buttonMorgan Fisher
@ Yokohama Motion Blue (6th Feb '04)

あ〜楽しかった - part 2 -


Morgan Fisher
 オルガンからピアノに移動するとき必ず鈴なんかを鳴らしている姿は微笑ましい感じだったし、鳥の鳴き声のように聴こえる楽器や船の汽笛のような音を出す笛など、曲中にいろいろ楽器をいじってる姿はまるで子供のようだ。観客もモーガンもリラックスしたムードで、あっという間に時間が過ぎていたようだ。こうして書くと終始のんびりやっていたと思われそうだけど、そんなこともなく、ピアノ弾き語りで美しい歌の数々も披露してくれて、決めるところはばっちり決めるところがすごい。彼の歌声は愛嬌たっぷりの寄りかかってくるような声で、決して上手くはないんだけど、ピアノの旋律に乗ると心を揺るがす力があるようだ。後半はジャズシンガーみたいだったな。
Morgan Fisher  踊りだしたくなるようなファンシーな曲が終わり、モーガンがさがって行くと自然にアンコールの拍手が起こった。最後に一曲やってくれたのは凄く嬉しかった。お約束のアンコ−ルじゃなくて、みんな心からもっとやって欲しいと思っていたに違いない。心からのアンコールに感動してしまった。アンコールの曲はピアノの弾き語りで、「スタッフのみなさん、オーディエンスのみなさん、どうもありがとう」みたいな歌詞を入れて会場のみんなを沸かせていたのがほんとに素晴らしいと思った。

 ライヴが終わって開口一番に出た言葉「あ〜楽しかった。」ってのが正直な感想かな。モーガンのライヴは音楽を聴く人なら絶対に楽しめるはず。子供も楽しんで聴くと思う。この日のライヴは比較的ゆったりした感じだったらしく、他の日はまた印象が違うかも知れないけど、もともと同じことはやらない人のようだから変化を楽しむべきなんじゃないかな。一度といわず、二度は観てみるべきだと思うよ。
Morgan Fisher
report by toddy and photo by hanasan

==>Top Page : JPN / ENG

ボタン mag files :

button あ〜楽しかった : review by toddy, photo by hanasan (04/02/06 @ Yokohama Motion Blue)
button photo report : photo by hanasan (04/02/06 @ Nishiazabu Superdelux)
button photo report : photo by hanasan (02/09/27 @ Yokohama Motion Blue)
buttonInterview : Music Journey of... : part 2 : interview and photo by hanasan (00/9/1)
buttonInterview : Music Journey of... : part 1 : interview and photo by hanasan (00/9/1)

==>Top Page : JPN / ENG

The official site of

Morgan Fisher

http://www.morgan-fisher.com/

The latest album :

Morgan Fisher

" Three Faces"

previous works :

"Vintage Reserve" : US import
"We Love 'Em Tonight: Live at Tipitina's" : US import
"Crazyhorse Mongoose" : UK import / US import
"Late for the Future" : US import
"Coolin Off" : US import


アルバムのチェックする?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
toddy's works---->2005

button2004

button妙子、たゆたう姿 : Taeko Onuki (04/12/23 @ 鎌倉芸術館)
button圧倒的なグルーヴ魂 : Wrench (04/12/22 @ Shibuya Club Quattro)
button存在感は力なり : Invisibleman's Deathbed (04/12/21 @ Shibuya Yaneura)
button1イルリメの殺陣、斬られて斬ってあぁ楽し : illreme with MELT-BANANA,TUCKER,ロボ宙 (04/12/06 @ Shibuya Club Quattro )
button1分・マゾンナ・ワンマン・shelter : MASONNA (04/11/23 @ Shimokitazawa Shelter )
button1ほんとうにこのライヴをいつも? : インビシブルマンズデスベッド (04/11/20 @ Shimokitazawa 251 )
buttonロックにやりたい女子どもよ、マフスを聴いて姉さんとなれ : the Muffs (04/10/29 @ Shibuya Club Quattro )
buttonギター引っ掻き回しとるだけとちゃいますよ : Ani Difranco、GO!GO!7188 and 山口洋-HEAT WAVE (04/10/07 @ Shibuya AX )
button今夜、すべてのパンクスへ : 町田康ユニット (04/10/01 @ Shinjyuku LOFT )
buttonいまさら悪態ついても仕方ねぇってこと : NEW YORK DOLLS (04/09/25 @ ZEPP TOKYO )
buttonゆるみまくりナイト 〜どこもかしこも FUCKING IN HEAVEN〜 : FATBOY SLIM (04/09/22 @ ageHa studio coast )
button究極のフリースタイラー、猫 : Cat Power and Women & Children (04/06/02 @ Shinjyuku LOFT )
button不滅の男 : 遠藤賢司 (04/06/03 @ Shibuya Club Quattro )
buttonここはどこ?爆音に誘われ何処へやら : ゆらゆら帝国, REBEL FAMILIA (04/05/07 @ Shinjyuku LOFT )
button音の宇宙、君はコスモを感じたことがあるか : Buffalo Daughter, audio active (04/04/17 @ Shinjyuku LOFT )
button「赤フンドシが盗まれた。」なんのこっちゃ!?なライヴ : Shibusa Shirazu (04/04/07 @ Shibuya Club Quattro)
button初のワンマンっていいね : Bleach (04/04/03 @ Shibuya BOXX)
buttonDVD Review : 『DIRECTORS LABEL BEST SELECTION』 : クリス・カニンガム (25th Mar)
buttonあ〜楽しかった : Morgan Fisher (04/03/16 @ Yokohama Motion Blue)
buttonDisc Review : 『渋星』 : 渋さ知らズ (9th Mar)
buttonDisc Review : 『Rebel Vibration』 / 『Dub From Creation』 : Creation Rebel (4th Mar)
button号鳴 : Ghost (17th Jan @ Ikebukuro Adm)
buttonグラインド!グラインド!グラインド!! : EXTREME THE DOJO vol.7 feat. 324, PIG DESTROYER, AxCx, NASUM, Napalm Death (12th Jan @ Shibuya Club Quattro)
buttonアフロは只者ではない : The Mars Volta (7th Jan @ Shibuya AX)

button2003

buttonなんでもありで何処までやれる? : Robert Randolph and The Family Band (9th Dec @ Shinjuku Liquidroom)
buttonこのまま突っ走れ!! : Bleach (1st Dec @ Shibuya Club Asia)
button4時間やりました! : Theatre Brook (24th Nov @ Shinjuku Loft)
buttonメタリカのファンは世界一だ : METALLICA (11th Nov @ Saitama Super Arena)
button銭パンク魂2003 : MOST with Aburadako (3rd Nov @ Shimokitazawa Shelter)
button6人の怒れる男 : The Cooper Temple Clause (15th Oct @ Shinjuku Liquid Room)
buttonJBのキラキラ☆エンターテイメントショー : James Brown (3rd Oct @ Nihon Budokan)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.