buttonBen Harper & The Innocent Crimiinals
@ Shibuya AX (5th Mar '04)

音楽の一部になる - part 1 -


Ben Harper
 開演の予定時間の少し前にAXに着くと、まだ入場の列が長い。ロビーに入れば、ビールを求めるお客さんが多い。フロアではビートルズの"She Said, She Said"やレゲエが流れてたりする。ステージには大きなロウソクが何個も置かれている。そして客電が消えた後、フロア中から歓声が沸き立つ。始まる前の期待度、楽しむんだと待ち構える気合いはここ最近のライヴで一番だった。15分くらい押しでメンバーが出て来て、最後にベン・ハーパーが登場する。ステージ向かって左からキーボード、ギター、パーカッション、ドラム、ベース、そして中央にベン・ハーパーである。
Ben Harper  そして、"Brown Eyed Blues"から満員のお客さんをノンストップで踊らせるライヴを展開した。ファンクあり、ブルースあり、フォークあり、レゲエあり、ヒップホップあり、ロックありとあらゆるルーツに繋がる世界を作り出していく。もちろん、ベン・ハーパーが中心なんだけど、体つきが小錦のようなJuan Nelsonが冒頭の曲から繰り出す長いファンキーなベースソロ、もう一人のギタリスト、マーク・フォードのアームを駆使したソロ、本編ラスト近くではパーカッションのLeon Moblyがステージ前に出てくるなど各自の見せ場を用意しているのはベンのバックで支えているのではなく対等なミュージシャンとして付き合っているような印象を抱かせる。
Ben Harper
 終盤近く、ワイゼンボーンから出てくる音が、ほとんどヘヴィメタル系のギタリストの早弾きみたいで驚いた。だけど、ベン・ハーパーのギターには「俺の音を聴け!俺のプレイを観ろ!」というような「俺が、俺が」という押し付けがましいエゴがない。テクニックも充分にあって、自らヴォーカルも取り、AXを満員にするような人が強烈なエゴを感じさせないのはどういうことなのだろうか? Ben Harper
Ben Harper  ベン・ハーパーにとっての音楽とはエゴを発散する手段でなく、全体の調和を表現するものなんだろう。さまざまなジャンルをまたぐのだけれども「ジャンルの壁を壊す」という気負いはなくて、単に好きな音楽をやっていたらこうなりました、というような自然さがある。ベン・ハーパーはステージから会場を支配するものではなく、その一部になるのである。大きな音楽の円環の中にベンがいて、バンドがいて、お客さんもいるという感じなのだ。
Ben Harper

report by nob and photos by hanasan

buttonmag files :

buttonblessed to witness this show... : (04/03/05 @ Shibuya AX) : review by sisterchill, photos by hanasan
button音楽の一部になる: (04/03/05 @ Shibuya AX) : review by nob, photos by hanasan
buttonphoto report: (04/03/05 @ Shibuya AX) : photos by hanasan
buttonおおらかな緩急: (04/03/04 @ Zepp Tokyo) : review by ryoji, photos by hanasan
buttonベン自身がダイアモンドである: (04/03/04 @ Zepp Tokyo) : review by 竹井晶子, photos by hanasan
button会場を包み込んだもの: (04/03/04 @ Zepp Tokyo) : review by joe, photos by hanasan
buttonphoto report: (04/03/04 @ Zepp Tokyo) : photos by hanasan
button愛と思い出の夜: (04/03/02 @ Nagoya Diamond Hall) : review by ryoji, photos by hanasan
buttonphoto report: (04/03/02 @ Nagoya Diamond Hall) : photos by hanasan
buttonphoto report: (04/03/01 @ Namba Hatch) : photos by hanasan
buttonDVD Review : Live At The Hollywood Bowl: (04/02/12) : review by hanasan
buttonこれが心を揺さぶる歌、そして、音楽だ : (01/06/17&18 @ Shinjuku LOFT) : review and. photos by hanasan
buttonツェッペリン・ファンも満足! : (01/06/17 @ Shinjuku LOFT) : review by nob, photos by nishioka
buttonphoto report : (01/06/14 @ Osaka Big Cat) : photos by ikesan
buttonphoto report : (99/02/03 @ Shinjuku Liquid Room) : review and photos by hanasan

==>top page : JPN / ENG

The official site

Ben Harper & The Innocent Crimiinals

http://benharper.net/



The latest DVD :

Ben Harper & The Innocent Crimiinals

Ben Harper

Live at the Hollywood Bowl
US import / 国内盤 (2/25発売)

この原稿をアップした時点で、US importは日本のDVDプレイヤーでも問題なく再生できます。加えて、日本語の字幕も選択可能。(残念ながら歌の字幕はありませんが)

more DVD

"Plesure and Pain" (国内盤 / US import)
"270 Miles From Graceland
to Bonnaroo 2003
"(US import)
"2to Bonnaroo 2002"(US import)
"Standing in the Shadows of Motown"(US import)
"One Love: Bob Marley All-Star Tribute"(US import)


The latest album

Diamonds on the Inside

Ben Harper


US import / 国内盤 - CCCD

previous albums

『Welcome to the Cruel World』
US import / 国内盤
『Fight For Your Mind』
US import / 国内盤
『The Will to Live』
US import / 国内盤
『Burn To Shine』
US import / 国内盤
『Live From Mars』
US import with 『Diamonds on the Inside』 / UK import / 国内盤
『CD Box Collection』 (collection of the first 3 albums)
US import

アルバムのチェックする?

search:
?
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by nob

button2004

buttonCD review 『Hello! My Friends』 : 髭 (04/03/5)
button 転回のための12曲 : eastern youth (04/02/17 @ Shibuya Club Quattro)
button 音楽の隠喩としての建築 : デート・コース・ペンタゴン・ロイヤルガーデン (04/02/15 @ Shibuya AX)
button その可能性の中心 : MO'SOME TONEBENDER (04/02/10 @ Shibuya Club Quattro)
button 或るバンドの解散 : 新宿フォーク、バーレスク・エンジン、ボーンズ (04/02/06 @ Hatsudai DOORS)
button クアトロじゃ狭すぎる : Galactic (04/02/05 @ Shibuya Club Quattro)
button人間の過剰な部分 : インビシブルマンズデスベッド (1st Feb @ Shimokitazawa 251)
buttonギラギラ男子を見ていたら眩しすぎて目が痛くなった : モノラルセンス、ミカゲ、ASTORO-B'、ザ・キャプテンズ (31st Jan @ Shibuya Yaneura)
button絶好調 : MO'SOME TONEBENDER (27th Jan @ Shibuya Club Quattro)
button映画的な : JUDE (22nd Jan @ Shibuya AX)
button冬のプチフェスティバル : feat. Bleach, 惑星他 (10th Jan @ Shinkiba Studio Coast)
button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 髭、インビシブルマンズデスベッド (1st Jan @ Shinjuku Loft)


button2003

button年越しカウントダウンライヴ、12時間耐久レース : 新宿フォーク、東京WATTS、千葉レーダ、百怪の行列! (31st Dec @ Akihabara Goodman)
button終わりでなく、出発として : Beach / 東京ピンサロックス (26th Dec @ Shinjuku ACB Hall)
buttonフォークって何? : 新宿フォーク (18th Dec @ Kichijoji Planet K)
button「コンピュータが作った音」なんて存在しない : FRONT CHAPTER VOL.2 featuring DJ BAKU, THA BLUE HERB, NUMB and BOOM BOOM SATELLITES @ Shibuya Club Quattro (24th Dec '03 @ Shibuya Club Quattro)
button柔も剛もよく柔も剛も制す : Bleach / 東京ピンサロックス (21st Dec @ Utsunomiya Vogue)
button爆音の砂嵐へ : Bleach (17th Dec @ Chiba Look)
buttonから騒ぎの後で : t.A.T.u. (2nd Dec @ Tokyo Dome)
button今、走り出していく : Bleach (22nd Nov @ Shinjuku Antoknock)
button楽しくなければロックじゃない : ELECTRIC SIX (15th Nov @ Shinjuku Liquid Room)
button老いは恥ずべきことじゃない : METALLICA (7th Nov @ Yoyogi Daiichi Taiikukan)
buttonスチュワートに敬意を表して : MOGWAI (25th Nov @ Shibuya AX)
buttonふたりのSMショー : The White Stripes (22nd Oct @ Shibuya AX)
buttonでかいフェスやレイヴばかりじゃない野外で聴く音はたくさんある
(in summer '03 @ various venue)
buttonGSを知らない子供たち : The Captains (9th Oct @ Shibuya Nest)
button日本人的な、あまりにも日本人的なバンド : BACK DROP BOMB (5th Oct @ ZEPP Tokyo)



無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to and the same of the photos belongs to (The Voice Of Silence). They may not be reproduced in any form whatsoever.counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.