Ani Difranco @ Shinsaibashi Club Quattro (10th Mar.'04)

どこまでも刺戟的な人間臭さ...


Ani Difranco
 最近の音楽シーンでは、金属的&機械的な音というのが当たり前のように耳につく訳で、というかもう普通に慣れ親しんでしまっている私達は、それに何の違和感も感じないのである。ところが、その真逆、より土臭く人間臭い音に触れてしまうと、ジーンと心の内側が熱くなるような衝撃を感じる...そう思うと、たとえば何となく世の中の主導権は逆転してしまっているんじゃないか...?なんてプチ寂しい気持ちになりながら、そんな萎え行く感情を立て直すために、その衝撃に説得力を持たせるために絶対に必要なので体験したかった、ANI DIFRANCOのライブに、期待に胸膨らませ向ったのである...
Ani Difranco  この日は、いつも煙りでいっぱいのQuattroが禁煙...うっかりして思わず煙草に火をつけてしまった危ねえ危ねえ(笑)すぐに揉み消して、会場をウロウロ...何かソワソワするのである、どんなことになるんだろう...?ステージの上にはスタンドマイクが1本セットされているだけ、オ〜シンプル!!スタッフが2、3人左右を動きマイク位置を何度もチェック...マイク1本なのに...これもこだわりなのだろう?!

 ステージに光が射す...登場したのは坊主頭の女性...観客がどよめく。おそらく「この人は誰...?」って感じのどよめきなのだ。アコギ1本で歌うその歌声は、どこまでも深くへ突き進み、身体の奥の方が震えるのである。あ〜魂が感じているのだ...実に心地いい..."Alfee"といった名曲のカバーも歌い、そのお馴染み感が少しずつ私との間の距離を近付け、だんだんと彼女自身を鮮明に感じるようになった。なんというピュアな歌声だ...なんて思っていると...アレ?!アッ...彼女は...まさか...いや違うよな〜?!...あれ?やっぱり...?!あの私のリスペクトPART2(ちなみにPART1はJIM MORRISONです)のDAVID BOWIEのツアーでベースを担当しているGAIL ANN DORSEYではないか...まさか?...あれっやっぱり?...そうだ...間違い無い...明日、DAVID BOWIEの大阪公演だから前乗りね?!ラッキーだよな〜!贅沢な前菜である。というかすっげ〜腹が減っている時に、メインのおかずより先に、いただいた味噌汁...一口飲んだあの時の安堵感ちゅうか...おいしい歌声だぞ!しかしその少し恥ずかしそうな表情、またしっとりとした歌声は、翌日のリズミカルに乗りながらのDAVID BOWIEの大阪城ホールのプレイとはまったく同じ人物とは想像もつかない、実にシンプルで心に染み入る優しいものなのである。いや〜よかった!

Ani Difranco  GAIL ANN DORSEYのライブが終わり、その余韻をじっくりと味わいながら、彼女の強烈なイメージの坊主頭を思い出して、そういえば、この後登場のANI DIFRANCOも90年リリースのアルバム『ANI DIFRANCO』の頃は坊主頭だったよな〜...私にとっての彼女の最高傑作アルバム93年リリースの『Puddle Drive』でも髪は極端に短かった。初期はず〜っと短かったな〜...なんてしみじみと考えてみたりしてみた...実にくだらないことではあるのだが...

 ステージにロングのドレッドヘアを後ろに軽く束ね激しく振り乱しながら登場する小柄な女性が...ANI DIFRANCOである。とても潔い!なんというか"365歩のマーチ"を歌っている時の水前寺清子の持つあの潔さにも似た、キレ、そしてキメなのだ。笑顔をふりまきながら、アコギをかき鳴らし、何かものすご〜い幸せな世界に一気に引き上げられるようなそんな気持ちを、私は身体いっぱいに感じ、そして現われる音に自然に操られて腰を中心に全身が震え、動き出す...
Ani Difranco  ギターというのは弦があるわけなので、それを強くまたある時は優しく触れることによって音が生まれ奏でられる...それがギタープレイというものである...などという概念は彼女には全く持って通用しないのであり、とにかくギター1本で、どこまでもスケール感溢れる、頂上知らずの演奏をしてしまう。ベースのグルーヴやパーカッションの土臭いビート...情熱的なギターの弦の音...ここに声がまぶされて...汗まみれの人間の体臭にも似た空気が生まれる。そしてそれが観客の感覚の中で揺れ、たまらないウエーヴを作るのである。しかも小柄な彼女、観客の中で埋もれているように見え、その荒っぽいウエーヴの中でもまれながらも航海する小さなヨットのようで...観客が口から発する熱い感情の息吹きに帆を向けて、それを受けて導かれる方向に進む...そこに存在している一体感はさらにビッグウエーヴをつくり、彼女にプレシャーを与え、妥協の無い最高のものを完成させる欲求を作る。
Ani Difranco  そんなこんなで、魂のこもった曲のプレイを重ねる度に、彼女の歌声は、あまりにもさっぱりして痛快なMCと共に私の心の中に容赦なく潜り込み、軟弱で柔い感情のスイッチを強くオンする。火が点るのだ...あ〜も〜気持ちいい瞬間だ!!

 ANI DIFRANCOの、嘘臭く無い人間臭さは、私の心にあった大きなしこりを取り払い、とんがっていた部分に引っ掛ってたちっぽけなこだわりのようなものをきれいに洗い流すことにより、すっごいリフレッシュした気持ちを与えてくれたのだ。なんという爽やか気持ちなんだろ〜

 そうだ!最新アルバム『EDUCATED GUESS』を聴きながら旅に出ようか?!彼女の歌声は、忘れていた気持ちを蘇らせてくれる。青春18きっぷ、売り出し中か...?!どこまで行けるか試してみるか...?!こんな気持ちになったのは久し振りだな...それってなんかとてもいいもんだ...
report by kami and photo by ikesan

buttonmag files :

button1+1=?: (04/03/10 @ Shinsaibashi Club Quattro) : review by yohsuke, photo by ikesan
buttonどこまでも刺戟的な人間臭さ... : (04/03/10 @ Shinsaibashi Club Quattro) : review by kami, photo by ikesan
buttonphoto report: (04/03/10 @ Shinsaibashi Club Quattro) : photo by ikesan
button人間と音楽の持つ可能性(ラジオスターとの再会): (04/03/8 @ Shibuya O East) : review by joe, photo by ikesan
buttonCD Review : 『Puddle Dive』 : (03/12/23) : review by takashi
button音楽に国境は... : (00/01/28 @ Shinjuku Liquid Room) : review by 高田敏美

==>top page : JPN / ENG

The official site

Ani Difranco

http://www.righteousbabe.com/ani//



The latest DVD :

Ani Difranco

Ani Difranco

Render
US import

The latest album :

Ani Difranco

Ani Difranco

EDUCATED GUESS
US import / UK import / 国内盤




previous albums

『Evolve』
US import / 国内盤
『To The Teeth』
US import / 国内盤
『Not a Pretty Girl』
US import / 国内盤
『Up Up Up Up Up Up』
US import / 国内盤
『Dilate』
US import / 国内盤
『Little Plastic Castle』
US import / 国内盤
『So Much Shouting So Much ..』
US import / UK import / 国内盤
『Living in Clip』
US import / 国内盤
『Revelling: Reckoning』
US import / 国内盤
『Imperfectly』
US import
『Puddle Dive』
US import
『Not So Soft』
US import
他多数...

アルバムのチェックする?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by kami

button2004

button正真正銘!カッコイイ!! : Incubus : report by kami, photo by ikesan (04/03/05 @ Zepp Osaka)
button春...音楽の花が咲く... : Jason Mraz : report by kami, photo by ikesan (04/02/26 @ Shinsaibashi Club Quattro)
button本当は、俺だって大声で歌いたかった... : Dashboard Confessional : report by kami, photo by yegg (04/02/23 @ Osaka Big Cat)
buttonロッケンロール裏番長!! : report by kami, photo by yegg (04/02/22 @ Juso Fandango)
button宝探し、大成功!! : farrah vs monastir (15th Feb. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button痛快!ロックンロール泥棒ここにあり!! : JET (7th Feb. @ Shibuya Club Quattro)
button夢のような時間に包まれて... : Galactic (1st Feb. @ Shibuya Club Quattro)
button一体感が会場全体をステージにした : MEST / GOB (22nd Jan. @ Osaka Big Cat)


button2003

button黒と白と赤のみの真実 : SORROW (9th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonROCKとは何?.........やっぱりこれでいいんだ! : D4 (4th Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonそうとも...これが若さ!これが青春だ! : THE ALL-AMERICAN REJECTS with 10-feet (4th Dec @ Osaka Big Cat)
button音そのものが持つ実に生々しい触感 : YO LA TENGO (2nd Dec @ Shinsaibashi Club Quattro)
button何かが変わりそうな予感... : LINK with Hawaiian6 (22nd Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button違和感こそが、真実のゴールデン・ハンマー!! : Super Furry Animals (20th Nov @ Osaka Big Cat)
button素敵なバカにノックアウトされた夜... : ELECTRIC SIX (17th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button火山列島日本。新しい活火山発見!その名は大阪城ホール!! : METALLICA (13th Nov @ Osakajo Hall)
buttonロックンロールの稲妻が走り抜けた夜 : THE MOONEY SUZUKI & CATO SALSA EXPERIENCE (10th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button「音楽が無かったら生きていけな〜い!」この言葉の本当の使い方 : buffalo daughter (9th Nov @ Shinsaibashi Club Quattro)
button魂の太陽に着火した真実のメッセージ : audio active (31st Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button黒いモノに挑む黄と赤のシンクロ 〜阪神タイガースとthe white stripes〜 : the white stripes with whirlwind heat (27th Oct @ Namba Hatch)
button人間の聴力の限界を越え、その先に見えたエクスタシー : OOIOO / KIM GORDON & The Sweet Ride (26th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button自然の流れのまま、FREEDOMの中で踊り揺れながらの旅... : LABCRY (24th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button満足...信頼...そこに産まれた絆は、とても深く、美しい... : Less Than Jake (22nd Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
buttonそれは、あまりにもHAPPYでキラキラ輝いた時間 : R & R CIRCUS TOUR '03 featuring LAUGHIN'NOSE,SA with SOBUT,THE PEPPERMINT JAM (13th Oct. @ Shinsaibashi Club Quattro)
button希望と絶望のカオスが産み出す未来への真実のROCKの姿 : The Cooper Temple Clause (11th Oct. @ Osaka Big Cat)
buttonすべての人々と共有した同じ思い...、"幸せ" : Elvis Costello and Steve Nieve (4th Oct. @ Osaka Sankei Hall)
buttonno title : Banda Bassotti (11th May. @ Osaka Big Cat)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.