別のギターを指定したり、ピアノを弾き語りすると言い出し、メンバーが戸惑うシーンも...当日の自分の雰囲気や観客の空気で曲を変えていったりして、まさに、年齢は重ねても、変わらない訳で、この曲そのままのリアリティーであったのである。
Rickie Lee Jones
report by kami and photo by ikesan

butonmag files :

button時間は止まったままだった : (04/03/26 @ Shibuya Orchard Hall) : review by joe, photo by saya38
button年齢を超えられる人もいる : (04/03/26 @ Shibuya Orchard Hall) : review by nob, photo by saya38
buttonphoto report : (04/03/26 @ Shibuya Orchard Hall) : photo by saya38
button道しるべ : (04/03/25 @ Osaka Big Cat) : review by sora, photo by ikesan
buttonタイムスリップ...あの頃の私に出会えた夜 : (04/03/25 @ Osaka Big Cat) : review by kami, photo by ikesan
buttonphoto report : (04/03/25 @ Osaka Big Cat) : photo by ikesan

==>top page : JPN / ENG

The official site of Rickie Lee Jones :

http://www.rickieleejones.com/



The latest album

"Evening of My Best Day"

Rickie Lee Jones


US import / 国内盤


DVD

"Wiltern Theatre"

Rickie Lee Jones


US import / 国内盤

VHS

ライヴ1992
アコースティック・ライブ
〜ネイキッド・ソングス

the first album

"Rickie Lee Jones"

Rickie Lee Jones


US import / 国内盤


previous albums

『Live at Red Rocks』 (US import / UK import / 国内盤)
『It's Like This』 (US import / 国内盤)
『Traffic from Paradise 』(US import / 国内盤)
『Pop Pop 』(US import / UK import / 国内盤)
『Ghostyhead 』(UK import / 国内盤)
『Naked Songs 』(US import / 国内盤)
『The Magazine 』(US import / 国内盤)
『Pirates 』(US import / 国内盤)
『マイ・ファニー・ヴァレンタイン 』(国内盤)
『Flying Cowboys 』(US import / UK import / 国内盤)
compilation etc

『めぐり逢えたら - サントラ - 』(国内盤)
『デュエット』(国内盤)
*ロブ・ワッサーマンのアルバムで、『枯葉』を歌っています。。
『ビーティン・ザ・ヒート』(国内盤)
*ダン・ヒックス&ザ・ホット・リックスのアルバムで、ゲストとして歌っています。


アルバムのチェックする?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by kami

button2004

buttonどこまでも刺戟的な人間臭さ... : Ani Difranco : report by kami, photo by ikesan (04/03/10 @ Shinsaibashi Club Quattro)
button正真正銘!カッコイイ!! : Incubus : report by kami, photo by ikesan (04/03/05 @ Zepp Osaka)
button春...音楽の花が咲く... : Jason Mraz : report by kami, photo by ikesan (04/02/26 @ Shinsaibashi Club Quattro)
button本当は、俺だって大声で歌いたかった... : Dashboard Confessional : report by kami, photo by yegg (04/02/23 @ Osaka Big Cat)
buttonロッケンロール裏番長!! : report by kami, photo by yegg (04/02/22 @ Juso Fandango)
button宝探し、大成功!! : farrah vs monastir (15th Feb. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button痛快!ロックンロール泥棒ここにあり!! : JET (7th Feb. @ Shibuya Club Quattro)
button夢のような時間に包まれて... : Galactic (1st Feb. @ Shibuya Club Quattro)
button一体感が会場全体をステージにした : MEST / GOB (22nd Jan. @ Osaka Big Cat)


button2003

button黒と白と赤のみの真実 : SORROW (9th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonROCKとは何?.........やっぱりこれでいいんだ! : D4 (4th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonそうとも...これが若さ!これが青春だ! : THE ALL-AMERICAN REJECTS with 10-feet (4th Dec @ Osaka Big Cat)
button音そのものが持つ実に生々しい触感 : YO LA TENGO (2nd Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
button何かが変わりそうな予感... : LINK with Hawaiian6 (22nd Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button違和感こそが、真実のゴールデン・ハンマー!! : Super Furry Animals (20th Nov @ Osaka Big Cat)
button素敵なバカにノックアウトされた夜... : ELECTRIC SIX (17th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button火山列島日本。新しい活火山発見!その名は大阪城ホール!! : METALLICA (13th Nov @ Osakajo Hall)
buttonロックンロールの稲妻が走り抜けた夜 : THE MOONEY SUZUKI & CATO SALSA EXPERIENCE (10th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button「音楽が無かったら生きていけな〜い!」この言葉の本当の使い方 : buffalo daughter (9th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button魂の太陽に着火した真実のメッセージ : audio active (31st Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button黒いモノに挑む黄と赤のシンクロ 〜阪神タイガースとthe white stripes〜 : the white stripes with whirlwind heat (27th Oct @ Namba Hatch)
button人間の聴力の限界を越え、その先に見えたエクスタシー : OOIOO / KIM GORDON & The Sweet Ride (26th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button自然の流れのまま、FREEDOMの中で踊り揺れながらの旅... : LABCRY (24th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button満足...信頼...そこに産まれた絆は、とても深く、美しい... : Less Than Jake (22nd Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonそれは、あまりにもHAPPYでキラキラ輝いた時間 : R & R CIRCUS TOUR '03 featuring LAUGHIN'NOSE,SA with SOBUT,THE PEPPERMINT JAM (13th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button希望と絶望のカオスが産み出す未来への真実のROCKの姿 : The Cooper Temple Clause (11th Oct. @ Osaka Big Cat)
buttonすべての人々と共有した同じ思い...、"幸せ" : Elvis Costello and Steve Nieve (4th Oct. @ Osaka Sankei Hall)
buttonno title : Banda Bassotti (11th May. @ Osaka Big Cat)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.