buttonINCUBUS @ Nippon Budokan (3rd Mar '04)

新しいクラシック・ロック - part1 -


incubus
 インキュバスが東京でライブをするのは、ちょうど2年前のZEPP TOKYO以来になるだろうか。今回は、個人的には今年出たロック・アルバムでベストになりそうな3年ぶりのニューアルバム、『ア・クロウ・レフト・オブ・ザ・マーダー』をひっさげてのツアーになる。東京公演の会場はあの武道館!そしてアリーナはオール・スタンディング!ということで、俄然気合いを入れて武道館に乗り込んだけれど、ぼくたちプレスのために用意されたのは椅子の席だった。でもアリーナや会場を見渡せる椅子席で、1万人級の会場でプレイするバンドのスケールをしっかりと感じることができた。
incubus  客電が落ちると、ステージにはまるでどこかのテーマパークにでもいるような、幻想的なライティングが施される。まだ暗いステージのうえにメンバーがひとりひとり並んでいく。DJキルモアの出すノイズを合図に、マイクがイントロを奏で出す。徐々にボルテージがあがっていき、リミットが振り切れるように一斉にバンドが爆発するイントロ。いきなり"メガロマニアック"だ。このスタートには思わず鳥肌がたってしまう。

incubus
 ステージ横一線に並んだ、ドラム、ベース、ボーカル、ギター、そしてDJというバンド編成は、典型的なミクスチャー系のバンドのそれだ。音の厚みや強さを求めるこの手のバンドでは、どうしてもそれぞれの音が埋もれてしまうことが多いが、インキュバスの場合そうはいかない。DJのキルモアは、単なるスクラッチ要員ではなく、サウンド・エフェクトを自在に操って、「ターンテーブルは楽器だ」といわんばかりに主張する。とんでもない手数で叩きまくるドラムのホゼを、余裕でサポートするのが新加入のベースのベン。ハーモニー豊かなベース・プレイに、コーラスにと大車輪の活躍ぶりで、バンドに溶け込むどころか、もはやバンドに欠かせないほどの存在感を見せていた。 incubus
 二曲目は"クロウ・レフト・オブ・ザ・マーダー"と、ニューアルバムの流れそのままに駆け抜けていく。始めはハイトーンが出ずに不安を見せたブランドンのボーカルも、"ウォー二ング"ではあの伸びやかさを取り戻している。『メイク・ユアセルフ』からの曲をはさみつつ、新譜からは"アグラフォビア"、"プライスレス"とハードな曲で攻めてくる。ただ、新譜の曲ではどこかバンドの音がばらついて聞こえてしまい、アリーナのスタンディング・ゾーンもなかなかモッシュの嵐とはいかない。新譜は以前よりもぞれぞれのパートが複雑に絡みあう曲が多いので、バンドがこれをモノにするにはまだ時間が必要なんだろう。

photo by saya38

buttonmag files :

buttonillustration report : (04/03/08 @ Nagoya Diamond Hall) : illustration by chika
button銀河鉄道の夜 : (04/03/05 @ Zepp Osaka) : review by sora, photo by ikesan
button正真正銘!カッコイイ!! : (04/03/05 @ Zepp Osaka) : review by kami, photo by ikesan
buttonphoto report : (04/03/05 @ Zepp Osaka) : photo by ikesan
button柔らかさと人間味溢れる癒しライヴ : (04/03/03 @ Nippon Budokan) : review by ali, photo by saya38
button新しいクラシック・ロック : (04/03/03 @ Nippon Budokan) : review by rad, photo by saya38
buttonphoto report : (04/03/03 @ Nippon Budokan) : photo by saya38
buttonTokyo is beautiful! : (02/03/02 @ ZEPP Tokyo) : review by eri, photo by saya38
buttonオーガニックな地球人バンド : (02/03/02 @ ZEPP Tokyo) : review by mimi, photo by saya38
buttonphoto report : (02/03/01 @ ZEPP Tokyo) : photo by saya38
button風が吹いた! : (02/02/25 @ ZEPP Osaka) review by uramasa, photo by ikesan
button明日何が起ころうとも : (02/02/25 @ ZEPP Osaka) review by ikuyo, photo by ikesan

==>top page : JPN / ENG

The official site of

INCUBUS

http://www.enjoyincubus.com/


The latest album

"Crow Left of the Murder"

Incubus

US import / 国内盤
previous works :

"Megalomaniac [MAXI]" :
(UK import / UK import)
"Morning View" :
(UK import / US import / 国内盤)
"S.C.I.E.N.C.E."
(US import / UK import / 国内盤)
"Make Yourself" :
( US import / UK import / 国内盤)
"Fungus Amongus" :
(US import / UK import)
"Enjoy Incubus" :
(US import)
"Are You in (X3)" :
(US import)他多数

DVD

"モーニング・ビュー" (国内盤)
"Morning View Sessions" (US import)
"インキュバス: ボリューム 2" (国内盤)
"When Incubus Attacks 2" (US import)
"Fear the Groove" (US import)

check the albums?

search:
Amazon.co.jpアソシエイト
previous works by rad

button2004

button技のデパート : Galactic (5th Feb 04 @ Shibuya Club Quattro)
button50歳の子供 : 中川五郎 (1st Feb 04 @ Shimokitazawa La Cana)
buttonジョイン・トゥゲザー : Salsa Gum Tape : (17th Jan 04)
buttoninterview with 梶原徹也 (The3PEACE) vol.2 サルサガムテープは圧倒的な肯定のバイブレーション : (16th Jan 04)
buttoninterview with 梶原徹也 (The3PEACE) vol.1 ジョン・レノンとパンクのメッセージは基本的には同じだなって感じてた : (16th Jan 04)
buttonハッピーに笑顔の年越し : The3PEACE (1st Jan @ Shibuya DUO MUSIC EXCHANGE)

button2003

button『Burning Motors Go Last Heaven : Thee Michelle Gun Elephant (DVD Review)
buttonここから化けるか…!? : 惑星 & understatements (12th Dec @ Shimokitazawa Club Que)
button大っきくてウマい : Robert Randolph and The Family Band (10th Dec @ Shinjuku Liquid Room)
buttonそっちは最高! : BLACK BOTTOM BRASS BAND (20th Nov @ Shimokitazawa Shelter)
buttonロックンロール奇跡の夜 : Thee Michelle Gun Elephant (11th Oct @ Makuhari Messe)

無断転載を禁じます。The copyright of the article belongs to Yohei "rad" Kobayashi and the same of the photos belongs to . They may not be reproduced in any form whatsoever. counter
==>Back To The Top Page : JPN / ENG.